カテゴリー「一口馬主」の739件の記事

2013年12月22日 (日)

残念な人と残念な結果

今日は馬券を買いにWINSに行ってきたのですが、入口の脇に長蛇の列ができていて、何かと思えば、「おみくじ馬券」を買いたい人の列でした。

「おみくじ馬券」って何なのさ?と確認してみたら、JRA側がランダムに選んだ3連単の5点買い馬券を500円で販売してるんだと。

くだらねー。

まったくもってくだらねー。

お前ら、自分が買う馬券さえ決められないのかよ(笑)
確かに、大波乱の超万馬券って普通の人が普通に予想したら選べないような組み合わせでこそ発生するわけだが、だからといって、コンピューターがランダムに選んだ馬券なんて買うなよっつー話。
ランダムに買いたいなら、せめて自分でサイコロ振るなり馬柱見ないで買うなりしろよ。
ってゆーか、そんな腰抜けは競馬なんかやめてロト6にでも行きやがれ。
ゼッケン背負って走ってる馬たちに失礼だとさえ思う。
競走馬や騎手たちは抽選器じゃないっつーの。

ま、いいけどさ。
俺が主催者だったら「おみくじ馬券」なんて、オルフェーヴルの6番を除いた買い目だけ売っただろうけどね、絶対。
そしたら、「どんだけ買っても6番が入ってないんですけど」なんてクレームつけてくる馬鹿がいたりして。

あーくだらね。

さて、サイレントクロップは負けちゃいましたとさ。(サラリと)

サイレントクロップ(牝4歳) 
12/22 3歳上500万下(牝) 中山 ダート1800m = 10着
内田騎手で出走。馬体重は10kg増の538kg。メンコにブリンカーを着用して、落ち着いた様子でパドックに登場。馬体増も見た目に太目感はないものの、前走に比べるとやや気合いの乗り方が遅い感じ。馬体の張りなどは良く、見た目に状態自体は悪くなさそう。ジョッキーが跨ると、気合いが乗ってきて馬場へ向かった。ダートコースへ入ると、しばらく歩かせてから力強い返し馬に入った。
レースでは、マズマズのスタートも押して前めのポジションへ。2番手に並ぶような形で1コーナーへ入るが、2コーナーでは並ぶように先頭へ。向こう正面から捲り気味に上がってきた馬がいてペースが上がるも、3~4コーナーを3頭が併走するインでハナは譲らず最後の直線へ向かうが、最後はバテてしまい10着。


内田騎手「ペースは遅くなかったのですが、強引に上がってきた馬に完全にペースが乱されてしまいました。それがなければもっと粘れていたと思います」

国枝調教師「ペースが厳しくなったこともありますが、パワーが付いてきた感じでダートも大丈夫だとは思っていたのですが、先頭に立つまでの脚をみると、芝の方がレースはしやすいのかもしれません。中京もしくは小倉の芝を検討するかもしれません」

今日はなんか異様なペースだった。
有馬記念デーということで、普段は中山で乗っていない関西や外国の騎手が多かったとはいえ、出ムチを入れて逃げる馬がいたり、向こう正面で仕掛ける馬がいたり、浦和競馬を見ているようでした。
あれだけ出入りが激しいと、先行馬にゃ厳しいっす。

今日のレース内容でダートが駄目と決めるのは、なんか違う気がする。
牝馬限定のダート1800、また使って欲しいなぁ。
できれば乾いて力の要る馬場が希望。(今日は重馬場でしたから)

まあ、来年また期待しましょ。

| | コメント (0)

2013年12月21日 (土)

明日のメインレースは5Rです。

有馬記念というと昔は「第9R」だったのですが今は違うのですね。
皆さん、明日の中山のメインレースは「第5R」ですのでお間違いなく(笑)

というわけで、私にとっては明日のメインは第5R。有馬記念はどうでもいい。

 中山5R 3歳上500万下(牝) ダ1800m
   ○△◎:○△▲△ サイレントクロップ  55 内田博
  陣営コメント「ひと叩きして確実に良化。ダートも実績ある」
  短評     「叩いた効果大。ここ脅威」
  調教班   「出来安定」

牝馬限定のダート戦ということで、低レベルメンバーとなることを期待していたのですが、案外一発秘めてそうな馬がゴロゴロいます。

「ウチが一番人気だろう」なんて思っていたのですが、強敵もエントリーしてきて、しかもウチと同じ逃げ馬ということで、2頭で競り合って共倒れ → 追い込み穴馬の台頭なんてのを演出してしまう危険もありそう。

番手でも競馬になるでしょうし、この相手でどうこう言っているようでは上のクラスでなんか通用しないでしょうから、力を出し切ってきていい結果を期待したい。

サイレントクロップは、明日で今年7戦目。
ソエで半年の休養があったにもかかわらず、7戦も使ってもらえて、国枝調教師にはとても感謝しています。
この馬自身の今年の成績は
  11人気 6着
  4人気  2着
 
 
  1人気  5着
  1人気  9着
  11人気 2着
  9人気 3着
と、人気と着順が比例していないので、明日1番人気にならないことをプラスと考えよう。

男馬みたいに逞しくなった(国枝調教師)のであれば、ダートで真価発揮かもしれないし、楽しめそうな要素は多分にある。
   
 
 

| | コメント (0)

2013年12月16日 (月)

前走回顧&次走は・・・

サイレントクロップ(牝4歳) 
12/7 3歳上500万下 中山 芝1800m = 3着
内田騎手で出走。馬体重は10キロ増の528キロ。シャドーロールにメンコを着用して、多少緊張気味にパドックへ登場。馬体増も見た目に太目感はなく、歩様に力強さも感じられ元気いっぱいで、久々になるが状態は良さそう。周回を重ねると、時折首を上下させ、うるさいところを見せ始めるが、入れ込むほどではなく問題なし。他の馬たちにジョッキーが跨ると、気合いを面に出しつつ馬場へ向かった。首を上下させて気合い見せつつダートコースを横切り芝コースへ入ると、少し歩かせてからスムーズに抑え気味の返し馬に入った。 

レースでは、マズマズのスタートから先行争いに加わり、無理することなく先頭へ。マイペースの逃げに持ち込み、先頭のまま最後の直線へ向かう。中山の急坂でも脚色が鈍ることはなく粘り込みをはかったが、ゴール寸前で交わされてしまい3着。


内田騎手「何が何でも逃げようと思っていた訳ではないのですが、スピードの違いで無理せず逃げる形になりました。直線に向いたところでも手応えが感じられ、勝てるかとも思いましたが、勝ち馬が強くアッサリと交わされてしまいました。自分の競馬に持ち込めれば渋とい馬なので、相手関係と展開一つで、勝つチャンスも巡ってきそうです」

 

国枝調教師「久々でしたが、仕上がり具合は悪くありませんでしたので、どんなレースをしてくれるのか楽しみにしていました。最後まで良く頑張っていますが、今日は相手が悪かった感じです。この馬の力は十分見せてくれましたし、権利も取ってくれましたので、引き続き使っていきたいと思います」


12/11
国枝調教師「レース後も問題はありません。この後の具合次第にもよりますが年内もう1戦させたいと考えており、芝2000mは相手が揃いそうですので、12月22日(日)中山・ダ1800m(牝)に向かいたいと考えています。最近は芝のレースを使っていますが、ダートで走れている馬ですので十分対応出来ると思います。鞍上は引き続き内田騎手を予定しています」

次走優先権を確保したものの、
「優先権の有効期間内に芝の500万下なんか1つしかねーじゃん!」
と思っていたのですが、そこは国枝先生、牝馬限定のダート戦とのこと。さすがの選択です。

| | コメント (0)

2013年12月 8日 (日)

好走3着!

昨日は、出資馬・サイレントクロップの応援に中山競馬場へ出掛けてきました。

131208_1
   図1 「カメラもって1年半ぶりに会ってきました」の図

131208_2_2
      図2 「予想はしていたが、プラス10キロ」の図

冬場で、どちら様もプラス体重が目立ちましたが、サイレントクロップも10キロ増でした。
レース前の調教師コメントでもまだ太いと書かれていたので、覚悟はしていましたが、私には思っていたほど太くは映りませんでした。
それでも、パドック中継では、「太いですね。叩いてからでしょう」と一蹴されてしまい、その影響もあってかパドック登場時は6番人気だったのが周回を重ねるにつれて9番人気まで落ちました。

131208_3
      図3  「いいフットワークの返し馬」の図

そんなに重い感じはなく、なかなか良好な返し馬でした。

131208_4
 
   図4 「スタート後の加速はなかなかのもの」の図

パドックでは軽くイレ込んでいたし、スタートで立ち後れる嫌な予感もありましたが、まずまずの揃ったスタートでした。
内には先行馬はいませんでしたから、これでハナは貰ったな、と。
1コーナーまでは軽く絡まれましたが、コーナーワークで振り切り、いい感じでペースを握りました。
前半1000通過が61秒0。う~ん、もっとゆっくり逃げたかったけど(笑)

131208_5_3
         図5 「粘り腰!」の図

直線、いい感じで逃げ込みを図ります。
道中2、3番手を追走していた馬が外から並んでこようとするも失速し、サイレントクロップはいい感じで単騎先頭の形。

この後、勝ち馬に差されてしまい、ゴール前でもう1頭に捕まって3着でした。
今日も相手が悪かったです。
何しろ上のクラスでも上位争いしていた馬ですから。

次走優先権がとれたのは大きいと思いますが、500万下の芝レースがどれだけ組まれてんだ?って感じ。

まあ、年明けですかね。

| | コメント (0)

2013年12月 6日 (金)

本格化の4歳秋(?)

明日は、サイレントクロップの復帰戦。
中山競馬場へ応援に行く予定です。

6月に2着して以来の休み明けですが、あのレースは前走2着馬が7頭という超ハイレベルなメンバーで、勝ち馬・ディサイファはその後、500万下→1000万下→1600万下と3勝し、福島記念で1番人気に支持されるほどの活躍。
相手が悪かった。。。

4歳になって本格化したディサイファ同様、サイレントクロップにも4歳になっての成長ぶりを見せてもらいたいところです。

 中山12R 3歳上500万下 芝1800m
   △△△:△:▲△ サイレントクロップ  55 内田博
  陣営コメント「今週の動きはまずまず。でも馬体に余裕がある」
  短評     「太め残り。叩いてからか」
  調教班   「もうひと絞りできる馬体だが、動きはよい」

まだ馬体が太いようですが、元々「トモに力が付けば」なんて言われていた馬なので、調教師が言っている「男馬のような体つきになった」というのが「本格化」であると信じたい。
兄たちも古馬になって力つけてきましたからね。

次走権利くらいとってきてくれれば、冬競馬で500万下卒業を狙えると思うので、是非ともいい滑り出しを期待したい。

幸い同型馬不在、偶数枠番ゲット。ウチパクの手腕にも期待。
人気になると脆く、人気がなくなると激走して存在感を示す馬なので、その辺りの「意外性」にも期待。

ここで鉄砲駆けして、上積み十分で1000万下へ!

なんて甘いかw

| | コメント (0)

2013年12月 4日 (水)

ウチパク騎乗

今週、我が出資馬・サイレントクロップが復帰します。

サイレントクロップ(牝4歳) 
12月7日(土)中山500万下 芝1800mに内田騎手で出走予定。
国枝調教師「本日坂路で4ハロン51.5-37.9-13.3の時計を出しています。まだ少し余裕のある体つきではありますが、予定通り今週使いたいと思います。久し振りの競馬になりますので割引は必要だと思いますが、筋肉もついて男馬みたいな体つきになっています。この状態でどこまでやれるか楽しみです」

◆出走予定:12月7日(土)中山12R・3歳以上500万下(芝1800m)内田博幸騎手(55kg)
フルゲート16頭(出走予定全26頭、本馬より優先順位の高い馬8頭、同条件の馬1頭)*自身、前走から28週

中山まで応援しに行きたいなぁ~
しかし、このところ出費が多い私には、中山までの交通費捻出も厳しい・・・

ところで、この時期の中山開催に芝の古馬500万下なんて組まれてましたっけ?
ちょっと驚きです。

| | コメント (0)

2013年11月27日 (水)

サイレントクロップ復帰戦

私の記憶が間違っていなければ、ここは一口出資馬のことを綴ったブログだったと思う。

サイレントクロップ(牝4歳) 
12月7日(土)中山 4歳上500万下 芝1800mを目標に調整中。

国枝調教師「本日坂路で時計を出しています。併せ馬で後ろから追走して、4ハロンから
  50.7-38.0-25.8-13.4
の時計でした。引き続き順調に調整が進んでおり、追い切りの動きも良かったと思います。予定通り来週の中山・芝1800mに向かいたいと考えています。乗り役は内田騎手を予定しています」

いいねぇ~、ウチパクですか。
いきなり好勝負できるかもよ。
たまには中山に出掛けてみようかな。

| | コメント (0)

2013年7月21日 (日)

一から出直しだ

未勝利勝ち後の昇級初戦は残念な結果でした。

ヴェイパーコーン(牡3歳)
 
土曜函館10R 横津岳特別 芝2600m = 14着
勝浦騎手で出走。馬体重は4キロ増の512kg。メンコ(レース前に外す)、ブリンカーを着用しパドックに登場。馬体重増も見た目に変化は無く、いつもと変わらず落ち着いた様子でパドックを周回。少し硬めの歩様も、馬体の張りも良く、毛艶も良好で状態は悪くなさそう。止まれの合図の後、ジョッキーが跨がると首を上下に振り始め少しピリっとした様子で馬場へ向かった。小脚を使い小うるさいところを見せながら馬場に入ると、すぐに返し馬に入った。
レースでは揃ったスタートも出脚一息で気合を付けつつ先団3番手の位置。行き脚が付くと前2頭に外から並びかける行きっぷりで1周目の直線へ。2コーナー過ぎまで3番手で流れに乗っていたが、向正面で各馬が仕掛けてペースが上がると後退してしまい最後方で最後の直線に向かった。直線でも伸びることが出来ず14着。

勝浦騎手「行ければ行こうと考えていましたが、行き脚が今一つであの位置からの競馬になってしまいました。道中もチャンスがあれば前を取ろうとしましたが、向こうもなかなか譲ってくれずどんどんペースが上がってしまい、この馬にはキツイ流れになってしまいました。自分の競馬が出来れば力は発揮してくれるのですが、そうじゃない時は、また脆さが出てしまいます。返し馬の感じも悪くなく、期待していたのですが…」

和田調教師「小倉で6着だった時と同じような内容になってしまい、この馬の力を発揮できませんでした。この後は、ここまで休みらしい休みもなく頑張ってくれていましたので、一息入れさせたいと思います」

23日にノーザンファーム空港牧場に移動予定。

大敗は逃げ馬の宿命。仕方ないです。
っていうか、「逃げ」の形を作ることさえできませんでしたからね。

放牧して疲れを癒して立て直しですね。
このところ毎月出走していて今年だけで9戦もしましたから、まずは疲れをとって、それから地力強化に期待したいところ。
1つ勝ったことで余裕がありますし、成長力に期待しましょう。

| | コメント (0)

2013年7月20日 (土)

まもなく出走

いよいよ昇級初戦。
5番人気くらいにはなるかな~なんて思っていたものの、14頭のうち前走5着以内の馬が10頭もいて、7,8番人気くらいかな。

  函館10R 横津岳特別(3歳上 500万下・混) 芝2600m
  10 △△:: ヴェイパーコーン  54 勝浦
  陣営コメント「距離は心配ない。自分の流れで行ければ通用していい」
  短評     「戦法を見直して今までが嘘のような楽勝劇。ここも要注意」
  調教班   「上積みはないが好調状態持続と見ていい」

1つ勝ったことで秋以降も現役続行できるわけだから、現状どこまでやれるか見せてくれればいい。
無事に走ってきてくださいな。

いつもは出資馬のレース当日は、午前中にレース見て、その後お出かけという一日になるのですが、今日は14時50分発走。
たまにはこの時間帯のレースもいいものですね。

| | コメント (0)

2013年7月18日 (木)

特別戦挑戦

つい先日まで未勝利戦終了による引退危機を心配していたヴェイパーコーンが、今では特別戦挑戦です。
芝2600m戦、めっちゃ楽しみです。

ヴェイパーコーン(牡3歳)
 
7月20日(土)函館 横津岳特別(芝2600m)に勝浦騎手で出走する。
和田調教師「本日函館競馬場のウッドチップコースで時計を出しています。中1週なのでサラッとやっており、5ハロンから73.1-56.2-40.4-13.2の時計でした。引き続き変わらず順調に調整が進んでおり、昇級初戦で初距離になりますが頑張ってもらいたいですね」

◆出走予定:土曜函館10R 横津岳特別(3歳上500万下・混・芝2600m)勝浦正樹騎手(54kg)
フルゲート16頭(出走予定全17頭、本馬より優先順位の高い馬0頭、同条件の馬・同馬を含め8頭)*自身、前走5着以内

明日の出走確定を待ちましょう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧