« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月16日 (日)

攻めた4着

ヴェイパーコーンは、4着でした。

逃げ馬がいないと思っていたものの、ゲートが開くと各馬が前に殺到し、特に外枠勢が行く気満々だったため、圧倒される形でヴェイパーコーンは1番人気馬をマークするように中団に控える形。
前半1000通過59秒3という、2000mの未勝利戦にしては速い流れでしたが、3コーナーあたりからロングスパートを敢行。
単騎逃げのような形に持ち込むも、後続各馬も早めのスパートで追いかけてくる形になり、直線で捕まってしまい4着。

勝ちにいっての4着だから、今までの2着や3着時よりも内容があったし、私も見ていて今までで一番熱くなれた。
この馬自身、昨日の500万下特別戦の勝ち時計よりコンマ2秒速いタイムで走破しているので、これで差されたのは仕方がない。

勝てなかったのは残念ですが、次走優先権をとってきてくれたので、中2週あたりかな。

あと何戦走れるか分かりませんが、残りのレース、全て勝浦騎手でお願いしたい。

| | コメント (3)

2013年6月15日 (土)

単騎逃げ希望 Again

明日の函館4R、我らがヴェイパーコーンが未勝利戦に出走します。
ちなみに、「単騎逃げ希望」のタイトルは前走時と同じですが、あのときは騎手がこのブログをちゃんと読まず、実践してくれませんでしたからね。
勝浦騎手だって読むわけありませんが。

当初の出走想定では権利A持ちの馬が3頭、つまり、前走5着以内の馬がヴェイパーコーンの他に2頭しか出走しない見込みだったのですが、そうは問屋が卸しませんよと言わんばかりにツワモノがエントリーしてきてしまいました。

4戦連続2着馬に岩田騎乗ですか。。。手強いなぁ。。。

他にも、僅差で勝ち上がれずにいるような馬がチラホラいて、ヴェイパーコーンは6、7番人気あたりか。

あまり強気にはならずにテレビ観戦しようと思っていますが、今回のレースで注目している点は、逃げ馬不在という点。

ハナを切るかもしれない馬が1頭いますが、そちらは大外枠を引いたので、7番枠のこちらが思い切ってハナを切るのもアリだと思う。
どんな形であれ、この馬は「一旦先頭に立つ」ことが最重要課題。
ゴール前に切れるタイプではないからね。

コーナーを4つ回る函館芝2000m。

ピッタリ2000mを走破するくらいのつもりで上手くコーナーワークを活かす競馬をして欲しい。

| | コメント (0)

2013年6月12日 (水)

歓迎 勝浦騎手

先週のプリエールエスプレは、見せ場全くなしの競馬でしたが、今週のヴェイパーコーンは勝ち負けも期待できる出走です。
プリエールエスプレの方が高い金払って出資した馬なのだが、まあ競馬なんてそんなもんだ。

ヴェイパーコーン(牡3歳)
 
6月12日
16日(日)函館・芝2000mに勝浦騎手で出走予定。
和田調教師「函館に移動後も問題は無く、本日函館競馬場のウッドチップコースで時計を出しています。5ハロンから72.5-57.5-41.5-12.5の時計で、『良い動きでした』との報告が入っています。内目の枠からスムーズに先行出来れば十分チャンスがあると思いますので、そろそろ決めたいですね」

◆出走予定:6月16日(日)函館4R・3歳未勝利(混・芝2000m)勝浦正樹騎手
フルゲート16頭(出走予定全23頭、本馬より優先順位の高い馬0頭、同条件の馬・同馬を含め3頭)*自身、前走5着以内

勝浦騎手とのコンビ復活は非常に嬉しい。
かつて5名のジョッキーがこの馬に騎乗しましたが、馬券圏内まで好走させたのは勝浦騎手だけ。

それも、
 7番人気 → 3着
 8番人気 → 2着
ですからね。

出走想定通りなら、3~4番人気くらいになりそうなので、
 4番人気 → 1着
なんてのを期待しましょうかね。

まずは、明日の出走確定を待ちましょうか。

| | コメント (2)

2013年6月 8日 (土)

だめだこりゃ

今日は久しぶりに東京競馬場に行ってきました。
ええ、出資馬・プリエールエスペレの未勝利戦を見るためにね。
はっきり言って勝算は厳しいのですが、まだ生で見たことなかったし、夏のローカルシリーズが始まると遠くて応援に行けなくなるからね。

0608_1
          図1 「3歳6月にして初対面」の図

0608_2
       図2 「とま~れ~で現れた鹿戸調教師」の図  

0608_3
        図3 「横山Jr騎乗で本馬場入場」の図

0608_4
          図4 「だめだこりゃ」の図


以上。


わしゃ、もう寝るわ。

| | コメント (0)

2013年6月 6日 (木)

通算1000記事!

いったい何のブログだかよく分からなくなってきた今日この頃。
カテゴリに統一性がないのは、ブログとして読者が定着しない典型なのですが、出資馬が少ないのだから仕方がない。

かつては毎日のようにチェックして下さる方もいて毎日50アクセスはあったのですが、一年半近く休止状態でしたからね。niftyに削除されなかっただけでも奇跡。

そんな当ブログも、今回で1000回目の記事更新となります。

いろんなこと書いてきたなぁ(しみじみ)

現在の出資馬は、古馬1頭、3歳馬2頭。
その3頭が、今週から立て続けに出走しそうな感じです。

 6/ 8(土)東京 3歳未勝利 芝2000m プリエールエスペレ
 6/16(日)函館 3歳未勝利 芝2000m ヴェイパーコーン
 6/22(土)函館 遊楽部特別 芝1800m サイレントクロップ

上記3頭、期待度が低い順に出走する感じですが、勝って欲しい度合いは真逆で、今週のプリエールエスペレが最も1着欲しい。
恐らく全く人気にならないでしょうけど、美浦坂路で50秒7、それも騎手よりも体重のある助手を背に出しているので、今回は競馬として形になるのではないかと思っています。

過去2戦は能力的なものではないと思ってますし、今回は初ブリンカーで臨むそうですから一発大穴も?と期待しています。

1年半も放置していた当ブログですが、1000回も記事を書いてきたと思うと、愛着が沸いてきて、終わらせるのは惜しい気がしてきます。
読者はいなくても、日記としてやってるので、後で自分で見ても面白いんでね。

ブログ続けるために、1歳馬の出資を検討してみっか(笑)

| | コメント (0)

2013年6月 3日 (月)

きっかレン

以前、マッカランという馬を一口出資していましたが、それとは無関係なきっかレンの話。
私の最近のマイブームである歌手・吉川 友(きっかわ ゆう)関連の話です。

「そんな話、チラシの裏か自分のブログにでも書いてろよ」系の話です。

吉川 友は、1年くらい前にスカパーの音楽チャンネルでたまたま見た映像と歌が頭に残り、ネットで調べたものの、そのときは「アイドル」と知って敬遠。
それから数ヶ月後にも別の曲をまた見て、YouTubeでチェックしてたちまち引き込まれました。

CDを借りようとツ○ヤに行くも扱っておらず、このまだ一般に知られていない感じが私のマニアックな一面に火をつけ、CDを買ったのが、つい1ヶ月前の話。
アイドルのCDということで、甘ったるいような曲で溢れているのかと思いつつ、これがとんでもない偏見で、捨て曲がないことにビックリ。
勢い止まらずライブDVDを買い、ネットで調べたらデビュー2周年&バースデーライブの予定があり、とても小さなホールが会場なのにチケットが売れ残っているということで、参戦してきました。

女性アイドルのコンサートということで、異種独特な掛け声や奇妙な動きをする男たちでエラいことになっているのではないかという、そんな人間ウォッチ的な目的もあったのですが、いざ行ってみると、そんなことはなかったです。

特にピアノと一対一で歌ったりすると、観客は沈黙。みんな酔いしれてました。てっきり騒ぐのが目的のファンばかりと思っていたのでこれには驚きました。

会場に向かう電車の中では
「どうして俺、アイドルのコンサートなんかに出掛けてるの?」
と自問自答してましたが、

帰りの電車では
「あれは、もはやアイドルのカテゴリじゃねえだろ」
って感じでした。
ルックスと声質が私の好みというのもあるけど、いや、ほんと歌が上手い。

一般的にアイドルと呼ばれる人たちは、アイドルの延長で歌を歌っている感じだけど、この人は、シンガーの下積みとしてアイドルやってるんじゃないか、と。
変に媚びを売る感じがないし、アイドルアイドルしていないというか、MCもどこかぶっ飛んでいて、周りを振り回しつつ淡々と進めていくその立ち振る舞いからは、Sっ気さえ感じる(爆)

私は全然知りませんでしたが吉川 友って、モーニングなんちゃら。のオーディションで最終審査まで残って落ちた人なんですね。
でもって、ハロプロの研修生?だかに所属していたので、アイドルヲタには一定の認知度があるようですが、21歳という年齢もあって、ファンは少ないみたい。
逆に私は、14、5歳の小娘だったら絶対にCD買いませんけど。

しっかし、つん○♂も見る目がないなぁ(笑)

その辺のことは私はよくわかりませんが、本格的なシンガー路線向きな歌唱力なので、かえってモーニングなんちゃらに加入しないで良かったと思いますね。

あまり変なことを書くと、炎上してしまうのでやめときますが。
いや、炎上するほど読者はいませんけど(笑)

そして今日、そんな吉川 友が、キマグレンというアーティストとユニット「きっかレン」を組むというニュースが舞い込んできました。

キマグレン、音楽チャンネルで見たことあります。昔、ゆずとコラボしたり、アルバムに小田 和正が参加したことがある武道館クラスのアーチストです。

曲のイメージと歌声から吉川 友が抜擢されたんだとか。
グリコカフェオーレのCMに出ることも発表されました。
一気に知名度が上がりますね。

かつてオーディションで落とされた『なんちゃら娘。』も、選挙で盛り上がっている『48人衆』も、みんなまとめて差しきって頂点に立って欲しいですね。
CDを何枚も買ったりはしませんが、陰ながら応援しますよ。

「声を揃えて歌いましょう」、「みんなで一緒に騒ぎましょう」的なノリの集団アイドル全盛の時代に実力派ソロシンガーとして一矢報いてもらいたい。

昔、森高千里のファンをやっていて、中野サンプラザ規模の頃から、武道館クラスまで登りつめるのを見届けたあの頃の興奮が甦る。。。
森高は「非実力派宣言」でしたが(笑)

いやぁ、面白いことになってきました。

| | コメント (4)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »