« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月29日 (木)

2歳馬現況(09/01/29)

夏以降のデビューを待つ2歳陣の現況

クロスマイハート2007(牡2歳)
☆吉澤ステーブルで育成中☆
12月26日に吉澤ステーブルへ移動。移動後も順調で、BTCも使って調整中。現在はトラックコース1800~2400mを中心に、坂路と直線ウッドチップコースを併用し、20~22秒ペースの調整。
担当者「体力面は問題なく、現在のメニューには十分対応できていますが、もうしばらくは基礎体力強化を目標に、馬体を絞り込みつつ進めます」

アップルティー2007(牝2歳)
☆社台ファームで育成中☆
骨片除去手術後の経過は良好。引き続き周回コースでキャンター2000mの調整。
担当者「術後も問題はなく、脚部をしっかりケアしながら調整中。もうしばらくは周回コースでのキャンターを積み重ね、心身ともに鍛えていきます」
1月中旬の馬体重は446kg

ダンツライラック2007(牝2歳)
☆チェスナットファームで育成中☆
BTCに通い、ハロン20秒ペースのキャンター2000m中心のメニュー。坂路調整も併用しながら順調に乗り込まれている。
担当者「落ち着いた雰囲気の中、とても真面目に調教に取り組んでいます。意欲的かつ力強いフットワークで坂路を駆け上がっており、好印象です。まだ未完成ではありますが、この時期としてはバネの利いたキャンターを見せ、特にトモのキック力が目立っています」
1月20日現在の馬体重は438kg

コメントの内容だけで比較すると、一番いい感じなのは無料馬ですな(笑)
コメントしてくれた担当者がそれぞれ違うので単に比較はできませんが。

比較できないものを比較して推察する。
競馬はその繰り返しです。

| | コメント (0)

2009年1月23日 (金)

隣の芝はグリーン

グリーンFの馬がドバイ遠征となりましたね。
たとえ明け3歳の1勝馬とはいえ、海外遠征なんてエラいことです。
JRAのホームページで現地の様子がリポートされたり、多くの管理馬を抱える調教師がその馬"だけ"のために帯同したりと、もし自分が出資した馬がそんな風に扱われたら嬉しくて泣いちゃいますね。
レースの賞金がそれほど高くないことや円高、遠征費用の追加徴収など、金銭的に出資者に負担をかける部分もあるようですが、私のように金儲けのために一口馬主をやっていない人間(一口馬主やっている人の殆どがそうだと思いますが)には夢のような話。素直に羨ましいです。
ちなみにこの馬の募集時、私は完全ノーマークでした。
このブログの過去記事を自分で読み返してみましたが、サラリとパスしている当時の様子がしっかり記録されています。

こういう馬にスパッと出資して大活躍してくれたら「どうして出資できたの?」とみんなから言われて気分良さそうですけど(笑)

なんて書いてある(笑)
私の見る目がないと言ってしまえばそれまでかもしれませんが、ほんと何が走るか分かりませんね、競馬は。

話はかわって、募集時にマークしていた別の馬が明日、若駒Sに出走します。しかも鞍上はルメール!
こちらも出資はしていませんが、母がかつてのPOG指名馬だったこともあり、募集当初からずっと気になっていて、電話受付初日に「まだ残口ありますか?」と聞いて「もうあと10口くらいです」と言われたのにパスしたんですよ。出資しないんだったら、最初からそんなこと聞くなよって感じですが(笑)
残10口のときに飛びついておけば良かったかも~と未練がましいことも考えなくもないのですが、それを言っちゃおしまいですよね。
出資しようかどうしようか迷った場合、やめておいて結果的に正解だったケースの方が圧倒的に多いですから、私の場合。
結果的に馬が強かったときだけ「あの馬、出資しようか迷ったんだよな~」と後悔するというのは都合がよすぎる。

出資せずに後悔するよりは、出資して後悔する方がいいんだけど、「お金」のことを考えるとそうもいかない。

難しいね、一口馬主は。
でも、それが一口馬主の醍醐味でもあるのかな。
とにもかくにも、上述の2頭は、同期生として応援しています。

| | コメント (0)

2009年1月22日 (木)

じんわり上向き

出資現役馬たちの現況(クラブ情報から)

マッカラン(牡4歳)
☆山元トレセンで調整中☆
引き続き順調にペースアップ中。
山元TC担当者「順調にペースを上げていて、現在は週に2回14-14の調整を行っています。脚元に不安はなく、このまま入厩まで進めて行けそうです」
加藤征調教師「ここにきて順調にペースも上がってきたようですので、もう少し強めのところができるようになったところで入厩を検討したいと思います」
入厩に向けてこのままペースを上げていく。
1月20日現在の馬体重は461kg

プレサンティール(牝4歳)
セグチレーシングSで調整中☆
引き続き順調に調整が行われている。

牧場担当者「テンションが上がりやすいタイプですので、普通キャンター2000~2400mでしっかりと乗り込んでいます。大分動きもしっかりしてきましたので、テンションが上がりすぎないように、気持ちを整えつつ調整を続けていきます」
矢作調教師「このまま乗り込んでいってもらい、3月くらいに入厩できれば」
春の入厩に向けて調整を行っていく。

ミラクルポケット(牝3歳)
☆山元トレセンで調整中☆
1月16日よりキャンターでの運動が開始されている。
牧場担当者「先週末から乗り始めており、本日もハロン20秒の調整を行いました。疲れも完全に取れた様子で、このまま進めて行けそうです」
ここからは再入厩に向けてペースを上げていくことになった。
1月20日現在の馬体重は491kg

シャンパンキッス(牝3歳)
☆セグチレーシングSで調整中☆
現在は軽目キャンター中心の調整が行われている。
牧場担当者「現在は2000~2400mを軽目キャンターで乗っています。もう少し体がフックラしてきてから、ペースを上げていきます」
体がフックラするのを待ってからペースを上げていく予定。

お休みしている馬、故障(しかも屈腱炎)していた馬、デビューできずにいる馬などいろいろですが、どの馬も今のところは出走へ向けてベクトルは上向きです。
マッカランは、2月東京開催でひと叩き、中山で500万下脱却を目指して欲しい。
プレサンティールは、とにかく無事にターフに戻ってきて欲しい。レースでどこまで結果を出せるかなんてことよりも、とにかく元気な姿を見せて欲しいです。
ミラクルポケット、あなたは早くデビューしなさいってば。
1頭だけ体がフックラするのを待っている馬がいますね。
私は体はフックラしてきましたが、ペースアップまでは時間がかかりそうです。

私は競馬場どころか、まだ今年、馬券を全く買っていません。
馬券道場も不参加です。(あんな帽子、タダでも要らん)
グリーンチャンネルも全く見ていません。

仕事が落ち着いた頃に出資馬がドカドカと出てきてくれるのが理想です。

| | コメント (0)

2009年1月18日 (日)

確率統計

今日はセンター試験2日目だったのですね。
受験生の皆さん、お疲れ様でした。(誰もこんなブログ見てないでしょうけど)

私は私立オンリーの高校生だったので、センター試験は受けた経験がありませんが、老い防止として、頭の体操として今でも毎年、数学の確率統計の問題だけは解いています。
何だかんだいって、ギャンブルの基本は確率統計だと思うわけですよ。

馬券において、私は本命党でも穴党でもありません。
人気馬のオッズを見て「おいしい」と思えば、1.2倍の複勝を10万円買うこともありますし、逆に危険な馬が人気になっていれば、それを外して3連単を100円で50点買ったりとかもします。

大雑把に言うと、もしレースを2回やれば1回は来るだろうというのがオッズ2倍、100回に1回くるのが100倍(万馬券)だと考えています。
つまり、馬券を買うときはオッズの逆数( 1/x )と確率を比較するわけです。

出走メンバーを見渡して、馬ごとに来る確率を頭の中で描いてみて、そこにオッズの逆数を掛け合わせます。たとえば、
2回やれば1回は勝ちそうな馬の単勝が 2倍 で、
5回やれば1回は勝ちそうな馬の単勝が 6倍 だったとすると

前者の期待値は、1/2 × 2 = 1.0
後者の期待値は、1/5 × 6 = 1.2
となるので、問答無用で後者で勝負です。
前者が勝つ確率が高いのは承知の上で、後者で勝負。

もっとも、どの馬が来るかの確率は計算式では算出できないので、頭の中であれこれ考えるわけですがね。
要は何が言いたいのかというと、「どの馬が勝つか」ではなく、「どの馬が確率的においしいか」で馬券買っているということです。
こういったことは誰もが頭の中でやるわけですが、よほど「確率」というものを意識していないと長いスパンで黒字にはできないと思います。
(極論を言ってしまえば、「馬券なんか買わない」という選択肢がいちばん賢いのかもしれませんが)

高校以降で学んだ科目のうち、人生で役に立っているのは、確率統計くらいじゃないかな、私の場合。
就職も結婚も、少なからず確率統計っぽい思考でうまくいってきた気がします。

確率統計は、皆さんも日頃から鍛えた方がいいと思いますよ。
センター試験の問題だとレベル的にちょうどいいです。公式使わなくても理屈で解けますから。

私は、センターレベルの確率統計が解けなくなったら馬券引退です。
(ちなみに確率統計の問題以外は「あー、懐かしいなぁ」とつぶやいて終了でした)

| | コメント (0)

2009年1月16日 (金)

545kg

夜遅くまで仕事して、帰宅した頃には日付が変わっている。そんなクタクタな毎日を過ごしている私ですが、今日、家に着くとグリーンファームから会費の請求書が届いてました。
毎月送られてくるものなのでどうってことはないのですが、何やら写真が同封されている厚みがある。
育成馬の現況写真かな~なんて思って開封してみると、シャンパンキッスの写真でした。
タイムオーバーになる数十分前のパドックの様子です。
なんかため息。

請求書の金額はいつもと同じなのですが、よく見ると二枚目がある。
会員の方には分かると思いますが、二枚目は賞金明細書なんですよね。
「賞金なんて、あったっけ?」と思いつつ見てみると、

2歳未勝利 14着  賞金ゼロ

の賞金明細書でした。
またまたため息。

でも出走手当が出ているから、引退時に精算して貰えるみたい。
あれ? タイムオーバーって、出走手当貰えないんじゃなかったっけ?
まあ、いいや。

クロスマイハート2007(牡2歳)
☆吉澤ステーブルで育成中☆
吉澤ステーブルへ移動後も順調で、BTCも使って調整中。

担当者「トラックコース1800~2400mを中心に、週2回の坂路調整と、1000m直線ウッドチップコースでの調整を日替わりで行っており、大体ハロン20~22秒程度です。かなり大柄ですが、体全体が大きいタイプで太過ぎる感じはなく、ガッチリとした体型です。気性面や脚元も問題はありません」
1月10日現在の馬体重は545kg

アップルティー2007(牝2歳)
☆社台ファームで育成中☆
骨片除去手術後の経過は良好。引き続き周回コースでキャンター2000mの調整。

担当者「馬場でのキャンターの後、上がり運動で新雪の上を歩かせたり、飽きのこないメニューを課して、楽しくハードに鍛えている。新雪の上での運動はかなり歩きづらく、地味ながらも筋力強化に効果あり。全身運動を促進して鍛錬していきます。まだ線が細い感じもあり、成長を促しつつ進めたい」
1月10日現在の馬体重は450kg

ダンツライラック2007(牝2歳)
☆チェスナットファームで育成中☆
現在はダク3000m、キャンター2400m、週2回坂路1本の調整。
担当者「中間に少し腰の疲れを見せましたが、すぐに良くなり坂路調整を開始しています。現在は23~24秒ペースで距離を伸ばしつつ調整しており、ここから具合に合わせて進めていきます」
1月12日現在の馬体重は443kg

「誰か那須野牧場に(馬の)体重計を寄付してやれよ」ってな具合に、馬体重が分からなかったクロスマイハート2007ですが、ようやく馬体重が出ましたね。
545kg。でけーヨ!
まあ、軽く500kgはあると思ってましたがね。やはりでかかったな。
カリブソングみたいな馬になってもらいましょう。

| | コメント (0)

2009年1月11日 (日)

いつ開幕するんだ?

怒濤の一週間で、ブログを書く時間もありませんでした。
世間より一日早い4日(日曜日)から出勤し、週末(昨日)も出勤。ようやく今日はお休みで、祝日の明日からまた出勤。
毎日帰宅する頃には日付が変わっていて、嫌になっちゃう日々ですが、日比谷公園で年を越した人もたくさんいる今のご時世、仕事があることを幸せに思わないといけないのかな。

でもさ、職を失ってすぐに野宿になっちゃうのも、何かヘンな気がする。
金銭的な備えとかはなかったのかな。

なんかすっかり日本人は、先のことを考えない国民になっちゃった気がする。
そりゃ、デキ婚も離婚も増えるわけだわ。

そういえばつい最近も、デキ婚→離婚になっちゃったお笑い芸人がいましたね。
スピードリコンでしたっけ?
どうでもいいや、そんなこと。

すっかり競馬の話から脱線してしまいました。すみません。
今年はまだ馬券も買ってないし、馬が走る映像すら見ていません。
おいらの2009年競馬はいつ開幕するのだろう・・・。

出資馬が出走してきたら競馬場に行こうかな。

というわけで、クラブ情報の記録。

マッカラン(牡4歳)
☆山元トレセンで調整中☆
引き続き順調にペースアップ中。
1月9日、山元TC担当者「脚元に問題もなく順調にペースアップ中です。このまま帰厩に向けて乗り込んでいきます」
このまま帰厩に向けてペースを上げていく。(1月9日更新)

プレサンティール(牝4歳)
☆セグチレーシングS(チバ)で調整中☆
1月7日、担当者「引き続き普通キャンター2000~2400mの調整を行っています。相変わらずテンションの高い面が見られますので、当面は同様のメニューで落ち着かせつつ進めたいと思います」
脚元も今のところ落ち着いており、このままじっくりと乗り込んでいく。(1月7日更新)

ミラクルポケット(牝3歳)
☆山元トレセンで調整中☆
12月27日に山元TCへ移動。現在はウォーキングマシーンのみの調整が行われている。
1月9日、牧場担当者「まだ楽をさせている状態ですが、具合を見て乗り始める予定です」
疲れを取ってから乗り運動を開始する予定。(1月9日更新)

シャンパンキッス(牝3歳)
☆セグチレーシングSで調整中☆
12月26日にセグチレーシングS(イバラキ)に放牧に出ており、次走は少し間隔を開けた上で、芝レースか交流戦への出走を検討中。
1月7日、牧場担当者「馬体細化が見られますので、しばらくは馬体回復に努めたいと思います。現在はハッキング1600m~1800mで様子を見ており、馬体の回復に合わせてペースを上げていきます」(1月7日更新)

最初に競馬場に姿を見せてくれるのは、マッカランかな。
2月の府中あたりでお目に掛かりたいものです。

| | コメント (2)

2009年1月 3日 (土)

出資馬たちの現況一覧

私の出資馬たちの現況一覧。(クラブ情報コピペ)

マッカラン(牡4歳)
☆山元トレセンで調整中☆
引き続き坂路コースでペースアップ中。
12月25日 担当者「順調にペースを上げ、本日よりハロン15秒の調整を開始しました。脚元も問題なくこのまま進めて行けそうです」
このまま帰厩に向けてペースを上げていく。(12月26日)

この馬には、今年も楽しませて欲しいです。
無事に走り続ければ500万下にいる馬ではないと思うし。
全兄が3歳冬から頭角を現してきたこともあり、その辺りにも期待したいです。

プレサンティール(牝4歳)
☆セグチレーシングSで調整中☆
12月10日よりセグチレーシングS(チバ)で調整中。
12月26日 担当者「引き続き普通キャンター2000~2400mの調整を行っています。少しテンションが上がり気味ですので、落ち着かせながら進めています」
テンションが上がりすぎないように注意をしながら、しっかりと調整を行っていくことになった。(12月26日)

昨年は治療専念のため全休でしたが、今のところは順調にきているようなので、是非とも無事に復帰戦を迎えて欲しいです。
この馬だって、まともなら500万クラスにいる馬じゃないと思ってます。

ミラクルポケット(牝3歳)
☆山元トレセンで調整中☆
12月25日 畠山吉調教師「今週から強めの調整をと考えていましたが、ゲート試験を受けた後、トモに少し疲れが見られます。休むほどではないので、年内は普通キャンターで調整を行い、年が明けてからピッチを上げていこうと思います」
12月26日 畠山吉調教師「今朝馬の様子を確認しましたが、トモの筋肉がかなり張っていました。厩舎で進めて行ければと考えていましたが、無理をさせずに一度放牧に出して立て直したいと思います」

12月27日(土)に山元TCへ移動している。(12月27日)

ゲート試験合格までは順調でしたが、放牧となってしまって残念。
立て直して無事にデビューして欲しいものです。
非力なタイプと言われてきた馬だけに、どんなデビューとなるのか不安もありますが、期待しております。

シャンパンキッス(牝3歳)
☆セグチレーシングSで調整中☆
12月24日 小笠調教師「レース後も脚元に異常は見られませんが、しばらく出走できませんので、馬体をチェックした後、一度放牧に出そうと思います」
12月26日にセグチレーシングS(イバラキ)に放牧に出ている。(12月26日)

前走は残念な結果でしたが、戦いはまだまだこれからでしょう。
気性的な問題もあると思うので、何かのきっかけで激走があってもおかしくないと思っています。気長に応援していきたいですね。

クロスマイハート2007(牡2歳)
☆吉澤ステーブルで育成中☆
ハッピーネモファームでは角馬場で乗り慣らし中心の調整を行った。
担当者「至って順調です。ハミ受けをしっかり教え込み、精神面を鍛えて今後のペースアップに向けた下地を作っています」
12月26日に吉澤ステーブルへ移動しており、今後はBTCも使いペースアップしていく予定。(12月29日)

未だに馬体重が発表されませんが、軽く500キロは超えてそうなので、ちょっと不安。
父・クロフネ譲りの迫力のある走りに期待したいです。
社台の育成に魅力を感じてグリーンFに入会した私なのに、思わず手を出したくなった那須野牧場産。とても楽しみです。

アップルティー2007(牝2歳)
☆社台ファームで育成中☆
骨片除去手術後の経過は良好。馴致を終え、12月中旬より周回コースでキャンター2000mの調整を開始。
担当者「硬さもなく捌きは良好。芯から鍛えて体力増強に努めます」
12月中旬の馬体重451kg(12月29日)

募集予定リストを見た瞬間から欲しかった馬だけに、デビューが待ち遠しくて仕方がない感じです。
血統的に非常に楽しみ。血統だけで見たら、桜花賞あたりに駒を進めてもおかしくないレベルだと思っています。現実はそう甘くはないので、贅沢言わず、とにかく無事にデビュー、そして1勝ですね。

ダンツライラック2007(牝2歳)
☆チェスナットファームで育成中☆
初期馴致を終え、軽目キャンター(25秒)2000mで順調に調整中。
担当者「ここにきてグッと背が伸び、立派になってきた。至って順調」
12月中旬の馬体重420kg、体高157.5cm、胸囲178cm、管囲18.8cm。(12月29日)

無料プレゼントはキャンセルするつもりだったのですが、チェスナットFさんのHPに載っていた写真を見て気が変わりました。
申し込んだ数日後に、前年度のプレゼント馬がタイムオーバーやらかした時は汗が出ましたが・・・。
雑草魂とでも言いましょうか、無料馬の意地を見せて欲しいところ。

こんな感じで、今年も応援していきたい。
昨年の3歳馬が2頭とも勝ち上がってくれたお陰で、今年からは古馬もいます。
また、無料プレゼント馬も加わって頭数はグンと増えました。

昨年末にも書いたように、決して賞金配当で金儲けしようとは思ってないし、ほぼ100%赤字で終わると思っていますが、その分、私を楽しませて欲しいものです。
先頭でゴールする瞬間は、馬券的中の喜びとはひと味違うし、POGで重賞とるよりも、一口で未勝利戦を勝つ方が興奮できるので。

とにかく無事に走り続けてくれることに期待したい。

| | コメント (0)

2009年1月 1日 (木)

謹賀新年2009

明けましておめでとうございます。
今年も歌に、踊りに、お芝居にと、和室の障子に穴をあける勢いで邁進していきたい所存でございます。
毎年こんなこと言ってる気がします。
要するに脳が進化していないということです。

今年の目標(というか願望)は、
「一口馬主で3勝」
これ一本に絞っていこうと思います。

いつもは複数の目標を掲げてやってきましたが、一つも達成できない年が続いていたので、今年は欲張らずに一つに絞りました。

そんなわけで今年もひとつよろしくお願い致します。

| | コメント (2)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »