« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

待望の帰厩!

マッカラン(牡3歳)
7月26日に美浦TCへ帰厩。
厩舎スタッフ「明日(31日)、強めのところを乗る予定になっています。追い切り後の具合に問題がなければ、予定通り出走できると思います」
ここからの調整次第ではあるが、8月16日(土)新潟・浦佐特別(混・芝2000m)への出走が予定されている。
<追い切り時計>
2008/7/31   美浦南W(良)
70.3 - 54.9 - 40.1 - 13.1  位置4 中谷・馬なり

とにもかくにも無事に出走し、無事にゴールしてきて下さい。
普段いろいろな一口馬主の方のブログを拝見させてもらっていますが、
3ヶ月近く出走馬がいないなんて、ここぐらいですよ!

| | コメント (0)

2008年7月30日 (水)

1歳馬申込書 投函!

悩みに悩んだグリーンファームの1歳馬募集。
なんだかんだと騒いだ挙げ句、申込書を投函しました。

申し込んだのは、以下の2頭(牡馬1頭、牝馬1頭)です。

     

これで分かるかな?
っていうか、右の馬が小さすぎたかな。

ファイル名でなんとなく答えが分かったりします(笑)

過去に会員先行期間に出資した馬はいないものの、いつも一般受付初日に電話で申し込んでる私。
今年の一般受付初日(8/13)は仕事なので、知らぬ間に満口になるのを嫌って申し込みました。

申込書を投函しただけで、まだ出資確定ではありません。
希望者が多ければ抽選落ちという可能性もあります。

いや、それ以前に申込書が締切(8/1)までに届かない可能性も?!

| | コメント (0)

2008年7月29日 (火)

出資馬検討緊急会議

久しぶりのブログ更新です。
この数日間の沈黙で、私の「迷っている感」を表現していたわけです。(笑)

先日、出資馬検討緊急会議を行いました。競馬歴0年の妻とね(笑)

私「会員先行期間内に申し込む場合、そろそろ郵送しないとならないんだ」
妻「へぇ~(興味なし)
私「一緒に出資馬検討会議をしようよ」

テーブルの上に銘菓・ひよこ(←貰い物)を置いてみる。やってくる妻。

妻「あれ? もう決まってたんじゃないの?」
私「それがさ、馬体が小さくて迷ってるんだ」
妻「へぇ~(興味なし)

ひよこを食べ終えると、さっさと立ち去ろうとする妻。

私「こらこら、お通しだけ食べて居なくなるなっつの」
妻「だって、分かんないもん」

私「ほら、カタログここにあるからさ」
妻「見ても分からないし(見ようともしない)

私「じゃあさ、何番がいいか好きな番号言ってみ」

妻「えーと、じゃあ、8番」

私「8番? アップルティー2007じゃん」

以上、出資馬検討緊急会議でした。(ちなみに、この会話は実話です)

会員先行期間はもう締切間近。
私はこれまで会員先行期間に申し込んで出資した馬は1頭もいません。
今年もまったり様子を見ることになるのかな。
それともスパッと決めてしまうか、悩ましい。

って、いつまで悩んでるんだ?

| | コメント (2)

2008年7月25日 (金)

さあ、困った!

グリーンファーム1歳馬募集の会員優先期間締切まであと1週間となりました。
馬体重や体高が発表されず、申込書を出せずにいたのですが、今日ようやく発表されました。

またまた迷うことになりました。
私の中で当確だったアップルティー2007の馬体が小さすぎるんです。
 馬体重:399.0kg、体高:152.0cm、胸囲:164.0cm、管囲:18.5cm

この馬だけでなく今年は全体的に小さいですね。
  昨年の募集馬の平均体重:434.4kg (400kg未満=1頭)
  今年の募集馬の平均体重:
415.0kg (400kg未満=7頭)
こんなもん、平均値計算してどうすんねん?って感じもしますが(笑)

昨年、馬体が小さいのを理由にダンサーズブロンドという馬への出資を見送った経緯があります。(様子を見ていたのですが、その後もあまり増えてこなかったので申し込むことなく締切)

ダンサーズブロンドは今月デビューしており、馬体重は 402kgでした。
ちなみにこの馬の募集当時の数値は、
 馬体重:396.0kg、体高:151.5cm、胸囲:169.0cm、管囲:19.3cm

この数値と比較してもアップルティー2007は殆ど同じで、中でも胸囲と管囲が小さいのが非常に引っかかります。
遅生まれならともかく、2月生まれだし・・・。

こんな感じで不安ではあるのですが、ダンサーズブロンドは追い切りで好時計を出しており、走ってきそうな印象があります。そもそもこの時期にすでにデビューできているのは大きい。
「小さい=速く走れない」ということはないわけで、このあたりは好みの問題ですね。

さて、今年の1歳馬申し込みは、どうしようか。
デビューまでまだ1年もしくはそれ以上の時間があるわけで、メキメキ成長してくる可能性も当然あり、「そんなに神経質にならなくてもいいのでは?」というのも、ごもっともです。

参考程度に私がこれまでに出資した馬たちの募集時の数値はこんな感じ。

  体重 体高 胸囲 管囲    その後の成長
リサイトアチャーム 440 152 172 19.7 現役時の標準体重:468kg
マッカラン 432 156 172 20.0 1着時の体重:454kg
プレサンティール 439 153 173 19.4 1着時の体重:474kg
ミラクルポケット 461 152 176 19.3 現在 475kg
アップルティー2007 399 152 164 18.5 さて、いかに?!

ちょっと考えてみます。
申込書投函寸前で審議の青ランプ点灯といった感じ。

う~む、迷う。。。

| | コメント (2)

2008年7月24日 (木)

マッカラン帰厩報

ようやくマッカランに動きがありました!

マッカラン(牡3歳)
☆山元トレセンで調整中☆
引き続き15-15中心に、週に2回ハロン13-15の調整も開始されている。
加藤征調教師「順調にペースも上がってきているようですので、土曜日に入厩させます。あくまでも予定になりますが、順調なら8月16日の特別戦に出走させようと思います」
7月26日に美浦TCへ入厩後、8月16日(土)新潟・浦佐特別(混・芝2000m)を目標に調整を行っていく予定。
7月18日現在の馬体重は465kg

長かったなぁ。
どこも悪いところなくお休みしていた馬ではありますが、無事に復帰して下さいな。
くれぐれも夏負けしないように。
500万下でどこまでやれるか非常に楽しみです。

| | コメント (0)

2008年7月23日 (水)

2歳馬現況(08/07/23)

タックスシェルター2006(牝2歳) (馬名はミラクルポケットで申請予定)
引き続き直線コース1本中心のメニューで乗り込み中。
担当者「直線コースでの乗り込みは至って順調にきています。夏はこのままこちらで鍛えて、更なるパワーアップを目指します」
7月23日現在の馬体重は475kg

カーリーグリーン2006(牝2歳) (馬名はシャンパンキッスで申請予定)
現在は周回コースと坂路コースを併用し、ハロン16-16秒の調整。
小笠調教師「大分進んで来たようですので、そろそろ入厩を考えたいと思います」
近々入厩する予定。

| | コメント (0)

2008年7月22日 (火)

閉ざされた過去

このブログのタイトルがどうして「リターンズ」なのか、そんなことは皆さんにとってはどうでもいいことだと思いますが、実は私は過去に知人がやっている一口馬主に一緒に参加させてもらっていました。
当時の成績は、二度と思い出したくないほど悲惨なものでした。
元気のない方は是非これを見て笑い飛ばして元気を出して下さい(笑)

ローレルセレナーデ    2205万円/300口
サザンヘイローのマル外
タイムオーバーでデビューし、地力強化して最高3着まで成績を伸ばすも、放牧明けの除外狙いの登録が通ってしまってタイムオーバーで引退。
思わず開いた口が開かなくなりました。
戦績 0-0-1-10 チャンチャン♪

ローレルリアリティ    1575万/600口
シアトルダンサーⅡの牡馬
「やっぱり牡馬に限るよな」ってことで、知人と3人でお金を出し合って出資。
すべて2桁着順! 見どころ全くなし!!!
父ちゃん情けなくて涙が(以下略)
戦績 0-0-0-5 チーン・・・

ローレルディライト    3465万円/300口
シングスピールの持ち込み馬
「これでダメなら仕方ない」くらいの決意で出資。3歳4月にようやくデビュー。気合い入れてグリーンチャンネルまで加入したものの、翌5月に引退。
なんじゃそりぃぃゃゃゃやあ!!!
早すぎた春。早すぎたスカパーアンテナ設置。。。
戦績 0-0-0-3 ゴーン・・・

エレガンスローズ   2500万円/500口 補償利用
スペシャルウィークの牝馬。兄はフジノテンビーという血統馬
脚部不安に泣かされ、未勝利終了寸前の9月にデビューしてシンガリ負け。
公営・水沢で4連勝して再ファンド。感動のJRA復帰後、2戦連続シンガリ負け。
結局、JRAでは3戦すべてシンガリ負け!
行くところまで行って、来るとこまで来たって感じ!!!
戦績 0-0-0-3 ヒュ~・・・ 

シークレットスター   1575万円/200口 補償により無料
アドマイヤベガの牝馬
もう一口馬主はやめようと思っていた矢先、「ローレルディライト出資者にはタダ」という牧場側からのご厚意(特別補償)に乗って無料出資。
走ってみたら、あらららら~。
あはは、あはは、あははははは~!!!
面白すぎて、奥歯がグラグラするまで笑い続けたよ!!!
戦績 0-0-0-7 ピヨピヨピヨピヨ・・・

というわけで、最後の方は我慢比べでした。
金? 好きなだけ持ってけ!みたいな感じ。
さすがにここまで来ると「もう一口馬主なんていいです。POGで十分です」という気持ちになりました。

そして数年後、サンデーサイレンスが亡くなり、
「貧乏人にもチャンス到来!」
とみてグリーンファームに入会し、一口馬主に再挑戦。

   ●当時のトータル成績 0-0-1-28
     稼働馬5頭中、勝ち上がり0頭
     出走 29回
     連対 0回(連対率    0%)
     掲示板2回(掲示板率  6%)

   ●リベンジ後の成績 2-3-1-12
     稼働馬3頭中、勝ち上がり2頭
     出走 18回
     連対 5回(連対率   28%)
     掲示板11回(掲示板率 61%)

この違いは何なんだよ!!!
リベンジといっても、未勝利戦しか勝っていませんが、暗い過去のことを思い出すと、たとえ未勝利戦でも自分の馬が先頭でゴールなんて、とてつもない感動を覚えるわけです。

それにしても、これだけ差があるとリベンジはもう済んだような気がしてしまい、やめ時を考えたりもするわけです。

しっかし、29戦して3着が1回きりって、ある意味、凄くね?(笑)

| | コメント (2)

2008年7月16日 (水)

裸DVD鑑賞会

家に帰ったら、グリーンファーム1歳募集馬のカタログが届いてました。
馬ごとの写真ページはサイトで拝見済みでしたので、付属のDVDを早速チェック。
気になる馬たち(今年はたくさんいる)をDVDを見て、すぐに感じたことは、

馬体を見ても、俺にはよく分からん!!!

ということでした。

会員優先受付 8月1日(金)まで
一般受付   8月13日(水)開始
とのことなので、これからじっくり考えてみます。
会員優先受付では、かつてミルシャイナー(ミルレーサー2005)しか申し込んだことがない私。しかも抽選漏れで出資できず。

今年も抽選になりそうだったら会員優先受付で申し込もうとは思いますが、私の希望馬(まだ決まってないけど)はたぶん後からでも大丈夫だと思われ。
できれば来年3月あたりまで様子を見て、順調そうだったら申し込みたいのだが、果たしてどうなるでしょうかね。

| | コメント (0)

2008年7月15日 (火)

一口馬主のやめ時は?

1歳馬募集が近づいてきたこの時期にこんなことを書くのもアレですが、一口馬主の「やめ時」って、すごく難しいと思うんです。

一口馬主は、飼い葉代の他にクラブ会費が毎月3,150円かかります。1頭に出資しようが10頭に出資しようが会費は同額です。
私のような貧乏人の場合、「1頭だけに出資している状態」というのがすごくもったいない気がしてならないんです。
1頭だけだと飼い葉代3,000円(200分の1口)+会費3,150円の計6,150円を毎月払うわけですが、飼い葉代を倍額払っているような妙な錯覚に陥ります。500分の1口では飼い葉代は1,200円となり、ますます会費3,150円が大きく感じられます。
逆に10頭(10口)出資したとすると、飼い葉代が30,000円となるので会費3,150円は安く感じられるかもしれません。

たとえば合計10頭出資すると仮定した場合、毎年1頭ずつ出資して10年続けるよりも、1世代に10頭して、スパッとやめる方が安上がりということになります。(あくまで単純計算上ですが)
でもねぇ、それもなんかねぇ・・・。ネチネチと長く楽しみたいよなぁ。

私の場合、入会直後は「1頭だけに出資している状態」でしたが、半年後には1歳馬に申し込んでました。その翌年も1歳馬に申し込みました。これが数珠つなぎ式に続いていくのが一口馬主なんですね。常に複数の馬に出資している状態が続きます。
「もうやめよう。退会しよう」ということになれば、次の世代の1歳馬からは出資せず、1頭また1頭と引退していって、やがて「1頭だけに出資している状態」になり、この馬の引退とともに退会という流れになるわけですが、厄介(?)なのが補償制度なんです。

これは出資した馬が未出走/未勝利のまま引退した場合に馬代金に応じて補償される制度で、金券(新たな馬への出資時に割り引き)という形で与えられます。(厳密に言うと"金券"ではありませんが、分かりやすくするためにそう書きます)

補償に対して"厄介"という表現は不適切かもしれませんが、現金ではなく金券(しかも期限付き、譲渡不可)であるため、これを使わずに退会するのは損ということになります。
「じゃあ、これで最後にしよう」と決めて補償を使うと、そこで結局「1頭だけに出資している状態」になるんです。
「じゃあ、もう1頭」ということになると、数年後にその馬の補償が発生したりする(爆)

また、3万円分の金券を使って出資すると出資時は3万円割引になりますが、退会しないとまたいうことは当然引き続きクラブ会費(3,150円)を払うことになります。私のような貧乏人にはこれが最後のネックになります。
飼い葉代3,000円(200分の1口)+会費3,150円の計6,150円を毎月払うとなると、3万円なんて5ヶ月で相殺です。
結局のところ、クラブにお金を払い続けていくことになります。もちろん、その馬が活躍してくれれば何ら問題ないのですが・・・。

ちなみに私が以前一口馬主をやったときの「最後の馬」は、未勝利戦が終わる間際にデビューして、再ファンドまでしました。今思えば、途中で出資放棄しちゃえば良かったのですが、なんかそれも冷たい気がしたし、「再ファンドでもう一度中央に挑戦させて下さい。僕にも意地があります!」なんて調教師に熱く言われてしまっては期待してしまうのが人情というもの。
採算度外視で応援しました。まさか、再ファンド後2戦連続しんがり負けで引退という結末が待っているとも知らず。
当時、自分は独身でお金も自由に使えたので、金銭的なダメージは意外に少なかったのですが、今思うと補償なんて使わずに撤退するべきだったんだなぁ、と。
後から何を言っても結果論ですがね。

グリーンファームに入会してまだ3頭しか出走していないのに、いつやめるか考えているというのもおかしな話ですが、計画的にやらないと支払う総額が大きく変わってくると思っています。
金銭的なものを第一に考えた場合、「やめ時」は波があると思っています。
私の場合、その最初の波が今の3歳世代だったと思います。プレサンティールマッカランがどちらも勝ち上がってくれたので、この2頭に関しては引退時に金券による補償は発生しません。なので、2頭とも引退したら即退会、と単純に決断できるわけです。
しかし、プレサンティールが勝った時にはすでに新たに1歳馬に申し込んでいた私。
やめるどころか、すっかりレールの上に乗ってしまった私の一口馬主(笑)

一口馬主をやっている人(特にクラブ掛け持ちしている人)には当たり前の話ですが、これから一口馬主を始めようとしている人は頭の片隅にでも入れておくといいと思います。

| | コメント (0)

2008年7月13日 (日)

厩舎ラインナップ

1歳募集馬の写真と予定厩舎が公開されました。
厩舎については、毎度お馴染みの名前も目立ちましたが、安田隆、坂口正、二ノ宮、森、鶴留、奥平雅、田村康、小島茂といった名前も出ており、全体的に私の好きな先生の名前が多かったです。

私の中の"よくグリーンに回ってきたと驚いた馬ナンバー1"ことレディオブチャド2007は、荒川厩舎。まだ開業して間もないので知らない競馬ファンも多いですが、転厩してきたオースミグラスワンを長期不振から立て直したことで、私の中では赤丸急上昇中の先生です。
エコールドゥパリス2007は、奥平雅厩舎。この先生もテレビで、調教師としての熱き想いを見て以来、共感できる調教師のひとりとなっています。数多く出資できない私にとってこの馬は当落線上で揺れているので、これはさらに悩まされそう・・・。
「調教師としての熱き想い」という点では、小島茂先生もブログがけっこう有名ですよね。インフル騒動のときの冷静で建設的な考え方は感動すら覚えました。この先生のところに行くのがブリージーウッズ2007
オレンジブロッサム2007が鶴留厩舎。なんかイメージ的にピッタリな感じがします。シスタートウショウとノーザンドライバーの2頭を無敗のまま桜花賞に出走させたのが懐かしい。私は今回のラインナップでは一番驚きました。でも鶴留先生ってそろそろ定年?すみません。調べてません。。。

・・・てな具合に厩舎が発表されて脱落するどころか逆に欲しい馬が増えてしまいました。
当初から私が注目していたアップルティー2007(小崎憲厩舎)は、手足の長い馬体を勝手にイメージしていたのですが、写真だと違っていました。う~む、悩む。
ネットオークション2007は、畠山吉厩舎。全く問題ナシですね。でも、関西馬が欲しいんだよなぁ・・・。

 アップルティー2007
 エコールドゥパリス2007
 ネットオークション2007
 レディオブチャド2007
 オレンジブロッサム2007

 ブリージーウッズ2007

本命なき大混戦。
たぶん、この中から1頭は出資すると思います。
本当は3頭くらい行きたいんだけど、経済的に2頭が限界かなぁ。
この中で抽選の可能性があるのは、レディオブチャド2007くらいじゃないかな。分からないけど。
その他の馬もまだまだ検討中です。
正直なところ、まだ真剣に選んでいません。受付はまだ先だし、こうして素人丸出しでダラダラと書くのも楽しいですからね。

あとは採寸待ちですかね。
いやぁ、楽しみ楽しみ。

ちなみに、上記に書いた厩舎については、あくまで予定ですので念のため。
調教師の好き嫌いはみなさんいろいろあると思うので、その辺りも念のため。(マジ否定お断り)

| | コメント (4)

2008年7月11日 (金)

2歳馬現況(08/07/10)

シャンパンキッス(牝2歳) (馬名はシャンパンキッスで申請予定)
現在は周回コースと坂路コースを併用し、ハロン16-16秒の調整。
牧場担当者「ペースも上がりつつ、大分動きもしっかりしてきました。このまま入厩まで進めていきます」
このまま乗り込んで入厩に備えることになった。
7月2日現在の馬体重は450kg

| | コメント (0)

2008年7月10日 (木)

マッカラン現況(08/07/10)

マッカラン(牡3歳)
☆山元トレセンで調整中☆
現在は15-15中心に、週に2回ハロン13-15の調整も開始されている。
牧場担当者「順調にペースも上がり、ハロン15秒を切る調整開始後も順調にきています。このまま乗り込んでいければ、近いうちに入厩できそうです」
このまま乗り込んで入厩する予定。

牧場担当者がOKだしても、なかなか入厩できない厩舎事情だからなぁ・・・
今日でちょうど前走から2ヶ月。
そろそろ次のレースが見たいものです。

| | コメント (0)

2008年7月 8日 (火)

大人の夢

あなたのメイクデビューはいつでした?
私は、高校2年の夏だったな。(って何が?)

懐かしいなぁ。あの頃は俺も若かった。
見るものすべてが輝いて見えた。
信じることが夢を叶える近道だと思っていた。

それが今ではすっかり・・・ケッ!

そういえば昨日、うちの娘が子ども会で、七夕の短冊飾り をするということで、私も願いごとを書こうとしたのですが、妻に軽く却下されました。
「馬がどうしたとか、どうせそんなのでしょ?」
「子どもの夢を壊さないで!」

大人の夢が子どもの夢を壊してしまうだと?・・・ケッ!

ちなみに私が短冊に書いて七夕様にお願いしようとしたのは
「出資馬が勝ちまくって賞金をガッポ・・・(以下略)

お金が欲しいというのが、そんなに悪いのか?・・・ケッ!
誰だって欲しいんじゃないの? お金・・・イヒヒヒヒ。

早く1歳馬カタログ来ないかな~。
今年も金を払って夢を買うべ。ゲヒゲヒゲヒ。

| | コメント (0)

2008年7月 6日 (日)

検索ワード (2008/6)

ゲームネタを書くとアクセス数が急増しますね。
このブログの本題ではないので複雑な感もありますが、一口馬主としてはここ2ヶ月出走なしですから仕方ないか。

ちなみにダビスタを売ったお金で、スマッシュコートテニス3(PSP)を買いました。
ウィンブルドンの季節になると、毎年テニスゲームをやりたくなる私(笑)
昨年発売されたソフトなのですが、こちらは想像以上に面白く、ダビスタショックから立ち直りました。
来月のファイアーエムブレム(DS)まで十分引っ張れそうです。
って、ゲームネタはどうでもいいですね。失礼。

< 検索サイトからの訪問者の検索ワード(2008年6月)>
  1位(2↑) "ダービースタリオン"、"ダビスタ"
  2位(1↓) "一口馬主"、"一口出資"
  3位(3→) "マッカラン"
  4位
(4→) "POG"
  5位(6↑) "プレサンティール"
                (カッコ内の数字は先月の順位)


言うまでもなくダビスタ関連が圧倒的でした。
期待していた分だけ辛口なレビューとなってしまいましたが、人が作ったものを酷評するのは気分のいいものではないし、お金ももったいないので、次作からは発売日に買うのは控えます。
純粋に強い馬作りに熱中できた昔のダビスタを知っている人ほどストレスを感じる出来だったんじゃないかな。
種牡馬の数を半分にしてもいいし、内馬場の噴水なんか再現しなくてもいいから、昔のダビスタのように基本部分を忠実にしたものを出して欲しいです。

さて、今月は1歳馬募集も始まるようなので、そちらを楽しみにしていきたいと思います。
早くカタログ届かないかな~。

| | コメント (0)

2008年7月 4日 (金)

ダビスタDS日記 (最終回)

早いもので、ダビスタDS日記は今回が最終回です。

データ量は充実していて、レース画面のグラフィックも悪くはなかった。海外レースが少ないのも別に構わないし、レースをスキップできないのも操作性も許容範囲でしたが、能力通りに決まらないトリッキーなレース画面で全てが台無しでした。

強い馬を作っても、その能力を測る土俵が歪んでいるのでは意味がありません。
配合を考えれば考えるほど、強い馬を作れば作るほど空しくなってきます。
気まぐれとしか思えないレース勝敗に振り回されて一喜一憂するのは、ゲーセンのメダルゲームで十分なんですよ。
何頭も生産しましたが脚質の個性もなく、勝つときも負けるときも8割方同じパターン。
最後の直線で後続を引き離した馬が、残り200mでパンクしたかのように失速して画面から消える。そのピエロ役が自分の馬に巡ってこないように祈りながら淡々とレースを繰り返す。
芝だろうがダートだろうが、短距離だろうが長距離だろうが、そのピエロ役がクロフネだろうがキンカメだろうが失速する。ディープの場合は押し切ってしまうという噂もありますが「だから何なの?」って感じ。

半年以上楽しみに待っていたのに、まさか1週間もたないとは・・・。
攻略本も一緒に買って、やる気満々だったのですが・・・。

自分もプログラマー職に就いており、ソフトを作る難しさは身に染みてますが、明らかに「テストプレイしてないだろ!」というレベルではフォローのしようがありません。あちこちのレビューでもボロクソに書かれていますが、その通りだと思います。
ちなみに、トライアルで優先出走権をGetしても賞金で除外されるバグもあるらしいです。

ダービートライアルで上位に入っても、
ダービーで除外されるダービースタリオンDS


あ~あ、って感じです。
本来は良い部分をたくさん伝え、自分の最強馬のパス公開などもしたかったのですが、実に残念。
文句ばかり言ってても書く方も読む方も気分が悪いでしょうから、ダビスタDS日記は今回が最終回です。

ソフトはもう売ってしまいました。
近所のゲームショップでは、新品は売り切れでしたが、中古品は6本も在庫がありました。分かりやすい世の中ですね(笑)

| | コメント (2)

2008年7月 3日 (木)

3歳馬現況(08/07/03)

マッカラン(牡3歳)
☆山元トレセンで調整中☆
加藤征調教師「疲れも取れて、徐々にペースが上がってきているようなので、近々馬の状態を確認して、今後の予定を具体的に検討しようと思います」
山元での動きを確認後、今後の予定を検討することになった。

プレサンティール(牝3歳)
☆田口トレーニングファームで療養中☆
引き続きパドック放牧とウォーキングマシンを午前と午後1時間ずつの調整。
担当者「経過としては問題なくきていますが、乗り出すのはまだ先になると思います。矢作師もしばしば牧場を訪れ、状態を確認してもらっています。このまま慎重に調整を進めていきます」
獣医師の指示を仰ぎながら、当面はウォーキングマシン調整のみ行う。
6月30日現在の馬体重は484kg

マッカランは、早く帰厩の声が掛からないかな。500万下で古馬相手にどれだけ走れるのか見てみたいです。この馬はどのくらいの能力の持ち主なのか未だによく分からないので。
プレサンティールは、かれこれ半年経つし、そろそろ進展がないかな~なんて思っていたのですが、そう甘くはないですね。
まあ、じっくりいきましょう。

| | コメント (0)

2008年7月 2日 (水)

2歳馬現況(08/07/02)

タックスシェルター2006(牝2歳)(馬名はミラクルポケットで申請予定)
現在は直線コース1本中心の調整。
担当者「変わりなく順調にきています。軽快でスピード感ある動きを見せていますが、欲を言えば重厚感、力強さがもっと出てきても良いかもしれません。夏場にしっかり鍛えたいと思います」
6月30日現在の馬体重は474kg

カーリーグリーン2006(牝2歳) (馬名はシャンパンキッスで申請予定)
現在は周回コースと坂路コースを併用し、ハロン16-17秒の調整。
牧場担当者「良いリズムで調教を行えるようになってきました。だいぶ動きに素軽さも出てきました。ここから15-15の調整に向けて進めていきます」
入厩に向けて徐々にペースを上げていく。

7月2日現在の馬体重は450kg

最近、ゲームネタ続きでしたが、やっぱメインは一口馬主。
タックスシェルター2006は、重厚感が足りないですか。なんとなく分かる表現ですね。
カーリーグリーン2006は、タダでもらった馬なので多くは望みませんが、こちらは早く入厩してたくさん走って欲しいものです。

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »