カテゴリー「プリティーピュティ」の73件の記事

2010年10月 2日 (土)

プリティーピュティ引退

プリティーピュティ(牝3歳)
10月2日(土)500万条件戦(阪神芝1800m)に吉田稔騎手で出走。
馬体重は16キロ減の438キロ。細い感じやギスギスしたところはなく、前回の肉付きと比べると全体的に締まった印象。体が減ってもイレ込みはなく、首を下げ気味にして落ち着いた様子でパドックを周回。気合いを見せつつ馬場入りし、小脚を使って芝コースに入るとすぐ勢い良く駆け出していった。
レースでは、揃ったスタートを切ると譲らずにハナへ。後続を半馬身リードしてマイペースで馬群を引っ張ったが、直線入口で脚色が怪しくなって後退し18着。


吉田稔騎手「スタートも良く前へ。楽な感じで行けていたのですが、最後は脚が無くなってしまって・・・」

小崎調教師「ためていって、どういう競馬が出来るか見極めたいと考えていたのですが、前に行く形となりイメージとは違った競馬になってしまいました。ただ、やはり今回500万下条件に挑戦してみた内容を見る限り、勝ち切ることは難しいように思われます。残念ではございますが、ここで引退させることにしたいと思います」

近々馬名登録を抹消する予定。

先日のトゥルーマイハートに続いて、こちらも引退となりました。

3歳になってからの年明けデビューだった上に、3歳の3月~8月の期間に出走ゼロというのは痛かった。
かつて、東京遠征のときに輸送で馬体が激減し、夏には競馬場への輸送車の中でケガ。今日も16キロ減だったように、この馬は輸送は苦手だったような気がする。
夏は滞在競馬で北海道で戦って欲しかった。

デビュー戦の内容から進歩が見られなかったトゥルーマイハートと、デビュー戦の後、順調にレースを消化できなかったプリティーピュティ。結果的にどちらもデビュー戦が最高の内容だったことになる。

デビュー戦で、悲惨な結果だったヴァニラシャンティに期待しようか。

| | コメント (0)

2010年10月 1日 (金)

一発ホームラン祈願

  阪神8R 3歳上 500万下 芝外回り1800m
   :::::: プリティーピュティ 53 吉田稔
  陣営コメント「能力はある馬なので、それなりの走りはできると思うが」
  短評     「素質は秘めているが、ここでは厳しいか」
  調教班   「ひと叩きして、手応えはよくなった」

明日は、プリティーピュティが出走。
いつもは出資馬が走るときはテンションUPな私ですが、明日はなんというか気が重いですね。
未勝利戦を2戦続けて2桁着順ですか、新聞で無印なのは当然のこと。
おそらく16番人気あたりかな。

しかし、この馬は一発秘めている気がしています。
いつも2~4番人気あたりでも、いつも勝てる気がしなかったトゥルーマイハートとは対照的に、こちらは人気がなくても、何かきっかけをつかめば凄い末脚を見せてくれる予感があります。

単勝までは買いにくいですが、複勝を3000円くらい買って応援しようと思う。

| | コメント (0)

2010年9月30日 (木)

18番目の枠

プリティーピュティ(牝3歳)
☆栗東TC在厩☆
今週の3歳未勝利(阪神・ダ1400m)を検討していたが、除外が確実なため、500万下条件戦の10月2日(土)阪神・芝1800mに吉田稔騎手で出走する。
小崎調教師「未勝利戦は出られそうにありませんので、500万下条件戦の芝1800mに投票しました。調教でも動いていますし、良い位置に付けて流れに乗り結果を残してくれればと思います」

奇跡的に平場500万下に潜り込めました。
どこにも出られないと思っていたので、出走確定は意外というか、ほっとしたというか。でもまあ、これで喜んでもいられないわけで。。。

でも、私の当初の予定では、5月あたりに未勝利戦を勝って、今頃は500万クラスで上位争いをしているはずだったので、500万条件戦に出走すること自体は、そんなに違和感は感じないし、力を出し切ればそんなに大きく負けることもないと思うのですが、「1着とらなきゃダメ」というのは、さすがに厳しすぎるよなぁ。

初戦の印象が強く残っている私は、一発大仕事をやってのける可能性だって決してゼロではないと思っていますが、如何せん相手が揃った感じ。

| | コメント (0)

2010年9月29日 (水)

山菜そばか、かつ丼か

プリティーピュティ(牝3歳)
☆栗東TC在厩☆
今週の10月3日 3歳未勝利(阪神ダ1400m)を検討していたが、除外が確実なため、500万下条件戦に向かう予定。
小崎調教師「未勝利戦は出られそうにありませんので、500万条件戦に回ります。芝1800mかダ1200mいずれかの出られそうなレースに投票します。坂路で動ける馬なので、ダ1200mも対応できると思うのですが」
10月2日(土)阪神・芝1800m(500万下)か、ダ1200m(500万下)に投票予定。

プリティーピュティは、やはり未勝利戦は出走不可能でしたね。
昨日も書いたようにこれは覚悟してました。仕方なく500万下に投票するのも予想通り。
実は、私の予想にはまだ続きがあって、それは「その500万下も結局除外されて出られないんじゃないの?」という展開。
もちろん、その予想だけはハズれて欲しいのですが。

それにしても、ダート1200か芝1800って選択肢もすごいな(笑)
そば屋に入って、【山菜そば】にしようか、それとも【かつ丼】にしようか、みたいな感じか。
全然ちゃうやん!みたいな(笑)

いや、分かってる。
出走できるのなら、なりふり構っていられないからね。

3歳未勝利最終戦は、フルゲート18頭のところに40頭が殺到。
あふれた22頭が流れ込んでくるでしょうから、やはり500万下の出走も難しいと思う。
レース分割があった時代が懐かしい。

さて、確定を待ちますか。
個人的には芝1800m希望。

| | コメント (0)

2010年9月28日 (火)

引退はイヤぢゃ

うちの会社近くにあるジー○ズメイト。
今年の年明けくらいに「閉店セール」が始まり、3月あたりで閉店するのかと思ってたのだが、今になってもまだ「閉店セール」をやってる。

もう半年だぞ、半年。
「閉店セール」って半年もやるもんなのか?普通。

こないだ店の前を通りがかったときに、店員の兄ちゃんが店の前を掃除していたので、思い切って聞いてみた。

「ねえねえ、いつまで閉店セールやってるの?」



「閉店するまでです」 だってさ。

面白いじゃんかw

新手の商法だな。
あまりのくだらなさに頭が下がります。
この際だから、いつまでも閉店せずに図々しく頑張って欲しい。

さて、3歳未勝利戦は今週で最後。
プリティーピュティがダート1400戦に向けて調整しているのですが、先週のダート1200の除外状況を見た感じだと、どう考えても出られる状況ではない。
しかも、もし出られたとしても、マザーウェルも出てくるというし。

ジー○ズメイトばりに、いつまでも3歳未勝利戦をやってて欲しいんだけど、そうもいかないよな。。。

明日の出走想定を見るのが怖い。

| | コメント (0)

2010年9月15日 (水)

熱い9月

それにしても、もう9月だというのに毎日クソ暑いですね。
競馬の方は、未勝利戦が熱い。
中山と阪神の3歳未勝利戦は、今週で芝のレースが終了します。

しかも、東西でたった一鞍ずつ用意された芝の未勝利戦。出走希望馬は、中山33頭、阪神28頭。
なんか激戦というか、気の毒だなぁ。今週除外されたらもうないんだから。

できることなら、全馬出走させてあげたい。

そして、全馬勝たせてあげたい。

そして、自分が出資しているプリティーピュティもそこへ送り込ませたい(笑)

ちなみにダートなら出走できるのかというと、そうでもないようです。

プリティーピュティ(牝3歳)
☆栗東TC在厩☆

小崎調教師「今週出られるようなら使いたいと思っていたのですが、除外見込みのようです。4週目のダート1400m戦を目標に、他馬の動向を見つつ出走レースを検討します」
来週以降の阪神3~4週目のレースに向かう予定。

新馬戦2着で、そのうち順番が回ってくるのかな~なんて思っていたトゥルーマイハートが未勝利引退。
プリティーピュティについては「勝ち上がるのは時間の問題」と思ってましたし、もし未勝利戦を勝てなくても、福島500万シリーズまで持ち込む価値はあると思っています。
とはいえ、福島には1400とか1600がないので、どうなるんだろう。
とりあえず、4週目に出走できるように祈りたい。

| | コメント (0)

2010年9月 6日 (月)

う~ん、あと1戦

プリティーピュティ(牝3歳)
9月5日(日)小倉・ダ1700m(牝)に小牧騎手で出走。
馬体重は18キロ増の454キロ。太い感じはなく体をふっくら見せ、歩様に力もあって状態は非常に良さそう。パドック入場直後は多少チャカ付いていたが、すぐに落ち着き、気合いを見せつつパドックを周回。ジョッキーが跨ると更に気合いを見せ、二人引きで馬場に向かった。小脚を使ってダートコースに入り、少しかかるところを見せながらもスピード感ある返し馬を行った。
レースでは、揃ったスタートを切り、気合いを付けてハナに立ち先頭で1コーナーに入る。そのまま楽なペースで逃げていたが、向正面の中間を過ぎた辺りで外から並びかけられると徐々に後退してしまい、直線でも伸びることが出来ず11着。

小牧騎手「楽に行けたんですが、向正面で早めに被されてしまい、息を入れられなかった感じです。遅い流れでしたし、来られてもスッと行けると思ったのですが、久々の分もあったかもしれません。ダートの走り自体は全く問題無かったですし、流れが向かず残念です」
小崎調教師「向正面で被せられ、ゴチャ付いて息の入れられない流れになってしまいました。状態は良かっただけにここで何とかしたかったのですが、展開にやられてしまいました。使った後にガクッときやすいところがあるので、レース後の具合を良く見て、使える状態なら阪神の限定未勝利に向かいます」

う~む、残念。
ハナを切ったときは、見ていて思わず「おおっ!」と声が出ました。
いい感じにペースを落としかけたところに2番人気馬が一気に上がってきて、息を入れられなくなってしまった感じ。
3~4コーナー中間で完全にまくられてしまい、その2番人気馬をグリグリ1番人気馬が捕らえにかかるという早めスパート合戦になってしまいました。

結局、その1番人気馬までも最後脚が衰えてしまい、中団で脚をためていた伏兵馬の「ごっつぁん差し」が炸裂する、という結末。

逃げという戦法をとったのは非常にいいと思いますが、結果的に厳しい展開になってしまった。
でも、うまく逃げられたとしてもせいぜい掲示板止まりだったような気がします。さすがに7ヶ月ぶりのレースで息がもたなかった感じ。
このひと叩きで変わってくるとは思いますが、あと1戦で結果を出せというのは、かわいそうだよなぁ・・・。

| | コメント (0)

2010年9月 4日 (土)

AKP48

A - 明日は
K - 小倉で
P - プリティーピュティ
4 - 4番人気?
8 - 8枠です

長かった。
私の計算では、5月1日の新潟芝1600mで未勝利戦を勝ち上がる予定でしたが、そうは問屋が卸さず、勝ち上がるどころか出走すらできなかったプリティーピュティ

休養していたこの7ヶ月、実に長かった・・・。

思えばこの7ヶ月、
民主党・鳩山内閣が失墜し、
口蹄疫問題で激震と緊張が走り
そして、ワールドカップで日本中が熱狂。

我が家には二人目の子どもが生まれ、
あんなに仲の良かったうちの両親が離婚しました。

最後のはウソです。

もしこの文章に覚えのある方がいたら、きっとそれはデジャヴです。

「とにかく長かった」と書いて、フタを開けてみれば出走取り消し。そこから更に一ヶ月待ったのですから、この体感的な長さは半端ではありません。
プリティーピュティの復帰戦、今から緊張しています。

  小倉2R 3歳未勝利(牝) ダート1700m
  16 ▲△○▲▲△△ プリティーピュティ  54 小 牧
  陣営コメント「脚部不安、取消明けで厳しい条件だが、能力は高い」
  短評     「取消の影響はないが、久々の分は割引必要」
  調教班   「乗り込み量も時計も合格点。久々で力が出せれば」

新聞だと、推定4番人気になっています。
最大の敵と見ていたセンターバージニーが中山へ行ってくれましたが、マザーウェルはかなりの強敵ですな。
アドマイヤコジーンの妹・ラフェクレールも戦いたくない相手。こちらは休養前はサウンドバリアー(のちのフィリーズレビュー勝ち馬)やショウリュウムーン(のちのチューリップ賞勝ち馬)よりも人気になっていたほどの馬ですからね。

いつもなら、休み明けのレースでは「相手関係よりも、まずは無事に自分の走りを」という気持ちですが、明日は結果が欲しい。能力を出し切れれば通用すると思っていますが、久々で息が保つか心配です。
次の阪神開催のスーパー未勝利には、牝馬限定戦が一つも組まれていないので、相手関係的には次回の方が厳しくなるでしょう。なので、どうしても明日は勝って欲しい。

7ヶ月ぶりのレースでいきなり1着とってこいというのも無茶な話ですが、「この馬ならやれるかも」という期待感も強い。
緊張感とワクワク感がごちゃ混ぜの状態でレースを迎えそうです。

遠い遠い小倉まで応援に出掛けることはできませんが、小倉までの片道交通費くらいの額の馬券を買おうと思っています。
7ヶ月ぶりのレース、前走は出走取り消し、その前は10着。おまけに初ダート。
馬券的に敬遠される要因が盛りだくさんですからね(笑)

出走取り消しだけは勘弁してね。

| | コメント (0)

2010年9月 3日 (金)

確定

プリティーピュティの復帰戦が、日曜小倉2Rに確定しました。
出馬が確定しても、ごく稀に馬運車の中で怪我をして出走をとりやめる馬がいたりするので、そうならずに無事にレースに出走していただきたいもの。

プリティーピュティ(牝3歳)
☆栗東TC在厩☆
今週9月5日(日)小倉・ダ1700m(牝)に小牧騎手で出走する。
小崎調教師「この中間も順調にきています。先週もしっかりとした動きで坂路を駆け上がり、今週も52秒台の時計を出しています。このくらい楽に動いてくれる馬なので、ぜひ実戦に繋げて欲しいと思っています」

昨日時点の出走想定の顔ぶれからは、強力な馬が数頭ほかのレースに回ってくれたものの、マザーウェル(シンコウラブリイの仔)とかいて、そう簡単には勝たせてもらえない感じ。
こっちは7ヶ月ぶりの実戦だというのに相手は小倉滞在の連闘だったりします。なんか嫌な感じ。
そういや、シンコウラブリイも富士SからマイルCSに連闘してビックリさせてくれました。
シンコウラブリイの仔は、勝ちきれない善戦タイプが多いイメージですが、この馬も2着3回、3着3回ですか。。。
単勝1倍台? う~ん、そうかもね。
前走は2着だったものの、3着以下を8馬身も引き離していたんですか、そうですか。
しかも、負かされた相手は小崎厩舎の馬。リベンジですか、そうですか。
馬主は吉田勝美の奥様。グリーンの馬なんかに負けるわけにはいかない、そうですか。

あと3戦くらいできるのなら、「次走に繋がるレースを」などと書けるのですが、厳しいなぁ・・・。

プリティーピュティは5番人気くらいかな?
おいら的には、馬券妙味ありとみて、けっこう強気なんですけどね(笑)
7ヶ月ぶりの実戦で、しかも前走が10着に大敗しているともなれば、人気にならないのは当然なわけですが、そのレースはなかなかのハイレベルなメンバーでした。

◆検証 ~ あのとき一緒に走った馬たちのその後 ~
 2010/2/20  東京5R 3歳未勝利(牝) 芝1600m
  1着 ブーケドロゼブルー  → 500万下特別勝ち
  2着 ランダムトーク     → 4月に未勝利勝ち
  3着 プレタポルテ      → 7月に未勝利勝ち
  4着 コスモカンタービレ  → 6月に未勝利500万下特別連勝
  5着 ジュンノアスカ     → 未勝利戦2着
  6着 ユメユメユメ      → 5月に未勝利勝ち
  7着 テンエイエスプリ    → 3月に未勝利勝ち
  8着 ヴィクトリアローズ   → 5月に未勝利勝ち
  9着 ブランジェリーナ    (その後の出走なし)
  10着 プリティーピュティ   (その後の出走なし)

プリティーピュティに先着した馬たちは、その後出走した8頭のうちの7頭が勝ち上がり、すでに上のクラスも突破している馬までいる。当時も書いたと思うが、やはりあのレースはレベルが高かった。

もっとも、プリティーピュティの場合、相手関係どーのこーのよりも、輸送を無事にクリアすることがいちばん重要でしょうね。
10着大敗の要因も輸送によるカイ喰い↓&馬体↓だったからね。

| | コメント (0)

2010年9月 1日 (水)

大詰め未勝利戦

「メディアクリエイター」と「ハイパーメディアクリエイター」があるように、競馬にも未勝利戦とスーパー未勝利戦があります。

普通の未勝利戦は、今週がラスト。
まさにサバイバル。どちら様も必死です。

プリティーピュティ(牝3歳)
☆栗東TC在厩☆
今週9月5日(日)小倉・ダ1700m(牝)に小牧騎手で出走予定。
小崎調教師「この中間も順調にきています。先週もしっかりとした動きで坂路を駆け上がり、今週も52秒台の時計を出しています。このくらい楽に動いてくれる馬なので、ぜひ実戦に繋げて欲しいと思っています。水曜の段階の想定では、牝馬限定戦の相手関係が比較的落ち着いているように見えますので、このレースを本戦で考えますが、投票状況によって変更する可能性も」

◆出走予定:9月5日(日)
小倉2R・3歳未勝利(牝)ダ1700m 小牧太騎手(54キロ)
フルゲート16頭(出走予定全31頭、本馬より優先順位の高い馬5頭、同条件の馬0頭)*自身、前走から28週

今週、その未勝利戦への出走がほぼ確定しているプリティーピュティは、来週からの「スーパー未勝利」にも出走できますが、阪神のスーパー未勝利には牝馬限定戦が一鞍もありません。なんでやねん。
というわけで、おそらく今週のレースよりも相手強化される見込み。

追い切りでは凄い時計が出ているので、稽古通りなら・・・という思いもありますが、何しろ7ヶ月ぶりの実戦なので、いきなり1着とってこいというのも酷だよなぁ・・・。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧