« チャンス! | トップページ | 続戦。 »

2013年7月 7日 (日)

ヴェイパーコーン 勝利!

ヴェイパーコーンがやってくれました。
待望の勝ち上がりです。
それも、望んでいた通りのレース展開で勝ってくれました。

今年は札幌競馬場の工事によりロングラン開催となる函館競馬の後半戦は内馬場が荒れて逃げ馬には厳しくなるでしょうから、今日勝ち上がれたのは本当に嬉しい。
そもそも、馬場が痛むのを考慮してか芝の未勝利戦が例年よりも削られてますし、いわゆる「スーパー未勝利戦」も今年の北海道には組まれていません。

いや~、ホントよかった。

道中は、見た目の隊列順序に変化はありませんでしたが、勝浦騎手は3コーナー過ぎあたりから加速していたので、後続勢はけっこう脚を使わされていたと思う。
後方のライバルたちは、激しく手綱が動いたり、ムチが入ってる馬もいて、それでも前との差が詰まっていかない様子は、見ていて痛快でした。

その中でただ一頭、2番手でずっとマークされていた藤澤厩舎のマル外は不気味で、4コーナーで外から並んでこられたときは嫌な予感がしましたが、直線に向いたところでは苦しそうにヨレていました。
まさに勝浦騎手してやったりの瞬間で、私はテレビの前で立ち上がって拍手しながら勝利確信しました。

ヴェイパーコーン自身、上がりは36.3秒もかかりましたが、他の出走馬たちも全馬36秒以上という、障害レースの直線みたいでした(笑)。

それでいて、勝ち時計はメインの古馬準オープンと同じタイムなのだから立派。

勝浦クン、ナイスプレイ!

次走2600m戦を予定してくるというのは、鞍上の意のままにギアチェンジできる馬になったということでしょう。
先週の芝2600m戦で勝っている勝浦騎手の進言というのも、説得力があっていい。

そういう馬に成長させてくれたのは間違いなく和田調教師と勝浦騎手であり、この二人にはひたすら感謝です。

現状は古馬相手では力不足だと思いますが、それはこれから力をつけていけばいいわけで、何も焦る必要はないからね。
今後の成長を見守っていきましょ。

募集価格1400万というお買い得感もさることながら、セレスケイの下でゴールドアリュール産駒という血統で、芝の中距離で戦えるというのは嬉しい誤算です。

これで、このブログもあと二年くらい続けられるかな(笑)

|

« チャンス! | トップページ | 続戦。 »

コメント

ヴェイパーコーン優勝おめでとうございます。
これでノーマネーさんも一口馬主やめられなくなりましたね。
サイレントクロップもこれからの馬ですし、こうなったら
今年の1歳馬もいかれてみてはいかがでしょう?

投稿: PK2000 | 2013年7月 8日 (月) 15時43分

>PK2000さま
コメントありがとうございます。
この馬が現役続行できるのは嬉しいですが、追加で出資するお金は・・・。
サイレントクロップとヴェイパーコーン、どちらか準オープンくらいまで出世したら考えます(笑)

投稿: ノーマネー@管理人 | 2013年7月 8日 (月) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チャンス! | トップページ | 続戦。 »