カテゴリー「トゥルーマイハート」の80件の記事

2010年9月13日 (月)

おつかれさま

トゥルーマイハートは、最終戦も先頭ゴールはできませんでした。

トゥルーマイハート(牡3歳)
9月12日(日)中山・ダ1800mに出走。馬体重は12キロ減の532kg。
落ち着いた様子でパドックを周回。馬体減も絞れた感じで問題はなさそう。発汗は目立つものの、気合い乗りも早く状態は良さそう。ジョッキーが跨ると首を上下させて、さらに気合いも乗って馬場へ向かった。馬場入場時にも首を上下させる仕草を見せたが、ゆっくりと返し馬に入った。
レースでは、マズマズのスタートも無理せず4番手からの競馬。そのまま4番手で1~2コーナーを周り、向こう正面から外目を徐々に上がって行き、2~3番手で3コーナーに。さらに行き脚もついて2番手で4コーナーを周り、先頭に並びかけるように直線へ向かうが、外から交わされると脚色が鈍り伸びることができず8着。


石橋脩騎手「前走の時は意識的にゲートを出してから抑える時に少し掛かってしまいましたので、今日はスタートを出た感じで無理せず上がっていき先頭に立つイメージで競馬をさせました。思っていたような競馬が出来たのですが、直線での競り合いになった時に伸びることができませんでした。バテているわけではないのですが、最後の一伸びがなくて」

堀調教師「自分のペースで走れれば渋といところがある馬なのですが、良い感じで行けてた割には粘りきれませんでした。状態が悪くなかっただけに残念です」

師より再度連絡。
「新馬戦で2着し、その後も数回掲示板を確保するなど、自分の競馬が出来たときには安定した戦績を残してくれましたが、残念ながら勝ちきることが出来ませんでした。今後は出られる未勝利戦が組まれておらず、これまでのレース内容を見る限り500万条件戦で勝ち上がることも難しいと思われます。残念ではございますが、ここで引退させたいと思います」

師とも協議を進めました結果、同馬を引退させることになり、近日中に中央競馬の馬名登録を抹消することになった。

昨日のレースは完敗でしたし、引退は仕方ないですね。
新馬戦で2着したときは、「おおっ」と思いましたが、そこからのレースぶりに進境が見られなかった感じです。
昨日の8着について、「負けすぎでは?」と思った方もいると思いますが、私はそうは思いませんでした。
同じ中山ダート1800で、新馬戦のときよりもコンマ1秒時計を詰めてますからね。あの時計でしか走れないあたりがこの馬のエンジン性能であり、時計を大きく詰められないあたりがこの馬の成長力だったということです。

勝てなかったのは残念ですが、1050万円という価格を踏まえれば十分に楽しませてくれたと思っています。専門紙でもわりと印を集め、7戦すべて4番人気以内だったので、レースを見ていてもいい緊張感を味わえました。

また、意味不明な遠征や放牧などがなく、追い切りもいろいろ工夫していただいた堀調教師にも感謝しています。
引退は残念ですが、私としては完全燃焼した印象があり、もし仮に再ファンドになっても、「う~ん」という感じだったので、この引退決定はスッキリした感があります。

おつかれさまでした。

| | コメント (0)

2010年9月11日 (土)

打倒! 後藤浩輝!

明日、トゥルーマイハートが出走です。泣いても笑ってもこれが最後の未勝利戦出走。
先週走ったプリティーピュティとは違って、この馬の場合は特に大きな怪我もなく6戦を消化し、大半のレースでは能力を出し切っていますから、ここを勝てずに未勝利引退となってしまっても、悔いはない感じです。
とはいえ、540キロもある雄大な馬体が古馬になって芯が入ってひと皮むけてくる可能性も考えると、ここで終止符を打ってしまうのも惜しい感じもします。芝の走りも見てみたいし。
なので明日は、勝つしかないっ!

  中山3R 3歳未勝利 ダート1800m
   ◎▲▲◎▲▲▲ トゥルーマイハート  56 石橋脩
  陣営コメント「立て直した後、ひと叩きして攻め馬も良化。何とかしたい」
  短評     「同型馬不在で有利。逃げ切りまで」
  調教班   「意欲的に併せられ、前走時より息が持つようになっている」

競馬専門紙の印において、▲というのは「単穴」と呼ばれ、「中心視ではないが、単(1着)までありえる馬」ということを意味します。
先行馬がこの馬しかしないので、「まんまと逃げ切っちゃうかもよ」という見方をされるのはまあ分かる。
だがしかし、スイスイと一人旅をさせてもらえるほどスーパー未勝利戦は甘くない。

どちら様も「脚を余して負けることだけは絶対にしたくない」といった競馬をしてきます。
通常の未勝利戦だと、「負けても5着以内は確保しないと」というのが騎手の頭にありますが、スーパー未勝利戦には、そんなものはありません。
次走のことを考えて直線で軽くしか追わない、なんて馬もいません。

先行馬じゃない馬が先行しちゃったり、追い込み馬が3コーナーで動き始めたりするスーパー未勝利戦は、普通の未勝利戦よりもサバイバル色が強いし、とりわけ先行馬には厳しいレースだと思っています。

もし私情抜きに明日の馬券予想(展開予想)をしろと言われたら、私だったらトゥルーマイハートを後藤の馬が早めに潰しにきて、そのさらに外から飛んでくる第三の穴馬を探しますね。
「打倒!後藤浩輝」と言っておきながら、予想される後藤の早仕掛けを逆手にとった差し馬の台頭を予想しています。
そんなわけで、専門紙には「展開有利」なんて書かれていますが、私は全くそうは思わないわけです。

まあ、今ここでゴタゴタ言ってても仕方がないので、明日はとにかく力を出し切って欲しいと思っています。
ジャガーメイルアリゼオといった超格上馬たちに食い下がらせるような稽古から変わってここ最近は「最後の粘り腰」を意識した内容で、「先着癖」をつけさせようとしているようにも見えます。
ゲート内で暴れたこともあるような馬ですから、こういった精神面を意識した調教は非常に好感が持てますし、さすが最近結果が出ている調教師だと感心させられます。
今回はチークピーシーズを着用とのことで、それがいい方に出るか裏目に出るかも分かりませんが、「調教師としてやれることはやってみました」感は私には十分伝わってきました。

あとは明日の馬の精神状態と、騎手ですかね。
もし仮に、無謀と言われるペースで逃げて失速してしまったとしても責めたりはしないので、一か八かの勝負を仕掛けてきて欲しい。

今までのようなレース運びでは後藤の馬には勝てません。かつてリサイトアチャームのときも後藤にやられたし、彼はスーパー未勝利の乗り方を熟知している。
実際、今日の中山のスーパー未勝利戦、2鞍とも後藤が勝っているしね。

馬も騎手も手強い相手ですが、石橋脩くん、頼みまっせ!

| | コメント (0)

2010年9月10日 (金)

トゥルーハート前

最近、何かとよくしゃべるうちの娘(3歳)
こないだ、「一緒に幸せゲットだよ」とか言われちゃった。

オマエ、意味分かってねーだろ(笑)

そんな言葉をいったいどこで覚えてくるんだろう?と思ったら、プリキュアだそうで。

かけ声だか合い言葉だか知らんが、

「プリキュア、オープンマイハート!」

というのがあるらしいが、うちの娘は、

「プリキュア、オープンハートマエ!」

と言ってて笑える。バス停かよ(笑)

というわけで、私の出資馬・トゥルーハート前の出走が確定しました。

トゥルーマイハート(牡3歳)
9月1日
梶村S担当者「調整も順調に進み、本日トレセンへ帰厩しました。前走の短期放牧の時に比べても良い状態で送り出せたと思います」
9月1日に美浦トレセンへ入厩。今後は12日(日)中山・ダ1800mへの出走に向けて調整を行っていく。

9月9日
堀調教師「帰厩後も順調で、昨日の調教の動きも悪くありませんでした。今回はチークピーシーズを着けてレースに臨む予定です。具合も良さそうですので、何とか勝たせたいのですが」
9月12日(日)中山・ダ1800mに出走することになった。

相手関係はかなり手薄ですが、1頭強いのがいますね。
4着4回、3着3回、そして前走は2着ですか。
順当なら、その馬にもっていかれる感じですかね。

逃げ馬がおらず、トゥルーマイハートはある程度前で競馬できそうですが、先週の未勝利戦を見ても分かるように、どちら様ももう後がないため、「脚を余して負けるのだけはイヤ」といった感じで、早めにどんどん仕掛けてきます。
そういう意味では、トゥルーマイハートには厳しい競馬となりそうです。

思い切ってハナを切って、多少無理してでも4コーナーで後続を引き離すような競馬をして欲しい。今回に限っていえば、1着以外は、2着もしんがりも同じだからね。

自分としては、どう乗っても勝てないというか、1着でゴールする姿が思い浮かばない馬なので、一発狙った騎乗で私を唸らせて欲しいです。

| | コメント (0)

2010年8月15日 (日)

首の皮2枚

トゥルーマイハートは、4着。
5着以内に入らないと引退の危機という立場。6着に沈んだマジンプロスパーとはクビ、クビの差。
まさにクビの皮2枚つながった4着。

レース前日に書いたように、「持ち前の微妙な先行力と怪しい末脚」は十分に発揮してくれたと思うし、石橋脩騎手の騎乗ぶりも良かったと思います。
4コーナーで激しく手が動くのを見て「おっ、コイツ、この馬の乗り方を知ってるな」と(笑)
オーバーアクションで外ムチを使いながらのコーナリングは、外マクリ防止のさりげない小技でもある。(直線に入ってから差されちゃいましたが)

同じ4着でも何がやりたいのかよく分からなかった某N谷騎手とは大違い。次走も石橋脩騎手にお願いしたい。

トゥルーマイハート(牡3歳)
8月14日(土)3歳未勝利 新潟・ダ1800mに出走。馬体重は増減無しの544キロ。
うるさい馬や発汗が目立つ馬がいる中、2人引きで落ち着いた様子でパドックを周回。馬体のハリや馬っぷりの良さが目を引き、状態は良さそう。ジョッキーが跨ってからもイレ込むことはなく馬場に向かった。馬場入場時に首を上下させて少しうるさいところを見せたが、促されるとスムーズに返し馬を行った。

レースでは、枠入りも問題はなく、まずまずのスタートを切り気合いを付けて前へ。2番手で1コーナーに入り、そのまま2番手で流れに乗る。3コーナー手前あたりで徐々に逃げ馬に並びかけていき、気合いを付けて4コーナーでムチを入れつつ前を追ったが、直線ではバテないものの伸び切れず4着。

石橋騎手「この馬にとってはもっと乾いた馬場で、スタミナ勝負になるような競馬が合っています。その分粘り切れなかった感じでしたが、良いものは持っていますので、次走はぜひ良馬場で走らせてやりたいです。また、ペースが上がったときにすぐに反応できないところもあったので、もう少し反応できるようになれば」

その通りですね。
朝起きて競馬中継を見たとき、不良馬場と聞いて嫌な予感がしてました。この馬には力の要るバッサバサのダートの方が向いているでしょう。
時計勝負では分が悪いと思っていましたが、前が止まらない馬場を上手くつかんだ騎乗だったと思います。あの位置から伸びきれないあたりが、この馬が搭載しているエンジンの限界なのだと思います。

着順こそ違うものの、レース内容は新馬戦のときと変わりありませんし、何度やっても同じような結果しか出ないような気がします。

1着でゴールするには、本来、草食動物が肉食動物から逃げるために備わっている逃走本能を呼び覚ますしかないと思っています。ハナを切って逃げる形か、早め先頭という形に持ち込まないと勝つチャンスはない、と。

最終週はダート1800は1鞍しかないので、できれば中1週で出て欲しいな。
それより、どこか手頃な公営交流戦はないものかね。

| | コメント (0)

2010年8月13日 (金)

立ちはだかる大魔神

横浜ベイスターズの大ファンである私が、唯一自慢できることといえば、1998年の日本シリーズ優勝の瞬間を球場で立ち会えたことくらい。

今でも忘れられないほど感動したあの日、最後のマウンドを締めた大魔神こと佐々木投手。彼の存在が、どれだけ当時の先発投手陣にとって頼もしかったか計り知れない。
セットアッパー真田と、クローザー山口俊の二人で計14敗もしている今のベイスターズとは大違いで、それだけ大魔神の存在は大きく偉大であり、私は今でも感謝してやまない。

あの日本シリーズ優勝から12年後、競走馬の馬主としてまさか彼と対決する日が来るとは夢にも思わなかった。

というわけで、佐々木氏所有のマジンプロスパー(推定1番人気)とトゥルーマイハートが対決です! (未勝利戦でw)

  新潟6R 3歳未勝利 ダート1800m
   △○○注△△△ トゥルーマイハート  56 石橋脩
  陣営コメント「ゲート再審査明けだが、力は出せる状態」
  短評     「ジリ脚だが素質上位。久々でも」
  調教班   「一息入ったが順調。動きは悪くない」

通常の未勝利戦はあと3週で終了なので、ここで5着に入れないようだと、かなりマズいことになる。

超弱メンバーの前々走は、振り遅れて1ストライク。
精神状態を乱した前走は、ボール球に手を出して自滅。2ストライク。
そして今回、大魔神のフォークボールを打ち返せるか。
最低でもファール(5着以内)にはしないと、試合終了かもしれない。そんな感じ。

もっとも、フォークボールといっても、バブルガム肌にアドマイヤコジーンという血統では、そんなに切れるフォークでもないでしょうけど(笑)
かたやスペシャルウィーク肌にクロフネというトゥルーマイハートは、日ハム中田くんのような素質を秘めているかもしれない。あのデカい腹袋のどこかに(笑)

冗談はさておき、明日はまず、自分の競馬ができるかどうかですね。
ゲート内で立ち上がって外枠発走となった前走の大敗は度外視していいと思ってます。
スタンド前からの発走という点は前走と同じですが、新潟と東京(しかも日本ダービー当日)では大違いですからね。平穏なゲートを望みます。

偶数番を引きましたが、ゲート再審査明けなのでおそらくゲートは先入れでしょう。
ゲートの中で精神状態を乱さなければ、持ち前の微妙な先行力と怪しい末脚を発揮してくれることでしょう。

| | コメント (2)

2010年8月12日 (木)

それぞれの夏

トゥルーマイハート(牡3歳)
☆美浦TC在厩☆
堀調教師「仕上がり具合も良さそうですので、予定通り今週出走させたいと思います。練習の感じからはゲートも問題なさそうですので、頑張ってくれればと思います」
8月14日(土)3歳未勝利 新潟・ダ1800mに石橋脩騎手で出走する。

崖っぷちの夏。
いよいよ出走ですね。

プリティーピュティ(牝3歳)
☆栗東TC在厩☆
右目に外傷を負い、経過観察中。
小崎調教師「目の外傷はほぼ治っており、先週の木曜日から軽い運動を開始し、昨日までそのまま様子を見て、11日に角馬場で乗り出しました。このまま問題がなければ、土曜くらいには坂路を上がれるのではないかと思います。このまま乗り込んでいき、間に合うようなら小倉の未勝利戦に向かいます」

再起の夏。
早く出てきておくれ。。。

メンブランツァ(牝3歳)
☆チェスナットファームへ放牧中☆
7月25日より北海道のチェスナットファームで調整中。
場長「馬体回復に専念するため、ここまでウォーキングマシン調整のみ行いました。到着したときの馬体重は400キロちょっとでしたが、今日の計測では442キロまで戻ってくれました。ここにきて飼い葉を食べる勢いも良くなり、馬に覇気が出てきました。そろそろ騎乗を再開し、乗り込みつつ更に馬体を増やしていきたいと思っています。体が減りやすい馬なので、少し太目で送りだせればと考えています」

食欲の夏。
セ○チのメシは、マズかったってことか?(笑)

キーフォース(牡2歳)
☆山元トレセンで調整中☆
引き続き坂路コース中心に調整が行われている。
牧場担当者「ハロン17秒のキャンターで調整を続けながら、疲れも取れてきましたのでここからはペースを上げていきます。来週くらいには15-15の調整も始められると思います」
ここからは帰厩に向けてペースを上げていく。

再調整の夏。
競走馬として水準くらい動けるようになってて欲しいが。。。

ヴァニラシャンティ(牝2歳)
☆栗東TC在厩☆
8月6日に栗東TCに移動している。
森調教師「到着後も問題はありません。まだ馬体が太くコロンとしていますので、デビューなどはもう少し乗り進めてから検討します」
このままデビューに向けて調整を進めていく。

準備の夏。
グリーンウッドを経由せずに栗東入りさせるあたりに師の意気込みを感じる。
馬房回転の早い厩舎なのに、小倉開催中ずっと調整させてもらえるのだろうか。
そして阪神に照準、というのが理想。

2歳馬よりもまずは3歳馬。
通常の未勝利戦は、いよいよ最終開催。
トゥルーマイハートは、ここで5着にも入れないようだと、出られるレースがなくなるかもしれない。

日本の夏。

緊張の夏。

寒っ!

| | コメント (0)

2010年8月 5日 (木)

トゥルーマイハート出走へ

トゥルーマイハート(牡3歳)
7月15日
7月10日に梶村Sに移動。
牧場担当者「トモに疲れがあるので、疲れが取れるまでは軽目の調整で様子を見ます。現在はウォーキングマシーン60分、ダク1000m、ハッキングキャンター2000mの調整ですが、疲れが抜けたところから乗り込んでいく予定です」
まずはトモの疲れを取ることになった。

7月29日
トモから腰への疲れも取れて、7月24日(土)に美浦TCへ帰厩。
堀調教師「引き続きゲート練習を行いながら、本日ウッドチップで追い切りを行いました。ここからの仕上がり具合ではありますが、次の新潟開催1~2週目で使えればと思います」
出走に向けて調整を行っていく。

8月5日
堀調教師「ゲートも問題なさそうですので、このまま調整を続けて来週の新潟で出走できればと思います」
8月14日(土)もしくは15日(日)の新潟・ダ1800mに出走の可能性がある。

| | コメント (0)

2010年7月10日 (土)

トゥルー再放牧へ

トゥルーマイハート(牡3歳)
7月8日
堀調教師「引き続きゲート練習を続けていますが、ゲート内で少し動いてしまうため、縛るように指導がありましたので、縛って動かないように練習させています。来週にはゲートも合格してくれると思うのですが」

7月9日
堀調教師「本日ゲートの再試験には合格してくれたのですが、ゲートを集中的にやったため少し背腰に疲れが見られます。2週間程度短期放牧に出して、疲れを抜いた上で出走させたいと思います」
いったん7月10日(土)に梶村Sに放牧に出ることになった。

| | コメント (0)

2010年7月 1日 (木)

トゥルーマイハート現況(2010年6月)

当ブログお休み中のトゥルーマイハート情報コピペ。

トゥルーマイハート(牡3歳)
6月4日
梶村Sに移動。

6月17日
牧場担当者「レースで負った外傷もこちらへ来たときには問題なく、すぐに乗り始めました。速いところもやっていて明日帰厩することになっています」

6月18日
美浦TCへ帰厩。

6月24日
ゲート練習中心に調整が行われている。
堀調教師「帰厩後も順調です。現在はゲート練習を行っていて、まずはゲート再試験を受けなくては行けません。問題なく再試験に受かるようなら福島4週目あたりでの出走を考えています」


7月1日
堀調教師「引き続きゲート練習を行いながら調教を進めています。来週にゲート試験を受けさせる予定ですが、受かれば来週の福島での出走を考えています」
来週のゲート試験に受かれば福島最終週で出走の可能性がある。

というわけで、今週は出走しないようです。
っていうか、ゲート再審査をパスしてないのに昨日の出走想定に入ってたこと自体おかしいと思うわけだが・・・。

| | コメント (0)

2010年6月30日 (水)

お久しぶり

久し振りのブログ更新。
これだけ間隔が開いたのはブログ開設以来初めてのこと。
それでも毎日30以上のアクセスがありました。

ノーマネーって、どうしちゃったの?

もしかして、野球賭博でタイーホされて刑務所にいるの?

それとも、南アフリカまで応援にいって、財布とられて帰って来れなくなったんじゃね?

はたまた、ノーマネーって実は日本代表のひとりなんじゃないか?

様々な憶測が私の脳内で飛び交っておりますが、私はこの通り元気です。
このところ、仕事でいろいろとへばっておりましてね。
よく分からないうちに毎日が過ぎていく感じでした。

ブログを休んでいる間、一口馬主の方もいろいろありました。
・メンブランツァ2戦目大敗
・トップダラー引退
・キーフォース再放牧

いいことなんて、一つもねーしw

今週は、トゥルーマイハートが復帰するかもしれないとのこと。
まずは明日の確定を楽しみに待ちましょか。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧