« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月29日 (月)

レース回顧

キーフォース(牡3歳)
土曜東京3R 2歳未勝利 ダート1600m = 3着

スミヨン騎手で出走。馬体重は増減無しの482キロ。
チークピーシーズとシャドーロール着用。数字に変わりはないが、体が全体的に締まって状態は良さそう。前走より気合乗りも早く、雰囲気は一変し、時折小脚を使ったりしながらパドックの外目をキビキビした歩様で元気に周回。ジョッキーが跨ってもイレ込むことなく馬場へ向かう。小脚を使って馬場入りし、ダートコースに入るとすぐに返し馬に入り、徐々にスピードに乗せてスムーズに駆け出していった。
レースでは、前走よりスムーズなスタートも、行ききれず中団8~9番手からの競馬とない、道中はそのまま中団を追走。4コーナーで内に寄れてしまい審議の対象に。直線で追い出されるとしっかりと伸びたが、先に抜け出した2頭には届かず3着。

スミヨン騎手「ゲートの中でガチャガチャしていて出もあまり良くありませんでした。前に付けたかったのですが、ゲートを出た後に大きく外に膨れたことで2~3馬身はロスがあったし、道中の反応もあまり良くありませんでした。前走は直線で良い脚を使っていたので、そのイメージもあり中団で動かずにいたのですが、4コーナーで外に持ち出そうとしたときにはステッキに反応しすぎて内に入り、他馬の邪魔をしてしまいました。その辺りのロスも響いた感じです。能力は感じますし、ゲートを上手に出て2~3番手につける競馬が出来れば、すぐにチャンスは来そうです」

尾関調教師「好位で競馬をしたかったようですが、出遅れた上に前の馬がフラフラしていたこともあり動けなかったようです。前走は砂を被って嫌がっていたのでシャドーロールを着けたのですが、今回は大分良くなっていましたし収穫があったと思います。それと、芝の走りも悪くなかったですし、ジョッキーの話では距離はもう少し伸びても大丈夫なようです。その辺りを踏まえて次走を検討します」

某所戦評「レースぶりは上向いたが、チークとシャドーロールを着けているようにまだ課題が多い」

| | コメント (0)

2010年11月28日 (日)

前進3着!

今日は、キーフォースが2歳未勝利戦に出走して3着でした。
相変わらずスタートは遅れましたが、初戦のときよりはダッシュがつきました。これは外目に出して芝コースを長く走らせた鞍上の判断もあったかな。
中団での競馬ができ、この時点で私としては7割方満足。あとは直線でどれだけ伸びるか、といった感じだったのですが、4コーナーでゴチャついてバランスを崩す不利。(不利といっても自身が審議対象でしたが)
この間にスイスイと2頭が抜け出してしまい、キーフォースが馬混みを捌いたときには遙か前方で2頭がマッチレースをしてました。この時点で勝負アリでしたね。これは仕方がない。後方からいく馬には常に付きまとうリスクですから。

上位2頭からは5馬身離され、後ろの馬群は4馬身後方という、ポツンと一頭だけ孤独な直線となりましたが、殆ど追わずに流してきてくれたスミヨン騎手の騎乗には感謝したい。
馬券を買う立場としては、「プロなんだから、あきらめずに最後まで追えよ」という意見もあるでしょうが、あの状況でビシビシ追って差を詰めてゴールしてもしょうがないでしょう。
一口馬主としては、これから先のことも考えているわけで、まして2歳の未勝利戦。あのような判断は実にありがたい。

そういう意味では、あの5馬身を悲観する必要もないでしょう。着順は1つしか上がってませんが、着順以上にレース内容が良くなったと思う。

できれば続戦して欲しいですね。
デビュー戦のときに各方面から「太め残り」と言われましたが、今回も同じ馬体重。パドック解説でも「絞れてこなかったのが残念ですが」なんて言われてたし、馬体がスッキリしてくれば、まだまだ上積みはあると思います。

できれば中1週希望!(無理かな)
中山ダート1800で、3コーナーから動いていくような競馬をしたら面白いと思いますよ。

何はともあれ、見ていて楽しい馬です。

| | コメント (0)

2010年11月27日 (土)

前進期待

明日は、キーフォースの2戦目。
デビュー戦が見どころのあるレースだったので、注目です。

  東京3R 2歳未勝利 ダート1600m
  12 ◎◎○▲注▲▲ キーフォース  55 スミヨン
  陣営コメント「馬体が締まり、走る気が出てきた。ゲートも初戦よりは・・・」
  短評     「叩いた上積み十分。跳びが大きく距離延長もプラス」
  調教班   「一変とまではいかないが、初戦並には動けている」

悩んだ末、明日は観戦には行かないことにしました。
ジャパンカップ開催で、激混みだろうからね。
今日も出勤で、オイラ疲れてるしね。
それに、デビュー戦と同じ6枠12番だから、パドック写真撮っても、デビュー戦の写真とあまり変わらないだろうし(爆)

前走は、ジョッキーはかなり疲れただろうな~と思うほど、スタートからゴールまで追い通しの競馬。今回、外国人ジョッキーに変わって、どんなレースをしてくれるのでしょうか。

芝コーススタートなので、芝でのフットワークも見ておこうと思います。
そして、中団あたりを馬なりで回ってこれたら、熱い熱い直線が見られる気がします。

勝てるかどうかは分からないけど、この土日の東京未勝利戦の中では一番薄いメンバーだと思うので、前走よりは上の着順が欲しいなぁ。

| | コメント (2)

2010年11月24日 (水)

サムスンより、スミヨンだろ

ども、お久しぶりです。

3歳の娘と二人でヨ○バシカメラへ出かけて、エコポイント半減間際の駆け込み客でにぎわうテレビ売り場で、
「エーシンフォワード、そのまま!」と叫んで周囲に失笑を買ったノーマネーです。

だってだって、テレビがいっぱい並んでるから、ウインズにいると錯覚しちゃったんだもん、ヨーヨー(なんちゃって)

的中しておきながら、
「チッ、1番人気が2着じゃ配当つかねーじゃんか」
なんて捨てゼリフまで吐いた私ですが、ここだけの話、3着のゴールスキーはヒモに入れてませんでした。(あぶね~)

で、その足でケータイ売り場に直行して、儲けたお金で今話題のスマートフォンを予約してしまったことは妻には内緒です。

でもって、家に帰ってよくよく調べたら自分には必要のない代物だと判明し、すぐに電話で予約取消したことも内緒です。

何やってんだよ、俺。

落ち着けよ、俺。

お前には、スマートフォンよりも大事なものが今週控えてるだろ?

目の前のギャラクシーSより、来年のギャラクシーステークスだろ?

サムスンより、スミヨンだろ?

というわけで、今週、キーフォースが走ります。

キーフォース(牡2歳)
☆美浦TC在厩☆
尾關調教師「本日は坂路で調整程度も、デビュー戦の疲れもなく良い動きでした。追える乗り役に変わるのも心強いですし、まともなら良いレースができるはずで期待しています」
11月28日(日)東京・ダート1600mにスミヨン騎手で出走の予定。

◆出走予定:11月28日(日)
東京3R 2歳未勝利・ダ1600m スミヨン騎手(55kg)
フルゲート16頭(出走予定全22頭、本馬より優先順位の高い馬0頭、同条件の馬・本馬を含め3頭)*自身、前走5着以内

前走5着以内の馬が、うちを含めて3頭だけという、素敵な顔ぶれ。
想定馬名を見渡した感じでは、確勝級の馬もいないし。
ま、想定を見てエントリーしてくる馬もいるのでまだ分かりませんがね。

スミヨン騎手というのが何より楽しみですが、JCデーなので他の馬にもスゴ腕のジョッキーが乗るでしょうし、相手関係や騎手よりも、自身がゲートをちゃんと出られるかがポイントでしょう。

さて、明日の確定を待ちましょ。

| | コメント (0)

2010年11月10日 (水)

テンションUP↑

キーフォースの次走の話が出てきました。
予定通りにいくかどうかは分かりませんが、とりあえずレース後に故障などしてなくてよかったよかった。

キーフォース(牡2歳)
☆美浦TC在厩☆
尾関調教師「レース後も脚元に異常は見られません。1度使ったことで、ややテンションが高くなっていますが、競馬に行けば良い方向に出てくれそうです。このまま順調に調整が進めば4週目のダート1600m戦にスミヨン騎手で出走させたいと思っています」
レース後も問題なく、11月28日(日)東京・ダート1600mにスミヨン騎手で出走の予定。

おお、スミヨン騎手ですか。
東京最終日のレースなのに早くもスミヨン騎手確保ですか。

ジャパンカップ当日なので、ライバル馬たちにもいいジョッキーが騎乗するのでしょうけど。
楽しみです。

馬の方は、レース後テンションが上がってるそうですが、私もレース観戦のときから、すっかりテンション上がっちゃってます(笑)

| | コメント (3)

2010年11月 9日 (火)

レース回顧

キーフォースのデビュー戦回顧です。

キーフォース(牡2歳)
日曜東京5R 2歳新馬 ダート1400m = 4着
初出走の馬体重は482kg。まだ少し余裕がある体付き。時折物見をしながら終始落ち着いた様子でパドックを周回。ややのんびりした雰囲気だったが、馬体自体の重苦しさはそれ程感じさせず、伸び伸びした歩様でパドックの外目を周回。他の馬にジョッキーが跨ると多少気合いを見せ始め、軽く小脚を使って馬場に向かう。ダートコースに入ると、ゴール板まで歩いていき、促されるとスムーズに駆け出して行った。
レースでは、スタートで立ち遅れてしまい最後方からの競馬。行き脚一息で、追っつけて後方グループに取り付いてからも気合いを付けながらの追走。3~4コーナーで外を徐々に上がっていき、12番手前後で直線に向かった。直線で追い出されると大外を良い脚色で伸び4着。


酒井騎手「スタートは余り良くないと聞いていましたが、トモの甘いところがあってやはりアオって出遅れてしまいました。道中もなかなか行き脚がつかず、ズブくて追っ付けどおしでした。まだ馬が幼くて、道中で外へ逃げたり砂を被ってフワフワするところもありましたし、多少体に余裕もある中、あれだけの走りが出来るのですから能力は高そうです。競馬に慣れて、トモの甘さも解消してくれば良くなると思います」

尾関調教師「スタートで出遅れて、さらに砂を被って前半はリズムに乗れませんでしたが、終いは36秒台の脚を使って能力のあるところを見せてくれました」

某所戦評:
2馬身出遅れ。大跳びで加速もひと息。スタートから終始追い通しだったが、直線は大外から息の長い末脚でよく詰めている。馬体も緩く、叩いて変わってくるだろう。

この母系は晩成タイプのダート馬が多いので、2歳戦からこれだけの競馬ができたのは大きい。先々楽しみです。
出遅れちゃっても、差し届かなくても温かく見守っていこうと思うので、とにかく無事に走り続けて欲しいものです。
とにもかくにも3歳夏の未勝利戦終了までに1勝したいところ。

| | コメント (0)

2010年11月 7日 (日)

叩かれっぱなしの4着

キーフォースのデビュー戦、見に行こうかどうしようか当日まで迷った末、天気も良さそうだし、行くことにしました。
6枠の緑帽はグリーンの勝負服に映えるだろうし、写真でも撮ってこようか、と思いましてね。

実に今年2月以来、9ヶ月ぶりの競馬観戦。かつて大学時代は毎週足を運んでいた競馬場も、社会人になって、子どもができて、行く機会が激減しました。

2010110701
        「キーフォースに駆け寄る先生」の図

2010110702
       「酒井学騎手、頼みまっせ~」の図

レースは、鮮やかな出遅れ。
「出遅れ」を広辞苑で引いたような、「This is 出遅れ」って感じの、見ていて分かりやすい出遅れでした。
ゲート直後から出ムチが飛び、私の心は早くも「やっちまった感」たっぷりのどんよりとした空気に包まれました。

2010110703
    「出遅れたものの、見どころたっぷりの末脚」の図

2010110704
 「グリーン+サカイマナブとダノン+ウチパクの叩き合い」の図   

2010110705
 「叩き合いと言っても、3着馬は遙か前方なんだけどね」の図

というわけで、関西馬・ダノンスプリームは差しましたが、前で上位争いをしていた3頭には届かず、4着でした。

出遅れたところから出ムチを入れられ、ようやく集団にとりついたところでまた叩かれ、1頭、2頭とかわしたところでまた叩かれ、直線、大外に持ち出されたところでビシビシ叩かれ、といった感じのレースでした。

これは現地でレースを見ていない人には分かりにくいと思いますが、スタートからゴールまで終始追われっぱなしでした。レース映像に映っていないところでも何度も叩かれてます。

手綱をもったままコーナーを回っていく馬たちを、ビシビシ追われながら外から2、3頭かわして直線。序盤からあれだけ追い通しでは、もうお釣りはないと思っていましたが、そこからまた伸びてきたのには驚いた。
すでに勝負圏からは離れていましたが、ガス欠による失速覚悟だったので、直線で1頭、2頭と抜き去っていく姿は、見ていて胸が熱くなりました。
ダート戦で直線だけで実に9頭抜き。前の3頭には届きませんでしたが、いいもの見せてもらいましたよ。

率直な感想としては、思ったより走れる馬だということですかね。追って味があるというか、ズブいというか。家に帰ってVTRでも確認しましたが、道中、息を入れている場面が見あたらないのに直線よく伸びてますからね。
ただ、4着とはいえ、3着までは3馬身も開いており、メンバーレベル如何によっては、この3馬身の間に2、3頭くらい割って入られて6、7着あたりになっていたかも、とも思う。

そういえば昨日、血統のことに触れましたが、母・アドマイヤリッチも似たような競馬をデビュー戦でやってました。

母・アドマイヤリッチのデビュー戦
  出遅れ → 3コーナー最後方 → 4コーナー後方4番手 → 3着でゴール

キーフォースのデビュー戦
  出遅れ → 3コーナー最後方 → 4コーナー後方4番手 → 4着でゴール

昨日触れたダンスファンタジア(母・ダンスインザムード)といい、今日のキーフォースといい、この2頭の「サンデー肌+ファルブラヴ」は、わりと母の特徴がストレートに出ているのかもしれません。

ともなれば、ダンスファンタジアには桜花賞馬になってもらい、キーフォースはダート戦線で味のある競走生活を長々と送ってもらいましょうか(笑)

| | コメント (3)

2010年11月 6日 (土)

信じるのは「血統」

明日は、キーフォースのデビュー戦。
デビュー前日にこんなことを言うのもアレですが、「どうしてファルブラヴ産駒に出資したんだろう?」と自分でも思っている一頭。

輸入当初から繁殖相手に恵まれていながら大物が出ていない、勝ち上がり率もパッとしないファルブラヴだけに、「血統重視」の人には敬遠されるでしょう。

それでも私が出資した理由は、「牝系」。それに尽きます。
母・アドマイヤリッチは、仲間うちPOGでも指名していたし、本当に好きな馬でした。

そういえば同じ牝系のダンスインザムードの初仔が先週、新馬戦を圧勝しました。
奇しくも同じファルブラヴ産駒。(向こうは牡馬ですが)
しかも母はともにサンデーサイレンス産駒。(向こうはGI馬ですが)
しかも東京1400mデビュー。(向こうは芝ですが)
さらに向こうは藤澤師で、こちらはそこで修行した尾關師。

なにか匂いますね。(かなり無理があるけどw)

  東京5R 2歳新馬 ダート1400m
  12 △△ キーフォース  55 酒井学
  陣営コメント「初戦向きではないと思うが、稽古はだいぶ上向いてきた」
  短評     「素質十分。目立つ動きではないが入念に乗り込まれる」
  調教班   「ひと追い毎に良化。体勢整った」

こんなことを言ったら酒井騎手に失礼ですが、これが「鞍上=後藤浩輝」だったら、少なくとも△は並んだでしょうね。
デビュー戦って、確保してきた騎手で陣営の強気/弱気を測ったりしますから。血統と追い切りくらいしかデータがない新馬戦においては、それは重要なファクター。
馬券を買う我々だってそうでしょう?
「よく分からないけど、ウチパクなら押さえておかなきゃ」みたいなのは少なからずある。

まあ、印だの人気だのは、どうでもいい話であって、どんなレースを見せてくれるのか楽しみにしようか。
坂路51秒7だからといって、馬券で狙うのは危険だと思うし、かといって関東の競馬ファンに馴染みの薄い騎手だからといって、簡単に「消し」扱いにするのもまた軽率とも思う。
どの程度やれる馬なのか、全く見当がつきません。
ただ、この馬に関しては春に入厩したときからずっと冴えない動きで、完全無印デビューを覚悟していたので、ある意味よくここまできてくれたと思いますよ、ホント。

母の現役時代や追い切り内容から推察するに、おそらく後ろから行って直線どれだけ差を詰められるかって感じの競馬になりそうな感じ。

相手関係はよく分かりませんが、除外となった先週の混合戦よりは楽な顔ぶれだと思うので、出資者としての願望を言うなら、4着あたりかなぁ。

すでに先陣をきったヴァニラシャンティが骨膜放牧中。
私は、ろっ骨2本骨折中。
この馬には、無事に走ってきてもらいたい。
「先行してバテバテ」でも、「追い込んで届かず」でもいいから、まずはちゃんと「競馬」をしてきて欲しい。

母は、噛めば噛むほど味が出るようないい馬でした。
この馬もそんな競走馬生活を歩んで欲しいものです。

| | コメント (0)

2010年11月 5日 (金)

デビュー戦確定

先週、除外されたキーフォースの今週デビューが確定しました。

キーフォース(牡2歳)
☆美浦TC在厩☆
尾關調教師「本日坂路コースで追い切りましたが、道中は多少もたつき加減のところも見られましたが、終い追い出されると鋭い反応を見せてくれてなかなか良い動きを見せてくれました。先週、除外となって1週延びた分も乗り込むことが出来、良い感じの仕上がりを見せレースが楽しみです。後藤ジョッキーは京都で騎乗することになりましたので、酒井学騎手に依頼しました」
11月7日(日)2歳新馬(東京・ダ1400m)でデビューすることになった。

まずは、デビュー確定めでたし、めでたし。
当初は夏の新潟あたりでデビューが予定されていた馬ですが、動きが鈍くてトレセンで再調整となり、鍛え直されてきました。
一口馬主のみならずPOGの過去の経験を踏まえても、「動きがピリッとしない」という理由で再調整になった馬たちは、大抵が帰厩後もピリッとしないケースが殆どでしたが、この馬は徐々に追い切り時計を詰めてきました。

  美坂良 51.7 - 36.5 - 23.8 - 11.7 助手・一杯

全体的に好時計多発の美浦坂路でしたが、52秒以内で走った2歳馬の中では、終い11.7は最速でした。実戦でも、母・アドマイヤリッチの現役時代を彷彿とさせる末脚を見せて欲しいものです。

デビュー戦の鞍上が酒井学騎手というのは、ちょっと予想外でしたが、私はわりと好きなジョッキーです。
うまく言い表せませんが、騎乗ぶりが理に適っているというか、意味不明なシーンがあまり見られない気がします。
ひとつ前の4Rに続いて尾關厩舎は、2歳新馬2頭を酒井騎手に依頼したようですが、関東馬のデビュー戦を関西のジョッキーに任せてしまうのは、何だかいただけないですね。
だって、かなりの確率で次走乗り替わりやん。

7、8番人気あたりかな。最終追い切りがわりと良かったから、もう少し上かな?

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »