« GM 東急 ヒカリエ号 -3- | トップページ

2015年8月13日 (木)

東急スタンプラリー2015 を攻略する

久しぶりの長文です。

検索サイトから 東急 スタンプラリー 攻略 といった検索キーワードで訪問される方が先週あたりから増えています。

東急スタンプラリーについては昨年、このブログ(関連記事)に書きましたが、実は今年もすでに参加済みです。

スタンプ設置駅がほんの一部変わっただけで、ルールは昨年と同じ。各グループごとに景品がもらえ、すべてのスタンプを集めて渋谷でゴールです。

    グループ①:横浜、菊名
    グループ②:自由が丘、中目黒
    グループ③:目黒、田園調布
    グループ④:武蔵小杉、日吉
    グループ⑤:長津田、青葉台
    グループ⑥:鷺沼、溝の口
    グループ⑦:三軒茶屋、下高井戸
    グループ⑧:二子玉川、大井町
    グループ⑨:蒲田、五反田
    ゴール    :渋谷

この「東急電鉄スタンプラリー2015」ですが、はっきり言って一日で全19駅のスタンプを集めるのは至難の業です。
何となく回っていると、何となく時間切れになります。
「攻略」というキーワードでネット検索する方がいるのも納得の難易度です。

大人だけならばそう難しくはありませんが、主催者側が「親子でめぐる」と題しているイベントですので、「子どもを連れて参加」という条件で「至難の業」と書いています。

私は小学生と幼稚園児を連れて参加しました。
大人のように階段ダッシュできませんし、トイレも大変です。
お昼ごはんだって、駅の"そば屋"というわけにはいきません。
どっちが先に押すかスタンプ台の前で兄弟ゲンカが勃発したり(笑)

ですので、鉄ヲタ観点でのツッコミは一切お断りとし、普段あまり東急線を利用しない方や親子で参加される方の参考になるよう体験談を交えて記します。

攻略法と呼べるほどではありませんが、<ポイント>として7点ほど。

<ポイント1> 朝10時よりも前の行動も重要
スタンプが押せるようになるのは朝10時からですが、それよりも前から電車は動いていますし、一日乗車券も販売されています。
つまり、自宅最寄り駅に朝10時に到着するのではなく、最初のスタンプを朝10時に押せるように移動しておくというものです。
朝10時に、長津田、横浜、蒲田、大井町、五反田、目黒、下高井戸のいずれかに到着しているのが理想です。
スタンプ設置駅の近くにお住まいの方は、前日までにスタンプ帳をもらって1つ目のスタンプを押しておくのも有効です。
例えば、最寄り駅が青葉台という方は、前日までにスタンプ帳をもらい、青葉台のスタンプを押しておきます。(スタンプ台は改札の外にあるので切符を買わなくても押せます)
そうすれば、当日は10時に長津田でスタンプを押した後、青葉台で下車するライバルを尻目に一つ先の鷺沼を目指せます。

<ポイント2> 乗車位置に多少の注意を
乗り換え案内サイトでホームの階段位置を事細かに調べておくのはやり過ぎだと思いますが、以下3つだけは頭に入れておくといいと思います。
   大井町下車時     → 大井町寄り車両
   二子玉川下車時  → 渋谷、大井町寄り車両
   菊名下車時      → 元町・中華街寄り車両
池上線や多摩川線は編成が短いので、どこに乗ってもさほど変わらないと思います。
乗車中にスマホでひたすら調べている親をよく見かけますが、そこまでしなくてもいいと思います。
せっかく親子で過ごすのですから、スタンプラリーの日くらいはスマホはカバンにしまっておきましょうよ。

<ポイント3> 他社線を使って近道ワープ!
通勤時間帯を避けるために各駅のスタンプ台設置は朝10時~夕方5時に制限されており、これが一日で全制覇する難易度を高めています。
時間との戦いになりますので、場合によってはJRなどを使って時間短縮するのも効果的です。
邪道ともいえる方法ですが、二日掛かりになるよりは時間もお金も節約できます。

オススメの近道ルートは以下の2つ。
① 長津田-菊名(横浜線) 東京方面からスタートする人に最適!
長津田に着いて田園都市線6駅をクリアした後、JR横浜線で菊名までワープ。
快速や根岸線直通に乗れた場合は横浜まで行ってしまうのもアリですが、横浜駅は混雑して乗り換えが大変なので、お子様連れの方は菊名で東横線に乗り換えてしまうのが無難です。
もちろん、東横線を制覇してから長津田にワープする逆ルートもアリです。

② 五反田-目黒(山手線)  133円の負担で、20分短縮!
田園都市線や東横線は、途中にもスタンプ設置駅がありますが、池上線と目黒線については終点駅のみなので、それならば終点駅同士をショートカットしてしまおうという作戦です。場合によっては30分短縮できることも。

他にも、
  ・横浜-蒲田(京浜東北線)
  ・蒲田-大井町(京浜東北線)
  ・大井町-五反田(京浜東北線、山手線)
  ・目黒-渋谷(山手線)
  ・下高井戸-渋谷(京王線)
などもありますが、乗り換えるための移動距離なども踏まえると、効果が大きいのは上記①と②だと思います。

<ポイント4> ランチも、事前計画を!
子連れスタンプラリーにおいて、ランチは親にとっては悩みの種。子どもにとっては重要イベントです。
駅を出てお店を探すことになるため、どの駅に何があるのかくらいは把握しておき、かつ、人がたくさん集まる駅は避けたいところです。
無難なところでは、大岡山、下高井戸あたりですかね。
溝の口のフードコートもいいけど、夏休みだとかえって混んでるかな。
夏休み期間中なので、学生街の日吉もいいと思います。
盆休みや週末であれば目黒、五反田といったオフィス街もアリですね。
「食事する店なんて、どこにでもある」という油断は、思わぬタイムロスを引き起こします。

<ポイント5> グループ⑥は、溝の口→鷺沼の順で
溝の口駅で景品をもらう場合、駅長事務室まで行ってインターホンを鳴らして出てきてもらう必要があります。鷺沼なら改札口で貰えるので時間のロスを抑えられます。
なので先に溝の口のスタンプを押して鷺沼で景品をもらう流れがいいと思います。

<ポイント6> 世田谷線は、乗ってきた電車でUターン
このスタンプラリーで最も かったるい ネックなのが世田谷線での下高井戸への往復。
ここでの消費時間を最小限にするには、下高井戸でスタンプを押したらそのまま乗ってきた電車に乗り込みましょう。
「そんなの当たり前じゃん」と思われるかもしれませんが、スタンプ帳をもった人たちは皆、三軒茶屋をクリアしているので、下高井戸で景品をもらおうと窓口が混雑し、一本見送ってしまう人が結構いました。
発車ベルが鳴り始めたら景品はスルーして三軒茶屋で貰うようにしましょう。(スタンプに行列ができてしまったらどうしようもありませんが・・・)

<ポイント7> 大井町方面からの自由が丘下車は避ける
自由が丘駅は今回巡る19駅の中で唯一、対面ホーム隣接の改札口にスタンプ台があります。
具体的にいうと、大井町方面から大井町線に乗ってきた人が自由が丘駅で下車すると、「スタンプ台はどこ?」状態になります。
一度東横線ホームに上がって反対側に渡るなり、マリクレ通りに出て踏切を渡るなりすれば済む話ですが、初めての人には構造が分かりにくく、オロオロと迷っている人が多い駅です。

東急沿線在住の東急線好きの私が挙げられるポイントは以上です。

では、一日で全駅回れるルートをご紹介したいと思います。(念のため言っておきますが、一日で回りきるルートは、他にいくらでもあります)
私が選ぶ「理想の開始駅」はズバリ、下高井戸です。
朝10時に下高井戸に着くように出発し、一日乗車券を購入して東急線に乗り込んで下さい。

目安となる時刻(子連れで行動する目安)も書いておきます。

1.下高井戸  10:00
 1個目のスタンプゲット。
  世田谷線に乗り込み、終点に着いたら地下通路で田園都市線改札へ。

2.三軒茶屋  10:25
 スタンプ2個目。
 田園都市線に乗り換え。ひたすら中央林間方面へ。
 ここでは最後尾(渋谷寄り)に乗りましょう。

3.二子玉川  10:35
 スタンプ3個目。

4.溝の口  10:45
 スタンプ4個目。

5.鷺沼 11:00
 スタンプ5個目。

6.青葉台 11:20
 スタンプ6個目。

7.長津田 11:30
 スタンプ7個目。

8.横浜線ホームに移動  11:35
 菊名での移動を少なくしたければ先頭(東神奈川)寄り、椅子に座りたければ真ん中から後方(八王子)寄りの車両に乗りましょう。

9.菊名  12:00
 利用者の8割以上が東横線乗り換え組なので、人の流れに乗って連絡改札へ。
 スタンプ8個目。

10.横浜  12:10
 渋谷寄りの改札口を目指します。
 スタンプ9個目。
 お子様にとっては最初の「飽き」が来る時間帯なので、「ヒカリエ号が来るかもよ」などと言って、窓の外を見させたりしましょう。

11.日吉  12:25
 スタンプ10個目。
  ここでランチ休憩。
 子連れという想定で、ドドーンと1時間休憩しちゃいます。

12.ランチ後、再出発  13:25
 元住吉で通過待ちする各駅停車は避けましょう。東横線と目黒線の併走区間なのでどちらに乗ってもOKです。

13.武蔵小杉 13:35
 スタンプ11個目。
 結局ヒカリエ号に会えずガッカリしたお子様も、ここではヒカリエ号の写真入り硬券がもらえます(ヤッタネw)

14.多摩川 13:45
  改札を出ずに階段をひたすら下りて多摩川線ホームへ。

15.蒲田 14:05
 スタンプ12個目。
 電車と一緒に記念撮影するならココ。
 発車までの待ち時間もありますし、This is TOKYU といった感じのレトロ車両も来ます。そんなツーショット写真を残しておけば、お子様が将来、立派な東急マニアに成長されたときに感謝されること間違いなしです。
 で、気が済んだら、池上線に乗ります。
 もし、この時点で目安時刻よりも大きく遅れている場合は、京浜東北線で大井町へワープすれば多少挽回できます。(16をスキップ)

16.旗の台 14:25
 このまま五反田まで行ってしまいたい気持ちを抑え、大井町線に乗り換え。大井町寄りの車両に乗りましょう。

17.大井町 14:35
 スタンプ13個目。

18.旗の台 14:50
 再び、池上線へ。

19.五反田 15:00
 スタンプ14個目。
 ここで、「おやつ休憩」にします。
 直結しているビルにサーティワンアイスクリームがあるので、そこで30分休憩する想定とします。

20.おやつ後、再出発 15:30
  東急線改札のすぐ横にあるJR改札から山手線(渋谷方面)へ。
 たった2分で目黒にワープ!

21.目黒  15:40
 スタンプ15個目。
 小さいお子様は眠くなる時間帯。あくび連発している場合は、この目黒線でお昼寝タイムに。各駅停車なら間違いなく座れますし、田園調布到着が多少遅くなっても大丈夫。

22.田園調布 16:00
 スタンプ16個目。

23.自由が丘 16:10
 スタンプ17個目。
 大井町線・大井町方面のホームに下りて改札を出ます。二子玉川方面には下りないよう注意!

24.中目黒 16:20
 スタンプ18個目。

25.渋谷 16:30

こんな感じで。16:30に19駅制覇となります。

各駅間を最低でも10分見積もった目安ですので、実際にやってみると、どこかで急行電車に乗れたりして目安よりも余裕が出てくると思います。

実際に私も、幼稚園児の娘に「おしっこ!」と言われ、駅を出てデパートのトイレに駆け込むロスが発生しましたが大丈夫でした。

そもそも、ランチ1時間+おやつ休憩30分を入れても30分余る計算ですので、あまり東急線に詳しくない方でも、親子で気軽にこの企画を楽しんで頂ければ幸いです。

最後に、非常識な鉄ヲタに一言。
いい年した大人が、スタンプ帳や景品をひとりでたくさん貰おうとして駅員に断られている光景を毎年見かけますが、マジでキモいです。心の底から気持ち悪いと思います。恥を知りなさい。

|

« GM 東急 ヒカリエ号 -3- | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GM 東急 ヒカリエ号 -3- | トップページ