« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月30日 (月)

鉄コレ京急旧600形 その2

昨日のアクセス数が 64 もあって驚きました。
以前ちゃんと更新していた頃は、毎日それくらいあったのですが、半年も放置したりネタが尽きたりで2桁がやっとという感じだったので、ここ2年くらいで見れば「64」は最高記録です。(うち「5」くらいは私自身なんですけどね)

昨日のアクセスの殆どが、京急百貨店(上大岡)で販売された「鉄コレ 京急旧600」関連の検索で 誤爆 訪問された方のようです。

せっかくお越し頂いたのに内容が薄くてすみません。
鉄道模型歴1年ということで、たいしたことは書けませんが、読んで頂けるのは嬉しいです。

前回は、箱に入った写真のみだったので、さっそく開封してみました。

123001

内容物の説明は不要ですね。
今回は屋根パーツが2枚入っています。先頭車、中間車ともにパンタあり/なしを選べるわけです。
お馴染みの展示用線路もついてます。展示用線路は要らないから値上げはしないで欲しかったと思っているのは私だけではないはず。

今まで実車写真でも模型でも見たことがないシールがあったので、貼ってみました。

123002

側面に「快速特急」の4文字が表示された京急なんて知らなかったので、これは新鮮。
他にも、「海水浴特急」とかも収録されてました。

鉄道模型歴1年ながらも加工用パーツは色々もっており、使えそうな物を集結させてみました。

123003_

パンタグラフは、これでいいのか?
よく分からないので、よく調べてから取り付けることにします。
ドア注意の手のひらマークは使えそうです。
1970年代の方向幕は、いつか旧600形を作ろうと、GMのプラ板パーツとカラーと一緒に買っていました。いろいろ揃えたものの、塗装が面倒くさくて作業保留状態だったので、今回の製品化は嬉しいわけです。

123004

さっそく貼ってみました。
外側から貼らず、窓ガラスの内側からあてています。基本ですね。
添付されていたシールよりも文字がデカいです(笑)

試しに貼ってみただけで、まだ仮止めの状態です。
色々な行き先が収録されたシールを持っているので、行き先は「八景」とかマニアックなものにしたいですが、旧600形は今の2100形のような位置づけだったようなので、中途半端なのはおかしいのかな。
旧600形で実在したものを調べて決めようと思います。
あと、連結器交換とかジャンパー栓取り付けとか手を入れたいですね。

貫通幌は、GMのものが使えそうです。大きさは完全にピッタリではありませんが、接着剤で付けられそうです。

123005

開封して色々といじり始めてみましたが、今回の「鉄コレ 京急旧600形」は、出来としては満足しています。
相変わらず、塗装のはみ出しや擦り傷といった鉄コレ固有の荒さはいただけませんが、そこは昔の車両っぽいレトロな感じが表現されている、とプラス解釈で(笑)

実車を知らないし、鉄道模型歴1年の新参者の評価なので、皆様の参考にはならないと思いますが、年明けにネット販売もありますので迷っている方は検討されてみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0)

2013年12月28日 (土)

鉄コレ 京急旧600形 購入

京急限定の鉄道コレクションを買いに、朝から京急百貨店上大岡まで行ってきました。
おいらもすっかり鉄ヲタの仲間入りです(笑)

先週の吉川 友といい今週の鉄道模型といい、オタクっぽい世界に首を突っ込むのが最近ちょっとした快感になってきています。

私が着いたのは販売開始(10時)の2時間くらい前で、ホッカイロに手袋、ズボンの下はスキー用ヒートレギンスという防寒対策で臨んだのですが、着いたらそのまま会場内に案内されました。

122901

イベントステージみたいなのがありますが、私自身、鉄道イベントってものをよく知らないのです。
私の前にどれくらい並んでいるのか分かりませんでしたが、旧600形なんて私含めて乗ったことない人が殆どでしょうから、買えないという心配はなく、10時になって列が動き始め、すんなり購入できました。

今年は8000個も用意したそうですが、わりと冷ややかに見ているファンが多く、「8000個も売れるわけないじゃん」というネット世論の通りで、需要量を把握できていないまま生産してしまった気がします。
でもって、「こんなにたくさん、どうやって売り捌くんだ?」という販売サイドの焦りで「おひとり様12個限り」という緩い購入制限になったのではないでしょうか。あってないような購入制限ですが先頭集団にいる転売業者に「ありったけ全部ください」と言われてしまったらゲームオーバーですから制限は必要。

ちなみに私は2箱で十分。
買っていく人の殆どは、2箱か4箱だったようで、私よりも朝早くから並んでいる人でさえそんなですから、どう見ても売れ残る流れ。もっとも1000~2000人くらい並んだら話は別ですが。

こういう行列って、自分が買った後に完売した方が優越感に浸れたりするものですが、今回の旧600形は純粋に欲しかったので、売れ行きとかはどうでもいいこと。
転売業者に買い占められず、欲しい人に行き渡ったのはいいことです。

122902

122903

私はあくまで展示するのが目的。
昨年の700形、Nゲージの2100形などと歴代京急として並べてニヤニヤするのが目的です。
なので、Nゲージよりも塗装などが雑なのは昔の車両っぽさが出ていいし、非冷房車ということで屋根上が寂しいのも、昭和らしさが伝わってきて、むしろいいと思っています。
何より、パンタグラフが前についているのがいい。
並べて飾るのが楽しみだ。

そんなわけで、購入目的は人それぞれだと思いますが、
販売告知サイトにある
沿線のお子さまへのプレゼントにも最適
というのは、いくら何でも無理があるでしょ(笑)
京急好きのチビッコにあげたら、「これは京急じゃない!」と壁に投げつけられまっせ(笑)

それくらい、今走ってる京急とは違う形をしている。
私だって、昨年の今頃は、こんな形の京急が昔走っていたことすら知らなかったんですからね~。

だからこそ、並べてみると味わい深いわけで、近々、並べた写真でも掲載しようと思っています。

| | コメント (0)

2013年12月27日 (金)

明日は京急上大岡!

私にとって、今年の年末の楽しみは、有馬記念ではなく、競艇の賞金王決定戦でもなく、明日の京急限定の鉄道模型「鉄道コレクション」の発売だったりします。
おそらく、上大岡の京急百貨店に早朝から異様な行列ができます。

私はまだ鉄道模型歴1年半なので「毎年の楽しみ」として定着はしてませんが、鉄道マニアの間では年末の風物詩のようです。

今年発売される「旧600形」は、私は乗ったこともありませんが、この1年だけで京急の殆どの車種を模型で集めてしまい、製品化(再販でも可)を希望していたのがズバリ旧600形なので、願ったり叶ったりです。

鉄道ファンの間では静観する人が多いようですが、その分、転売目的の業者も敬遠するのなら買いやすくて助かりますね。

ではまた明日。

| | コメント (0)

2013年12月23日 (月)

Live in 秋葉原

今日は、ひとりで秋葉原に行ってきました。
鉄道模型にハマり始めて以来、数週間に1回のペースで通っている秋葉原ですが、今日はライブ(音楽)が目的です。
鉄道模型関連も、2万円くらい買い物しちやいましたが(爆)

秋葉原でライブというと、なんちゃら48の関係かと思われがちですが、そうではなくて吉川友です。
吉川友がハロプロ出身ということを、ファンになった後から知った私は、場違いな感もあるのですが、もともと音楽大好き人間なので、歌が上手い人のライブならアイドルだろうと何だろうと自分なりに楽しんじゃいます。

しかし、今日のライブでゴマキとかハロプロエッグ時代の歌とか出てきたときは、チンプンカンプンでした。

以前も書きましたが、吉川友は歌がめっちゃ上手いので、アイドルというよりシンガーとして活躍して欲しいです。

いつか武道館のような(本人の言葉でいうと観客が米粒に見えるような)大きなステージで歌って欲しいですね。
もしそうなったときに自慢する意味でも、先物買いとしてこのブログに記しているわけで。

今日は、運よく入場整理番号が早い方だったので、いい席を確保しようと意気込んでいったわけですが、会場に入って、通路側の席に使用禁止の貼り紙がしてあったのを見て、前の方に行かずあえて通路側(使用禁止席の隣)を選択。
その判断がまさにビンゴで、歌いながら通路に出てきたときは、あまりに近すぎて、何ともいえない緊張感を味わいました。

ほんと50センチくらいの手を伸ばせば届くところで歌っているときは、
「ここで抱きついたりしたら即タイーホだな」
とか考えながら見てました(笑)

ちなみに私の「吉川 友ベスト3」は、

 1位 ここから始まるんだ!
 2位 冬空花火
 3位 Candy Pop

今日のライブのアンコールで、誰もが「こんな私でよかったら」と予測したであろう場面で「ここから始まるんだ!」を歌ってくれたときは感激でした。

ファンの間ではそれほど人気がない曲みたいですが、この曲を吉川友より上手く歌える歌手はいないと思っていて、そういう意味でこの曲が一番好き。
この曲はこの人じゃないと駄目だな、と心底思えるような曲をたくさん歌って欲しい。
そういう意味でも、アイドルではなくシンガーとして進んで欲しい。

ちなみに、私が好きな2位と3位はデビュー曲のカップリング曲というのが、なんか寂しいですね。
来年は私のベスト3を丸ごと塗り替えるような曲がビシビシ出てくることを期待します。

私は今日がライブ3回目でしたが、行くごとに会場のキャパが小さくなっているのが寂しいし、生演奏ではなくカラオケになってしまったのも寂しい。
歌やMCなど内容はどんどん良くなっているので、もっと多くの人に見てもらえるように実力を上げて欲しいところ。

ファン歴半年の新参者が何を偉そうにと言われてしまうかもしれませんが。

吉川友、そして友フレのみなさん、今年一年お疲れ様でした。

2014年はもっと充実した一年となりますように。

| | コメント (0)

2013年12月22日 (日)

残念な人と残念な結果

今日は馬券を買いにWINSに行ってきたのですが、入口の脇に長蛇の列ができていて、何かと思えば、「おみくじ馬券」を買いたい人の列でした。

「おみくじ馬券」って何なのさ?と確認してみたら、JRA側がランダムに選んだ3連単の5点買い馬券を500円で販売してるんだと。

くだらねー。

まったくもってくだらねー。

お前ら、自分が買う馬券さえ決められないのかよ(笑)
確かに、大波乱の超万馬券って普通の人が普通に予想したら選べないような組み合わせでこそ発生するわけだが、だからといって、コンピューターがランダムに選んだ馬券なんて買うなよっつー話。
ランダムに買いたいなら、せめて自分でサイコロ振るなり馬柱見ないで買うなりしろよ。
ってゆーか、そんな腰抜けは競馬なんかやめてロト6にでも行きやがれ。
ゼッケン背負って走ってる馬たちに失礼だとさえ思う。
競走馬や騎手たちは抽選器じゃないっつーの。

ま、いいけどさ。
俺が主催者だったら「おみくじ馬券」なんて、オルフェーヴルの6番を除いた買い目だけ売っただろうけどね、絶対。
そしたら、「どんだけ買っても6番が入ってないんですけど」なんてクレームつけてくる馬鹿がいたりして。

あーくだらね。

さて、サイレントクロップは負けちゃいましたとさ。(サラリと)

サイレントクロップ(牝4歳) 
12/22 3歳上500万下(牝) 中山 ダート1800m = 10着
内田騎手で出走。馬体重は10kg増の538kg。メンコにブリンカーを着用して、落ち着いた様子でパドックに登場。馬体増も見た目に太目感はないものの、前走に比べるとやや気合いの乗り方が遅い感じ。馬体の張りなどは良く、見た目に状態自体は悪くなさそう。ジョッキーが跨ると、気合いが乗ってきて馬場へ向かった。ダートコースへ入ると、しばらく歩かせてから力強い返し馬に入った。
レースでは、マズマズのスタートも押して前めのポジションへ。2番手に並ぶような形で1コーナーへ入るが、2コーナーでは並ぶように先頭へ。向こう正面から捲り気味に上がってきた馬がいてペースが上がるも、3~4コーナーを3頭が併走するインでハナは譲らず最後の直線へ向かうが、最後はバテてしまい10着。


内田騎手「ペースは遅くなかったのですが、強引に上がってきた馬に完全にペースが乱されてしまいました。それがなければもっと粘れていたと思います」

国枝調教師「ペースが厳しくなったこともありますが、パワーが付いてきた感じでダートも大丈夫だとは思っていたのですが、先頭に立つまでの脚をみると、芝の方がレースはしやすいのかもしれません。中京もしくは小倉の芝を検討するかもしれません」

今日はなんか異様なペースだった。
有馬記念デーということで、普段は中山で乗っていない関西や外国の騎手が多かったとはいえ、出ムチを入れて逃げる馬がいたり、向こう正面で仕掛ける馬がいたり、浦和競馬を見ているようでした。
あれだけ出入りが激しいと、先行馬にゃ厳しいっす。

今日のレース内容でダートが駄目と決めるのは、なんか違う気がする。
牝馬限定のダート1800、また使って欲しいなぁ。
できれば乾いて力の要る馬場が希望。(今日は重馬場でしたから)

まあ、来年また期待しましょ。

| | コメント (0)

2013年12月21日 (土)

明日のメインレースは5Rです。

有馬記念というと昔は「第9R」だったのですが今は違うのですね。
皆さん、明日の中山のメインレースは「第5R」ですのでお間違いなく(笑)

というわけで、私にとっては明日のメインは第5R。有馬記念はどうでもいい。

 中山5R 3歳上500万下(牝) ダ1800m
   ○△◎:○△▲△ サイレントクロップ  55 内田博
  陣営コメント「ひと叩きして確実に良化。ダートも実績ある」
  短評     「叩いた効果大。ここ脅威」
  調教班   「出来安定」

牝馬限定のダート戦ということで、低レベルメンバーとなることを期待していたのですが、案外一発秘めてそうな馬がゴロゴロいます。

「ウチが一番人気だろう」なんて思っていたのですが、強敵もエントリーしてきて、しかもウチと同じ逃げ馬ということで、2頭で競り合って共倒れ → 追い込み穴馬の台頭なんてのを演出してしまう危険もありそう。

番手でも競馬になるでしょうし、この相手でどうこう言っているようでは上のクラスでなんか通用しないでしょうから、力を出し切ってきていい結果を期待したい。

サイレントクロップは、明日で今年7戦目。
ソエで半年の休養があったにもかかわらず、7戦も使ってもらえて、国枝調教師にはとても感謝しています。
この馬自身の今年の成績は
  11人気 6着
  4人気  2着
 
 
  1人気  5着
  1人気  9着
  11人気 2着
  9人気 3着
と、人気と着順が比例していないので、明日1番人気にならないことをプラスと考えよう。

男馬みたいに逞しくなった(国枝調教師)のであれば、ダートで真価発揮かもしれないし、楽しめそうな要素は多分にある。
   
 
 

| | コメント (0)

2013年12月16日 (月)

前走回顧&次走は・・・

サイレントクロップ(牝4歳) 
12/7 3歳上500万下 中山 芝1800m = 3着
内田騎手で出走。馬体重は10キロ増の528キロ。シャドーロールにメンコを着用して、多少緊張気味にパドックへ登場。馬体増も見た目に太目感はなく、歩様に力強さも感じられ元気いっぱいで、久々になるが状態は良さそう。周回を重ねると、時折首を上下させ、うるさいところを見せ始めるが、入れ込むほどではなく問題なし。他の馬たちにジョッキーが跨ると、気合いを面に出しつつ馬場へ向かった。首を上下させて気合い見せつつダートコースを横切り芝コースへ入ると、少し歩かせてからスムーズに抑え気味の返し馬に入った。 

レースでは、マズマズのスタートから先行争いに加わり、無理することなく先頭へ。マイペースの逃げに持ち込み、先頭のまま最後の直線へ向かう。中山の急坂でも脚色が鈍ることはなく粘り込みをはかったが、ゴール寸前で交わされてしまい3着。


内田騎手「何が何でも逃げようと思っていた訳ではないのですが、スピードの違いで無理せず逃げる形になりました。直線に向いたところでも手応えが感じられ、勝てるかとも思いましたが、勝ち馬が強くアッサリと交わされてしまいました。自分の競馬に持ち込めれば渋とい馬なので、相手関係と展開一つで、勝つチャンスも巡ってきそうです」

 

国枝調教師「久々でしたが、仕上がり具合は悪くありませんでしたので、どんなレースをしてくれるのか楽しみにしていました。最後まで良く頑張っていますが、今日は相手が悪かった感じです。この馬の力は十分見せてくれましたし、権利も取ってくれましたので、引き続き使っていきたいと思います」


12/11
国枝調教師「レース後も問題はありません。この後の具合次第にもよりますが年内もう1戦させたいと考えており、芝2000mは相手が揃いそうですので、12月22日(日)中山・ダ1800m(牝)に向かいたいと考えています。最近は芝のレースを使っていますが、ダートで走れている馬ですので十分対応出来ると思います。鞍上は引き続き内田騎手を予定しています」

次走優先権を確保したものの、
「優先権の有効期間内に芝の500万下なんか1つしかねーじゃん!」
と思っていたのですが、そこは国枝先生、牝馬限定のダート戦とのこと。さすがの選択です。

| | コメント (0)

2013年12月 8日 (日)

好走3着!

昨日は、出資馬・サイレントクロップの応援に中山競馬場へ出掛けてきました。

131208_1
   図1 「カメラもって1年半ぶりに会ってきました」の図

131208_2_2
      図2 「予想はしていたが、プラス10キロ」の図

冬場で、どちら様もプラス体重が目立ちましたが、サイレントクロップも10キロ増でした。
レース前の調教師コメントでもまだ太いと書かれていたので、覚悟はしていましたが、私には思っていたほど太くは映りませんでした。
それでも、パドック中継では、「太いですね。叩いてからでしょう」と一蹴されてしまい、その影響もあってかパドック登場時は6番人気だったのが周回を重ねるにつれて9番人気まで落ちました。

131208_3
      図3  「いいフットワークの返し馬」の図

そんなに重い感じはなく、なかなか良好な返し馬でした。

131208_4
 
   図4 「スタート後の加速はなかなかのもの」の図

パドックでは軽くイレ込んでいたし、スタートで立ち後れる嫌な予感もありましたが、まずまずの揃ったスタートでした。
内には先行馬はいませんでしたから、これでハナは貰ったな、と。
1コーナーまでは軽く絡まれましたが、コーナーワークで振り切り、いい感じでペースを握りました。
前半1000通過が61秒0。う~ん、もっとゆっくり逃げたかったけど(笑)

131208_5_3
         図5 「粘り腰!」の図

直線、いい感じで逃げ込みを図ります。
道中2、3番手を追走していた馬が外から並んでこようとするも失速し、サイレントクロップはいい感じで単騎先頭の形。

この後、勝ち馬に差されてしまい、ゴール前でもう1頭に捕まって3着でした。
今日も相手が悪かったです。
何しろ上のクラスでも上位争いしていた馬ですから。

次走優先権がとれたのは大きいと思いますが、500万下の芝レースがどれだけ組まれてんだ?って感じ。

まあ、年明けですかね。

| | コメント (0)

2013年12月 6日 (金)

本格化の4歳秋(?)

明日は、サイレントクロップの復帰戦。
中山競馬場へ応援に行く予定です。

6月に2着して以来の休み明けですが、あのレースは前走2着馬が7頭という超ハイレベルなメンバーで、勝ち馬・ディサイファはその後、500万下→1000万下→1600万下と3勝し、福島記念で1番人気に支持されるほどの活躍。
相手が悪かった。。。

4歳になって本格化したディサイファ同様、サイレントクロップにも4歳になっての成長ぶりを見せてもらいたいところです。

 中山12R 3歳上500万下 芝1800m
   △△△:△:▲△ サイレントクロップ  55 内田博
  陣営コメント「今週の動きはまずまず。でも馬体に余裕がある」
  短評     「太め残り。叩いてからか」
  調教班   「もうひと絞りできる馬体だが、動きはよい」

まだ馬体が太いようですが、元々「トモに力が付けば」なんて言われていた馬なので、調教師が言っている「男馬のような体つきになった」というのが「本格化」であると信じたい。
兄たちも古馬になって力つけてきましたからね。

次走権利くらいとってきてくれれば、冬競馬で500万下卒業を狙えると思うので、是非ともいい滑り出しを期待したい。

幸い同型馬不在、偶数枠番ゲット。ウチパクの手腕にも期待。
人気になると脆く、人気がなくなると激走して存在感を示す馬なので、その辺りの「意外性」にも期待。

ここで鉄砲駆けして、上積み十分で1000万下へ!

なんて甘いかw

| | コメント (0)

2013年12月 4日 (水)

ウチパク騎乗

今週、我が出資馬・サイレントクロップが復帰します。

サイレントクロップ(牝4歳) 
12月7日(土)中山500万下 芝1800mに内田騎手で出走予定。
国枝調教師「本日坂路で4ハロン51.5-37.9-13.3の時計を出しています。まだ少し余裕のある体つきではありますが、予定通り今週使いたいと思います。久し振りの競馬になりますので割引は必要だと思いますが、筋肉もついて男馬みたいな体つきになっています。この状態でどこまでやれるか楽しみです」

◆出走予定:12月7日(土)中山12R・3歳以上500万下(芝1800m)内田博幸騎手(55kg)
フルゲート16頭(出走予定全26頭、本馬より優先順位の高い馬8頭、同条件の馬1頭)*自身、前走から28週

中山まで応援しに行きたいなぁ~
しかし、このところ出費が多い私には、中山までの交通費捻出も厳しい・・・

ところで、この時期の中山開催に芝の古馬500万下なんて組まれてましたっけ?
ちょっと驚きです。

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »