« Feel Live ! | トップページ | 赤松賞回顧 »

2007年11月11日 (日)

「予感」を感じた一日

プレサンティールに会いに東京競馬場に足を運んできました。
久々の出資馬観戦記です。
今までテレビにかじりついて応援した馬が実際に目の前を歩いているのは、なんか不思議な感じ。
071111_01
  (初対面。お馴染みの厩舎トレードマークで登場!の図)

馬体重はマイナス16キロ。
見た目はそんなに細くは見えませんでしたが、3戦連続の2桁減で、新馬戦からはなんと38キロ減!
今までは"ダイエット"なんて言ってましたが、ここまで減り続けると逆に心配しちゃいます。輸送減りかな。
071111_02
   (マイナス16キロってのは、ぶっちゃけどうなのよ?の図)

単複100円だけ買って、いざ発走。
ゲートは今回も不安的中・・・これで4戦すべて出遅れです。
未勝利戦のときは他にも出遅れる馬がチラホラいましたが、今日は単独の"華麗なる出遅れ"でした。
私の後ろにいた若い小僧が「マジかよ!」と大声出してました。馬券買っていたのでしょうね。ごめんなさいよ。
そんなわけで後方からの競馬になってしまったわけですが、前がそれほど引っ張ってくれず、前半1000通過は 61秒9。
プレサンティールはその約1秒後に通過したので、63秒くらい?
そうなると、1分36秒で走破するには上がり33秒が条件???
勝ち時計を1分37秒と仮定しても34秒で上がる必要が・・・。
そりゃ、無理でんがな。パンパンの良馬場なら33秒台出す馬もいるけど。
このパターンに陥るのは、自分でレースを作れない馬の弱み。

071111_03
 (勝ち馬も含めた写真は、構図的にちょっと無理があるんじゃない?の図)

直線では前を走っていた3頭に離されてしまいました。
しかも、3頭とも馬場のいい外目を走り、プレサンティールが内へ突っ込むことに。。。この展開では仕方がないですね。無理のない判断だと思います。
外を通ってくれればもっといい写真が撮れたんだけど。

071111_04
 (ハナ差の意地「松岡さん(2番)、私を捨てるなんてひどいわ!」の図)

掲示板はハナ差死守してくれました。
5着でゴールです。

感想としては「いいもの見れたな」といったところです。
こんなこと言ったら他の出資者の人に怒られちゃうかもしれませんが、私は今日はよくやった方だと思います。
デビュー戦で影も踏ませてもらえなかったドゥービリーヴインはきっちり差してくれたし、松岡騎手の馬にも先着してくれたしね。
4着馬には負けて欲しくなかったけど(ラフィ×ン会員さん失礼)

この馬、いいもの持ってると思います。
今後、無事に走り続けていればきっといいことがある、そんな「予感」を感じた一日でした。
※プレサンティール(Pressentir) = フランス語で「予感」の意

まずはゲート難の克服が必要ですね。

|

« Feel Live ! | トップページ | 赤松賞回顧 »

コメント

お疲れ様です*^-^*
パドック写真からすると私が写真を撮っていた位置からは
遠く離れたところにいらした様子。
お会いしたかったです~

プレサンティールはよくやってくれたと私も思いますよ。
私は新馬の新潟以来の現地観戦でした。
スッキリとした体ででてきてくれたのは嬉しかったんですが、
-16の一気の体重減には驚きました。
でも、輸送して府中を走ることはいい経験になったと思います。

「松岡さん(2番)、私を捨てるなんてひどいわ!」の図がステキすぎます~

投稿: あぽこ♪ | 2007年11月12日 (月) 13時04分

>あぽこ♪さん
どうもです。お互いお疲れさまでした。
私もお目にかかりたかったので、集合場所に行ってみようか迷いましたが、私服着た奴が乱入するのはちょっと・・・ということでためらいました。
口取りは今回は申し込みませんでした。スーツだとどうしても気持ちが引き締まって口取りしたい願望が高まって、負けたときのショック倍増なんです。負ける確率の方が圧倒的に高いのは分かっているのに、おかしなもんです。
その分、今回は気楽に楽しめました。それにネクタイにカレーがつかないか心配せずにバクバク食べれたし(笑)

-16でレースして、さらに栗東に帰っていって、ガレてないかちょっと心配ですが、あぽこ♪さんのおっしゃる通り、ここで経験したことは今後の糧になったと思います。
今回は流れが全く向かなかったと割り切っていいと思います。
これから、これからですよね

投稿: ノーマネー@管理人 | 2007年11月12日 (月) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Feel Live ! | トップページ | 赤松賞回顧 »