« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月24日 (日)

続戦へ

サイレントクロップ(牝2歳) 
7月20日
国枝調教師「レース後も疲れた様子はなく、体重も減っていません。ただ左前の真ん中辺りにソエがでかかっています。ですが、こちらの許容範囲内のことですし、レースが使えないという感じではなさそうですので、このまま厩舎において続戦させる予定ですが、その辺はしっかりと見極めたいと思います」

7月22日
国枝調教師「レースでの疲労も抜け、この様子ならさほど間隔を空けなくても使えそうです。このまま問題なければ、新潟4週目に出走させたいと思います」
8月7日(日)新潟芝1600mもしくは、同日の新潟芝1400m(牝)のどちらかに出走予定。

デビュー戦は、いかにも余裕残しの馬体だったので、続戦はありがたい。上積みはけっこうありそう。
ただ、この時期の2歳未勝利戦なんて、出走してくる馬の大半が上積みがあるのでしょうけど。

| | コメント (3)

2011年7月19日 (火)

1歳馬募集、始まり始まり~

グリーンファーム1歳馬の募集ラインナップが発表され、価格や厩舎も発表されましたが、そのことについて今日まで何も触れていない当ブログ。
例年だと母馬の名前を見てはダラダラとコメントして「あれが欲しい」「これも欲しい」と大はしゃぎする私ですが、今年は内心そんなに盛り上がっていません。

娘が幼稚園に通い始めて3ヶ月。「ピアノ教室に通いたい」なんて言い出した今日この頃、一口馬主という趣味ももう潮時かななんて思っていました。
っていうか、先日その娘と「夏休みに動物園でも行こうか」という話になったとき、「動物園にいるお馬ちゃんにも、背中に数字が付いてるの?」って聞かれたんだけどさ、これ、マジ笑えないでしょ。

そんなこんなで、一口馬主はもうやめようと思っていました。そしてその浮いたお金で新しいノートパソコンでも買おうかと思っていました。(ピアノ教室じゃなかったのかよ)

ところがそんな矢先、ヴァニラシャンティが引退し、補償発生。
過去、未勝利引退となった出資馬は何頭もいましたが、どの馬も馬代金の半分以上は稼いでくれたので補償が発生したことはありませんでした。
まさかヴァニラシャンティが初めての補償適用になるなど全くもって予想していませんでしたが、なってしまったものは仕方がない。

補償が出たとはいえ、新たに1頭出資できるほど十分な額ではないし、そのウン万円をもったいないと思うことで、その何倍もの散財をしてしまう可能性があります。
最終的に出資馬がその馬だけになってしまった場合、その一頭だけのためにクラブ会費を払い続けることになるわけですから、そういうリスクも踏まえて考えなければいけません。

そこで、晩成タイプだと思っているキーフォースが、もし未勝利戦を勝って来年以降も現役継続ということになったら、グリーンファームとの付き合いも長くなると判断して1、2頭ほど申し込んでみようか、と思っていました。

そしたら、そのキーフォースは、3番人気ながらブービー14着の大敗。

そして、その日の夕方にDVD付き夢カタログが我が家に到着。

なんちゅうタイミングやねん(笑)

さて、新型ノートPCを買うか、娘をピアノ教室に通わせるか、それとも背中に数字が付いているお馬ちゃんのオーナーになるか。

悩める日々の始まりです。

| | コメント (4)

2011年7月17日 (日)

メイクデビュー回顧

昨日更新されなかったクラブ情報のコピペ。
まあ、概ね私が昨日書いたような内容ですかね。

サイレントクロップ(牝2歳) 
土曜新潟6R 2歳新馬 芝1400m = 6着
石橋(脩)騎手でデビュー。発出走の馬体重は502kg。
シャドーロール着用。他の馬たちが暴れたりする中、落ちついた様子でパドックを周回。幾分余裕残しの馬体も、状態自体は悪くなさそう。
ジョッキーは跨らずに馬場へ向かい、入場するとゆっくりと行進してから他の馬たちと一緒にゆったりと駆け出して行った。
レースでは、頭を激しく上下している時にゲートが開き、出たものの行き脚が付かず後方からの競馬。徐々に行き脚もつき後方3番手で3コーナーに入り、10番手前後のインを通り4コーナーを回る。直線で馬場の外目に出され良く追い上げるも6着まで。


石橋脩騎手「兄弟のイメージから、スタートでもっと行ける馬だと思っていましたが、行き脚がうまくつきませんでした。開幕週の馬場で後ろからでは厳しいのは分かっていましたが、初めての競馬でもあり、ガツガツさせて競馬に対しての嫌なイメージを植え付けたくなかったので、無理をさせずに終いに脚を伸ばす競馬を試みました。最後は良い脚を使えているし、スタートさへまともなら、もっと上位に来ていたと思います。気性的に落ち着きもある馬なので、距離はもう少し長くても良さそうです」

国枝調教師「あの位置からの競馬では厳しかったですね。ただ終いは良い脚を見せてくれたし悲観する内容ではなかったと思います。大型馬でもあり一度使われた上積みも少なくないでしょうから、今後に期待したいと思います」

最終追い切りで併せた僚馬は、今日の牝馬限定戦で味のある内容で2着。
今年の国枝厩舎2歳勢は、なかなか粒ぞろいのようなので、その中でサイレントクロップも存在感のある馬になって欲しいです。
当初「500キロ近い馬体」と言われていましたが、レース当日はそれを上回る馬体重502キロ。
太め残りだった感があり、走りもまだ芯が通っていないようなフラフラしたものでしたが、先々が楽しみになるレースでした。

| | コメント (0)

2011年7月16日 (土)

20着

楽しみにしていた7月16日が、呆気なく終わってしまった。
新潟競馬 3Rキーフォースと6Rサイレントクロップ、前者が3番人気で後者はなんと1番人気!
その人気にもかかわらず、2頭の着順合計は、なんと 20
あたしゃ、凹みましたとさ。

キーフォース(牡3歳)  
土曜新潟3R 3歳未勝利 ダート1800m = 14着
メンコとシャドーロール着用でパドックに登場。初めのうちは周囲を気にしたり小脚を使ったりと少し落ち着きがないような仕草を見せていたが、周回を重ねると徐々に集中し、力強い歩様を見せ馬体にハリもあり仕上がりは良さそう。騎手が跨がると気合いを表に出し馬場へ向かった。馬場に入ると、いったん落ち着かせてからスムーズに駆けだしていった。レースでは揃ったスタートから先行争いに加わり3番手の外目で1コーナーに。そのまま3番手で2コーナーを周り向こう正面に入ると、外から上がっていく馬を行かせて5番手で3コーナーへ、ジョッキーの手が動き始めて6~7番手で4コーナーを周り直線に向かうが、伸びることができず14着

福永騎手「無理せず良いポジションが取れたのですが、3コーナー過ぎからハミを取ってくれず、他馬に寄られてからは、まったく反応してくれませんでした。返し馬の感じが良く跨がった感触も走りそうな雰囲気だったのですが、競馬に行ってその良さを出せませんでした」

尾關調教師「スローペースでポジションも良かったのですが、騎手が言ったように3コーナー過ぎからハミを取ってくれなかったのが響いてしまいました。最近は競馬慣れしてきて、気の悪さを出す心配はしてませんでしたし、体調も良くパドックの雰囲気も良かっただけに残念です。距離も少し長いのかもしれません。次回はブリンカーを着けるなり、何らかの工夫をしてレースに臨みたいと思います」

スタート後、絶好のポジションにつけたときは、あとは直線でいつものキレを発揮できればいただきと思ってニヤニヤしながら見ていたのですが、4コーナーから意味不明な後退。一瞬何が起こったのかと思いました。
途中からハミを取らなくなったとのことで敗因ははっきりしましたが、このクソ重要な時期にそれが出てしまったのは痛恨の極み。
1アウト3塁のチャンスでファールフライを打ち上げてしまったような感じ。絶体絶命ですな。

6Rのサイレントクロップは、クラブ情報が更新されていないので関係者のコメントは分かりませんが、ゲート内で首を上下運動させているときにゲートが開き、痛恨の出遅れ。あれが全てでしたね。
1番人気6着というと内容が悪いように思われがちですが、私はボチボチいい競馬をしてくれたと思ってます。
鞍上の石橋脩騎手も、出遅れた時点で急がず慌てず後方で腹を括り、馬に競馬を教えることに徹してくれたように見えました。

内回りコースでは完全に勝負圏外といえる10番手くらいの位置取りで4コーナーを回り、そこから外に出して伸びてくれたあたりは、先々楽しみだと思わせるものでした。

まだ走りがフラつき気味で、手前を替えたときに重心がグッと低くなるようなフォームで走れるようになれば面白い存在になると思います。
フラつき気味の走りで坂路50秒9出せるのだから、いいもの持ってると思いますよ。

ただ、今日のレースを見た感じだと、距離はもう少しあった方がいいんじゃないかな。
全姉のサイレントメロディもデビュー戦は出遅れ、距離延長した2戦目で勝利を飾っているので、サイレントクロップもそんな感じになってくれないかな。
次走が楽しみです。

| | コメント (0)

2011年7月15日 (金)

2頭出走

私の一口馬主ライフにおいて、おそらく最初で最後であろう1日2頭出走。
まもなく引退の決断を迫られる立場のキーフォースと、まだ同世代の馬の大半が入厩すらしていないサイレントクロップ
置かれている状況こそ違っても、目指すは先頭ゴール。

  新潟3R 3歳未勝利 ダート1800m
   △▲○○▲▲△ キーフォース  56 福 永
  陣営コメント「まだ弱い部分があるが、だいぶ馬がしっかりしてきた」
  短評     「ひと息後も仕上がり良好。切れる脚使えれば勝機も」
  調教班   「時計は悪くないが併せ馬での遅れが気がかり」

ズラリと◎が並んだ前走とは違い、今回は伏兵扱い。
私が昨日書いた持論が当たっていれば、ここはあっさりまであると思うのですがね。
極端に大外を回ったりしなければ、チャンスはあると思っています。

  新潟6R 2歳新馬 芝1400m
  ○○△○△▲▲ サイレントクロップ  54 石橋脩
  陣営コメント「ゲートは速いし動きも悪くないが、大型馬で初戦はどうか」
  短評     「追うごとに稽古内容が上向いている」
  調教班   「動きは悪くないが太目残り。叩いてから」

こちらも伏兵扱いか。
翌日には同じ芝1400の牝馬限定戦があるというのに、厩舎事情で牡馬と走ることになりました。
今週出走するとは思っていなかったので、ちょっと驚きました。
父のイメージからすると、夏デビューなんて早い感じで嬉しい誤算。母のイメージからすると、内回り1400mより、外回り1600mの方がいいんじゃない?って感じもある。
で、父×母父のイメージからすると、人気を裏切る予感が。。。

キーフォースが最終追い切りで2歳馬に置き去りにされたのですが、その馬がサイレントクロップの相手だったりします。こりゃ、勝つのは大変そうだ。

前者は、結果あるのみ!ということで、クビ差でもハナ差でも鼻毛差でもいいから、とにかく優勝してきて欲しい。
後者は、「太目残り」なんて言われているし、まずは無事に走ってきてくれればよしとしましょうか。

| | コメント (0)

2011年7月14日 (木)

ダート1800一族

他の出資者の方はどうか分かりませんが、ダート1800mをひたすら走り続けるイメージで私はキーフォースに出資しました。
プロフィールに書いた目標レース「初茜賞」も、ダート1800mだったりします。

どうしてそんなイメージを持っているのか?
それは血統背景。そのひと言に尽きます。

キーフォースの母・アドマイヤリッチの生涯成績は、6-4-7-14 なのですが、ダート1800m戦に限ってみると、2-2-1-1。

先々週の激安WIN5を的中した人なら記憶に新しいグリッターウイングは、キーフォースの従姉で、ダート1800では 2-6-0-0 と抜群の安定感。(全成績 3-6-0-5)

そのグリッターウイングに前走勝利しているトーセンアレスは、キーフォースの叔父にあたる近親なのですが、こちらはダート1800戦では 4戦全勝。
ダート1800以外のレースでは 0-0-0-6 という、まさにダート1800を走るために生まれたきた馬。

こんな感じで、この一族はダート1800一族なんだと思っています。

なので、キーフォースがダート1800でダメなわけがないと勝手に信じており、今までダート1800に一度も出走していなかったこと自体がおかしいと思っております。

そんなわけで、今までの敗戦のモヤモヤが吹き飛ぶような勝利に期待しています。

| | コメント (2)

2011年7月13日 (水)

まさかの2頭出走?

このブログは一口馬主日記として書いていますが、如何せん出資している頭数が少ないのでネタ切れなんて日常チャメシゴト(←何故か変換できない)

今週はキーフォースが出走予定ということで、心が躍ってましたが、なんと2歳馬のサイレントクロップも同日に出走予定ということで、頭の中がシンクロして参りました。

それにしても、現役出資馬がたったの5頭、うち入厩している馬が2頭という状況で、その2頭が同じ日に同じ競馬場のレースに出馬登録するなんて、すごい偶然。

カウンター席で牛丼を食べていたら隣の席に若い女、しかもちょっと美形、そして俺と同じ牛丼を注文してる、で、なんか俺の顔見てる、でもって男連れ、こんな状況に遭遇するのと同じくらいの確率か。

あんまり難しい話ばかりしていると女の子にモテませんから、能書きはこれくらいにして、本題のクラブ情報。

キーフォース(牡3歳)
☆美浦TC在厩☆
尾関調教師「今日坂路で追い切りをおこないました。時計は4ハロンから、50.9-37.0-12.5でした。併走相手には遅れましたが、自己最速をマークしました。動きも良く体調も良さそうですので、予定通り今週出走させます」
7月16日(土)新潟・3歳未勝利 ダート1800mに福永騎手で出走予定。
◆出走予定:7月16日(土)新潟3R 3歳未勝利・ダ1800m 福永祐一(56)
フルゲート15頭(出走予定全18頭、本馬より優先順位の高い馬6頭、同条件の馬・本馬を含め3頭)*自身、前走から7週

サイレントクロップ(牝2歳) 
☆美浦TC在厩☆
国枝調教師「今日、坂路で追い切りを行いました。時計は4ハロンを50秒9、終い12秒4と良い動きでした。出走体勢が整いましたので、除外の可能性もありますが今週新潟でデビューさせたいと思います」
7月16日(土)新潟・2歳新馬 芝1400mに石橋(脩)騎手でデビュー予定。

◆出走予定:7月16日(土)新潟6R・2歳新馬(混) 芝1400m 石橋脩(54)
フルゲート18頭(出走予定全20頭、権利持ち2頭)*自身、優先権なし

というわけで、キーフォースは、まさかの福永騎手確保。相変わらず一流どころを確保してきますね。
私の気持ちとしては次も続けて乗ってもらえる関東の騎手がよかったんだけど・・・福永騎手なら、まあ、よしとするかな。

サイレントクロップは、「1600以上の方がいい」なんてコメントも新聞に出ていたので、てっきり来週の芝1600かと思っていました。
今日の追い切りは、厩舎の看板馬候補と併せて互角の動き。向こうは減量クンでこっちは調教助手が乗っており10キロくらいハンデを負っていたと思えば上出来でしょう。
ただ、今日は美浦坂路の時計が全体的に速いので、50秒9は鵜呑みにできません。
石橋(脩)騎手というのは何とも微妙。(ヘタという印象は全くありませんが)

| | コメント (2)

2011年7月 7日 (木)

デビュー予定?!

今週、坂路で2本目となる速い時計(52秒6)を出し、デビューに向けて一歩一歩進んでいるサイレントクロップの現況です。

サイレントクロップ(牝2歳) 
☆美浦TC在厩☆
国枝調教師「昨日(6日)、坂路で追い切りを行いました。時計も52秒台で、終いは12秒8とまずまずでした。除外の可能性もありますが、来週の新潟・芝1400mに出走させたいと思います。最終的な判断は来週の追い切りで、ジョッキーを乗せて決めたいと思います」
来週・新潟・芝1400mで、デビューを迎えるかもしれない。

来週は、牝馬限定の芝1400m新馬戦があるので、そこでデビューかと思いきや、そのレースには同じ国枝厩舎のディープ産駒がすでにスタンバイ(そちらはメディアで多数取り上げられてます)。
ということは、サイレントクロップは前日の牡馬混合の芝1400mか?

この時期の2歳戦は牡馬と同斤量だし、それはなんか気が進まないなぁ。

ちなみに昨日の時計は、
美浦坂路(良) 52.6-38.2-25.2-12.8 一杯
ラップは、14.4-13.0-12.4-12.8。
まずまずですが、もうワンパンチ欲しいところ。
来週は、ジョッキーが乗って速いところをやるようですが、果たして誰が乗るのか、楽しみに待ちたいと思います。(横典あたり乗ってくれたらテンションUPなのですが)

| | コメント (0)

2011年7月 6日 (水)

時間の問題・・・

前走、敗戦のショックのあまりに沈黙してしまった当ブログですが、クラブ情報はチェックしてました。
2歳新馬戦も始まり、いよいよ3歳未勝利戦は大詰めですね。

キーフォース(牡3歳)
2011/6/1
尾関調教師「盛岡に1日泊まらせ、31日に無事に美浦に戻ってきています。見た感じにはダメージは無さそうですが、中1週で使った分、多少気が張っているところが見受けられます。中山のダートは1200mか1800mしか組まれていないので中1週で新潟で使うか、或いは短期のリフレッシュ放牧を挟んで交流戦に投票するか、厩舎で少し様子を見て検討します」

2011/6/2
尾関調教師「レース後、馬がかなりストレスを感じているようなので、いったん放牧に出したいと思います。馬体面では全く問題なく、体の状態自体は良いので、状態維持しつつ気持ちの面でリフレッシュさせます」
3日に放牧に出る予定。

2011/6/22
6月3日にセグチレーシングステーブル(イバラキ)に放牧。
牧場担当者「現在は、坂路コースと周回コースを併用して調整を行っています。すっかり疲れも取れて状態も上がってきています」
尾関調教師「牧場さん側からも「トモの疲れも取れ、良い状態」と聞いていますので、明日帰厩させる予定です。今後の予定としては、週末に軽く時計を出してみて、その状態次第で具体的なレースを決めたいと思います」
明日、美浦トレセンに帰厩予定。

2011/6/30
6月23日にセグチレーシングステーブル(イバラキ)から美浦トレセンに帰厩。
尾関調教師「火曜日(28日)のチェックで、右前のヒザがすこしモヤついているのが見つかりました。まだ若干熱感が残っていますが回復しつつあります。症状をみるかぎり馬房内でぶつけたのではないかと思います。調教も休むほどの症状ではなく、今日(30日)も、坂路を2本駆け上がっています。ただ、昨日予定していた強めの調教は自重しましたので、出走はもう少し先になりそうです」

2011/7/6
尾関調教師「右前のヒザも、獣医の診察で『もう大丈夫でしょう』という事で、1日(金)に坂路で54秒ぐらいの時計を出しています。そして、本日はウッドチップコースで68秒ぐらいの時計を出しました。反応はやや鈍いですが、この馬なりに合格点があげられる内容でした。体調はすごく良いので、来週の追い切りの内容次第で、新潟・ダート1800mでの出走を考えています」

来週あたり出走しないかな・・・と思っていたら、来週出走予定だそうです。
2ヶ月続く新潟開催のその開幕週に出走となれば、うまくいけば3戦はできるかな。(この半年で3戦しかしていない馬が8週間で3戦できるのかよ、という話もありますが)

デビュー以来、出走するレースのすべてが前走からの条件(芝/ダート、距離)変更で、騎手も全レース乗り替わりという状況。
外国人騎手を手配してくれたのはありがたいのですが、来週から始まる新潟決戦では、出走レースを「新潟ダート1800」一本に絞り、騎手も固定して欲しいです。
能力や性格を把握したジョッキーなら、前走のような「かわした相手に差し返される」なんてことはないと思うんです。

デビュー戦を見たとき、「未勝利戦を勝つのは時間の問題だろう」なんて思ったものですが、未勝利戦が終わるのも時間の問題、という状況になってきました。

| | コメント (0)

2011年7月 4日 (月)

POG2011

知り合いの競馬好き12名でやっているPOGが今年12年目。
ちなみに私が幹事。
飽きっぽい私が一つの物事を12年も続けているのは珍しいことで、これが競馬の魅力なのか。

でもって、過去11年で一度も優勝していない私。

今年はちょっと気合い入れて選んでみましたが、果たしてどうでしょう。

1位 ジョワドヴィーヴル 牝 [栗]松田博
        父:ディープインパクト 母:ビワハイジ
2位 サトノプレジデント 牡 [美]藤沢和
        父:シンボリクリスエス 母:ダンスインザムード
3位 トーセンシーザー   牡 [美]加藤征
        父:ディープインパクト 母:シェンク
4位 ウィケットキーパー 牝 [美]国枝
         父:アグネスタキオン  母:コートアウト
5位 ディサイファ       牡 [美]小島太
        父:ディープインパクト 母:ミズナ
6位 キャトルフィーユ   牝 [栗]角居
         父:ディープインパクト 母:ワンフォーローズ
7位 パッションリッチ   牡 [美]堀
          父:ディープインパクト 母:キッスパシオン
8位 タガノジョイナー   牝 [栗]松田博
        父:キングカメハメハ  母:タガノチャーリーズ

1位は抽選の末に指名できました。
2位は母も過去に指名、姉も昨年指名。ちなみに今週デビュー予定。
3位はそろそろ激走馬が出てくる気がします。
4位は母系の安定感を信頼して。
5位は来年、デットーリでダービー頂きです。
何しろ参加者が12名いるので指名したかった馬が5位くらいでほとんど獲られてしまい、6、7、8位は一発長打狙いで指名。
本気で優勝狙っていますが、ちょっと関東馬が多くなってしまったか。

ちなみに過去に私の一口出資馬はPOGでは指名されたことが一度もありません。
今年の出資馬・サイレントクロップは誰か指名するかと思いましたが、誰からも指名されず。。。

| | コメント (0)

2011年7月 3日 (日)

検索ワード(2011 上半期)

あっという間に2011年も半分が終わりました。
ヤッホーやゴーグルなどの検索サイトからどんな検索ワードで当ブログにアクセスされているのかを以前は毎月調査していました。
今はブログ更新頻度も落ち、アクセス数も減ってますが、たまには調べて傾向を探ってみようかと。

<検索サイトからの訪問者の検索ワード(2011上半期)>
 
 1位(1→)  "一口馬主"
  2位
(4↑)  "キーフォース"
  3位
(外↑)  "サイレントクロップ"、"サイレントハピネス2009"
  4位
(2↓)  "ヴァニラシャンティ"
  5位
(8↑)  "ノーマネー" 
                         (カッコ内の数字は前回集計時の順位)

1位はこのところ安定してますね。
「一口馬主って、どんな感じなん? 俺もやってみようかな」という方の訪問が多いような気がします。相変わらず「収支」という単語と組み合わせた検索が多いです。
言っておきますが、一口馬主なんて、儲かるものではありませんよ。まあ、ギャンブルですから儲かっている人もいますが、いくらファンドとはいえ、お金を増やそうなどと期待するのはダメです。

2位は、今年上半期の私の競馬ライフを盛り上げてくれた馬ですね。
進路妨害を喰らって競馬にならなかったり、山元トレセンに放牧した直後に震災に遭ったり、何かと運のないところもありますが、晩成血統だし、どうにか未勝利戦を勝ってくれれば長く楽しめそうな馬だと思っているのですがね。

3位は、今の私の希望の星ですね。
入厩してゲートもパスし、美浦坂路で54秒1を出すまでペースが上がってます。
無事にデビューを迎えて欲しいものです。

4位の"ヴァニラシャンティ"って何でしたっけ? 忘れちゃいました。
あ、思い出しました。
2歳秋に栗東坂路で完全燃焼してしまった馬の名前ですね。

5位は、なんでオイラの名前が?
韓流スターで「ノーマネー」なんてイケメンが出てきたら、このブログのアクセスも10万倍くらい増えそうですね。

| | コメント (2)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »