« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月26日 (水)

入厩準備 & 帰厩

秋競馬は一度も競馬場に足を運ばずに終わりそうな感じですが、2歳馬2頭に動きがありました。

タックスシェルター2006(牝2歳)(馬名はミラクルポケットで申請予定)
直線コース2本中心に順調に乗り込まれ、トレセン近くの牧場へ移動することになった。
社台ファーム担当者「25日の便で千葉のセグチレーシングステーブルへ移動しました。調教師からも『移動後の具合を見て入厩時期を検討したい』という話も聞いています」
26日に千葉のセグチレーシングSへ移動している。
畠山吉調教師「輸送熱もなく無事に到着しているようですので、具合を見て入厩させたいと考えています」
このまま調整を続けて近々入厩する予定。

シャンパンキッス(牝2歳)
現在は週に1回15-15の調整が行われている。
小笠調教師「順調にペースも上がり検疫も取れましたので、本日入厩させました。帰厩後の具合を見て、具体的に使うレースを検討したいと思います」
11月26日に美浦TCへ入厩している。このまま調整を行い出走レースが検討されることになった。

こんな感じです。
ようやく私の秋競馬開幕か!(笑)

| | コメント (0)

2008年11月20日 (木)

3歳馬現況(08/11/20)

マッカラン(牡3歳)
引き続きウォーキングマシーンのみの調整が行われている。
山元TC担当者「引き続きブリスターを塗って、腫れがひくのを待っています。脚元がスッキリしてきたところで乗り運動を開始できればと思います」
もうしばらくはウォーキングマシーンのみで様子が見られることになった。

プレサンティール(牝3歳)
現在は常歩3000m、ダク1200m、軽目キャンター2400mの調整。
担当者「軽目キャンター(25秒)中心の調整を行っています。脚元の様子を見ながら、強弱を付けた調整を行っていきます」
今後も慎重に進めていく。

| | コメント (0)

2008年11月19日 (水)

2歳馬現況(08/11/19)

クラブ情報コピペ

タックスシェルター2006(牝2歳)(馬名はミラクルポケットで申請予定)
畠山吉調教師「牧場で馬を見てきましたが、強めの調整も消化して大分状態も良さそうでした。近々、トレセン近くの牧場に移動させようと思います」
近々、千葉のセグチレーシングSに移動して入厩に備える予定。
11月10日現在の馬体重は490kg

シャンパンキッス(牝2歳)
現在は週に1回15-15の調整が行われている。
牧場担当者は「テンションが上がりすぎないように気をつけながら強めの調整を開始しました。このまま入厩まで乗り込んでいきます」
小笠調教師「大分馬もリフレッシュできているようですので、ここからは帰厩に向けて進めていってもらおうと思います」
ここから乗り込んでいき、態勢が整ったところで帰厩する予定。

こんな感じです。
ようやくタックスシェルター2006が入厩に向けて前進しました。
しきりに非力さが伝えられているので、何とも不安ではありますが、今年の2歳世代、唯一お金を払って出資した馬なので、頑張ってもらいところ。

| | コメント (0)

2008年11月18日 (火)

追跡調査

秋競馬も中盤から終盤に差し掛かっていきますが、私はちっとも盛り上がりません。

馬券をあまり買わなくなった上に、一口出資馬が出てこないですからね。まあ、仕方のないことですが。

こんなときは、ノーマネーお得意の追跡調査でもしてみますか。
というわけで、マッカランが前走一緒に走った馬たちのその後を調べてみました。

◆検証 ~ 瓢湖特別 上位着順馬のその後 ~      
  1着 リヴィエラブルー     → (その後出走なし)
  2着 アサティスボーイ     → 蔵王特別 2着
  3着 ニキティス       → 一般戦 2着
  4着 イケトップガン     → 高湯温泉特別 1着
  5着 マッカラン       (その後出走なし)
  6着 クリムゾンベガ     → 汐留特別 1着
  7着 ミヤビベガ       → 一般戦 2着
  8着 マイネルグラナーテ → 一般戦 1着
                    (複数回出走馬は、最高着順を記載)

あ~、やっぱり。。。
あのレースはレベルが高かった。

マッカランの一日も早い復帰と、来年夏までの500万下突破に期待したい。

| | コメント (0)

2008年11月17日 (月)

日本の競馬と海外の競馬

昨日のエリザベス女王杯、改めてルメール騎手の巧さを実感しました。

   日本の競馬 = 脚を引き出す競馬
   海外の競馬 = 脚を持たせる競馬

昨日のレースでこのことを再確認した気がします。
ルメール騎手については、コスモバルクダンスインザムードハーツクライの騎乗を見たときも同じことを感じました。
直線で加速していくのではなくて、早めにトップギアに入れて「さあ、私を捕まえてみたまえ」みたいなレース。
デムーロ騎手(ダイワメジャー)やドイル騎手(ノーリーズン)の皐月賞も、そんな感じだった。
外国人ジョッキーが大仕事をやるときは、ゴール寸前で差しきる展開よりも、圧倒的に昨日のような早め抜け出しのパターンが多い気がします。

カワカミもベッラレイアも力を出し切って最後よく伸びているのですが、あの競馬をされてしまってはお手上げですね。
お見事、ルメール。着差1馬身半、完勝です。

日本と海外の競馬スタイルの違いを実感すればするほど、ディープが海外で通用しなかった理由が見えてくる気がします。

| | コメント (0)

2008年11月15日 (土)

いつの間にか7頭

「クラブから1歳馬の出資証が送られてこないなぁ」
なんて思っていた私ですが、部屋の中をよく見たらとっくに郵送されてきてました(開封もせずに放置していた)
支払いも完了しており、正式に2頭(クロスマイハート2007、アップルティー2007)の一口馬主となりました。

いつもの決まり文句ではありますが、
同じ馬に出資された皆様、よろしくお願い致します。
「こんな奴と一緒かよ」なんて冷たいこと言わずに一緒に応援していきましょう。

ブログではいつも言いたい放題書いていますが、実は、私は気が弱いんですよ。
電車の中でDSやっているときに、隣に座った人もDSをやり始めると、やめてしまうくらい気が弱いんですよ。
しかもそのDSが自分と同じ色だったりすると、頬を赤らめてしまうくらい気が弱いんですよ。
ましてや同じゲームだったりすると、呼吸が、呼吸が・・・。

私の自己紹介はこれくらいにして、馬の話に戻りましょう。
プロフィール欄(このブログの左側)に1歳馬2頭を追加しました。
頭数も増えてきて、ようやく「一口馬主ブログ」っぽくなってきたかな。(まだ甘い?)
でも、ブログ立ち上げ当初(リサイトアチャームたった1頭)からみれば、かなりのパワーアップ。

ようやくここまで来たのか、いや、来てしまったのか。
それを考えるのは今はやめておこう(笑)

ちなみに、気づいている方はほとんどいないと思いますが、プロフィール欄の小さな馬のイラストは、ドット絵で自分で描いています。
毛色はもちろん、筋肉の付き方とか1頭1頭個性のあるイラストにしているつもりです。
「だから何?」とか「似てねーよ」とか言われると何も言い返せませんが。

もはや自己満足の世界です。
一口馬主そのものが自己満足の世界でもある。

自己満足のために、あなたはいくらまでお金を払えます?

私は、そうだな・・・月1万くらいかな。


すでに破綻してんじゃんw

| | コメント (0)

2008年11月14日 (金)

2歳馬現況(08/11/14)

タックスシェルター2006(牝2歳)(馬名はミラクルポケットで申請予定) 
現在は直線コース2本中心のメニューで調整中。
担当者「直線コース2本を順調に登坂しています。少し非力に映る面を強化すべく、鍛錬の毎日です。終い重点ながら強目もしっかりと消化させています。このまま入厩に向けて乗り込んでいきます」
畠山調教師「体力強化をはかりつつこのまま乗り込んでもらい、牧場とも相談の上で入厩時期を検討します」
11月10日現在の馬体重は490kg

| | コメント (0)

2008年11月13日 (木)

3歳馬現況(08/11/13)

プレサンティール(牝3歳)
10月中旬より乗り出され、引き続き、常歩3000m、ダク1200m、軽目キャンター2000mの調整。
担当者「キャンター調整を継続していますが、脚元は今のところ問題なさそうです。この調子で進んで欲しいところです」
今後も慎重に進めていく。
11月10日現在の馬体重は488kg

| | コメント (0)

2008年11月12日 (水)

1歳馬現況(2008年10月)

1歳馬の最新レポート&写真がクラブから届きました。

クロスマイハート2007(牡1歳)
10月中旬にハッピーネモFへ移動。放牧のみで環境に慣らし、11月から馴致を開始する。兄・グレゴリオと比較しても更に骨量豊富でしっかりとした馬体。パワー溢れる動きを見せている。
10月末時点で馬体重未計測、体高161cm、胸囲180cm、管囲21.1cm。

081114cro

アップルティー2007(牝1歳)
初期馴致を終了し、騎乗開始予定だったが、化骨検査で左後肢に骨片が見つかったため、除去手術(内視鏡を使用した簡単なもの)を受けた。約1ヶ月後の経過観察後、騎乗開始予定。
10月末時点の馬体重455kg、体高154cm、胸囲172cm、管囲18.8cm。

081114app

どちらも、まずまず順調といったところでしょう。
クロスマイハート2007は、体重がどれくらいあるのか、ちょっと怖い気もします。
逆にアップルティー2007は、400kg未満だった馬体重がだいぶ増えていていい感じ。腹周りもだいぶ変わってきた印象です。イラストは作り直す必要があるかな(笑)

今年は馬名でも応募してみますか。
でも、俺、センスないしなぁ・・・。

| | コメント (0)

2008年11月 9日 (日)

笑っちゃうぜ、巨人軍

自分はベイスターズファンで、特にアンチ巨人というわけではないのですが、正直なところ、ここ数年の巨人の選手狩りにはシラけておりまして、今年はさすがに優勝するだろうと思っていました。

西武の日本一、ビックリです。
西武は、石井一が加入したものの、カブレラやら和田がいなくなった上に、シリーズではブラゼルがフェードアウトして、GG佐藤もいなくて、どうなっちゃうの?って感じだったんだけどな。

なんで巨人は、優勝できないわけ?
日ハムから持ってきた小笠原やら、ロッテから持ってきた火へんに華やら、ヤクルトからもってきたラミちゃんがいて、西武と横浜で守護神やってた2人もいて、まあ、他にもいろいろいるわけで、おまけに原監督の横で腕組みしているのは、かつて西武で監督していた伊原さんじゃありませんか。

巨人は、ツミコミ麻雀やってるのに勝てない、そんなところですか。
かたや派手な駒が少ない西武は、ひたすらメンタンピン狙い。基本ですね。
南4局でメンタンピンをあがって、裏ドラをめくってみたら、「平尾」でした。
そんなところでしょうか?(元阪神だから裏虎? ←意味不明

メンタンピンドラ3 あれ?逆転しちゃったの? みたいな(笑)

プロ15年で一度も規定打席に達したことのない平尾が短期決戦でこれだけ結果を出すのだから大したもので、それを見極めた渡辺監督もすごいですわ。

巨人は、これで優勝できなければ、次はどんな補強に乗り出してくるのでしょう。
なんかため息が出ちゃいます。
横浜には引き抜かれるような魅力的な選手はいませんけど。

何はともあれ、西武の選手のみなさん、ファンのみなさん、おめでとうございます!

| | コメント (0)

2008年11月 8日 (土)

ブリスター治療って何?

マッカラン(牡3歳)
11月4日、山元TC担当者「思っていたほど疲れも取れず、脚元もモヤモヤした感じでしたので、土曜日にブリスター治療を行いました。ブリスター治療を続けつつ脚元がスッキリしてくれればと思います」
しばらく様子を見ることになった。

夏の2戦は、どちらも骨っぽい相手とハードなレースしたからなぁ。
早く帰ってきて欲しいものです。
ところで、ブリスター治療って何?
ちょっくら調べてきま~す。

| | コメント (0)

2008年11月 6日 (木)

2歳馬現況(08/11/06)

シャンパンキッス(牝2歳)
引き続き坂路コースでハロン16秒中心の調整。
牧場担当者「少しずつですが体も戻ってきました。体が減らないように気をつけながら、しっかりと乗り込んでいきたいと思います」
馬体を維持しつつ調整を進めていくことになった。

| | コメント (0)

2008年11月 4日 (火)

コムテツ

今朝起きたら、どのチャンネルもコムテツ(検索に掛からないようにあえてそう書きます)さんの曲が流れてて驚き、かつてのヒット曲をバックに逮捕!逮捕!の文字が踊っていた。

「何悪いことしたん?」と思ってしばらく見ていたのですが、なんかよく分かっていないようで、「まあいいじゃないの。とにもかくにも逮捕されたのは事実なんだから」ってノリで怖かった。

マスコミの皆々様は、「いつかこいつにギャフンと言わせたい」と思っていらしたのか、になってて引きました。

街の人の反応とかいって、いかにも「朝まで遊んでました~」って感じの兄ちゃん姉ちゃんにマイク向けて、「え~うそうそ、マジ~?」だって。みんな楽しそう。

ま、悪いことしたわけだから、叩かれるのは仕方ないけどさ。
それにしても、何でみなさんそんなに楽しそうなわけ?

トモちゃんの自宅まで押しかけちゃって、もう、楽しくて楽しくて仕方がない様子。あの報道陣の数を見て、日本人って、お祭り好きだね~って思っちゃったよ。
ああいうのをいじめっていうんだよ。いじめ。
マイク向けられる側の気持ち、ソンナノカンケーネって感じ。
「ほっといて下さい」とかいうコメント取りたかったんだろ?
だったら代わりにおいらがコメントしたげるよ。
「ほっとけや、カスども」

マスコミがいじめ感覚で報道しているようじゃ、子どもたちのいじめはなくならないだろうね。
いじめがあった学校の校長やら先生やらを袋叩きにしたって絶対なくなりゃしないよ。そんなこと、大学1年留年した俺でも分かる。

あんまり書くと「擁護」とか「犯罪助長発言」とか言われちゃうね。今の住みにくい世の中。

擁護って言葉も嫌いだね。いじめられている子にちょっと励ましの言葉をかけただけで、「擁護」とかいわれて自分までいじめられちゃう時代だもんな。
いじめられないための秘訣は、いじめる側にまわること。
あ~やだやだ。吐き気がする。
でも、自分だっていじめられたくないから、いじめる側に回っちゃう。で、柔らかいグーパンチしていじめてるフリしちゃう。そういうのを世渡り上手っていうんでしょ? お父さん。
いつか娘にそう聞かれたら、俺、答えられね。

おいらは学生時代に武道をたしなんでいたけど、数で向かってこられたら勝てないもんな。相手がひとりでも勝てないけどさ。
そりゃ、共産党が自民党には勝てないわけだ。
最近やっと、世の中の仕組みが分かってきたよ。なんかさ、悲しいよ。

コムテツさん、いつか復活してまた曲を書いてくれよ。
それくらい言ってあげてもいいんじゃないか?
もちろん、ちゃんと罪を償った後にね。

擁護?
だから、おいらは違いますってば。
とりわけファンではなかったけど、「すげえ曲書くな~」とは思ってましたから。
ワタナベミサトの「ムーンライトダンス」(←数ある中からそこいくか)
あの曲は俺には書けない。あの人才能あるよ。
そう思ってたのが俺だけなら仕方ないけど、CD売れまくってたわけだし、そうじゃないでしょ。
叩いている人たちだって、カラオケで唄ったり、ウォークマンに曲入れてたりしたんじゃないの?

あんまり言いたい放題かくとこのブログも炎上しちゃうから(しねーよ)、これくらいにしとくけどさ。
こんなに悲しい気持ちなのはなんでかな。




カンパニー軸の3連複をしこたま買ってたからかな。


 

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »