« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月28日 (木)

白紙

キーフォース(牡2歳)
☆美浦TC在厩☆
土曜東京の新馬戦は、残念ながら除外になってしまったためデビュー戦は、11月7日(日)東京・ダ1400mが予定されている。

というわけで、予想通りというか予定通りというかキーフォースは抽選で除外。
権利を持って来週出走ですね。
鞍上は誰になるんだろう?

今週だったら後藤騎手の予定でしたが、あくまで「彼の予定が空いていただけ」でしょうからね。
誰を確保してくるか楽しみにしましょう。権利持ちとなるため、確保しやすい筈でしょうし。

話は変わって、ベイスターズの身売り話が白紙に戻ったとか。くだらね。
その手の商談は、ある程度話がまとまるまで水面下でやって表沙汰にならないようにやってくれよと言いたい。
企業名まで出てきた時点で9割方決まったと誰もが解釈するんだからさ。

来シーズンは、買い手探しのための競馬のトレーニングセール状態で試合やるのか?
佐伯あたりがヒーローインタビューで「誰か、うちの球団買ってくださ~い」とか言って爆笑を誘ってくれそうだな。
いや、その佐伯選手も今年でクビでしたね。なんだかなぁ。

ちなみにノジマが買い手に名乗りを挙げているそうですが、これは売名目的99%。
ノジマと聞いてもご存知ない方が多いますが、私は大嫌いな企業です。

docomo携帯電話 機種変更がなんと

9800円(ただし、docomoポイント5000P使用した場合)

なんて広告をバラまいてるような企業ですから。
「頭金0円」表示くらいはどこでもやってますが、ポイント使用を前提にした価格表示は初めて見た。

ちなみに店頭でも
docomo携帯電話 最新機種

19800円引き

なんて表示で客を引きつけてます。
ちなみに、私も「引き」の字が見えずに騙されて店内に入ってしまい、価格を確認したところ、64800円から19800円引いた45000円とのことでした。あーくだらね。

地元民に失笑をかっていることを自覚していない痛々しい企業です。
こんなんが親会社になるなら、ベイスターズファンは一旦やめようと思ってる。
ドラフトは今年も抽選ハズレだし、先行き暗いもんだわねぇ。

| | コメント (0)

2010年10月27日 (水)

後藤?

今週、キーフォースがデビューする可能性が出てきました。

キーフォース(牡2歳)
☆美浦TC在厩☆
尾關調教師「本日の追い切りは、これまでになく良い動きを見せてくれました。来週のデビューを予定していましたが、想定を見ると今週のダート1400m戦への登録予定馬の頭数も多く、動きが良くなっていることと除外の可能性も考慮して今週のレースから出馬投票しようと思います」
除外にならなければ10月30日(土)東京・ダ1400mでデビューする予定。

◆出走予定:10月30日(土)
東京5R・2歳新馬・混合・ダ1400m 後藤浩輝騎手(55kg)
フルゲート16頭(出走予定全23頭、権利持ち1頭)*自身、権利無し

後藤?
マジすか?
ってか、よく空いてたな(笑)
予定していた田中勝春が騎乗停止になって、誰が騎乗するだろう?と思っていましたが、まさか後藤の名前が出るとは驚きです。
師は「今週は良い動きだった」とおっしゃってますが、タイムは平凡でしたし、先週はバタバタでしたし、現時点では5、6着あたりにでも入れば御の字、馬券にでも絡んだら泣いて喜ぶよ、というのが私の見解でして、腕のある騎手が乗ってくれることは想定してしませんでした。

  この重い動きでは、デビュー戦は減量アンチャンあたりかも。

                 ↓                

  田中勝春? 思ってたよりもいい騎手確保してくれたのね。

                 ↓                

  なんだよ、騎乗停止って。キーフォースは誰が乗るねん?

                 ↓                

  後藤? 勝春よりグレードアップじゃねーかYO! ← 今ココ

                 ↓                

  あらら、結局、除外ですか。。。

                 ↓                

  今週は後藤先約アリで乗ってくれないの? そりゃ残念。

                 ↓                

  結局、稽古で乗ってた黛騎手で確定ですか。。。

                 ↓                

  散々なデビュー戦だったな。
  騎手どーのこーの以前の問題やわ。トホホ。

こんな展開が待っているような気がします。
今週になるか来週になるか分かりませんが、私としては「せっかく後藤が空いているなら、今週デビューしちゃいなよ」という感じですかね。

明日の確定を待ちましょ。

| | コメント (0)

2010年10月26日 (火)

キーフォース近況

キーフォース(牡2歳)
☆美浦TC在厩☆

9月30日
尾關調教師「本日ポリトラックコースで追い切りを行いましたが、まだ少し重目残りです。もう少し素軽さが出たところで具体的なデビュー予定を考えたいと思いますが、次の東京開催でデビューできればと思っています」
デビューに向けてこのまま乗り込んでいく。

10月7日
尾關調教師「多少集中力を欠くところがあるので、チークピーシーズを付けて、坂路コースでビッシリと併せ馬を行いました。まずまずの動きを見せてくれましたので、追い切り後に疲れが見られなければ、来週の追い切り具合を見て、デビューの予定も立てられそうです。順調なら東京4週目か3週目のデビューになりそうです」
このままデビューに向けて調整を行っていく。

10月13日
尾關調教師「本日、坂路コースで追い切りを行いました。もう少し動きに素軽さが見られれば3週目のデビューも考えたのですが、イメージしていたほど動けませんでしたので、無理せず東京の4週目でデビューさせたいと思います。坂路コースへ入れる前のダートでのフットワークを見ると、ダート適性も高そうですのでダートでデビューさせようと思います」
10月30日(土)東京・ダ1400m(混)でデビューする予定。

10月20日
尾關調教師「本日ポリトラックコースで追い切りましたが、まだ重め残りの動きでした。そのため予定していた来週のデビューを1週ずらしたいと思います」
11月7日(日)東京・ダ1400m(混)に変更し、田中勝春騎手でデビュー予定。

| | コメント (0)

2010年10月23日 (土)

肥ゆる3歳秋

久々の更新です。
すっかり弱ってるノーマネーです。
スポーツの秋だからというわけはありませんが、ちょっと張り切ってたら骨折しちゃいましてね。それも、ろっ骨を2本も。
そんなわけで脇腹に湿布を貼ってその上にコルセット巻いて生活してます。

前回のブログ更新から2週間も経っており、その間、世間ではいろいろな出来事がありました。
その中でも、強烈だったのは横浜ベイスターズの身売りの件ですかね。
性生活グループでしたっけ(違うかw)

どうなっちゃうんだろうね、ベイスターズは。

レントゲン写真を見ると、1本はへの字に折れてて、もう1本は刀で竹を斬ったようにスパッと斜めに切断。(いきなり自身の骨折話に戻ってる)

医者から「アンタ、何してこんなんなったのよ」ってなことを聞かれましたが、3歳半の娘を肩車して走り回ってたとは恥ずかしくて言えませんでした。
そんなに無理したつもりはないんだけどなぁ。

それを考えると、あんなに細い脚で500キロ近い体重を支えて走る競走馬ってすごいよなぁ。
というわけで、メンブランツァの近況コピペ。

メンブランツァ(牝3歳)
9月2日
チェスナットファームで調整中。8月中旬よりごく軽目の乗り運動を開始し、徐々に運動量を増やしている。
場長「8月中旬より騎乗を再開し、現在ダク3000m、軽目キャンター1200m(25-25)のメニューで乗り出したところです。現在の馬体重は456キロですが、これだけ増えても見た目には太く見えないくらいなので、出来るだけ馬体を維持しつつ調整を進めていきたいと思っています」

9月15日
徐々にペースアップ中。
場長「普通キャンター中心の本格的な調教メニューに移行しており、現在はキャンター2600m(20-20)の調整です。元々腰から尻尾にかけて疲れの出やすい馬なので、坂路は控えてフラットコースのみで進めています。それでも運動を休むほどではないものの、多少背腰の疲れが見られますので、ショックウェーブ治療を行いながら乗り進める予定です。以前も同様のケアをしながら進めてきた馬なので、無理をしなければ大丈夫です。馬体も順調に回復しており、フックラした上に張りも出てきた感じです」

9月29日

引き続きフラットコースのみで、キャンター2600m(20-20)中心の調整。
場長「馬体重も回復し、引き続き良い状態で調教を行えています。現状のペースにも慣れて脚さばきがスムーズになり、のびのびと走ることが出来ていますので、次のステップへ向けてしっかり乗り込んでいきます」
9月20日現在の馬体重は、460kg

10月15日
帰厩に向けて半マイル15-15の調整を開始しており順調。
場長「馬体重も450~460キロ台をキープして、良い感じで進んでいます。先週から半マイル15-15を開始したところ、気持ちにスイッチが入り、動きもすごく良くなってきました。仕上がりの早い馬ですので、そろそろ移動できそうです」
矢野調教師「状態も良さそうですので、近々様子を見に行き、帰厩時期を検討します」
10月15日現在の馬体重は、457kg

400キロを割ってしまいそうな感じでレースしていた馬が、460キロ近くになったというのは、いいですね。
まだ3歳だし、これから心身ともに充実して欲しいね。

ちなみに、我が家の3歳娘の現在の体重は17キロ。
毎週末、17キロを肩に乗せて走ったり飛んだりしていて私のろっ骨に負担が掛かっていたらしい。
スポーツの秋なのに、これではちっとも運動できなそうだし、たまには競馬観戦でも行こうかな。

| | コメント (2)

2010年10月 7日 (木)

キーフォース帰厩後

ここ一ヶ月くらい私の一口馬主を盛り上げてくれた馬たちが引退や放牧となってしまい、現在トレセンにいるのはキーフォースただ一頭。
放牧中も「動きが重い」とか「ピリッとしない」などと言われて先々心配でしたが、今日、美浦坂路を52秒9(終い13秒0)で登坂しました。

キーフォース(牡2歳)
☆美浦TC在厩☆
9月30日

尾關調教師「本日ポリトラックコースで追い切りを行いましたが、まだ少し重目残りです。もう少し素軽さが出たところで具体的なデビュー予定を考えたいと思いますが、次の東京開催でデビューできればと思っています」
デビューに向けてこのまま乗り込んでいく。

10月7日
尾關調教師「多少集中力を欠くところがあるので、チークピーシーズを付けて、坂路コースでビッシリと併せ馬を行いました。まずまずの動きを見せてくれましたので、追い切り後に疲れが見られなければ、来週の追い切り具合を見て、デビューの予定も立てられそうです。順調なら東京4週目か3週目のデビューになりそうです」
このままデビューに向けて調整を行っていく。

まだまだ平凡な時計ではありますが、楽しみに見守っていきまひょ。

| | コメント (0)

2010年10月 3日 (日)

ヴァニラシャンティ放牧

ヴァニラシャンティ(牝2歳)
森調教師「レース後少し歩様に気になるところがあり、月曜に検査を受けたのですが、その段階では『異常は見られない』という診断でした。水曜になり左前の球節に少し腫れが出ていたためレントゲン検査を行ったところ、骨膜が出ていることが判りました。ごくごく小さなものですが、関節の箇所なので曲げると気にしますし、若駒なので無理せず放牧に出すことにしました。早い段階でショックウェーブ治療を行えば治りも早いと思います」
29日に島上牧場へ移動している。ショックウェーブ治療を受け、良くなり次第、帰厩する予定。

というわけで、ヴァニラシャンティは放牧となってしまいました。残念!
次戦を心待ちにしていたし、自分の中では先日のレースは「デビュー戦」として処理されていないので(笑)
故障というほどのものでもないので、そんなに時間もかからないと思ってますが。

101003

それにしても今週は暗いなぁ。
先週とは大違いだ。

先週の今頃は、ヴァニラの爆時計&デビュー確定で心躍っていた。

仕事も頑張れた。

ピーマンだって残さず食べられた。

| | コメント (4)

2010年10月 2日 (土)

プリティーピュティ引退

プリティーピュティ(牝3歳)
10月2日(土)500万条件戦(阪神芝1800m)に吉田稔騎手で出走。
馬体重は16キロ減の438キロ。細い感じやギスギスしたところはなく、前回の肉付きと比べると全体的に締まった印象。体が減ってもイレ込みはなく、首を下げ気味にして落ち着いた様子でパドックを周回。気合いを見せつつ馬場入りし、小脚を使って芝コースに入るとすぐ勢い良く駆け出していった。
レースでは、揃ったスタートを切ると譲らずにハナへ。後続を半馬身リードしてマイペースで馬群を引っ張ったが、直線入口で脚色が怪しくなって後退し18着。


吉田稔騎手「スタートも良く前へ。楽な感じで行けていたのですが、最後は脚が無くなってしまって・・・」

小崎調教師「ためていって、どういう競馬が出来るか見極めたいと考えていたのですが、前に行く形となりイメージとは違った競馬になってしまいました。ただ、やはり今回500万下条件に挑戦してみた内容を見る限り、勝ち切ることは難しいように思われます。残念ではございますが、ここで引退させることにしたいと思います」

近々馬名登録を抹消する予定。

先日のトゥルーマイハートに続いて、こちらも引退となりました。

3歳になってからの年明けデビューだった上に、3歳の3月~8月の期間に出走ゼロというのは痛かった。
かつて、東京遠征のときに輸送で馬体が激減し、夏には競馬場への輸送車の中でケガ。今日も16キロ減だったように、この馬は輸送は苦手だったような気がする。
夏は滞在競馬で北海道で戦って欲しかった。

デビュー戦の内容から進歩が見られなかったトゥルーマイハートと、デビュー戦の後、順調にレースを消化できなかったプリティーピュティ。結果的にどちらもデビュー戦が最高の内容だったことになる。

デビュー戦で、悲惨な結果だったヴァニラシャンティに期待しようか。

| | コメント (0)

2010年10月 1日 (金)

一発ホームラン祈願

  阪神8R 3歳上 500万下 芝外回り1800m
   :::::: プリティーピュティ 53 吉田稔
  陣営コメント「能力はある馬なので、それなりの走りはできると思うが」
  短評     「素質は秘めているが、ここでは厳しいか」
  調教班   「ひと叩きして、手応えはよくなった」

明日は、プリティーピュティが出走。
いつもは出資馬が走るときはテンションUPな私ですが、明日はなんというか気が重いですね。
未勝利戦を2戦続けて2桁着順ですか、新聞で無印なのは当然のこと。
おそらく16番人気あたりかな。

しかし、この馬は一発秘めている気がしています。
いつも2~4番人気あたりでも、いつも勝てる気がしなかったトゥルーマイハートとは対照的に、こちらは人気がなくても、何かきっかけをつかめば凄い末脚を見せてくれる予感があります。

単勝までは買いにくいですが、複勝を3000円くらい買って応援しようと思う。

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »