カテゴリー「鉄道模型」の20件の記事

2015年8月 6日 (木)

GM 東急 ヒカリエ号 -3-

今さらながら、GM 東急5050系ヒカリエ号の改良(台無し加工?)について綴っていこうと思います。
ドア部分をステンレスシルバーで塗装して見映えが良くなったところからの続きです。
この製品はネットなどでの評価はイマイチで、原因はざっと以下の通り。

 ①価格が高すぎる
 ②基本+増結を一つに収納できない
 ③床下表現が手抜き
 ④号車番号、弱冷房車などの表記印刷がない
 ⑤付属ステッカーの印刷がホームプリンターレベル
 ⑥ベッドマーク用のパーツがない
 ⑦運転室内が黄色

他にも、行き先が点灯しないとか、動力がダメとか、不満を挙げたらキリがないわけで、KATOと比べてGMがいかにダメダメなメーカーかよく分かります。

私自身も、④、⑤、⑥あたりには強い不満があります。
特に⑥、ヘッドマークをパーツ化せずにステッカー貼り付けだなんて、模型メーカーとして怠慢。
Hikarieヘッドマークは、銀河、富士川あたりから製品化されるのを期待するしかないか。(もし発売されたら、GM社員も買うんだろうな、マジで)

私は、アンチGMとかGM信者とかそんなことは関係なく、東横線沿線に住んでいる鉄道好きとして、純粋に東急ヒカリエ号の模型が欲しかったわけです。

 1.ヒカリエ模様印刷が精巧

 2.窓にTOKYU LINEの印刷が綺麗にされている

この2点については自分で加工できない領域のため、ここだけしっかりしていれば、あとは自分でどうにかなるのではないか、と。

20150806_1_2

20150806_2

確かに、この2点に関してはメーカーは頑張ったと思います。

次に側面ステッカーを貼ります。
20150806_3

左が、東急5175編成に入っていたステッカー。
右が、今回付属していた低品質ステッカー。GMさん、こんなところでも経費節減ですか。

20150806_4

もちろん、左側(5175編成付属品)を使うことに。
行き先は、もちろん渋谷を選択。

次回は、ドア窓にステッカーを貼ります。

| | コメント (0)

2015年8月 5日 (水)

検索ワード ランキング

またもや半年以上も更新を怠り、抹消されていないか心配だった当ブログですが、まだ残っていました。
ほんの僅かではありますが、アクセス数も日々増えています。

そこで、更新をサボっていたこの半年間における当ブログ来訪者の「検索キーワード」を調べてみました。

   1位 117アクセス GM ヒカリエ(または、hikarie)
   2位  58アクセス 鉄コレ 京急230
   3位  30アクセス 一口馬主
   4位   7アクセス 京急旧600形
   5位   4アクセス KATO 東急 5050
         4アクセス Nゲージ ドアステッカー

昔は一口馬主関連が上位だったのですが、今はすっかり鉄道模型メインです。
中でも、「東急ヒカリエ号」が断トツの1位というのには驚きました。

何しろ、KATOも東急5050系を発売したことにより、購入キャンセルした人が多発した製品ですから。
グリーンマックス製は持っている人が少ないがために、どんな感じか知ろうとググってこのブログを踏んでしまったのでしょうかね。

何はともあれ2日に1人は「GM ヒカリエ」で検索して来られているわけですから、ヒカリエ号をいじった話をまた少しずつ書いていこうと思います。

| | コメント (0)

2014年12月31日 (水)

鉄コレ 京急230形 購入

知らぬ間に当ブログの累計アクセス数が10万を超えました。
しかし、うち1万くらいは私自身の表示確認だと思うので、11万アクセスを目指します。

さて、書くのが遅くなってしまいましたが、行ってきました上大岡。
早朝から並んできました京急百貨店。

1231_01

外は寒く、冷たい風も吹いていましたが、すぐにデパート内へ案内され、暖かい場所での待機となりました。

1231_02

昨年もそうでしたが、京急百貨店7階の催事場に入りきれない人たちは外で待つことになるので、頑張って早起きするメリットは大きいと思います。

相変わらず京急百貨店の職員による誘導は、統制されていて見事でした。
営業日のデパートで、1階の外にできた数千人規模の行列を混乱なく順番に7階に移動させる手腕は、JR東京駅の駅員たちは手本として見習うべきだと思います。

1231_03

鉄道ヲタか、京急ファンか、それとも京阪目当てか、はたまた単なる行列好きか分からない人たちで大盛況でした。
どれくらいの人が買いにきたのか分かりませんが、昨年(旧600形)よりも気合い入れて来た人が多かった印象でした。
京急の歴史において230形は重要なんですね。

無事に購入できました。
並んだ人は全員買えたようなので、転売業者ざまーみろです。

1231_10

1231_11

中身の写真は後日UPします。

さて、手に入れた感想。
実車を見たことがない私は、造形の実車再現性については評価できませんが、「鉄道模型としての品質」という観点では、最低 だと思います。

こんなことを書くと、
「品質なんていつもこんなもんだろ?」
「鉄コレに何を期待しているんだ?」

といった声が聞こえてきそうですが、私自身、鉄コレは多数持っていますし、Nゲージ完成品とのレベル差もよく分かっています。

しかし、それらを踏まえても、今回の京急 230形は 最低品質 だと思います。
鉄道模型ファンの間では常識の「鉄コレ品質」とはいえ、その品質が年々悪化し、価格は逆に上がってきて、そろそろ笑って許せる限界にきているかと。

個体ごとに当たりハズレがあるのはどのメーカー製品も同じですが、今回については購入した全ての箱の全ての車両がハズレだったので、これはもう個体差ではなく品質でしょう。

擦り傷は当たり前、埃を巻き込んで塗料が塗られ、その塗装もムラがあり、特に窓ガラスが酷い。塗料がはねていたり、適当に作って箱詰めした感がバレバレです。
毎年、朝から多くの人が買い求めにやってくるので販売側が調子に乗るのは仕方ないかもしれませんが、来るところまで来たな、と。

とても定価3000円の代物じゃないです。
おそらく、販売員のおばちゃんたちは、「朝っぱらから、どうしてこんな物が3000円で売れるのかしらね?」なんて疑問に思っていると思いますが、今年に関しては、私までそう思ってしまいました。
2箱(4両)で6000円。あと1000円少々出せば、KATOの動力付きNゲージ4輛編成を入手できる価格です。

でも、「買って後悔したか?」と聞かれれば、答えは「ノー」なんですけど(笑)

私自身は京急が好きですし、色々と楽しませてもらっているので、京急グループに対する寄付という意味もあります。
そういう鉄道ファンは多いでしょう。そこが販売側の甘えに繋がっていると思いますが。

さて、来年はネタがない気がしますが、どうなんでしょう。
他のメーカーから完成模型化されている車種では、今回のような低品質では話にならない(比較されて惨めな商品になる)でしょうから、そこを考えて車種選定するしかないと思われます。

ズバリ、デトしかないでしょう。
大勢並んでもひとり1箱しか買われなかったら販売側に旨味がないかもしれませんが。

先日発売された鉄コレ20弾(クモル・クル)が人気になってますし、是非とも来年の京急はデトをお願いしたい。

最低品質でも、デトなら私は買いに並びますよ(笑)

| | コメント (0)

2014年12月26日 (金)

限定品 鉄コレ京急230形

人間は年をとると、花を見て急に美しく感じるようになったり、過去のものを儚く感じるようになるといいますが、私もそれかもしれません。

2年前に突如、鉄道模型を集めるようになりました。

自分が過ごした時代の思い出を鉄道模型とともに残したい、といった感じで東急と京急を中心に、けっこう買い集めました。

鉄道模型を買う目的は人それぞれですが、私はもっぱら展示です。
パワーユニットはおろか線路も展示するための直線しか持っていません。

現在、我が家の展示スペースには京急の現役4車種が並んでいます。

1226_01

予定では、展示スペースは東急にチェンジして、渋谷Hikarie号と、Y500系を並べる予定だったのですが、渋谷Hikarie号がまだ未完成なので。。。(完成品を買ったつもりだったんだけど)

1226_02

カラフルなこの並び、絵的にけっこう好きです。
いやぁ、いいわ、京急 (しみじみ)

さて、いよいよ明日、京急限定鉄コレが上大岡で販売されます。

ちなみにコレ↓が、昨年の旧600形。

1226_03

「今年の車種は何だろう~」と、11月あたりからソワソワしていた私。
3年前まではNゲージなんて1両も持っていなかったのに今ではすっかりマニアの端くれです。

今年は、230形 ということで、鉄道ファンの間で反応は様々のようですが、私は、

「迷わず買い」 です。

見たことも乗ったこともありませんが、京急ファンとしては押さえておかないといけない車種でしょう。

ちなみに230形は、Bトレで出ており、その写真がこちら。
1226_04

Bトレはすでに卒業した私ですが、珍しさに思わず買ってしまったのでした。

昨年の旧600形もそうでしたが、230形も完成品としては手に入らない車種なので、今回の発売は嬉しいです。

どれくらい混むのか全く読めないですが、人気としては昨年(旧600)以上、おととし(700形)以下ではないかと予想します。
販売数量が昨年よりも少ない(昨年8000→今年5000)ので、販売開始1~2時間前には現地入りする予定です。

700形は、実車を知っている人が多いわりに模型化(完成品)されていなかったため、ファンが殺到したのだと思います。もちろん、特徴をつかんだ出来映えだったのが大きいと思いますが。

転売ヤーも来るのかな。
先日の東京駅100周年Suicaのような、並んだのに買えないとか、まだ残っているのに販売中止とかいうのだけは勘弁して欲しいですが。

無事に購入できたら、ファーストインプレッションを書こうと思います。

| | コメント (0)

2014年12月23日 (火)

GM 東急 ヒカリエ号 -2-

先日の続きです。

1222_01

こんな感じで4両分マスキング完了。
前回も書きましたが、中間車セットは高いので買っていません。

1222_02

クレオスのスーパーステンレスを安物のエアブラシで吹きます。
完成品に向けて塗料を吹くのは勇気がいります。失敗したら精巧なヒカリエ塗装が台無しですからね。

1222_03_2

恐る恐るテープを剥がしてみると・・・まあまあ、上手く塗れていました。

1222_04

ドアに色が入ってメリハリがつきます。

1222_05

これで少し実車に近づきました。やってよかった。
ちなみに、側面の行き先表示部分は、マッキーペンで黒く塗っています。(塗りムラは修正します)

この製品は、ドアを塗るだけで印象がかなり変わるので、手放さずに所有する予定の方は是非。

次回?へつづく

| | コメント (0)

2014年12月21日 (日)

GM 東急 ヒカリエ号 -1-

8月に予約していた「グリーンマックス 東急5050系 Shibuya Hikarie号」が届きました。
4両基本セットで、約15,000円。お高いです。

1221_01

パッケージはなかなかGoodです。
中間車6両セットも買うと、3万超えるので買いません。
グリーンマックス、高すぎ。

1221_02

なかなか綺麗に印刷できています。
ドアの塗り分けがないのが寂しいところ。

実車の方は、特に目を凝らさなくてもドアが違う銀色なのは明らかなのに、塗り分けないのは、模型メーカーとして怠慢ですね。

ちなみに来年カトーから発売される5050系は、ドアは塗り分けられています。当然ですね。

1221_03

前面は黒でビシッと決まっていますが、運転席が黄色です。ダサダサです。
側面の特殊印刷が上手くいったら、あとはもうどうでもいいやって感じになっちゃったのでしょうか。
行き先表示部分まで黄色いので、行き先ステッカーを貼る前に黒く塗る必要アリです。

1221_04

注目の特殊印刷は、ビルの模様も入っています。
もしこれが黄色塗りつぶしだったら買わなかったでしょうけど。

1221_05

よく見ると一カ所、黄色の塗装がはみ出てしました(泣)
最初見たときは、ホコリかと思ったのですが、息を吹きかけても指で触っても落ちず、綿棒でつついてみましたが落ちませんでした。

しかも先頭部分です。最悪です。

というわけで、ドア部分をシルバーメタリックで塗ってしまうことにしました。

1221_06

こんな感じでマスキング開始。

次回?へつづく

| | コメント (0)

2014年2月 1日 (土)

緑の山手線&みどりの山手線

今日、予約していた鉄道模型が2点届きました。
別々のショップで予約していたのですが、同じ人が一緒に配達しに来ました。

020101

どっちも山手線です(笑)
昔懐かしい緑色の103系山手線と、その生誕50周年を記念した「みどりの山手線(リラックマバージョン)」です。
昨年末から山手線を集め始めていたのは今日のためです。

020102

時代の流れを象徴していますね。

020103

この写真↑だけは、拡大表示できます。
見ての通りリラックマのイラストは、とても綺麗に印刷されています。

もっとも、走らせるつもりはないし、予算的事情もあって先頭車ばかり並べておりますが、このリラックマ車輌については、3輌編成では寂しいですな。

| | コメント (0)

2014年1月18日 (土)

山手線

このところ、このブログをチェックして下さる方がいて、ありがたいです。
前回の山手線をいじる続きです。

買ってきたステッカーを早速貼ってみました。

011901

いい感じです。
鉄道模型が好きな人には、それぞれこだわりがあると思いますが、私はドアステッカーには凝りたいタイプです。

011902

ドアが閉まりかけているときの乗車防止ステッカーですが、すごい精度で印刷されています。

011903

205系にも貼っちゃいました。
山手線231系、205系とくれば、次は103系?

011904

グリーンマックスのレボリューションキットを仮組したものです。
方向幕がガラスの内側に入っているのが非常にお気に入りです。
この仕様じゃなかったら、おそらくエアブラシ購入してまで組まなかったと思います。

011905

山手線3代、揃い踏み。
一番左のやつは、台車がありません。

103系高運転台も欲しいところです。

| | コメント (0)

2014年1月 4日 (土)

新年早々秋葉原

このところ「鉄コレ 京急 旧600形」での検索アクセス数が増えています。
明日10時からのネット販売を控え、購入検討に訪問される方もいらっしゃるのでしょう。
あまり参考にならず恐縮です。

誤爆してしまった方への前置きはこれくらいにして、私は年末に行った秋葉原に今日また出かけてきました。

いやー、凄い賑わい。こんなに混んだ秋葉原は初めて見た。

AKBとかメイドには興味ゼロの私は、鉄道模型店をハシゴしただけなんだけど、家族連れとかカップルとか一体どうなってんのよ。
湯島天神に初詣に行った帰りなのは分かるけど、親子+お爺ちゃんお婆ちゃん総勢6人家族で狭い鉄道模型店に入るのとか、やめてくれよ。

ここはね、オンナ子どもが来る場所じゃないのよ。
趣味にしがみついていないとストレスでどうにかなっちまいそうな俺みたいな野郎が来る場所だ。
「鉄道模型って高いのね」なんて会話されたら、買うのためらっちゃうじゃないか(笑)
ファミリー御一行様は、ヨドバシでも行っててよ、ホント。

20140104_01
結局、今日の買い物はこれだけ。

昨年末に出かけたときに、山手線の先頭車を衝動買いしていたので、それに手を入れるシールだけです。

20140104_02
左が231系(ボディのみ)、右は205系です。

もうすぐ発売される山手線リラックマラッピング車輌と並べる狙いです。
東急・京急は編成で買いますが、それ以外は歴代車輌の先頭車ばかり集めています。変な奴でしょ。

さっそく205系に手持ちのステッカーを貼ってみました。
ちなみに「山手線」はBトレイン付属の余りです。

20140104_03
編成番号がデカいのは別として、ジャンク品に手を加えて車輌を甦らせるのも悪くない。
今日買ってきた優先席とドア注意のステッカーを貼ればだいぶサマになると思う。
リラックマが我が家にやって来る前に仕上げてしまいたい。

そんなこんなで、年末に買った京急(鉄コレ旧600系)が仕上がらずに止まってしまっている。
「仕上げる」といえば、103系混色横浜線を作る企画も止まっている。

実はもうエアブラシで車輌を緑と青に塗装するところまでは終わっているのだが、このままだと緑色の先頭車は横浜線ではなく山手線として組んでしまいそう。

山手線の先頭車だけを 103系-205系-231系-231系リラックマ で並べるのも悪くない。

こんな感じで、中途半端な仕掛かり品ばかりが増え、割り込み処理の中でまた割り込み処理が発生して混乱しつつ迎えた2014年なのでした。

| | コメント (0)

2013年12月30日 (月)

鉄コレ京急旧600形 その2

昨日のアクセス数が 64 もあって驚きました。
以前ちゃんと更新していた頃は、毎日それくらいあったのですが、半年も放置したりネタが尽きたりで2桁がやっとという感じだったので、ここ2年くらいで見れば「64」は最高記録です。(うち「5」くらいは私自身なんですけどね)

昨日のアクセスの殆どが、京急百貨店(上大岡)で販売された「鉄コレ 京急旧600」関連の検索で 誤爆 訪問された方のようです。

せっかくお越し頂いたのに内容が薄くてすみません。
鉄道模型歴1年ということで、たいしたことは書けませんが、読んで頂けるのは嬉しいです。

前回は、箱に入った写真のみだったので、さっそく開封してみました。

123001

内容物の説明は不要ですね。
今回は屋根パーツが2枚入っています。先頭車、中間車ともにパンタあり/なしを選べるわけです。
お馴染みの展示用線路もついてます。展示用線路は要らないから値上げはしないで欲しかったと思っているのは私だけではないはず。

今まで実車写真でも模型でも見たことがないシールがあったので、貼ってみました。

123002

側面に「快速特急」の4文字が表示された京急なんて知らなかったので、これは新鮮。
他にも、「海水浴特急」とかも収録されてました。

鉄道模型歴1年ながらも加工用パーツは色々もっており、使えそうな物を集結させてみました。

123003_

パンタグラフは、これでいいのか?
よく分からないので、よく調べてから取り付けることにします。
ドア注意の手のひらマークは使えそうです。
1970年代の方向幕は、いつか旧600形を作ろうと、GMのプラ板パーツとカラーと一緒に買っていました。いろいろ揃えたものの、塗装が面倒くさくて作業保留状態だったので、今回の製品化は嬉しいわけです。

123004

さっそく貼ってみました。
外側から貼らず、窓ガラスの内側からあてています。基本ですね。
添付されていたシールよりも文字がデカいです(笑)

試しに貼ってみただけで、まだ仮止めの状態です。
色々な行き先が収録されたシールを持っているので、行き先は「八景」とかマニアックなものにしたいですが、旧600形は今の2100形のような位置づけだったようなので、中途半端なのはおかしいのかな。
旧600形で実在したものを調べて決めようと思います。
あと、連結器交換とかジャンパー栓取り付けとか手を入れたいですね。

貫通幌は、GMのものが使えそうです。大きさは完全にピッタリではありませんが、接着剤で付けられそうです。

123005

開封して色々といじり始めてみましたが、今回の「鉄コレ 京急旧600形」は、出来としては満足しています。
相変わらず、塗装のはみ出しや擦り傷といった鉄コレ固有の荒さはいただけませんが、そこは昔の車両っぽいレトロな感じが表現されている、とプラス解釈で(笑)

実車を知らないし、鉄道模型歴1年の新参者の評価なので、皆様の参考にはならないと思いますが、年明けにネット販売もありますので迷っている方は検討されてみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0)