« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月24日 (水)

あ~あ、負けちゃった。

キーフォース(牡3歳)  
月曜盛岡10R オニキス賞 (公営3勝下、JRA未勝利) ダート1600m = 2着
馬体重は8キロ減の474キロ。ブリンカー着用。舌を縛る。パドック入場時からチャカチャカして少し気負っている様子。途中で二人引きになると、始めはあまり様子が変わらなかったが、徐々に落ち着きが出てきた感じ。馬体は引き締まっており、歩様に硬さもなく、力は出せそう。ジョッキーが跨がると徐々に気合いを表に出し始め、馬場入り後、促されると勢いよく駆け出していった。
レースでは、まずまずのスタートを切り、馬なりで中団やや後方の位置。道中は7番手の外目を追走し、3~4コーナーで先行グループを内に見ながら徐々に押し上げていき、大外に持ち出しながら直線へ。直線で追い出されると最後まで良く伸びたが、先に抜け出した勝ち馬にクビ差及ばず惜しい2着。

菅原騎手「終いが甘いところがあると聞きましたので、ためていってギリギリまで追い出しを我慢する形に。直線は良く伸びてくれたのですが僅かに届かず本当に残念です」

尾関調教師「今週の追い切りで、少しノドに気になるところがあったのですが、大きな症状ではなく、今日は念のため舌を縛ってレースに臨みました。今回本当に惜しい結果でしたが、ジョッキーからレース中にノドが鳴っていたという話がありましたので、その辺が影響したのかもしれません。交流競走で勝ち上がれなかったので、次開催からの限定未勝利戦には出走させることが出来ないのですが、馬っぷりも立派で、能力は持っている馬ですので、いったん地方に出して再登録するのも手だと思います。なおノドについては以前には見られなかった症状ですので、後天性のものと思われますが、詳しくはトレセンに戻ってから獣医師に診てもらうことにします」

今後の状態にもよるが、再ファンドを組むことも含めて協議を行う予定。

もし負けるとしたら、ザロック産駒の粘り混みだけだろうと思っていたのですが、そちらは直線に入ったところで失速。
「これならいただき!」と思ったら、他の馬が抜け出して粘っちゃいましたとさ。

なんだかノドがどーのこーのという話が出てきて、再ファンドなし引退の匂いまで漂い始めましたが、どうなるのか見守るしかないですね。

| | コメント (2)

2011年8月21日 (日)

決戦は月曜日

月曜がだんだん待ち遠しくなる。
はりつめた仕事手につかなくなる。

敗れた盛岡へ再び乗り込む。
ゲートの準備は、ぬかりない。下がらない。その手はまだ動かない。

少し気が多い私なりに見守ってきた馬。
私らしくあるために、ブログに写真も載せてきた。

古馬になってからの走りを見たい。
それだけは言わずにいられない。
「ダイジョウブ」3回てのひらになぞって飲み込む。

 盛岡10R JRA交流 オニキス賞 (公営3勝下、JRA未勝利) ダート1600m
  10 ○▲○◎◎○○ キーフォース  56 菅原勲
  陣営コメント「前走は度外視。ブリンカーをつけて巻き返す」
  短評     「強気な競馬で勝ちにいった前々走が2着。コース合う」
  調教班   「厩舎でじっくり乗り込まれる。力は出せる状態」

近づいてく 近づいてく 押し出される直線。
近づいてく 近づいてく 決戦の月曜日。

| | コメント (2)

2011年8月19日 (金)

一発勝負

3歳未勝利戦はいよいよ大詰め。
前走、デビュー以来最低な競馬を晒してしまったキーフォースは、次戦を盛岡競馬一本に絞り調整されています。

キーフォース(牡3歳) 
7/20
尾関調教師「レース後、大きな問題はありませんが、若干背腰に疲れがある様子です。このまま2~3日様子をみてから決めたいと思います」

7/22
尾関調教師「今日から乗り出しています。まだ、若干の疲れは残っていますが、このまま次のレースに向けて、厩舎で調整して行く予定です。次走はコース適性のある盛岡競馬場の交流戦を目標に調整していきたいと思います。少し間隔が開くので、ちゃんと疲れを取ってから、万全の状態に仕上げたいと思います」
8月22日(月)盛岡・オニキス賞(3歳未勝利・ダート1600m)に向けて、厩舎で調整していく。

8/4
尾関調教師「昨日、ポリトラックで強めの調教を行っています。しっかりと動けていますし、少しずつ状態は上がってきています。少し疲れがたまりやすいタイプですので短めの距離でしっかりと負荷をかけていきたいです。このままいけば良い状態でレースに出走させることができそうです」
8月22日(月)盛岡・オニキス賞(3歳未勝利・ダート1600m)に出走予定。

8/11
尾関調教師「今日、ウッドチップコースで強めの調教を行っています。少し長目の距離を乗っており、入りは15-15でラスト3ハロンが39秒でした。この馬なりにしっかりと動けていますし、体調に関しては問題はありません。予定通り日曜日に、地方交流戦に投票する予定です」

8/15
8月22日(月)公営盛岡・地方競馬指定交流競走・オニキス賞(3歳未勝利・ダート1600m)に登録し、抽選の結果、出走可能馬に選出されている。

8/17
尾関調教師「月曜日がレースですので、明日最終追い切りを行う予定です」
8月22日(月)公営盛岡・地方競馬指定交流競走・オニキス賞(3歳未勝利・ダート1600m)に菅原勲騎手で出走予定。

8/18
尾関調教師「今日、ポリトラックコースにおいて併せ馬で追い切りました。先行させた馬が動く馬で遅れはしましたが、最後までしっかりと動けていました。前回と今回の追いきりで、ブリンカーを試してみましたが、効果はありそうですので、レースでも装着して出走させる予定です。トモに疲れもなく、体調も良さそうですので、今回はなんとかしたいですね」

公営の交流戦におけるJRA所属馬選定ルールがよく分からないので「そもそも出走できるの?」と半信半疑だったのですが、抽選に通って出走可能となったようです。
抽選だったということは、出走できない可能性もあったのですよね。よく分からないけど、とりあえずはよかった。

菅原勲ですか。
地元のトップジョッキーですから不満はありませんが、前回乗ってくれた小林俊騎手でよかったんちゃう?と思ったりもします。
デビュー以来7戦すべて違う騎手が乗るって、どうなのよ?!

もしここを勝てれば未勝利脱出となるわけですが、負けたらもう後がありません。
交流戦の場合は5着以内に入ってもスーパー未勝利への出走権利も得られません。
前回の遠征時よりもJRA勢が強化され、1番人気にさえならなそうな顔ぶれ。
う~ん、どうなんだろう。

| | コメント (0)

2011年8月16日 (火)

扶養家族と不要家族

今年の夏は仕事が忙しい、というかスケジュール的にヤバい状況に追い込まれている。
このところ終電帰宅の毎日が続き、それが土日にまで及んで、8月が半分過ぎた15日にようやく今月最初のお休み。そして翌16日と合わせたたった2日間のお休みが「夏休み」として処理される。(これではフツーの土日休みと何ら変わらないじゃんか)

寝る前にパソコンに向かうほんの僅かな時間だけが憩いとなっているそんな私に、妻からの優しい書き置きが。

110816

妻も時々このブログを読んでいることは知っているし、仕事でくたばっている私を気遣ってくれたのだろうが、養育費などで出費が増えて一口馬主撤退の危機に立たされているという話を書いた後だけに、これは「1歳馬申込みの承諾」とも解釈できる?

かつて私が知人から一口馬主に誘われたとき、「一口馬主なんて、結婚したらできないぞ」と言われたのを覚えているし、それが始めたきっかけでもあった。独身だった当時付き合っていた女性からかなり冷ややかな目を向けられたのも覚えている。
自分の扶養家族を食べさせていくだけでも大変な私のような平凡リーマンの身で、どこの馬の骨だか骨の馬だか知れない生き物にエサを食べさせていくなんて、「アンタ、そんなお金があったら」云々を言われるのも仕方がないところ。それだけ一口馬主というのは金がかかる趣味なのだから。
しかも、ストレスが発散できるような趣味ならまだしも、ストレスが溜まることもある。いや、むしろその方が多い。じゃあ、どうして続けているのかって? そんなこと俺に聞くなよ。

俺だって最近、
 
分からなくなってきてるんだから
(爆)

年末調整のシーズンになると、「扶養家族の欄に出資馬の名前を書いて、控除が受けられたらいいのに」なんて思う人もいると思うが、「それは、扶養家族じゃなくて不要家族でしょ!」なんて奥さんから言われる人もいるでしょう。

その点、うちの妻は私の良き理解者なんだと思う。
新婚当時、洗濯機よりも冷蔵庫よりも先に新居にスカパーアンテナを設置していたダメ亭主のコントロール方法を得ているのでしょう。
そんな私から一口馬主という趣味を取り上げたら、魂の抜けた労働者になってしまい、娘たちにも良くないと考えているのでしょう。

いやぁ、分かってるなぁ(笑)

というわけで、今年も申込みました。
正確に言うと、上記写真のメッセージよりも先に投函していましたが。

やっぱり、毎日の楽しみがなくなっちゃうと何もかもがダメになっちゃうタイプだからね、私は。そうなると娘たちにも良くないし。
もっとも、娘たちに良くないも何も、朝っぱらからグリーンチャンネルつけてブツブツ言ってる時点で十分に有害なわけだが。

申込み結果がまだ返送されてきませんが、抽選にはなっていない馬なので受理されたでしょう。
とりわけ勿体ぶるつもりはないが、長くなってしまったのでそちらの話は、また後日。

| | コメント (2)

2011年8月10日 (水)

立て直し

サイレントクロップ(牝2歳) 
国枝調教師「レース後、両前足のソエを少し気にするようですので、ここは無理をせずに一旦放牧に出したいと思います。秋の東京開催ぐらいには復帰できる見込みです。次のレースはダート1400m、またはダート1600mを試してみたいと思います」
今日(10日)、山元トレーニングセンターに放牧へ。

まだ2歳夏ですから、ここは焦らずに秋の復帰を待ちましょうか。
追い切りで快時計を出しているようにポテンシャルの高さは十分に感じているので、精神面の成長に期待したい。

| | コメント (0)

2011年8月 9日 (火)

レース回顧

忙しくてブログ書いている時間がないのですが、レース回顧はしておかないと。というわけでコピペです。

サイレントクロップ(牝2歳) 
日曜新潟2R 2歳未勝利 芝1600m = 11着
石橋脩騎手で出走。馬体重は前走より2キロ増の504kg。薄いシャドーロールを着用し入場。馬体重は微増し、緩めのつくりは前走と変わらないが、馬体に張りがあり、中身は出来ていそう。まだ、少し周りをキョロキョロとしており集中しきれていない様子。騎手は跨がらずに馬場へ向かい、馬場入り後は抑え気味のキャンターで駆けていった。
レースでは、マズマズのスタートを切り、前から3番手グループを進む。そのまま3コーナーに入り、4コーナー手前から他馬が進出を開始し始め、少し置かれるような感じで最後の直線へ。直線に入ると伸びかけるものの、脚色が他馬と一緒になってしまい、11着。

石橋脩騎手「今日はゲートも出てくれましたし、良い位置で競馬ができていたのですが、終いは伸びてくれませんでした。調教では、終いがグッと、くる馬なのですが、今日はそういうところがありませんでした。調教の時の良さが生きてきません。もしかしたら気の悪い面があるのかもしれません。調教の内容からひょっとしたら、ダートの方が良いのかもしれません。状態が良かっただけに残念です」

国枝調教師「具合も良かったので、もっとやれると思っていただけに残念です。こんなに負ける馬ではないと思いますし、敗因がはっきりとしませんが、現段階ではダートの方が良いのかもしれません。具合を見てからになりますが、一息入れるかもしれません」

勝負どころで馬が馬群を割っていこうとしていない感じで、芝がどうとかダートがどうとかいう以前の問題とも思いますが、とりあえず1勝するまでは「牝馬限定のダート」を主戦場に据えるのもいい手かもしれません。
是非とも直線の長い府中でお目にかかりたいものです。

| | コメント (0)

2011年8月 6日 (土)

前進あるのみ!

一口馬主として、勝利から一万光年ほど遠ざかっている私。
仕事が忙しく今週は土日ともに出勤ですが、明日はレース中継を見てから会社に行く予定。

  新潟2R 2歳未勝利 芝・外1600m
   ○▲△▲▲◎▲ サイレントクロップ  54 石橋脩
  陣営コメント「発馬はもう大丈夫。距離延長で改めて期待」
  短評     「初戦はゲートで遅れたが終いの脚は目立っていた」
  調教班   「追ってからの反応が前走時よりも良化。時計も優秀」

もともと「ゲートは速い」と言われていた馬なので、今回は出遅れの心配はあまりないと思っていますが、果たしてどうだろう。
馬体が10キロ以上絞れていれば、新潟の長い直線で末脚が爆発する可能性もあるんじゃないかな。
大半の馬がデビューから叩き2戦目で、上積みがあるのはライバルたちも同じでしょうけど、最低でも初戦の6着よりは上が欲しいところ。

| | コメント (3)

2011年8月 5日 (金)

快時計&出走確定

仕事が忙しくて毎日終電で帰宅しているこの頃。それでこんな真夜中にパソコンに向かっていたりするわけですが、多忙な日々になればなるほど一口馬主という趣味が楽しく感じられる。
1歳馬はどうしようかな~
申込書はまだ手元にあります。DVDは開封すらしていません。

さて、サイレントクロップの出走が確定しました。

サイレントクロップ(牝2歳) 
☆美浦TC在厩☆
国枝調教師「昨日、坂路で石橋騎手を乗せて追い切りを行いました。時計的にも動いていますし、ジョッキーも良い感触を得てくれている様子です。2戦目で変わってきてくれると思います。予定通り今週末出走させる予定です」
8月7日(日)新潟・芝1600mに出走する。

7/31 助 手 美南坂重 53.9-39.4-25.8-12.8 馬なり余力
ウインディーヒル(三未勝)馬なりに0.7秒先行同入

8/3 石橋脩 美南坂良 50.8-36.8-24.2-11.9 末強目追う
ダノンエレガント(新馬)馬なりを0.7秒追走0.6秒先着

いい時計出てますねぇ。
これは期待できそう。

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »