カテゴリー「メンブランツァ」の49件の記事

2011年5月 6日 (金)

メンブラ復帰戦

メンブランツァが明日の東京7Rに出走確定しました。
出走馬16頭のうち、実に11頭が前走2桁着順という素敵な顔ぶれ。

では、少しはチャンスがあるのかというと、そうでもない感じ。。。
相手がどーのこーの、展開がどーのこーのという以前に、レースに参加できるのかという不安があります。

昨年、同じ東京芝1600で新馬勝ちしており、「あの走りをもう一度!」と思いたくなるものの、あのときの勝ち時計は 1分38秒8(良馬場です)
5秒くらい詰めないと勝負になりません(泣)

  東京7R 4歳上500万下 芝1600m
  :::: メンブランツァ  55 柴田大
  陣営コメント「好仕上がり。広いコースで揉まれなければ」
  短評     「実戦慣れ必要。叩いてから」
  調教班   「見た目には仕上がっている」

殆ど期待せずにテレビ観戦していた新馬戦が鮮やかな逃げ切り勝ちだったので、今回も期待せずに観戦することにします。

| | コメント (0)

2011年5月 5日 (木)

メンブラ出走

今日は、4歳娘と2人きりで『よみうりランド』へデート。
わんデット(バンデットの幼児向け版)の順番待ちで並んでいるときに、ぼく馬メール受信。

出走情報キター!!!

実は私、キーフォースの今週出走があるのではないかと密かに期待していたんですよ。
追い切り時計もサマになってきているし、7分程度仕上がっていれば次走優先は外さないでしょうし、先日書いたように今週出走すれば、東京開催で3戦することも可能だと思ってましたのでね。

「よしよし」と思いつつメールの続きを読んでみたら、キーフォースではなく、メンブランツァ(古500万下)の方でした。。。

メンブランツァ(牝4歳)
☆美浦TC在厩☆

矢野調教師「仕上がり具合も良さそうですので、今週の東京で出走させたいと思います」
5月7日(土)東京芝1600mに出走することになった。

『飼い喰いが細くなった』とか『まずは環境に慣れさせて』とかつい先日まで言われていたのに、いきなり出走ですか。
馬体が減っていたせいか強い追い切りもあまり消化できていない気がするのですが、いきなり出走ですか。

競走馬というのはレースに出てナンボですから、出走に対して否定的な考えは持っていませんが、ここを使ってまた馬体が減って、それを戻すために放牧して半年休養、、、というスパイラルはもう脱却して欲しいところ。

| | コメント (0)

2011年4月16日 (土)

春の珍事

今年は、横浜ベイスターズが絶好調。
とはいえ、4試合を3勝1敗という、ただそれだけのことなんですけどね。
1年間というシーズンの中で見れば、どの球団だって4連勝だの5連勝なんてザラにありますし、3勝1敗で騒ぐこともないと思うのですがね。

横浜だから騒がれるのでしょうね。

春の珍事?

いやいや。今年の横浜はちょっと違いますよ。

こりゃ、ひょっとすると今年は5位になれるかも(爆)

さて、昨年、春の珍事を起こしたメンブランツァの現況です。

メンブランツァ(牝4歳)
☆美浦TC在厩☆
4月9日に美浦トレセンに帰厩。
矢野調教師「やはり環境の変化のせいか飼い喰いが細くなってしまいました。ですが極端に馬体が減ったわけではないですし、新しい環境に慣れれば飼い喰いも戻るでしょう。調教時間をずらすなどの工夫をしながら調整していきたい」

意味不明の船橋出走から4ヶ月。
新潟あたりでの復帰を期待。

| | コメント (0)

2010年12月 8日 (水)

メンブラ in 船橋

明日は所用で有給休暇をいただき、千葉方面にカメラを持って出かけてきます。

  船橋8R JRA交流・フェイスフルステッキ特別 ダート1600m
   △△::: メンブランツァ  54 中 谷
  陣営コメント「ポン駆けが効くタイプだし、うまく先手を取れれば」
  短評     「小柄な牝馬で揉まれ弱いタイプ。初ダートは割引き」
  調教班   「追い切り本数が足りていない。叩いてから」

中央馬の公営遠征ということで、もう少し印がつくのかなぁ、と思っていましたが案外ですね。
500万下でいつも人気になっているJRA馬とか、重賞以外では掲示板を外したことのない地方馬とか、わりと強い馬がいますね。

ま、この馬自身、ダートはダメだと私は思ってますし、どうして当日、江田照男騎手が船橋にいるのに中谷騎手なの?とも思いますが、ひと夏越しての成長に期待したい。

さて、京葉線の時刻も調べたし、カメラの充電も終わったようだし、そろそろ寝なきゃだわ。
自宅から千葉までけっこう遠いし、明日は開門前に着くように出かけるため、普段よりも早起きなんです。

開門ダッシュでモンスターズインクのファストパスをとって、ミートミッキーに並ぶぞ!

というわけで、舞浜から応援します。

ハッピー、ホリデー!

| | コメント (0)

2010年10月23日 (土)

肥ゆる3歳秋

久々の更新です。
すっかり弱ってるノーマネーです。
スポーツの秋だからというわけはありませんが、ちょっと張り切ってたら骨折しちゃいましてね。それも、ろっ骨を2本も。
そんなわけで脇腹に湿布を貼ってその上にコルセット巻いて生活してます。

前回のブログ更新から2週間も経っており、その間、世間ではいろいろな出来事がありました。
その中でも、強烈だったのは横浜ベイスターズの身売りの件ですかね。
性生活グループでしたっけ(違うかw)

どうなっちゃうんだろうね、ベイスターズは。

レントゲン写真を見ると、1本はへの字に折れてて、もう1本は刀で竹を斬ったようにスパッと斜めに切断。(いきなり自身の骨折話に戻ってる)

医者から「アンタ、何してこんなんなったのよ」ってなことを聞かれましたが、3歳半の娘を肩車して走り回ってたとは恥ずかしくて言えませんでした。
そんなに無理したつもりはないんだけどなぁ。

それを考えると、あんなに細い脚で500キロ近い体重を支えて走る競走馬ってすごいよなぁ。
というわけで、メンブランツァの近況コピペ。

メンブランツァ(牝3歳)
9月2日
チェスナットファームで調整中。8月中旬よりごく軽目の乗り運動を開始し、徐々に運動量を増やしている。
場長「8月中旬より騎乗を再開し、現在ダク3000m、軽目キャンター1200m(25-25)のメニューで乗り出したところです。現在の馬体重は456キロですが、これだけ増えても見た目には太く見えないくらいなので、出来るだけ馬体を維持しつつ調整を進めていきたいと思っています」

9月15日
徐々にペースアップ中。
場長「普通キャンター中心の本格的な調教メニューに移行しており、現在はキャンター2600m(20-20)の調整です。元々腰から尻尾にかけて疲れの出やすい馬なので、坂路は控えてフラットコースのみで進めています。それでも運動を休むほどではないものの、多少背腰の疲れが見られますので、ショックウェーブ治療を行いながら乗り進める予定です。以前も同様のケアをしながら進めてきた馬なので、無理をしなければ大丈夫です。馬体も順調に回復しており、フックラした上に張りも出てきた感じです」

9月29日

引き続きフラットコースのみで、キャンター2600m(20-20)中心の調整。
場長「馬体重も回復し、引き続き良い状態で調教を行えています。現状のペースにも慣れて脚さばきがスムーズになり、のびのびと走ることが出来ていますので、次のステップへ向けてしっかり乗り込んでいきます」
9月20日現在の馬体重は、460kg

10月15日
帰厩に向けて半マイル15-15の調整を開始しており順調。
場長「馬体重も450~460キロ台をキープして、良い感じで進んでいます。先週から半マイル15-15を開始したところ、気持ちにスイッチが入り、動きもすごく良くなってきました。仕上がりの早い馬ですので、そろそろ移動できそうです」
矢野調教師「状態も良さそうですので、近々様子を見に行き、帰厩時期を検討します」
10月15日現在の馬体重は、457kg

400キロを割ってしまいそうな感じでレースしていた馬が、460キロ近くになったというのは、いいですね。
まだ3歳だし、これから心身ともに充実して欲しいね。

ちなみに、我が家の3歳娘の現在の体重は17キロ。
毎週末、17キロを肩に乗せて走ったり飛んだりしていて私のろっ骨に負担が掛かっていたらしい。
スポーツの秋なのに、これではちっとも運動できなそうだし、たまには競馬観戦でも行こうかな。

| | コメント (2)

2010年8月12日 (木)

それぞれの夏

トゥルーマイハート(牡3歳)
☆美浦TC在厩☆
堀調教師「仕上がり具合も良さそうですので、予定通り今週出走させたいと思います。練習の感じからはゲートも問題なさそうですので、頑張ってくれればと思います」
8月14日(土)3歳未勝利 新潟・ダ1800mに石橋脩騎手で出走する。

崖っぷちの夏。
いよいよ出走ですね。

プリティーピュティ(牝3歳)
☆栗東TC在厩☆
右目に外傷を負い、経過観察中。
小崎調教師「目の外傷はほぼ治っており、先週の木曜日から軽い運動を開始し、昨日までそのまま様子を見て、11日に角馬場で乗り出しました。このまま問題がなければ、土曜くらいには坂路を上がれるのではないかと思います。このまま乗り込んでいき、間に合うようなら小倉の未勝利戦に向かいます」

再起の夏。
早く出てきておくれ。。。

メンブランツァ(牝3歳)
☆チェスナットファームへ放牧中☆
7月25日より北海道のチェスナットファームで調整中。
場長「馬体回復に専念するため、ここまでウォーキングマシン調整のみ行いました。到着したときの馬体重は400キロちょっとでしたが、今日の計測では442キロまで戻ってくれました。ここにきて飼い葉を食べる勢いも良くなり、馬に覇気が出てきました。そろそろ騎乗を再開し、乗り込みつつ更に馬体を増やしていきたいと思っています。体が減りやすい馬なので、少し太目で送りだせればと考えています」

食欲の夏。
セ○チのメシは、マズかったってことか?(笑)

キーフォース(牡2歳)
☆山元トレセンで調整中☆
引き続き坂路コース中心に調整が行われている。
牧場担当者「ハロン17秒のキャンターで調整を続けながら、疲れも取れてきましたのでここからはペースを上げていきます。来週くらいには15-15の調整も始められると思います」
ここからは帰厩に向けてペースを上げていく。

再調整の夏。
競走馬として水準くらい動けるようになってて欲しいが。。。

ヴァニラシャンティ(牝2歳)
☆栗東TC在厩☆
8月6日に栗東TCに移動している。
森調教師「到着後も問題はありません。まだ馬体が太くコロンとしていますので、デビューなどはもう少し乗り進めてから検討します」
このままデビューに向けて調整を進めていく。

準備の夏。
グリーンウッドを経由せずに栗東入りさせるあたりに師の意気込みを感じる。
馬房回転の早い厩舎なのに、小倉開催中ずっと調整させてもらえるのだろうか。
そして阪神に照準、というのが理想。

2歳馬よりもまずは3歳馬。
通常の未勝利戦は、いよいよ最終開催。
トゥルーマイハートは、ここで5着にも入れないようだと、出られるレースがなくなるかもしれない。

日本の夏。

緊張の夏。

寒っ!

| | コメント (0)

2010年7月21日 (水)

メンブラ18着

メンブランツァ(牝3歳)
レース回顧(3歳上500万下 新潟芝1600m 18着)
7月17日(土)新潟・芝1600mに出走。馬体重は4キロ減の406kg。
落ち着いた様子でパドックに登場するも、周回を重ねると徐々に神経質な面を覗かせ始める。ジョッキーが跨ってもイレ込むことなく馬場へ。馬場に入ると行きたがる素振りを見せたが、じっくり我慢させてからゆっくりと返し馬に入った。
レースでは、まずまずのスタートから5~6番手に付けるも、徐々に後退してしまい後方からの競馬。後方6番手で3~4コーナーを通過し、直線へ向かうが伸びることができず18着。


田中博康騎手「スタートは出てくれたのですが、左右から馬に寄られてぶつけられると、バランスを崩して馬が後退してしまいました。直線でもう少し伸びると思ったのですが、最後は進んでいこうとせず伸びられませんでした。調教でもまだトモがしっかりしていない感触でしたので、体がもっとしっかりしてくれば。この位の距離が合っていると思いますが、自分の流れで行けるよう、もう少し長い距離を試してみるのも良いかもしれません」

矢野調教師「上手く先手を取れるようなら、逃げても構わないと指示を出していたのですが、他の馬も速く、スタートで揉まれて周りの馬とぶつかるたびに少しずつ位置を下げてしまいました。前半で揉まれてしまったことと、長距離の輸送で体重が減ってしまい、自分の力を発揮できなかった感じです。まずは体重を戻すことが必要だと思いますので、いったん放牧に出し、馬体の回復に専念させます。脚元に問題はありませんが、立て直すため本日放牧に出しました」

7月21日にセグチレーシングS(イバラキ)へ放牧に出ている。

| | コメント (0)

2010年7月16日 (金)

無料馬 3戦目!

このところ毎日帰りが遅くて、ブログ書く時間があまりない私ですが、出資馬出走前夜くらい何か書こうではないか。

というわけで、メンブランツァの前走振り返りから。(おいおい、いつの話だよ)

メンブランツァ(牝3歳)
6月7日
6月6日(日)東京・芝1600m(牝)に出走。馬体重は2キロ減の410kg。
前走同様に首を下げ気味にして終始大変落ち着いた様子でパドックを周回。やや元気の無い歩様も前走と同じ感じで特に問題は無し。時折鼻を鳴らし、気合い乗りは少し早い印象。ジョッキーが跨るとガラッと気配が変わり、チャカチャカとうるさいところを見せ、小脚を使って気合いを表に出しつつ馬場に向かう。芝コースに入ると横歩きをして行きたがる素振りを見せていたが、なだめてゴール過ぎまで歩かせてから、落ち着いたキャンターで駆け出していった。

レースでは、スタートで出遅れてしまい後方3~4番手を追走する形。後方2番手で3~4コーナーを周り、直線でジワジワ伸びたが14着まで。
江田騎手「スタート後に寄られ、小柄な馬だけにはじかれてしまいました。かかる馬でもないし、後方の位置から行きましたが、速い時計の決着でもあり厳しかったですね。この馬はすごく真面目で前向きな分、テンションが上がってしまい食べたものが身になってこない感じです。落ち着きが出て体が伴ってくれば、もっとやれると思います」
矢野調教師「スタートを決められず、寄られて後方からの競馬になってしまいました。彼女も持ちタイムを3秒詰めましたが馬場がとても硬かったので合わなかったかもしれません。レース後の具合を見て放牧を挟むかもしれませんが、ローカル競馬は合いそうですし次走を検討したいと思います」

6月9日
矢野調教師「レース後も脚元に問題はなく、飼い喰いも上がっていません。このまま調整を続けて、引き続き使って行ければ」
様子を見て引き続き出走の予定。 6月17日
矢野調教師「レース後も問題ありません。喰いも戻ってきていますので、状態を見て福島で使えればと思っています」
このまま厩舎で調整を行い福島開催で出走の予定。

6月30日
矢野調教師「今週の出走も検討しましたが、先行馬の頭数も多そうなので無理せず来週のレースに回ろうと思います」
7月11日(日)福島・織姫賞(牝・芝1800m)に出走の予定。

7月8日
矢野調教師「今週の福島での出走を予定していましたが、出馬投票を行いましたが抽選にもならず除外になってしまいました。来週の新潟で出走させたいと思います」
今週の福島・織姫賞は除外のため7月17日(土)、新潟・芝1600mへの出走が予定されている。

7月14日
矢野調教師「想定を見る限り今週の新潟で出走できそうです。引き続き悪くない状態をキープできていますので、予定通り出走させたいと思います」
7月17日(土)、新潟・芝1600mに出走の予定。
◆出走予定:7月17日(土)新潟12R・3歳上500万下・芝1600m・田中博康騎手(52kg)
フルゲート18頭(出走予定全22頭、本馬より優先順位の高い馬13頭、同条件の馬・本馬を含め2頭)*自身、前走から6週

2走目は、初戦の持ち時計を3秒詰めて14着。
いかに新馬戦が恵まれていたかと実感したわけですが、ゲートで遅れて先手が取れなかったし、仕方ないですね。

前走は3歳限定の牝馬限定戦でしたが、今回は、古馬混合の牡馬混合戦。
馬体の小ささは今まで以上に心配。私なんて、食べたものはもとより、食べてないものまで腹回りに身についているというのにね。

  新潟12R 3歳上500万下 芝1600m・外
   :::: メンブランツァ  52 田中博
  陣営コメント「前走は発馬に寄られる不利。今回が試金石」
  短評     「小柄な馬体で上積みは期待薄」
  調教班   「ひと叩きされた割りには上積みない」

8着目標で頑張ってきて欲しい。

| | コメント (0)

2010年6月 3日 (木)

みなさん予定通り

3歳馬の現況です。

トゥルーマイハート(牡3歳)
☆美浦TC在厩☆
堀調教師「ゲートで立ち上がった時に右前脚に外傷と打撲を負ったみたいですが、歩様が乱れるほどではなく、たいしたことはなさそうです。明日千葉の梶村Sに短期放牧に出して、2~3週間程度で戻す予定です」
明日、梶村S(チバ)に放牧に出る予定。

トップダラー(牝3歳)
☆美浦TC在厩☆
畠山調教師「レース後も問題ありませんが、権利を持っていないとすぐに出走するのは厳しそうです。短期放牧を挟んで新潟1週目に合わせて帰厩させる予定です」
明日、山元TCへ短期放牧に出る予定。

メンブランツァ(牝3歳)
☆美浦TC在厩☆
矢野調教師「レースが近づくにつれて体が絞れてきて、牧場にいたときのようにフックラとした感じではありませんが、こういう体質の馬で問題はなさそうです。予定通り今週の東京で出走させますが、どんな競馬をしてくれるのか楽しみにしています」
抽選も通り、今週日曜東京 牝馬限定平場500万下(芝1600m)に江田騎手で出走する。

トゥルーマイハートトップダラーは、放牧です。
どちらも福島には適距離レースがない馬なので、予定通りの放牧と見ていいでしょう。
ラスト新潟に向けてリフレッシュしてきて欲しいものです。

メンブランツァが久々の登場。
今週の東京3歳500万条件戦は、芝1400、芝1600、芝1800がそれぞれ組まれているため、8~9頭立てくらいの寂しいメンバーになると勝手に期待していたのですが、想定の段階からフルゲート必至。特別登録していた馬まで何頭かこちらに回ってきて、どうにか抽選を突破しての出走となりました。

1戦1勝という「底を見せていない馬」ではありますが、人気になることはないでしょうね。
江田騎手に、もう一丁お願いしたいところです。

| | コメント (0)

2010年5月19日 (水)

予定わらわら

自慢するつもりはありませんが、こう見えても私
・空手2段
・合気道初段
・英検3級
このうち一つだけ持ってます(ヒント:語学系)

さて、一口馬主が盛り上がってまいりました。
私の出資3歳馬は、無料馬1頭を合わせて計4頭。

そのうちの3頭が近日出走予定。
日々の楽しみができるのはいいことです。

トゥルーマイハート(牡3歳)
☆美浦TC在厩☆
堀調教師「東京開催2週目での出走に向けて本日帰厩させました。出走に向けて調整を行っていきます」
5月30日(日)東京・ダ2100mに向け調整を行っていく。

トップダラー(牝3歳)
☆美浦TC在厩☆
畠山調教師「前走後も順調です。このまま調整を続けて来週の京都芝1400で出走させたいと考えています。東京にも1400は組まれていますが、直線平坦の京都の方がこの馬に合っていそうですので」
5月29日(土)京都・芝1400m(混)への出走が予定されている。

メンブランツァ(牝3歳)
☆美浦TC在厩☆
矢野調教師「まだ強い調教を1本しか行っていませんが、順調に調整が進めば東京3~4周目くらいには体勢も整いそうです」
順調なら6月6日(日)東京・芝1600m(牝)に出走の予定。

プリティーピュティが未だに帰厩の目処が立っておらず心配。
この馬が最も未勝利脱出できる力があると思っているのですが・・・。

ほかの2頭も、先日も書いたように次走で1着とってきても決しておかしくないと思えるポジションにいる。

3頭のうち、夏までに何頭勝ち上がれるかなぁ・・・。

トゥルーマイハートは、鞍上強化に期待したい。
トップダラーは、今週の新潟かと勝手に思っていましたが、さすがに輸送競馬からの中1週で輸送競馬というのは無理か。3場開催から2場開催に変わる週で、相手は揃いそうですが楽しみ。

メンブランツァは、500万下でどこまでやれるか楽しみです。

| | コメント (0)