« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月27日 (金)

TDL

ディズニーランドに行ってきました。
全身筋肉痛です。
日々の運動不足を痛感しています。

なんでディズニーで筋肉痛なのかって?

娘がいるからです。13キロくらいあります。
基本的に普段は自分の足で歩かせる方針ですが、とても楽しみにしていたディズニーランドなので、くたばってしまっては可哀想ということで、だっこやら肩車やら、妻が驚くほどの父親っぷりを発揮してきました。
特に、女性用トイレが行列になって困っている妻から娘を取り上げ、男性用トイレでオムツを替えている自分の姿は秀逸。
自分で言うなよ。

誰のためでもなく、自分のメモのためにディズニー行動記録を以下に記します。(前回書いたのが今回役に立ったので)

9:20 入園
●入り口にいたプーさんと写真撮影 <1時間待ち>
アトラクションに行く前にいきなり1時間待ちというのもアレですが、娘がプーさん大好きなのでノープロブレム。娘は大喜びでした。
この間に私がハニーハントのファストパスを取りに行けたのでちょうどよかった。ちなみに取得できたパスは、12:25でした。

●パレード見物
2歳8ヶ月ともなると、いろいろなものが分かるようになり、わりと楽しんでました。

●ジャングルクルーズ<10分待ち>
キャラクター系が続いたので、ちょっと離れて。
よくできてますね。ワニも象も、娘は本物だと思ってます。

●キャッスルカルーセル<25分待ち>
恒例のメリーゴーランドですね。前回来たときは「降りたくない」とダダをこね、結局3回も乗る羽目になったので、まずは本日の1回目ということで。本人ご満悦。
ところで、泣き叫んでいる子を無理やり乗せている馬鹿親がたまにいるけど、奴ら何なの?
あまりの嫌がりっぷりに停止させてしまった馬鹿親子までいてドン引き。何をしても構わんが、他人に迷惑をかけるのだけはやめれ。

●プーさんのハニーハント<ファストパス使用>
プーさんシリーズはDVDで見ていますが、あのまんまでした。知ってる場面の連続。もう少しストーリー性が欲しかったな。
回転する場面は、ティーカップっぽかったですね。
娘は喜んでいたので目的達成ですが、私のようなオッサンには微妙な感じがしました。

●プーさんのハニーハント<ファストパス使用>
1回目は私と娘のコンビ、次は妻と娘のコンビとすることで、娘には2回目のハニーハント。
パスなしでは110分待ちと表示されていたので、2回も待ち無しで見るなんて、なんとも贅沢な2歳児です。

●昼食
ハンバーガーとポテトを喰らう。

●パレード見物
本人は大喜び。今までパレードをまともに見たことなどなかった私も、感心して見てました。

●グランドサーキット・レースウェイ<20分待ち>
前回よりは楽しんでました。見物いているママに手を振る余裕まで見せてました。

●イッツ・ア・スモールワールド<20分待ち>
前回大ハマリだった名アトラクション。
今回も目を見開いて無言で堪能されてました。

●キャッスルカルーセル<15分待ち>
本日2度目。

●パレード見物
娘も一緒に踊ってました。

●ミッキーの家とミート・ミッキー<110分待ち>
目玉アトラクションですね。
ミッキーに抱きしめてもらって幸せいっぱいの様子。
私としても、記念撮影写真1500円が高いと感じない満足度。

●イッツ・ア・スモールワールド<15分待ち>
1回目は左の座席に座らせたので、2回目は右側。
いつもは14時あたりからお昼寝タイムなのですが、「寝ない! あとで!」を連発。だいぶフラフラしてコケたりしていたものの、順番が回ってくると、真剣な眼差しでご堪能。

●夕食
ピザとスモークチキンターキーレッグとピザ。
昼だけで帰る予定が、あまりにも過ごしやすい(寒くない)気候だったために長居することに。
もう12月になるっていうのに、2歳児つれて屋外で夕食ってのも凄い話だ。それだけ過ごしやすかった。

●キャッスルカルーセル<10分待ち>
3度目ともなると慣れたもんです。
「今度はどの馬にしようかな~」とか言ってました。

●イッツ・ア・スモールワールド<10分待ち>
私が写真を受け取りに行っている間に妻と二人で。本日3回目。

●エレクトリカルパレード
むなしくも本人はここで電池切れ。大人二人で楽しんできました。

以上。

さて、馬情報コピペ。

トゥルーマイハート2007(牡2歳)
☆美浦TC在厩☆
11月20日に帰厩している。
堀調教師「週末に少し時計になるところを乗ってみました。このまま乗り込んでいって中山のダート1800mでデビューさせたいと思います」
ここから順調に調整が進めば中山3週目でのデビューが検討されている。

トップダラー(牝2歳)
☆美浦TC在厩☆
畠山調教師「本日オッティマルーチェと坂路で併せ馬を行いました。3馬身ほど先行する形で最後まで食いさがっていました。このままデビューに向けて調整を行っていきます」
年内のデビューを目標にしっかりと調整を行っていく。

11/26 美南坂稍 2カイ 51.1-37.7-24.7-12.2

51秒1まできましたね。見た瞬間、ニヤリです。
もっとも、50秒切っても未勝利引退した馬もたくさんいますから、まだまだ喜べませんがね。

| | コメント (0)

2009年11月22日 (日)

エビと2歳馬現況(09/11/20)

エビ蔵が結婚しようと、エビちゃんが結婚しようと、俺様にはカンケーネー話。
でも、エビちゃんが結婚するのは、なんかショックだな(笑)

同じクラブのなんちゃらスプマンテがGI馬になったというのも、俺様には(金銭的には)カンケーネー話。
でも、周囲から「なんで1口買わなかったの?」と言われると、やっぱりショックです。

「1口くらい押さえておかなきゃ」って言われてもねぇ。
あのね、駄菓子屋でビックリマンを買い占めるのとは訳が違うんだよ!

でも、今年の2歳馬は、無料馬も含めて4頭も持ってます。
4頭も出資しているものの、それ以外の馬から重賞馬が出ているので、当たりクジを引かれてしまった後のクジ付き駄菓子を買い込んだ感もある?

いえいえ、そんなことはありません。
サイコロを振って2回続けて6が出たからといって、次はもう6が出ないとは限らない。
それが確率というもの。

なんかオチが見つからなくなってきました。
要するに私が言いたいのは、エビちゃんは結婚してはいかんということです。

なんでかって?
そんなこと恥ずかしくて言えません(笑)

トゥルーマイハート(牡2歳)
☆美浦TC入厩☆
堀調教師「デビューに向けて帰厩させます。帰厩後の具合を見てからになりますが、中山のダート1800m戦でのデビューを検討しています」
中山開催でのデビューに向けて11月20日に帰厩している。

帰ってまいりました。
無事にデビューしてちょうだいな。
トップダラーとどっちが最初かな。

プリティーピュティ(牝2歳)
☆グリーンウッドT在厩☆
11月12日にゲート試験に無事に合格し、同日、グリーンウッドTへ放牧に出ている。
担当者「ゲートをクリアし移動してきましたが、大きな疲れなどもなく坂路2本17-17ペース中心に乗り込んでいます。週2回のペースで15-15を乗り込んでいく予定です」

こちらはいつ帰厩できるんですかね。
年内にはデビューして欲しかったんだけど、無理ですかね。

ダンツライラック2007(牝2歳)  (馬名予定「メンブランツァ」)
☆セグチレーシングS(イバラキ)在厩☆
11月3日にセグチレーシングステーブル(イバラキ)に移動。
牧場担当者「体が少し減ってしまいましたので、現在は普通キャンターで調整を行っています。まだ全体的に弱いところも見られるので、体がフックラしてくるまでは、現在のペースで様子を見ます」
体を増やしつつ調整を行っていく。

こちらは年明けですかね。
この土日も馬の映像を全く見ずに終わったノーマネーなのでした。

ぼくは、お馬さんが、たくさん、欲しいんだな。
できれば、速く走れる、お馬さんが、欲しいんだな。
どの馬が、速く走れるか、最初から、分かれば、
誰だって、苦労、しないんだな。


ヤマシタキヨシ

| | コメント (0)

2009年11月18日 (水)

きてますきてます

「きてますきてます」

この後ろに続く言葉は 「52秒6まできてます」

トップダラーが、坂路52秒6まで時計出しています。

思わず、今週の出走想定リストから名前を探してしまった私(笑)

夜にはクラブ情報が更新されていました。

トップダラー(牝2歳)
☆美浦在厩☆
11月11日に美浦TCへ入厩。
畠山吉調教師「入厩後も順調で、本日坂路コースで帰厩後初時計を出しました。この分なら年内の出走も十分可能だと思います」
年内のデビューを目標に調整を行っていく。

なんか、早いなぁ。
6月に骨折して全治半年と診断され、11月に坂路52秒6は早すぎません?
帰厩時は、確か体重が40キロくらい増えていたので、たぶん今でもまだまだ太い筈。
それで52秒6というのは、ちょっとびっくり。
ここで再び骨折とかしちゃうと、ちょっとヤバいので、その辺りは慎重にお願いしたいところです。

っていうか、この分だと年内デビューは間違いないっしょ。

| | コメント (2)

2009年11月12日 (木)

放牧ですよたびたび

今日は放牧のお知らせ。

プリティーピュティ(牝2歳)
11月5日に入厩。
小崎調教師は「ここまで順調にきており、明日12日にゲート試験を受ける予定です。ゲート試験合格後は放牧に出し、牧場で乗り込んでもらうつもり」
本日、ゲート試験を受け、1回目で見事合格。ゲート試験の1本目は少し跳ねたりして遊びながらの出になってしまったものの、2本目は出もスムーズで二の脚も速く、スピードに乗ってからの動きもまずまず。
本日、グリーンウッドTへ放牧に出ている。

これで、今年の出資2歳馬は、3頭が入厩 → 放牧。

予定通りとはいえ、なんかムカ、いや、順調に乗り込んできて下さい。
秋競馬全休のどこかの某マッカなんとかみたいに、乗り込むために放牧に出て、乗り込んだ疲れを取るために放牧して、疲れを取った後、馬体を絞るために放牧、絞っていたら疲れが出て放牧……という競走馬ライフにならないことを祈ります。

秋深し
開幕しない
秋競馬


ノムラ

| | コメント (0)

2009年11月11日 (水)

入厩ですよふたたび

いきなり入厩のお知らせが舞い込んできました。
ちょっとびっくりです。

トップダラー(牝2歳)
☆美浦入厩☆
入厩に備えるため11月4日にセグチレーシングステーブル(イバラキ)へ移動。
畠山調教師「北海道からの輸送も無事にこなし、検疫も取れましたので本日入厩させました。デビュー寸前まで行った馬なので、年内にデビューできる可能性もあります。ゲート試験には合格していますが、確認の意味も含めてゲート練習も行っていく予定です」
本日、美浦TCへ入厩している。

私は今年、4頭の2歳馬の一口馬主ですが、
この馬が最初にデビューするような気がしてきました。
故障したときは、この馬が最後にデビューすると思っていたのに。

馬ってのは、分からないもんだなぁ。 

みつを

| | コメント (0)

2009年11月 5日 (木)

君たちのお仕事

昔、会社のウザい先輩に
「仕事ってのは、与えられるのを待ってちゃダメなんだよ!」
「自分で見つけるものなんだよ!」
と説教されたことがある。

その先輩は、よく足もとのゴミ箱に躓いてたっけ。
倒れたゴミ箱と散乱したゴミを片づけている先輩の姿を見て

「なるほど、仕事って、そうやって自分で見つけるんですね!」
と感心したものです。

意味不明なフラグを多用したり、他人のワーク変数を書き換えてしまったりと、ソフト屋としてもファンタスティックな男だったな。
ワーク領域を破壊された後輩が、涙目で原因究明していたのを覚えている。
「似たような処理してる所がありますから、僕のソースをコピって使って下さい」
そしたら、ご丁寧にワークの値をセットするところまで流用してくれたんだって。もう笑うしかない。

ある意味、いろいろ仕事を作ってくれる先輩だった。
確かどこか遠くに人事異動になったと記憶していますが、元気にしているかな、某Y崎先輩(通称:山ちゃん)

さて、競走馬の場合は、走るのが仕事。
それに一喜一憂して、「あーでもない、こーでもない」とブログに書くのが私の仕事。
そのネタを提供してくれるのが、グリーン愛馬会の仕事だったりします。

プリティーピュティ(牝2歳)
☆グリーンウッドTで調整中☆
11/4
小崎調教師「明日の検疫が取れましたので、いったん入厩させてゲート試験を受けさせたいと思います。まだ牧場でも強目をビッシリ乗っているわけではないので、ゲートをクリアした後は再度牧場で乗り込んでもらうつもりです」
グリーンウッドTでは坂路2本17-17を中心に、週2回15-15を乗り出しており順調。

トップダラー(牝2歳)
☆セグチレーシングステーブルで調整中☆
直線ダートコース1本(18-18)中心に順調に乗り込まれ、トレセン近くに移動することになった。
社台ファーム担当者「騎乗を再開以降も順調です。ここにきて北海道も大分寒くなってきましたので、トレセンの近くで調整を進めることになりました」
3日出発の便で4日にセグチレーシングステーブルへ到着している。
畠山調教師「昨日馬の状態を確認してきましたが、一度仕上がっている馬ですので年内に入厩は十分可能ですし、年内にデビューできる可能性もありそうです」
牧場で乗り込んでもらい、態勢が整い次第入厩する予定。

ダンツライラック2007(牝2歳)  (馬名予定「メンブランツァ」)
☆チェスナットファームで育成中☆
歩様の乱れも問題はなく、チェスナットファームでは16~17秒ペース中心の調整を行い、ここでトレセン近くの牧場へ移動することになった。11月2日に出発し、3日にセグチレーシングステーブル(イバラキ)に到着している。
4日、来場した矢野調教師「このまま調整を進めてもらい、仕上がってきたところで入厩時期を検討します」
牧場担当者は「移動後も問題はありません。入厩に向けて丁度ペースも上がってきたタイミングのようですので、具合を見ながら強目を開始したいと思います」

とまあ、こんな感じです。
何だか嬉しいようなもどかしいような微妙なニュースばかりです(笑)

| | コメント (0)

2009年11月 4日 (水)

先陣は誰?

私の記憶が確かならば、無料でもらった馬を含めて4頭の2歳出資馬がいます。

クラブ情報がミスプリでなければ、その4頭のうち誰も厩舎にいません。

こないだテレビで見た競馬中継が幻でなければ、もう秋の東京開催は半分終わりました。

まあ、そう焦るな。勝負はこれからさ。
思えば、プリティーピュティが産地馬体検査と聞いて、「もしかして、夏の北海道デビューもある?」なんて思っていたところに、トップダラーが入厩。
速い追い切りもこなし、そろそろデビュー戦の予定が・・・と思った矢先に故障(全治6ヶ月の診断)。
そしたら、無料でもらったダンツライラック2007が順調にペースアップし、「この馬がトップバッターか?」と思ったところ、ペースダウン。
がっかりしていたらトゥルーマイハートが入厩。ゲート試験も合格して、テンションが高まってきたら、放牧。

いったい誰が先陣切るねん?

トゥルーマイハート(牡2歳)
☆吉澤ステーブルで調整中☆
10/29更新
10月22日にゲート試験合格後、翌23日に天栄ホースパーク内、吉澤ステーブル(福島)へ移動している。
牧場担当者「徐々に疲れも取れ、既に運動を開始しています。緩めずに調整を行うように指示も出ていますので、このまま帰厩に向けて乗り込んでいきます」
帰厩に向けてしっかりと乗り込んでいく。

プリティーピュティ(牝2歳)
☆グリーンウッドTで調整中☆
10/30更新
担当者「現在は坂路2本17-17を中心に、週2回15-15を乗っています。ゲート練習も問題なく進んでおり順調です。馬体重も485キロあり、体はフックラして見え、先日来場した小崎調教師も現状に満足そうでした」
馬の状態に合わせて調整を進めていく。

トップダラー(牝2歳)
☆セグチレーシングステーブルへ移動☆
10/29更新
引き続き直線コース1本中心の調整。
担当者「現在はダートコースで18秒程度の調整です。騎乗を再開以降は順調で、大変活力に満ちています。まだ余裕のある体なので、しっかりと乗り込んでいきます」
10月29日現在の馬体重は、500kg

11/2更新
直線ダートコース1本(18-18)中心に順調に乗り込まれ、トレセン近くに移動することになった。
社台ファーム担当者「騎乗を再開以降も順調です。ここにきて北海道も大分寒くなってきましたので、トレセンの近くで調整を進めることになりました」
3日出発の便でセグチレーシングステーブルへ移動する。

ダンツライラック2007(牝2歳)  (馬名予定「メンブランツァ」)
☆チェスナットファームで育成中☆
10/30更新
乗り運動を再開した後も順調で、現在は16~17秒ペースの調整。
牧場担当者「歩様の乱れは一過性の症状だったようで、乗り出してペースを上げても問題は無さそうです。今週は半マイルを16~17秒ペースで乗っており、15-15もすぐに開始できそうな感触です。これならトレセン近くへの移動もそう遠くないと思います」
10月30日現在の馬体重は、460kg

一番最初に故障離脱したトップダラーが、一番最初にデビューするような気がしてきました。

それにしても、皆さん馬体重がどんどん増えてきてますね。
トゥルーマイハートは、540kgくらいあるみたいだし。
400kg未満でのデビューまで心配していたプリティーピュティが、485kg
トップダラーは、故障時が455kgでしたから、50キロ近く増えたことになる。

まさに天高く馬肥ゆる秋?

| | コメント (0)

2009年11月 2日 (月)

天高く馬肥ゆる秋

競馬ブログを書く人なら、一度は使ってみたいことわざですね。

天皇賞は高配当も当たらず。
出資馬はレースに出ずに食べてばかり。

非常につまらん!!!

という意味です。わざわざ説明するまでもありませんね。

さて、1歳馬の近況レポートが入ってきました。

アドマイヤリッチ2008(牡1歳)
☆ノーザンファームで育成中☆
初期馴致を行いつつ、日中放牧とWM60分の調整。10月22日に早来のノーザンFへ移動しており、ここから本格的な馴致と騎乗を開始する。
10月10日現在の馬体重は、461kg

アグネスショコラ2008(牝1歳)
☆社台ファームで育成中☆
初期馴致を経て、ドライビングで口向きの練習中。ここから騎乗訓練を開始していく。いくらか細身の印象も、品のある好馬体。
10月中旬の馬体重は、440kg

というわけで、2頭ともいい感じに馬体が増えてきました。
アグネスショコラ2008については、ホームページでは、451kgと発表されてました。
申し込んだ時点では、411kgしかなかった馬なので、この40キロ増はいいですね。

1歳馬が順調なのは非常に嬉しいのですが、それよりも2歳馬出走が待ち遠しいノーマネーなのでした。
たしか、古馬も1頭現役馬がいたはずなのだが・・・いや、気のせいでしょう。

| | コメント (2)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »