« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

人も馬も働く5月

世間では、ゴールデンなんちゃら らしいですが、三流プログラマーの私にはそんなものはありません。
「運が良ければ、日曜だけは休めるかも」って状況です。
休日出勤手当でしこたま稼げるのが唯一の救いです。

いや、「救い」は他にもありました。
出資馬たちが出走に向けていい感じに動き始めたのです。
これを励みに頑張りましょ。

マッカラン(牡4歳)
☆山元トレセンで調整中☆
引き続き、坂路コースで順調に調整が行われてきた。
加藤征調教師「検疫も取れましたので、明日帰厩させます。帰厩後の具合を見てからになりますが、新潟開催後半で使えればと考えています」
新潟開催での出走に向けて、5月1日(金)に美浦TCに帰厩することになった。

プレサンティール(牝4歳)
☆グリーンウッドトレーニングで調整中☆
担当者「引き続き、坂路2本17-17を中心に、週2回坂路で12~13秒ペースを消化しています」
矢作調教師「検疫馬房が取れ次第、帰厩させます。復帰戦は5月16日(土)新潟・石内特別(牝・芝1600m)を予定しています」

ミラクルポケット(牝3歳)
☆美浦TC在厩☆
畠山吉調教師「レース後も脚元に異常はありませんので、引き続き使って行けそうです」
具合を見つつ引き続き出走の予定。

シャンパンキッス(牝3歳)
☆美浦TC在厩☆
4月18日(土)に美浦TCに帰厩している。
小笠調教師「本日、坂路で少しやりました。終いが少しかかりましたが、この追い切りで良くなってくれると思います。週末から来週にかけての動きを見て、状態次第では来週の新潟での出走も検討したいと思います」
具合次第ではあるが、5月10日(日)新潟・芝1400m(牝)に出走の可能性がある。

というわけで、なんとなんと稼働馬4頭すべてが5月にレースに出走しそうな感じです。
1月~3月に出走ゼロだったのが嘘みたい。
いや、あの時に冬眠していたからこそ今の状況があるのかな。

これは楽しみです。
4頭とも東京ではなく新潟になるような気がしますが、もし、「3頭が同日出走」なんてことにでもなったら、単身応援ツアーを組んでみようかな。

| | コメント (0)

2009年4月28日 (火)

2歳馬出資

先週書いた「最安値の最高額を落札なのだ」の話。

 最安値  :今年度のグリーンファーム2歳馬の最も安い価格(840万)
 最高額  :馬名(トップダラー)
 落札   :母名(ネットオークション)

ネットオークション2007(父:アドマイヤマックス)に一口申込みました。
(血統詳細は、左側にある「プロフィール」参照)

2歳馬はすでに2頭に申し込んでいましたが、もし1頭追加するならこの馬と思ってました。
人気がないだろうと呑気に構え、バレッツ追加募集馬や、次の1歳募集馬たちと天秤にかけるつもりでいたのですが、去る4月20日に山元トレセンに移動とのことで、その日のうちに申し込んでしまいました。

育成担当者に「スピードがある」なんてコメントされてましたが、この時期のコメントはアテにしずらいので、その辺は何とも言えません。(この時期にいいコメントを連発されていて、掲示板にも乗れずに引退していった馬を何頭も知ってますから(汗))

いくらスピードがあっても直線でパッタリ止まってしまっては競馬は勝てないので、当面は山元の坂路で鍛えてもらい、どんなに飛ばしてもバテないスピード馬に成長してもらいましょうか(笑)

順調に進んでくれることを祈りましょう。

| | コメント (0)

2009年4月27日 (月)

ミラポケ初陣 回顧

昨日のミラクルポケット(3歳未勝利=6着)の回顧です。

4月26日(日)東京・3歳未勝利 ダ1600m(牝)でデビュー。
初出走の馬体重は458キロ。時折物見はしていたが、大変落ち着いた様子で、パドックの外目をゆったりと周回。軽く鼻を鳴らすなどして、初出走らしからぬ雰囲気。ジョッキーが跨ってもイレ込むことなく馬場へ。
ダートコースに入ると少し行きたがる素振りを見せたが、なだめて他の馬と一緒にゴール板のところまで歩かせてから、軽いキャンターで駆け出していった。
レースでは、もっさりとしたスタートとなり、前の集団から少し離れた後方2番手を追走。3コーナー入口辺りで前の集団に取り付き、3~4コーナーではインを通ってスルスルと中団まで上がっていった。直線で追い出されると馬群を捌きながらしっかりと伸び6着。
戸崎騎手「追い上げていたのですが、ゴール前で狭くなってしまったのが悔やまれます。馬込みで揉まれても砂を被っても怯むこと無く、センスがあり非常に競馬しやすかったです。スタートも初めてだったので一息でしたが、慣れてくれば大丈夫だと思います。すぐにチャンスが来るのでは」
畠山吉調教師「直線で前がつかえたのが残念ですが、それでも馬込みの中を突いてよく頑張っていました。まだトモがパンとしない感じで素質だけで走っているような感じですが、それでこの内容のレースが出来るのですから力は持っていると思います。次走についてはレース後の具合を見て考えます」
某所戦評「馬体はスッキリ仕上がっていたが、歩様に硬さが残り、ゲートでは後手を踏む。直線で内から伸びてきたときの脚は目立っており、経験馬相手に上々の内容」

だいたい予想できるような内容のコメントが並んでます。
戸崎騎手の「すぐにチャンスが来るのでは」の言葉は嬉しいですね。
未勝利戦が終わる9月までに、どうにか1勝して欲しいところ。

一度競馬を経験したことで、次走の上積みはあるんじゃないかな。

| | コメント (0)

2009年4月26日 (日)

痛恨の出遅れ

現3歳世代で唯一の出資馬・ミラクルポケットが東京競馬場でデビュー。

家でテレビ観戦するつもりでいたのですが、入場料無料デーなので、応援に出掛けてきました。

09042601
    「初対面は、いつも感慨深いものがありますね」の図

もともと気性の穏やかな馬なので、パドックでは何も心配していませんでした。お行儀よく周回していました。

09042602
     「戸崎圭太騎手に乗ってもらえて、感激」の図

なかなか公営の騎手に乗ってもらう機会って少ないですからね。
大井の穴男こと戸崎騎手に一発お願いする気持ちでした。

最終的には5番人気。思っていたより人気になっていました。
早い話、得体の知れない初出走馬が5番人気になってしまうようなメンバー構成だったわけです。

さて、ドキドキのレースですが、スタートは昨日書いた嫌な予感が的中してしまいました。
スタート直後、ゼッケンの数字が見えるほどの分かりやすい出遅れ。
しかも、ゲートを出てからの行き脚もイマイチで、後方にポツンと取り残されました。(その後ろにさらに取り残されていた馬もいましたが)

そんなわけで、私の心の中では早くも2桁着順警報が鳴り響いてました。
ここで無理に押し上げようとして馬と騎手が喧嘩したら、こりゃタイムオーバーもある?
そんなことまで考えちゃいました。

4コーナー、内に突っ込んでいきました。
結果論で言ってしまえば、外に持ち出せていれば・・・と思わなくもないのですが、出遅れて馬群から取り残された場合、最短距離を通って前の集団との差を詰めるのは鉄則なので、戸崎騎手の判断は責められません。

09042603
     「はいはい皆さん、私も仲間に入れて下さいよ」の図

直線の伸び脚は実によかった。
内の窮屈なところから、一頭、また一頭と抜いていく感じは、なかなか良かったです。
こうなれば、掲示板、いや、それ以上もいけるんじゃね?

09042604
         「そうは問屋が卸してくれませんでした」の図

スピードがトップギアに入ったところで、前が開きませんでした。
内に突っ込んだ時点で、これくらいのリスクは覚悟していました。これは仕方ないでしょう。

そんなわけで前4頭の争いに加われず、そればかりか、前が詰まって減速した隙に、一度は抜いたはずの外の馬にまで差し返されてしまい、6着でした。

ゲートは課題として残りましたが、レース内容は悪くなかったと思います。
競馬新聞に書いてあった「実戦向き」というのは、当たっているのかもしれない。

無事に走り続けてくれれば、なかなか面白いと思いますよ。
次走優先権が獲れなかったのは痛いですが、ダートであればそれほど除外に泣かされる心配もないでしょう。

今日は残念でしたが、競馬場まで出掛けた甲斐はあった。
次戦にまた期待しましょう。

| | コメント (2)

2009年4月25日 (土)

13番枠の奇跡

いよいよ明日、ミラクルポケットがデビューします。

某専門紙では、こんな感じ。

東京1R 3歳未勝利・牝 (ダ1600m)
13 △注△▲::ミラクルポケット  54 戸 崎
  陣営コメント「血統的に期待している。いいモノを持っていると思う」
  短評     「デビューは遅れたが、乗り込み量は十分。実戦向きタイプ」
  調教班   「ひと追いごとに良化」

さっき前売りオッズ見たら単勝3番人気でした。まだ一票も売れてない馬が大半でしたが(爆)
おそらく6~9番人気あたりに落ち着くことでしょう。

映像で見たわけではありませんが、追い切りは平凡。
「実戦向き」とか書かれてるけど、「本当かよ?!」って感じ。
戸崎圭太の腕に期待しましょ。

枠番は、ラッキー7
馬番は、不吉な13
東京ダート1600mは、枠順による有利不利はないと思いますが、ゲート後入れの偶数番が欲しかった。
初出走馬なので、一番最初に入れられる可能性も十分あるわけで。。。
既出走馬に立ち向かう初出走馬という立場ですから、普通に考えてもゲートは心配。
まして性格的にガツガツ行くタイプではなく、のんびりさん♪なので、なおさら不安です。

ま、そんなことを嘆いていても仕方がないな。

このメンバーだったら掲示板くらいは食い込んでもらいたいけど、それは他の15頭の陣営もみんな思っていることでしょう。

どこまでやれるか希望をもって応援したいと思います。

| | コメント (0)

2009年4月24日 (金)

冗談ヨシコさん

ミラクルポケット(牝3歳)
日曜東京1R 戸崎圭太騎手で出走確定しました。

昨日のクラブ情報だと、前走5着以内の権利を持っている馬は出てこない見込みだったのですが、それはあくまで「想定」の話。

昨日の記事の下から2行目に書いたヨシコさん、出てきてしまいました。
ユングフラウヨシコのことです。なんちゅー名前やねん(笑)
この馬が1番人気でしょうね。
でも、私はヨシコさんよりも、初ダートのマルターズクリスの方が怖い。しかもこちらは武豊。
もっとも、ミラクルポケットにとっては、自分自身がどれだけ走れるのかが未知なので、相手関係を探るのはあまり意味がないかもしれません。
でも、このレベルのメンバーで2桁着順なんてことになると、かなりヤバいと思う。

<追い切り時計>
2009/ 3/19 美浦P(良)  72.7 - 56.8 - 41.7 - 13.1 助手・馬なり
  外プラチナムブルー(3歳未勝利)助手・馬なりに先行、同入
2009/ 4/ 1 美浦P(良)  70.4 - 54.0 - 39.3 - 12.6 位置4 柴山・一杯
  外カモンベイビー(3歳未勝利)助手・一杯に先行、4F併せ0.1秒先着
2009/ 4/ 8 美浦P(良)  65.5 - 50.6 - 37.0 - 12.8 位置4 助手・強め
  外カモンベイビー(3歳未勝利)助手・一杯に先行、3F併せ0.2秒先着
2009/ 4/15 美浦P(良)  66.9 - 52.1 - 38.2 - 12.4 位置6 助手・強め
  外ドリームサンセール(3歳未勝利)助手・馬なりと5F併せ、同入
2009/ 4/22 美浦P(良)  70.3 - 54.8 - 40.4 - 13.0 位置6 助手・馬なり
  内マイネルセルサス(3歳未勝利)助手・馬なりに先行、同入

追い切り時計は、平凡ですね。
というか、私は未だにポリトラックの時計の見方が分かっておりませんが。
終いはわりとしっかりしているので、実戦でどこまでやれるか期待しましょうか。

山元にいる頃から、何度か「トモのパワー不足」を指摘されていましたが、ダートデビューで大丈夫なの?!
タイムオーバーだけは冗談ヨシコさんって感じ。

| | コメント (0)

2009年4月22日 (水)

誕生日♪

このところ腰痛がひどく、腰痛バンド(通称:でんせつのこしまき)を装備して出勤しているノーマネーです。
おいらもすっかり歳をとったなぁ。
ちなみに私は、明日が誕生日。何歳になるのか考えるのはやめよう。

そんなボロボロの私を、見るに見かねた優しい妻が

「誕生日プレゼントとして、昨日申し込んだ馬の出資代金、家計から出すことにしようよ」

と言ってくれました。

泣けてきました。

しかし、私はやんわりと断りました。

いくら私が稼いできた給料とはいえ、これは家族のお金なのです。

家のお金に手を染めてまで一口馬主をやろうとは思わないのです。

そんなダメ親父のショボい背中を娘に見せたくはないのです。

娘には将来、私立だろうと何だろうと、家計のことなど気にせずに進学してもらいたいのです。


「じゃあ、誕生日、何が欲しいの?」


「42,000円」



さて、一年半以上も昔にハンコついて申し込んだ馬が、今週、ようやくデビューとなりそうです。

ミラクルポケット(牝3歳)
☆美浦TC在厩☆
畠山吉調教師「先週の金曜日にゲート練習を行い、問題なく普通にゲートも出られました。本日の調教も、なかなか良い動きを見せてくれて、ここまでは順調に来ています。予定通り今週の東京でデビューさせます」
4月26日(日)東京・ダ1600m(牝) 戸崎圭太騎手でデビューする予定。
◆出走予定:4月26日(日)東京1R 3歳未勝利・牝馬限定・ダ1600m
フルゲート16頭(出走予定全14頭、本馬より優先順の高い馬0頭、同条件の馬・本馬を含め3頭)*自身、初出走

シャンパンキッス(牝3歳)
☆美浦TC在厩☆
4月18日(土)に美浦TCに帰厩。
小笠調教師「無事に先週末に入厩しました。新潟開催での出走に向け、調整を行っていきます」
このまま調整を続けていき、新潟開催で出走の予定。

ミラクルポケットが、ようやくデビューとなりそうです。
誰が騎乗するのか、いろいろと想像していましたが、戸崎騎手は考えもつかなかった。
何てったって地方競馬ナンバー1ジョッキーですし、とんでもない馬を先頭に持ってくる腕前は、私もよく知ってます。もし確定したら嬉しいですね。

ところで、「本馬より優先順の高い馬が0頭」ということは、前走5着以内の権利を持つ馬が1頭も出てこないということ?
ヨシコさんは出てこないのかな?

誕生日プレゼントは、是非、馬からいただきたいものだ。

| | コメント (0)

2009年4月21日 (火)

最安値の最高額を落札なのだ

バカボンのパパみたいな書き出しですが、分かる人には分かりますよね、きっと。
出資馬が一頭増える見込みです。

      この馬です → 

こんな絵では、分かる人でも分からなくなりますよね、きっと。

| | コメント (0)

2009年4月19日 (日)

2歳馬現況(09/04/18)

月1ペースのクラブ2歳馬情報更新から。
あと、先日郵送されてきた写真も合わせてスキャンしておきます。

クロスマイハート2007(牡2歳)  (馬名予定「トゥルーマイハート」)
☆吉澤ステーブルで育成中☆
090419_1 
引き続きBTCに通い、キャンター2000~3000mのメニュー中心に、2週に1回坂路で15-15をこなしている。
担当者「ダートコースも併用して体力強化をはかりつつ、速めの調教も消化しています。体のバランスが良く、見た目にはスッキリしているので、大柄な割りには時間がかからず仕上がってくるかもしれません。動きも良く、強目も問題なくこなしており、このまましっかり乗り込んでいきます」
4月16日現在の馬体重は、541kg

アップルティー2007(牝2歳)  (馬名予定「プリティーピュティ」)
☆社台ファームで育成中☆
090419_2 
昨年10月に骨片除去手術を受け、その後の経過は至って順調。脚元はもう問題なさそうで、現在は常歩3000m、ダク1200m、周回コースでキャンター2000mを乗り込まれ、基礎体力強化に励んでいる。
担当者「至って順調ですが、まだ線が細い印象もあるので、じっくりと負荷をかけて全体的なパワーアップをはかりたいところ。成長を促しながらどんどん乗り込んでいきます」
小崎調教師「昨年、手術を行いましたが、順調に回復し周回コースでじっくりと乗り込んでいるようです。牝馬ですし仕上がってくれば早いタイプだと思っていますので、焦らず考えています。現段階では長目をしっかり乗り込み、体造りに励んで欲しいですね」
4月15日現在の馬体重は、455kg

ダンツライラック2007(牝2歳)  (馬名予定「メンブランツァ」)
☆チェスナットファームで育成中☆
090419_3 
BTCに通いキャンター2600m(20-20)中心に、週1回坂路1本18-18ペースの調整。
担当者「パワーアップをはかるため、現在は体力強化に重点を置いた調整です。深いダートコースに入れて時間をかけてじっくりと乗り込むメニューで進めており、強目のメニューはもう少し力が付き、自分から動けるような体になってから行いたいと思っています。トモも大分しっかりとし、調整自体は至って順調にきています」
4月上旬の馬体重は、449kg

とまあ、こんな感じです。
そろそろ産地馬体検査などの話題も出てくる2歳世代。
もう、そんな時期なんですねぇ。

上記3頭については早期始動型はいないようですが、順調に進んでいるようで何よりです。
募集当時400kgにも満たなかったアップルティー2007も、455kgまで成長してるし。
逆にクロスマイハート2007は、これ以上デカくならないよう祈りたい。

| | コメント (0)

2009年4月18日 (土)

皐月賞予想

今年まだ馬券を一銭も買っていない私。
先日、マッカランの応援に中山競馬場まで出掛けたときも、馬券は買わずに帰って来ました。

先週の桜花賞は、レース映像すら見ていません。

そんな私ですが、明日の皐月賞は、久しぶりに馬券を買ってみようか。

狙いは、セイウンワンダー。

字が小さく見えるのは、気のせいです(笑)

弥生賞は負けすぎでしたが、言い方を変えれば「全く能力を出していない」。
これは私だけかもしれませんが、あの弥生賞の「なにこれ?」って感じのレースぶりを見ていると、かつて父・グラスワンダーが、アルゼンチン共和国杯で負けたときのことをどうしても思い出してしまうんです。

あのとき、「マイラーなのではないか」とか「成長力に疑問」などと言う人がいましたが、翌月の有馬記念でメジロブライトエアグルーヴを負かして優勝。
馬券的にめちゃめちゃ美味しかったことを覚えています。

あれとこれとが同じだとは言いませんが、人気が落ちるなら狙ってみたい。

| | コメント (0)

2009年4月16日 (木)

古馬現況(09/04/16)

マッカラン(牡4歳)
☆山元トレセンで調整中☆
牧場担当者「久々の競馬でしたので、その分の疲れはありますが、すでに乗り運動は開始しています。疲れの抜け具合を見ながら、徐々にペースを上げていきます」
加藤征調教師「前走は久々の競馬でしたので、少し疲れもあるようです。次走に関しては、権利にはこだわらず、馬の具合を優先で考えたいと思います」
帰厩時期に関しては、馬の具合が良くなったところで検討されることになった。

プレサンティール(牝4歳)
☆グリーンウッドトレーニングで調整中☆
担当者「移動後も特に問題はなく、週2回坂路で15-15を順調に消化しています。帰厩に向けて今週末から12~13秒ペースを乗り出す予定です。矢作師からも『近い内に帰厩させます』という話がありました」
矢作調教師「4月一杯をメドに強目を乗り込み、5月16日(土)新潟・石内特別(牝・芝1600m)を目標にしたい」

期待の古馬2頭は、こんな感じ。
マッカランは、また時間が掛かりそうですね。
馬に合わせてもらうのが一番ですが、山元で2ヶ月も3ヶ月も15-15やるのだけは勘弁して欲しいね。

| | コメント (0)

2009年4月15日 (水)

動物園

今日は、妻と娘と3人で動物園に行ってきました。
先週末、桜花賞のレース中も仕事してたので、その分の代休です。
平日のど真ん中に、会社をサボッて家族で出かけるのは実に気持ちがいい。

とりあえず娘には、ゾウさんや、キリンさんは、平日は元気にしてるけど、
週末になると野生に帰ってしまうと教え込んでおいた。

「だから週末の動物園には、馬しかいないんだよ」

我ながら、理に適ってるじゃないかw

さて、お出かけから帰ってきてみると、クラブ情報が更新されてました。

ミラクルポケット(牝3歳)
☆美浦TC在厩☆
畠山吉調教師「本日ポリトラックコースで併せ馬を行いました。併せ馬といっても、ピッタリ馬体を合わせて気合いを付けたわけではなく、まだ余裕のある調整でしたが、動きは悪くありませんでした。この分なら明日ゲート練習をやって、来週のレースでデビューできると思います」
4月26日(日)東京・ダ1600m(牝)でデビューする予定。

シャンパンキッス(牝3歳)
☆セグチレーシングSで調整中☆
ハロン16-17秒中心に週に一度、強目の調整が行われている。
牧場担当者「火曜日に15-15の調整を行いました。ここまでじっくりと乗り込んだ効果で、体調が上向いている状態で入厩できそうです」
小笠調教師「検疫も確保できましたので、土曜日に帰厩させます。帰厩後は新潟開催に向けて調整を行っていきます」
4月18日(土)に入厩することになった。

こんな感じで、一方はデビュー予定、もう一方は帰厩予定が出ました。
あと半年もせずに未勝利戦が終わってしまうので、予定が出たとかいって喜んでもいられないのですがね。

大人の動物園には、夢や希望なんてありゃしない。
あるのは、勝者の雄叫びと、敗者の哀愁だけだ。

| | コメント (0)

2009年4月10日 (金)

チョービックリ

いつも夕方になるとグリーンFの公式サイトを流し読みする私。
今日も、いつものように菓子パンをかじりながら、会社のパソコンで眺めていたら、ビックリ!

プレサンティールの近況報告で、復帰予定レースの名前が出てるじゃないですか!
あくまで予定とはいえ、あまりにも具体的すぎます。
「油少なめ、味濃いめ、麺はギリギリ芯が残る程度」というのと同じくらい具体的すぎます。

プレサンティール(牝4歳)
☆グリーンウッドトレーニングで調整中☆
矢作調教師「昨日、牧場で馬の状態を見てきました。脚元の方は見た目にもぐんと良くなっており、今のところこのまま調整を進めていっても問題なさそうです。ただ、さすがに体はまだ緩い感じなので、ここから4月一杯をメドに強目を乗り込んでもらうつもりです。現段階では新潟3週目の石内特別(牝馬限定・芝1600m)を目標にしたいと思っています」

最初見たとき、思わず他の馬の近況と見間違えたかと思ってしまいました。
まあ、予定通りにいくかどうかは分かりませんが、もう、そういうレベルまで来ているのですね。
再発の怖い屈腱炎だけに、ここからが緊張の連続です。

焦らず慎重に進めていただき、再び元気に走る姿を見せてくれ!

エアパスカル(のちのチューリップ賞1着馬)を差し切った豪脚をもう一度見せてくれ!

| | コメント (0)

2009年4月 8日 (水)

忍耐ですよ

自分の息子や娘を「我慢強い子」に育てるにはどうしたらいいかって?

そんなの簡単さ。
横浜ベイスターズファンになるように幼少期からし向ければいいのさ。

青と黄色のメガホンを買い与え、村田のユニフォームレプリカを着せ、毎晩テレビ中継を見させる。

そうすりゃ、元気百倍! アンパンマン!よりも、
三者凡退! アンポンタン!の方が好きになるでしょうよ。

もはや洗脳ですな。
「大矢監督? 違うでしょ? 将軍様でしょ?」
「三浦様が打たれたのは、ホームランなんかじゃないわ。あれは人工衛星よ」ってね。

そんなわけで、ベイスターズファンとしては、やりきれない日々が続いております。
開幕5試合の得点は、1,0,0,1,1。
ビットデータかよ!

これじゃ勝てないよな。

まあ、忍耐ですよ、忍耐。
現代人に欠けている忍耐ってやつよ。

さて、一口馬主の話。

ミラクルポケット(牝3歳)
☆美浦TC在厩☆
畠山吉調教師「本日ポリトラックコースで併せ馬を行いました。5ハロン65秒台、上がり12秒台と、時計も大分詰まってきました。ゲート練習も行いつつ、東京開催でのデビューを検討します」
東京開催でのデビューに向けて調整を行っていく。

シャンパンキッス(牝3歳)
☆セグチレーシングSで調整中☆
引き続き普通キャンター中心に、16-17の強目の調整が行われている。
牧場担当者「体調も良く順調にペースも上がっています。このまま入厩に向け、15-15まで進めていきます」
小笠調教師「順調に来ているようなので、新潟開催への出走に向け、そろそろ帰厩させるつもりです」
近々帰厩する可能性がある。

続々と動き出してきました。
ところで、先日3着したマッカランは、
「久々の競馬でしたので昨日短期放牧に出しました。疲れの抜け具合を見て再度入厩させて出走させていこうと思います」とのことで、昨日、山元TCへ短期放牧に出ている。
だってさ。
まあ、ある程度予想してたけどね。
東京、新潟戦あたりに合わせて戻してくるんじゃないかな。
もう少し馬体が増えてくれるといいんだけど。

| | コメント (2)

2009年4月 7日 (火)

マッカラン6戦目回顧

マッカラン(牡4歳)
~クラブ情報から~
4月5日(日)中山・500万下・芝2000m(混)に出走。
休み明けの馬体重は増減無しの450kg。
落ち着いた様子の中、気合い乗りも上々でパドックを周回。久々の競馬も太目感はなく、見た目に具合はとても良さそう。他の馬たちにジョッキーが跨ってからも、入れ込むことはなく馬場へ向かった。馬場へ入るとしばらく歩かせてから、スムーズに返し馬に入った。
レースでは、やや遅れ気味のスタートも、外目を徐々に上がっていき、10番手前後の外を通り1コーナーへ。前2頭が後続を離して飛ばす中、向こう正面から馬場の外目を徐々に進出。
3~4コーナー大外をさらに上がっていき、4番手で直線へ向かうと馬場の外目を伸びかけるも、坂上で勢いが止まってしまい3着。
藤田騎手「久々の分最後は止まってしまいましたが、力があるところは十分見せてくれたと思います。順調に使って行ければすぐにチャンスも回ってくるのでは」
調教助手「久々の競馬でしたが、能力の高さは見せてくれました。次走に期待したいと思います」
某所戦評:久々で入れ込み、発汗。早めのスパートで外からまとめて交わす勢いだったが、休み明けのせいか坂下で脚が鈍った。

とまあ、こんな感じです。
最近の芝中距離路線は、500万下と1000万下のレベル差が小さい(500万下→1000万下を連勝する馬も多い)ので、無事に走り続けることができれば、楽しませてくれるような気がします。
とりあえず、クラス再編成時期までに1勝して欲しいところです。

| | コメント (0)

2009年4月 5日 (日)

上出来、3着。

今日は、マッカランが中山8Rに出走しました。
先週買ったばかりのデジカメを持って行ってきました。

09040501
       「パドックはちょっとイレ込み気味?」の図

馬体重は、半年前の前走と変わらず450kg。
私がパドックに着いたときは、マッカランは6番人気。
「もう少し人気になってもいいんじゃね?」と、ポツリ。
かつて全く相手にしなかったエイシンフレンチよりも人気がないって、どーゆーことよ。休み明けだと、こんなもんか?
パドック周回中にさらに人気は落ち、最終的には7番人気でした。

09040502
         「満開の桜をバックに返し馬」の図

今まで使っていた18,000円のデジカメより綺麗に撮れてる気がする。
(ちなみに、今回買ったのは33,460円)
他の馬よりも発汗が目立ってました。
私の発汗も目立ってました。

09040503
    「藤田騎手、今日も頼みますよ」の図

09040504  
     「向こうに写っているのが、2億1000万円馬」の図

ダノンとのツーショットをずっと狙っていた私。
ゴーグルを装着する仕草が決まってます。

09040505
     「皆をゲートに待たせ、いざ、決戦へ」の図

↑年末に競馬場で配布されるカレンダーみたいな写真。

09040506
             「まずまずのスタート」の図

連写モードで、どうにか押さえられた一枚。
多少アオり気味のスタート。最後入れの大外枠で良かったかも。

09040507
     「勝ちパターンに持ち込めたんじゃね?」の図

後ろにある④のハロン棒にピントが合ってしまって慌てているうちに馬群がやって来ました。
外から伸びてきたマッカランがどうなっているのか肉眼で見たいやら、カメラの焦点を合わせたいやら、興奮と焦りでパニック状態になりながら夢中でシャッター押してます。

09040508
    「2億1000万円馬を1260万円馬が差しちゃうYO!」の図

ピントが合わず、結局、風景写真になってしまった一枚。
満開の桜と色とりどりの勝負服は、ある意味風景みたいなもんですが。

09040509
         「先頭? マジで?!」の図

いや~、興奮しました。
突き抜けるかとも思ったのですが、この直後に内から2頭がスルスルと伸びてきて3着でした。

09040510
       「勝ったと思ったのに、そんな~~」の図

最後の伸びを欠いたのは、休み明けの影響じゃないかな。
3着、上出来だと思います。
次戦優先が獲れたのはよかった。(再び放牧に出る可能性もありますが)

次は、福島か新潟あたりかな。
こりゃ、期待せずにはいられませんね。

| | コメント (0)

2009年4月 4日 (土)

半年ぶりの実戦

明日は、マッカランの半年ぶりのレースです。

半年前のレースは5着でしたが、あのときハナ差先着を許した4着馬・イケトップガンは、その後3勝して今やオープン馬。
ひとつ下の6着馬・クリムゾンベガも、その後2勝して準オープンにいます。

その辺りの馬を物差しにすれば、 マッカランだって500クラスくらいはいつか脱出できると思うが、そう単純にいかないのが競馬。

 中山8R 4歳上500万下 (芝2000m)
  16 △△△△△マッカラン  57 藤 田
  陣営コメント「道悪は大丈夫。あとは当日落ち着いていれば」
  短評     「素質馬。太目感は距離が合えば」
  調教班   「追ってからの反応が今一つ。叩いてからか」

先日も書きましたが、今回は相手関係よりも、自分の力が出せるかが鍵だと思います。
陣営も久々の分のイレ込みを心配しているようで、パドックでの落ち着き、レースでの出遅れが少々不安。

ここを叩いて、福島、新潟あたりが勝負って感じかな。
そういう意味では、5着以内に入って権利を取っておきたいところ。

2億円馬・ダノンマスターズと、740万円の賞金を巡って、いざ決戦!(笑)

| | コメント (0)

2009年4月 3日 (金)

帰厩への一歩

プレサンティール(牝4歳)
引き続き普通キャンター中心に、週に1回坂路で強目の調整を開始している。
担当者「ややテンションが高いところが見られますが、脚元に問題はなく至って順調にきています。このまま進めていきます」
4月4日(土)に栗東TC近郊のグリーンウッドTへ移る予定。
矢作調教師「近い内に牧場へ馬を見に行き、状態を見た上で、帰厩時期を考えたいと思っています」

いよいよこちらも帰厩に近づいてまいりました。
再発の恐れがあるので不安だらけですが、無事にターフに帰ってきて欲しい。

| | コメント (0)

2009年4月 2日 (木)

ふちゅうほんちょう

今年まだ一銭も馬券を買っていない私。
すっかり競馬から遠ざかっています。

「府中本町」を「ふちゅうほんちょう」と読んでしまうくらい競馬から遠ざかっています。
「船橋法典」を「はむらびほうてん」と読んでしまうくらい競馬から遠ざかっています。

困ったもんです。

正しい読み方は、「ふちゅうほんまち」
後者は、「はんむらびほうてん」 なのにね。

さて、そんな私もようやく今週、競馬場に出掛けることになりそうです。
マッカランの出走が確定しました。

マッカラン(牡4歳)
☆美浦TC在厩☆
加藤征調教師「順調に来ていますので予定通り、今週の中山で出走させます。仕上がり具合も悪くなく、十分勝ち負けできる力は持っていると思うのですが」
予定通り、4月5日(日)中山芝2000m(混)に藤田騎手で出走する。

<追い切り時計>
2009/ 3/18 美浦・プール
2009/ 3/19 美浦・プール
2009/ 3/20 美浦・坂路(良)  56.1 - 40.5 - 26.9 - 13.4 助手・馬なり
2009/ 3/25 美浦南・W(良)  84.3 - 69.5 - 54.3 - 40.2 - 13.3 助手・一杯
  外シャドウゲイト(古OP)見習・末強めと併せ、0.8秒遅れ
2009/ 3/29 美浦・坂路(良)  58.0 - 42.8 - 28.2 - 13.5 助手・馬なり
2009/ 4/ 2 美浦・坂路(重)  54.4 - 38.8 - 25.5 - 12.4 助手・一杯
  内シャドウゲイト(古OP)見習・一杯と併せ、0.5秒遅れ
  中ジェットスパークル(3歳未勝利)助手・馬なりと併せ、0.1秒先着

相変わらず強い追い切りをしても速い時計が出ませんが、この馬はいつもこんな感じなので気にすることはないでしょう。
1番人気は、POGではおなじみのダノンマスターズか。
私としては、モアスマイルの方が怖いな。
マッカランは、4~6番人気あたり?
今回は相手関係よりも、半年休んだブランクの方が心配かな。

まずは、無事にレース当日を迎えられるよう祈るのみです。

さて、中山競馬場は、「ふちゅう」「はむらび」どっちだっけ?
それくらい競馬から遠ざかって・・・(以下略)

| | コメント (0)

2009年4月 1日 (水)

現役馬現況(09/04/01)

うちの会社の今年の新入社員は、13名だとか。
私が入社したときも不景気でしたが、その倍以上の同期がいたんだがね。
今は、それだけ景気が悪いということですかね。
そんなことはどうでもいいですね。ごめんなさいよ。

まあ、要するにあれだな、初任給で一口馬主を始めたりするんじゃないぞ、ってことだ。(そんな奴はいないか)
私はというと、初任給をもらった日は、当時付き合ってた女と焼き肉屋に行って、ひたすら骨つきカルビを注文したことをよく覚えている。
とにかく、とんでもない量の骨つきカルビを胃の中に収めた。今までの人生で私が食べた骨つきカルビのうちの8割はあの日、あの場所で食べたと思う。
だから、そんなことはどうでもいいんだってば。ごめんなさいよ。

プレサンティール(牝4歳)
☆セグチレーシングSで調整中☆
引き続き普通キャンター中心に、週に1回坂路で強目の調整を開始している。
担当者「ややテンションが高いところが見られますが、脚元に問題はなく至って順調にきています。このまま進めていきます」
近々、栗東TC近郊へ移る可能性がある。

ミラクルポケット(牝3歳)
☆美浦TC在厩☆
畠山吉調教師「本日ポリトラックコースで併せ馬を行いました。時計的には69秒台前半でしたが、先週に比べ終いの伸び脚などは良くなってきました。このまま乗り込んで、もう少し全体時計が詰まってきたところで具体的なデビュー予定を立てたいと思います」
デビューに向けこのまま乗り込んでいく。

ところで、今週のマッカラン出走予定レースは、フルゲート18に対して予定馬は14頭とのこと。
意外に少なかったな。休み明けの馬だけでフルゲート埋まってしまえば、ダノンマスターズとの対決は避けられると思っていたのだが(笑)

しかし、まあ予想通りというか何というか、前走5着以内の権利を使って出走してくる馬は1頭しかいないようで、それほどレベルは高くならないみたい。
鞍上には藤田騎手を予定しているとか。いいんじゃないかな。
だって、マッカランは、藤田騎手とのコンビでは負けたことがありませんから(笑)

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »