« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月30日 (木)

マッタリ希望も・・・

今日からグリーンファーム1歳馬募集の電話受付が始まったわけですが、以前も書いたように私のチェック馬は

 ① タックスシェルター2006(父:ジャングルポケット)
 ② ティエッチダンサー2006
(父:ゴールドアリュール)
 ③ ミスアルダント2006
(父:スウェプトオーヴァーボード)
 ④ エルメスティアラ2006
(父:アグネスタキオン)
 ⑤ ソングフォーミー2006
(父:ゴールドアリュール)

このあたりだったのですが、いろいろ悩んだ末、今の出資馬がタキオン産駒ばかりということと金銭面で④が脱落。
⑤は意外にも(といったら失礼ですが)満口寸前とのことで、仕事を抜け出して電話で争奪戦に参加するほどでも・・・ということで撤退。
残る①②③の中で様子見かな~と思っていたら、①も"残口僅少"とのこと。
この時期の"残口僅少"は、年内には満口必至だと思うので、そうマッタリもできません。
1歳のこの時期に1、2ヶ月程度様子を見ても特に動きはないでしょうし・・・
というわけで、人気馬争奪戦が終わって落ち着いている(?)頃を見計らって電話して申し込んじゃいました。(昨年のオークミード出資時とほぼ同じ流れ)

< 出資確定馬 >
  タックスシェルター2006 (父:ジャングルポケット)
   牝馬 美浦・畠山吉厩舎予定  840万円 1/200口

お仲間の方々、よろしくお願いします。
ふつつか者ですが、精一杯頑張ります(何を?)
趣味は競馬。好きな食べ物はモンブランです。
特技は本をちゃんと読まずに読書感想文を書くことです。
苦手なのは跳び箱・・・って誰もそんなこと興味ないですね。失礼。

まあ、慌てて今日申し込む必要もなかったのかもしれませんが、どのみち近日中に申し込むことになるなら、2%割引が適用される今がいいかな、ということで電話しちゃいました。
2%=840円なんだけど(笑)

ちなみに私が電話した時点では満口は一頭も出ていませんでした。
「ソングフォーミーも、まだ10口くらいあります」と言われ、「じゃあ1口」と言いそうになってしまった私。
私はそんな奴です。「もうすぐ売り切れますが、今なら買えますよ」みたいなのに弱いんですわ。
「早く満口になる馬=走る馬」とは限らないのに、馬を見る目がない私は人気になっているというだけで魅力を感じてしまいます。

ソングフォーミーは、かつて仲間内POGで指名していた馬で愛着があり、母と同じ伊藤雄先生だったら即決だったんだけど(ってもう引退したっつの)
タックスシェルターも某G誌の読者参加型POGで指名していた馬です(懐かしい)。父、母系、血統的な相性、厩舎、馬体いずれもわりと好みだったので決めました。
この血統で牡馬だったら魅力倍増なのですが、もし牡馬に生まれていたらグリーンFでは募集されていなかったと思うので、牝馬に生まれてくれたことをむしろラッキーと思いたい。そこはプラス思考で。

たぶん、あと一頭出資することになると思います。
上記②、③が候補です。
馬券で儲けて④というのもアリ? いや、そんな皮算用している時点で無理だな。

②、③どちらも捨てがたいです。
②はダート血統の印象なので現在399キロの馬体がどんな風にパワーアップしていくか見たいです。③は遅生まれなのでこちらも成長に注目です。

来年3月あたりまで迷っていたいんだけどな(笑)

(新潟2歳Sの結果次第では②も売れてくるかも?!)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

次走予定(07/08/29)

プレサンティール(牝2歳)
矢作調教師「レース後も問題はなく、体調も良さそうですので、中1週で阪神・芝1400m(牝)に向かうつもりです。気性の難しい馬ですから、今回落ち着いてレースに臨めたことは収穫だったと思います。気性面が多少でも解消されればここからは更にキッチリと攻め馬を積めると思いますし、良くなってくれると信じています」
9月8日(土)阪神・芝1400m(牝)に向かう予定

中1週ですか。それだけ体調が良いのでしょうね。
前走は素人目にも太め残りでしたし、気性面にも課題を残している馬なので、レースをしながら何かをつかんでいってくれればいいですね。

070829
(クラブからの配布写真)

| | コメント (0)

2007年8月28日 (火)

出資馬現況(07/08/28)

公式情報のコピペです。

リサイトアチャーム(牝3歳)
8月22日、牧場担当者「16日に美浦への往復をした輸送疲れが少しありましたが、現在は坂路2本をハロン16~17秒で調整を行っています。来週からは15-15の調整も再開する予定で、再度入厩の声がかかるのを待ちたいと思います」
馬の移動が可能になるのを待ちながらペースを上げていく。

マッカラン(牡2歳)
8月16日に山元TCに移動の予定だったが、インフルエンザが発生したため、馬の移動が制限されることとなり、移動が可能となるまでは、このまま厩舎で調整が行われることになった。

プレサンティール(牝2歳)
8月26日(日)新潟5R 2歳新馬 芝1400m(牝)に松岡正海騎手でデビュー。
初出走の馬体重は496キロ。余裕ある馬体に見えるが、元気良くパドックを周回。状態は悪くなさそうで、気合い乗りもマズマズ。馬場入場後もスムーズに返し馬に入る。
レースでは、まずまずのスタートから、ジョッキーの手が動き押しながら前をうかがうが、上がっていけず中団やや後方からの競馬。10番手前後で3~4コーナーを周り直線外目を追い出されると、一瞬伸びかけるが最後は脚色も鈍ってしまい9着。

松岡騎手「まだ余裕のある体付きのため反応が今ひとつでしたが、乗り味も良く仕上がってくれば、かなり走りそうな印象を受けました」
矢作調教師「気の難しい馬で、テンションが高くなりすぎてしまうのが心配で、余裕残しでも使う事にしました。今日は、輸送、装鞍、パドック、レースと、気難しさを出しませんでしたので、次走は変わってくれると思います」
レース後の具合を見て次走が検討されることになった。

とまあ、こんな感じです。
松岡騎手の「かなり走りそう」は意外でしたね。リップサービスでも嬉しい。
次走の変わり身に注目したいです。
リサイトアチャームは輸送疲れの反動が心配です。

| | コメント (0)

2007年8月27日 (月)

夏休みは秋葉原

2連休(ちょっとした夏休み)をいただいた関係で更新遅れました。
(この沈黙が、"落ち込んでいる感じ"を見事に表現していた?!)

プレサンティールのデビュー戦は9着、実に残念。
しかしながら、過去に出資馬のタイムオーバーのしんがりデビューを経験している私としては、ホッとした妙な部分もあります。
今後どのように成長していくか温かく見守っていきましょ。
"追い切り成果発表会"になってしまったかどうかは分からないけど、時計の速い決着でした。
次走はいつか分かりませんが、今回以上の着順は期待したいところです。

今日はささやかな夏休みということで、ひとりで秋葉原に出掛けてきました。
秋葉原は3年振りくらいなので懐かしかったものの、テレビなどで見ていた通りいろいろ変わってしまっていて寂しかった。
どこかどんよりした感じが好きだったんだけどなぁ。
あんなに大型電器店が並んでいながら、実はどこも新宿よりも高いというのもインチキ臭くて好きだった(笑)
そこへヨドバシが進出してきたら、みんな撤退の嵐ですわな。
ヨドバシは好きだけど、秋葉原には作らないで欲しかった。
ちなみに私はメイドなんちゃらには行ってません。

PCパーツの店はわりと健在で安心しました。でも、いつまで生き残れるか心配です。
昔は掘り出しもののパーツとかあって、出掛ける度に発見があったんだけどなぁ。
パーツ以外にも、変わったものが売ってて見つけるのが楽しかった。
使い古しのハードディスクをUSB外付けにできるキッドなんて、今じゃありふれてるけど、当時は秋葉原のマニアな店でしか売っていなかったし。
今日は久しぶりに行ったものの大した発見もなく、自分が時代の最先端から遅れていることばかりを痛感しました。

何年も昔、新しいPCを買うときに自分のこだわりを満たしてくれるメーカー製品がなくて、自作PCの挑戦を決めたのが秋葉原との出会い。
自分はPCヲタではないのですが、仕事柄PCに詳しい人に囲まれている関係で、いろいろ聞きながらなんとか完成したPCがコレ
070827_1

外観はシャレでMacっぽくしていますが、バリバリWindowsです。
Appleのシールも秋葉で入手しました。
キーボードは、たった780円ですが、何ら不自由なく使えてます。
ハードディスクは2つ入っているのですが、妻のログイン時はひとつしか見えないようになっています(笑)

そんなわけで、このブログはパーツすべて秋葉原調達のPCで更新されています。

だから、何?
(誰も興味のないことをダラダラしゃべり続けてしまうのが冴えない理系人間の典型)

| | コメント (0)

2007年8月25日 (土)

デビュー前夜

小島茂之調教師のブログを読んでいたら、すっかり遅くなってしまった。
         http://s-kojima-stable.at.webry.info/
今回のインフル騒動(マスコミの過剰なJRAバッシングも含む)について、これほど分かりやすいサイトはないと思うので、是非読んでみて下さい。これが現場の声(の一部)です。

さて、明日はいよいよ我が2歳馬がデビュー!

プレサンティール(牝2歳)
明日、新潟5R 2歳新馬(牝)に松岡騎手で出走します。

アロマキャンドルあたりが人気かなぁ~と思っていたら、意外にも印がついていませんでした。追い切りの内容はよかったと思うんだけど。
というわけで、この馬でさえ印が薄いわけですから、好時計が出ていないプレサンティールはもっと薄いわけです。
いかにも血統でついた感じの△がチラホラ。単複だけソコソコ馬券が売れて馬連などで人気にならないパターンですかね。

このレース、追い切り好時計の馬が多いです。
ジェイケイローレルが、ダート馬なり66秒3
オーシャンウインドは、同じく65秒8
ジュセトゥは、65秒1。いずれも水準級以上だと思います。
ウッドでは、ケイアイガルチが65秒5、ニシノイノーマスが64秒8(3F 36秒3)って、マジかよ!
坂路は坂路で、ドゥービリーヴインが50秒9を出せば、コウヨウマリーンは破格の49秒3(3F 35秒7)!!!

上記の馬たちの3連複ボックスを買えば当たるんじゃないか?なんて思っちゃいます。
いやいや、アンカツが乗るマイネル馬や、ヨシサプライズも終い重点の追い切りでいい動き。

なんか、レースの前から負けたときの言い訳をしているみたいでかっこ悪いのですが、このレース、ツワモノ揃い。。。
牝馬限定戦とはいえ、レベルの高い顔ぶれだと思います。

「追い切り時計=レース結果」じゃないから、そんなに弱気になる必要もないのだけど、結果的に"追い切り成果発表会"になってしまったら、プレサンティールの出番はないと思います。

上記9頭すべてに先着されてしまったら、それだけでも2桁着順か・・・やだな。
逆にいえば、これで勝てたらかなりの有望株だし、勝てなくとも能力を測るにはいいメンバーということ。

矢作師のコメント「能力はあると思うが、気難しくてその辺が心配。体もまだ緩い」

気性難ということで、それが悪い方に出ないように祈りましょ。
私個人的な目標は、5着ということで。もちろん理想は1着(←あたりまえ)
POGで指名された方も、「5着じゃ意味ないよ!」と冷たいこと言わずに一緒に応援していただきたいです。

| | コメント (2)

2007年8月23日 (木)

デビュー確定

プレサンティール(牝2歳)
矢作調教師「引き続き順調にきています。今週開催されるかどうか22日(水)に発表されることになっていたので、水曜追いは見送りとし木曜に速いところを乗ることにしました。少し日程は詰まりますが、レースは日曜日ですので、大丈夫だと思います。調教を積むにつれて気性のうるさい面も大分解消されてきたようです。まだ緩いところもありますが、楽しみにしています」
8月26日(日)新潟・芝1400m(牝)、松岡正海騎手でデビューする。

<追い切り時計>
2007/8/22  栗東・坂路(良)  69.1 - 51.7 - 35.1 - 17.8  軽め
2007/8/23 栗東・坂路(稍) 55.3 - 40.2 - 26.8 - 13.6 馬なり
   ボーイズビーボーイ(2歳新馬)馬なりと4F併せ、同入

というわけで、デビュー確定となりました。
ドキドキものです。とりわけ速い時計も出ていないし、人気はどうなんだろ。全く分からないです。
いや~、今から緊張してまいりました。

| | コメント (3)

2007年8月22日 (水)

競馬開催~

本日、このブログの一日のアクセス数が創設以来最高になりました。
なんで?と思って調べてみたところ、どうやらGoogなんとかという検索サイトで"スーパー未勝利"で検索すると、このブログがトップに表示されるみたい。
"救済未勝利"でもトップだ。なんでやねん?
多くの人にアクセスしていただけるのは嬉しいのですが、それなら昨日はもうちょっとマシなこと書いておけばよかったと、やや後悔。
競艇をネタにして、何がダーウィンの進化論だよw
自分でも笑っちゃうがな。

今日になって"スーパー未勝利"が気になる人が急増したのは、「競馬再開はいいけど、3歳未勝利馬はどうなるの?!」といった疑問を抱いた人が多かったからなのでしょうか?
当然のことながら、素人の私にはそれは分からないです。(すみません)

先週中止になった2つの重賞競走が別の日に移設となったのを見て、「移設ってことは、その代わりに削られるレースは3歳未勝利? 代替開催はやらないの?」と思いましたが、代替開催はどこかに組まれる気がします(私の推測)

いろいろあったものの、競馬開催。
ひとつ言えることは、今週は「やっぱり中止」は絶対駄目です。これではマスコミからも叩かれ放題だし、ファンからも失笑されてしまいます。
そんなことは、こんな素人の私に言われなくてもJRAは分かっている筈なので、それも踏まえた上での開催決定ならいいのではないでしょうか?

インフルエンザといっても鳥インフルエンザ(強烈な発熱や、肺に感染して呼吸器がやられて死に至るケースもある)とは違って、数日で治っちゃう馬が殆どだそうですし、出来るんじゃないかな、と思っていました。また、今週の特別登録の頭数を見ても、調教師サイドもわりとやる気なんだなぁ、と。
今日(開催有無の発表前)の追い切りも、美浦も栗東も好時計を出す馬が続出でしたしね。

今週の開催について賛否両論あっていいと思いますが、反対している人の多くが「公正競馬」という言葉を使っています。
でも、「公正競馬」って、そもそも何なのでしょう?
インフルエンザに限らなくとも、熱発明けの馬はいつもいますし、フケ、脚部不安など、いつだってファンに知らされない闇の部分はいくらでもあります。調教代わりにレースに使う調教師さんもいます。

以前、ある一流ジョッキーが午後のレース全て乗り替わりになりました。理由が「風邪による体調不良」だと知ったとき、午前中にその騎手の馬券で痛い目に遭った自分は腹立たしく思いました。
こういうことって、挙げだしたらキリがないんじゃないかな。
もちろん、それは騎手が体調不良だったから勝てるものも勝てなかったんだ、なんて思ってはいません。それと同じで今週たとえ人気馬が負けようとも、競走中止して予後不良になってしまう馬が出ようとも、インフルエンザのせいにはしてはいけないでしょう。(マスコミは何かと結びつけたがると思いますが・・・)
どの馬にもプロの調教師がついていて、その"プロ"の判断でエントリーしてきた馬たちで競馬が開催されるわけですからね。

また、「こんなドタバタしている状況で開催される競馬なんてうさん臭い」と思う方は、馬券は買わない方がいいと思います。
私も馬券道場以外は買わずに静観しようと思っています。

そもそも、「1着を取るよりも、2着に負けて昇級しない方が得」というケースが存在してしまっている時点で、現行の競馬には"うさん臭い"ものを少なからず感じてますけどね、私は。(余談ですけど)

馬主サイドから見れば、放牧に出ている馬はレースに出られない、など不公平に感じる部分はあります。
自分も3歳未勝利馬を抱えている身なので、移動禁止状態が続くのは深刻なのですが、日本の競馬は馬券の売り上げで成り立っているものであり、競馬開催が最優先とされるのは仕方がない、というかある意味当然なことだと思っています。

3歳未勝利馬のことを考えると、福島未勝利シリーズの復活を期待したいんだけどね・・・(もちろん、無理なのは分かってます)

3歳未勝利馬の心配をしつつ、今週、2歳馬・プレサンティールが新潟の新馬戦でデビュー予定です。(なんか複雑なんだけど・・・)
正直なところ、競馬界がドタバタしている今の状況でデビューしないで、阪神で仕切り直して欲しかった気もしなくはないですが、調教師がGoサインを出すからには信頼しますし、もちろん応援します。
この騒動の中、どの厩舎のスタッフも調整が難しかったと思います。
もし今週の開催で好成績を収めるような厩舎があったら、昨日書いた"変化に対応できた"集団なのだろうと思う。
この数日間は混乱したのは皆同じですから、今週はある意味、(出走させる/させないの判断も含めて)調教師さんも腕の見せどころなんじゃないかな。

プレサンティールがいつも併せ馬をしていた馬がインフルエンザ陽性と診断されたそうです。
よくこの馬から感染しなかったものです。免疫力が強いのか、運がよかっただけなのかは分かりませんが、もし抽選突破してデビュー確定となり、ゲートインすることができたら、その時点でまず拍手を送りたいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

変化に対応できる種

競馬開催が中止になった週末、私は競艇で勝負していました。
ネット投票口座に入金した1万円きっちり舟券購入し、払戻しは 9,770円。
1歳馬の出資代金を作るどころか赤字でした。
でも、230円であれだけ楽しめたのならいいや (←負け惜しみ)

私が初めて競艇場へ行ったのは、かれこれ10年くらい前。
平和島、多摩川、戸田しか行ったことがありませんが、今はネットで全国の舟券を買えるようになり、便利な時代になりました。

しかし、ある時を境に、私は競艇をあまりやらなくなってしまいました。
長くなるので詳しくは書きませんが、あるルール変更により、コース取りの駆け引きが減ってしまい、進入(1~6コース)がほとんど枠順通りになるようになってしまったのです。

競艇は内側のコースが当然有利。6コースから1着なんて滅多に取れません。
昔は"インから逃げるベテラン VS アウトから攻める若手" という図式でしたが、ルール変更によってベテランも若手もコース取りにはあまり関係なくなりました。
ある意味、年功序列が廃止された、とでも言いましょうか。時代の流れに沿ったのかも。また、コース取りの駆け引きが減った分、ファンは予想がしやすくなったことも確か。

しかし、このルール変更により、ベテラン選手の活躍は激減しました。
分かりやすく言うと、たとえ6枠だろうと内側のコースを奪って戦っていたベテラン選手が、ルール変更によりそれが難しくなった。「あなたは6枠なんだから、せいぜい4コースあたりで我慢しなさいよ」みたいな感じ。
アウトコースからのレースなんて殆どしていないベテラン選手にとってはそれは酷な話で、逆に、いつも外側から厳しいレースを強いられていた若手が活き活きとインで戦うようになりました。
これを機に引退に追い込まれたベテラン選手は多いです。リストラみたいな印象を持ちました。これも時代の流れですかね。
しかし、そんなルール変更にも負けず、アウトコースからインの若手を差し切ってしまう元気なベテラン選手もいます。

私の好きな言葉に
「生き残る種というのは、肉体的に強い種でも、頭脳の優れた種でもなく、変化に対応できる種である」というのがあります。
多少違うかもしれませんが、これは哲学者・ダーウィンが残した言葉です。(何マジメなこと書いてるんだ?俺)

ナイター競走を実施したりして努力はしているものの、どうも競艇は時代の流れについていけてない気がします。
ファンの年齢層が高く、いつか競艇がなくなってしまうのではないかとちょっと心配です。
競艇場には、今でも"3連単といえば競艇!"なんて古びた看板が掲げられています。
今じゃ3連単なんて競馬でも導入されているんだから、そんな看板外しなさいってば(笑)

そんなヘッポコなモーターボート協会とは対称的にJRAは、先進的でクレバーな組織だと思います。(それを管轄しているお役所はちっともクレバーとは思いませんが(笑))
昔、「おやじギャル」なんて言葉も流行語になりましたが、JRAは時代の流れに上手く乗り、競馬というものをよくここまでイメージUPできたと感心しています。
まさにダーウィンの言う"変化に対応できる種"なんじゃないかな。どんなに不景気になっても、ライバルとなる新しいエンタテイメントが誕生したとしても、中央競馬はなくならないだろうな。

そんなJRAが今回、近年最大のピンチに立たされてしまいました。
どう対応し、どう解決していくのか、腕の見せどころ。

一日も早い正常化、期待&応援してますよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

マスコミの競馬報道

予想通りというか、マスコミ報道はJRAの対応について批判的なものばかりで、ちょっとうんざりです。
「やると言ったのに一転して中止かよ!」
「売り上げ優先のJRAは見切り発車しようとしていた」といった言い方。

今回の件は、発覚したのが木曜日(出馬投票の日)だったから仕方ないと思います。別に見切り発車するつもりではなく、いつものように準備を進める組と、更なる調査を進める組、各自がそれぞれ任務を遂行していた結果がああいう流れになってしまった。
確定枠順や専門紙が出回る前に中止決定したのだから、あの状況ではあれが精一杯だと思います。
現場は混乱したと思うけど、ファンの混乱は最小限に食い止められたのでは?

でもって、大井競馬の中止については、「過剰反応で開催中止」なんて書かれちゃってますね。
確かに検査の結果、インフルエンザではなかったとはいえ、この状況で開催できるかっつの。開催していたら、これこそマスコミは「見切り発車だ」と叩きまくりだったのでしょう?

某紙の記事だと、閑散とした新潟競馬場の写真とともに、「いつもは満車になる駐車場も今日はガラガラです・・・」って当たり前じゃん。

マスコミの仕事はそんなんでいいの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

競馬のない週末

競馬発祥の国・イギリスの偉人が昔、
「競馬のない週末なんて、林檎の入っていないアップルパイのようなものだ。」
と言ったかどうか知りませんが(たぶん言ってないw)、寂しい週末となりました。

ちなみに来週デビュー予定となっているプレサンティールは検査の結果、陰性(感染も発症もしていない)だったそうです。
昨日は、ゲート練習をしていた様子。
ゲート試験はすでに合格しているとはいえ、2回落ちた馬ですからね。
来週の開催も微妙ですが、各自やれることをやっておく機会と捉えましょう。

ちなみに私は自宅で競艇を楽しむ予定です。(←ヤバいな、コイツ)
機力はイマイチでもしっかり得点を積み重ねる松井繁はカッコイイ。
でも、明日の住之江11Rは5号艇だとカド4コースかな。でも簡単にマクリきれない気がします。
3-2-5、3-5-2、3-5-1が妙味かな。
もしくは0台スタートを決めて、5-6-3あたりをお願いしたい(笑)

私のヘッポコ舟券予想なんてどうでもいいですね。失礼。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

開催中止

今も会社でせっせとブログ書いてる私ですが、中央競馬はエラいことになってしまいました。
あ~あ、せっかく明日から2日間、楽しい夏休みだったのに!
("夏休み"ではなく"ただの土日"であることに気づかないのは暑さのせいです)

私が競馬を始めて以来、天候・天災以外で開催中止になったのは初めてのこと。昔、何十年だか前にもこのような騒動があったらしいですけどね。

その当時よりはワクチン開発なども進んでいると思いますが、開催中止は今週だけでは済まないのかな?

自分の出資馬は感染してないかな
3歳未勝利馬はどうなる?
放牧に出たい馬はいつ出られるの?
来週の新馬デビューはどうなる?


と、自分に関係あることだけでも心配ごとは尽きませんが、私ごときがジタバタしても仕方がないこと。

JRA、厩舎、牧場、その他関係者の皆様、
解決に向けて頑張って下さい。応援してます。
一日でも早く、楽しい週末が戻ってきますように・・・。

というわけで、先ほど競艇ネット投票の口座に1万円入金した私(笑)
住之江(大阪ダービー)の松井繁で1歳馬出資費用を作るゾ!


(陽気に振る舞ってますが、けっこう凹んでマス。暗くなっていてもストレスが溜まるだけなので、そこのところご理解下さい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬インフルエンザ

昨日、JRAはちょっとした騒動になってましたね。
いつものようにサボりながら仕事していたら、会社の人から
「ノーマネーくん、大変だ! 馬インフルエンザだって!」
と言われ、ネットで見たら騒動になってました。
(俺に「大変だ」と言われてもなぁ・・・俺、獣医でも競馬記者でもないし)

マスコミは"今週の競馬開催は中止へ"なんて見出しで報道しちゃってました。まだJRAから正式な発表がないのにどうしてそんなネガティブな報道しちゃうんだろな。
暗に「これはJRAの不祥事なんだから、馬券売って儲けてる場合じゃねーだろ!」とでも言いたいのかな。
責任の所在を明確にして、マスコミが寄って集って叩きまくり、最後はみ×もんたがズバッと斬る、という今の日本のおきまりパターンに持っていきたかったのかな?
それは違うかな。ま、いいや。

考え方は人それぞれで、私はその報道を見た瞬間こんなことを考えました。

インフルエンザに発症した馬がいる
→ 今週はとりあえず開催中止となる
→ 代替開催を来週やり、来週は金、土、日、月の連続4日開催となる
→ ということは、未勝利馬がうまい具合に分散してリサイトアチャームも出走できるのでは?

結局、JRAが記者会見を開き、今週の開催は行われるとのことで、それはそれでよかった。
これで解決かと思ったものの、トレセンには移動制限が掛けられるとのこと。

あのー、おいらの馬で、美浦に入りたい馬と美浦から出たい馬がいるんですけど・・・

よりによって、リサイトアチャームの入厩もマッカランの放牧も昨日予定されていたのです。
特に前者は3歳未勝利という窮地にいるので、近いうちに入厩できることを祈りましょ。

マッカランは、この際だからこのまま進めて中山デビューのご検討をよろしくお願いします(笑)

・・・なんて呑気なことを言ってる場合じゃないんですがね。
他の馬に感染しないこと、および感染してしまった馬が早く治って良くなることをお祈り申し上げます。

| | コメント (0)

2007年8月16日 (木)

2頭の嬉しい知らせ

「盆と正月が一緒にきた」なんて言葉がありますが、お盆に嬉しいニュースが2つ入ってまいりました。
マッカラン(牡2歳)
☆美浦TC在厩☆
加藤征調教師「本日15日にゲート試験に合格しました。プール練習も行っていますので、明日山元に放牧に出します。まだ走るフォームがしっかりとしていないので、山元でしっかりと乗り込んでもらい、デビューに備えたいと思います」
というわけで、ゲート試験合格です。
この時期に2歳馬どちらもゲート試験合格というのは嬉しい誤算。早いに越したことはありませんからね。
放牧は予定通りなので、特にショックはないですが、"まだ走るフォームがしっかりとしていないので"というコメントに全国リーディング2位の調教師の何かを感じます。

プレサンティール(牝2歳)
☆栗東TC在厩☆
矢作調教師「本日、Cウッドチップコースで追い切りを行い、なかなか良い動きを見せていたようです。順調に仕上がってきましたので、新潟3週目の芝1400(牝)でデビューさせたいと思います」
8月26日(日)新潟・芝1400m(牝)でデビュー予定です。

デビュー予定! バンザーイ!!


きましたね~。師がおっしゃっていたように、ゲート試験合格後はピッチが上がっていたので、「もしかしたら小倉開催中におろすのかな? でも小倉は馬場が荒れてて嫌だな」なんて思っていたのですが、新潟に連れてくるあたりが矢作先生らしい!

<追い切り時計>

2007/8/12栗東・坂路(良) 56.7 - 41.4 - 27.4 - 14.2 馬なり
2007/8/14栗東・坂路(良) 64.6 - 48.9 - 33.5 - 17.1 軽め
2007/8/15栗東・CW(良)83.8 - 67.8 - 53.0 - 39.3 - 13.1 位置7 叩き一杯
   グランプリイーグル(2歳新馬)叩き一杯の内、6Fから併せ、0.7秒先着


数字的にすごい時計は出ていないのですが、この暑い時期に連日これだけ乗り込めるわけですから、体調面は良好なのでしょう。いいことです。
昨日もグランプリイーグルと併せてますね。映像は見てませんが、両者の時計を見た感じですと、長めから馬体を併せたままラスト1Fでビュッとこちらが引き離した感じです。
ただ、0.7秒先着というと響きはいいのですが、小林慎騎手を乗せたプレサンティールに対して相手は助手が乗った上に外を回ってますから、ハンデがあったことは確か。
プレサンティールが外から追いかけるような追い切りだとどうなるのか興味があります。

それよりも興味があるのが、デビュー戦の鞍上。
その日は新潟記念がありますから、関西からもいいジョッキーが集まります。
楽しみだらけですね。

| | コメント (3)

2007年8月15日 (水)

歴史的拙攻

世間ではお盆の真っ最中らしいですが、私は会社にいます。
夏休み? そうですか、夏休みですか、いいですね。私だってあと2日も働けば土曜、日曜と夏休みですw
夏休みは何しよっかな~。
グリーンチャンネル見ながら馬券でも買おうかな~、っと。

それにしても毎日暑いですねぇ。暑くて身体が溶けそうです。
いっそのこと下腹の贅肉が溶けてくれたらいいのですが、自分の都合のいいようにはいかないものです。
何でも透けて見える魔法のメガネを手に入れたので、女性が多いところに行ってみたものの、見えたのは骨だけでした。
透けすぎだろ! みたいなw。

あ、ダメだ。寒いことを書いても、ちっとも涼しくならない。
昨日はブログ更新しようとしたものの、横浜ベイスターズのあまりの不甲斐ない敗戦で疲れ果てました。

突然の野球ネタでごめんなさいよ。
私は小学生時代からの横浜ベイヲタなもんでね。
小さい頃に撮った私の写真はみんなW(大洋ホエールズ)の帽子をかぶってます。そして、希望を失った目をしてます。

昨日みたいな試合は初めて見ましたよ。
なんなんだよ、14安打で3点って。
1回から6回まで毎回得点圏に残塁。それでいて、いずれも次の回は先頭打者が出塁。。。
なんか、奇跡的な負け方でした。メークミラクルですわ。
"make miracle" と英語で書くと"負けミラクル"とも読めるな。

でも選手は必死にやってるのであまり責めちゃいけないんですけどね。
ここはグッと我慢。今が試練のとき。選手も、そしてファンもね。

こういうときは、過去の栄光時代を思い出して元気を出そう。
長いこと横浜ベイを応援してきた中で、1998年に日本一を決めた歴史的試合を浜スタで観戦したのが私の一番の思い出(っていうか自慢)です。
38年ぶりの日本シリーズということでチケット争奪戦は凄かった。
私は会社帰りにそのまま徹夜で並びました。翌朝、ちっとも前に進まない行列の中から「すみません、頭痛がひどくて有休します」なんて部長に電話したのが懐かしい。仮病だが会社にどう言い訳しようか悩んで頭が痛かったので、なまじウソでもないが(笑)
11時すぎにようやく窓口に辿り着いたとき「6戦目ください」と言った俺の判断は神だったな。
とかいって実は、私の番が来たときにはすでに1、2戦目は売り切れで3~5戦目は西武ドームだったから、6、7戦目しか選択肢がなかっただけなんだけどね。
神でも何でもないじゃん。ツイてただけじゃん。
運も実力のうち。でも、運だけで実力がちっともない奴が世の中にいっぱいいる。不思議なもんだ。

話がまとまらなくなってきたのでこの辺で。
仕事に戻ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

こちらは順調♪

昨日は暗いことを書いちゃいましたが、明るい話題がないわけではありません。近所のコンビニのスピードくじで147円相当のジュースが当たったし(なんだそりゃ)

うまい具合に場がシラけたところで本題に入りましょう。
先日ゲート試験に合格した2歳馬・プレサンティールがデビューに向けて着々と調整されています。

<ゲート試験合格後の追い切り時計>
2007/8/1 栗東・坂路(良) 63.7 - 46.9 - 31.0 - 15.7 軽め
2007/8/2 栗東・坂路(良) 65.9 - 48.6 - 33.2 - 17.2 軽め
2007/8/5 栗東・坂路(良) 57.8 - 42.8 - 28.7 - 14.4 馬なり
2007/8/7 栗東・坂路(良) 67.4 - 50.0 - 34.1 - 17.3 軽め
2007/8/8 栗東・坂路(良) 55.9 - 40.9 - 26.9 - 13.5 強め
      グランプリイーグル(2歳新馬)G前一杯を0.5秒追走し、0.1秒先着
2007/8/10 栗東・坂路(良) 67.8 - 51.3 - 34.5 - 17.6 軽め
2007/8/11 栗東・坂路(良) 65.5 - 48.5 - 32.3 - 16.3 軽め

上ってます、上ってます。ただひたすらに栗東坂路を上ってます。
今こうしてブログを書いている間もきっと坂路を・・・上ってねえよ。
連日の入念な乗り込みもさることながら、水曜日には小林慎騎手を背に併せ馬。嬉しいね~。
ちなみに、グランプリイーグルといえば、矢作師が某誌の取材で「うちの2歳馬のエース」と言っていたセレクト5200万円馬。
深い意味はないのかもしれませんが、そういう馬と併せてくれてるだけでも気分がいいものです。
56秒程度の追い切りで先着どーのこーの言うのもアレですが、遅れるよりはいいですし。

今週から本格的にピッチが上がってくると思います。
騎手で52秒、助手なら52.5秒、それくらい出してくれたら、今から興奮しちゃうんだけどな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

うがぁ~~~!!!

毎週金曜日、会社帰りの通勤電車で夕刊スポーツ紙の競馬欄を眺める私。
たとえ重賞がなかろうが、ローカル開催だろうが、馬券を買う予定がなかろうが、東西の全レースチェックします。これは毎週欠かさず続けている日課です。高校時代から ←マジです(爆)
ま、毎週チェックしたって、的中率が上がるわけじゃないんですけどね。

今日もいつものように眺めていたら、明日の新潟2Rの3歳未勝利戦は10頭しか出走馬がいないじゃないですか!
一瞬、目を疑って2歳の未勝利戦かな?と思ったのだが、3歳未勝利戦なんです。
なるほど、牝馬限定戦だから頭数が揃わなかったのか・・・って、おいおい!
"出られるレースがないから"という理由で放牧に出ている3歳牝馬を1頭知ってるんですけど・・・しかも毎月その馬のエサ代の一部を払っています。。。

さっき某掲示板を見たら、同じことを指摘している人がいました。最近、その掲示板でも出資者の焦りを感じます。私も以前一度だけカキコしたことあるけど。
で、よく読んでみると芝1600mもフルゲートになっていないとか・・・。
新潟芝1600m・・・リサイトアチャーム出資者なら誰でもピンとくる条件です。このチャンスをみすみす逃したのは痛い。
出たとしも勝てるかどうかは別問題だけど、出ないことには始まらない。いや、"始まらない"ではなく、このままだと"終わってしまう"。

クラブのホームページを見たら、「8/19までに帰厩予定」が「近日帰厩」に繰り上がって(?)いました。
調教師も今週の出走状況を見て腰を上げてくれたのかな?

なんか暗いな、このブログ。
暗い理由のひとつには、今日のベイスターズの敗戦もあります。。。
敬遠で歩かせたランナーをホームに帰しちゃイカンよ。
もうダメだ。あきらめたくはないけど、うがぁ~~~!!!

というわけで、明日から馬券道場がんばります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

入厩(とりあえず)

マッカラン(牡2歳)
検疫が取れ、本日8月9日に入厩しました。
ゲート試験のための入厩なんだとか。

今年は海外GIも勝って絶好調の加藤征厩舎だけに期待が高まります。
全国リーディングは一桁くらいいってるのかな~なんて思ってさっき調べてみたら、なんと第2位なんですね。すげ~。F沢厩舎より上やん!
秋のデビューに向けて、まずはゲート試験の通過を祈りましょ。

| | コメント (2)

2007年8月 7日 (火)

1歳馬カタログ

今日、仕事から帰ってきたら、グリーンファームの1歳募集馬カタログが届いてました。
先月発表のリストに5頭加えた17頭が募集されています。

まだDVDは見ていませんが、カタログを見渡してみた正直な感想としては「ちょっと残念」といったところ。
血統面のインパクトが昨年よりも低いことは先月書きましたが、それに加えて入厩予定厩舎も地味です。これが何よりも残念。
でも、価格はとても良心的だと思います。ジャドールの妹も価格上乗せしてないですし。
私が気になっていたティエッチダンサー2006は、武藤厩舎で1050万円。
タックスシェルター2006は、畠山吉厩舎で840万円。

あと、追加された中にオスティエンセの名前が!
この馬、けっこう好きでした。
そうかぁ、もう産駒が出てくるんですねぇ。俺も歳とったなぁ(笑)
この牝系はポンと強い馬が出てくるので、ちょっと注目です。
その他の追加馬ではミスアルダントもまずまずの良血です。
これと似たような配合の馬が先日40億円で取引されていましたが、この馬は735万円です(笑)

昨年のミルレーサーのような日本のホースマン誰もが知っているような名前はいないですし、会員先行募集は昨年ほどは盛り上がらないのではないでしょうか。
人気は、イージーラヴァー2006とファビラスターン2006あたりかな?

とりあえず、私は会員先行募集はパスする予定です。
マッタリと様子を見ていこうと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

やっと3段

昨日の続きになりますが、64%達成できました(笑)
結局最終日は新潟で勝負しました。

まず、8Rで手堅く130円配当の複勝で260円加算し、残り380円。

9Rは4番人気・デサフィオでいこうかどうしようか締切2分前まで迷いました。
デサフィオなら複勝でも2倍以上つくので、もしくれば昇段確定。
しかし、次の10Rに絶対的に信頼のおけるホウショウルビーが控えており、その馬の複勝だけでは380円に届かないこと必至。なので9Rはたとえ低配当でも"当てておくことが大事"ということで1番人気のフィアリストライに予定変更。
そしたら、そのフィアリストライデサフィオが差しきってしまい、あちゃ~。

残り380円のまま迎えた10R。
上にも書いたようにホウショウルビーの複勝(1.0~1.2倍)では380円に届きません。
単勝なら1.9倍なので、380円!
そう思って単勝でいこうとしたものの、締切直前に1.7倍に落ちました。
危ない危ない。1.7倍じゃ340円止まりで40円届かないですからね。
そんなわけでここでの昇段は諦め、堅実に複勝にいったら、結果2着。
まさか負けるとは・・・単勝いかなくてよかった~。
これで渋く240円加算して残り140円。
なんか、先月の展開と似ている・・・
(ちなみに先月は残り160円のまま4レースひとつも当てられずに終了という悪夢)

さて、残り140円。11R、12Rのどちらかを当てればOK、元返しの複勝でもOK!という流れなのですが、関屋記念は人気が割れていてグリグリの本命馬はいません。
ま、関屋記念がダメでも12Rのメイショウルイーズは大丈夫だろうから、関屋記念が外れても心配無用と気楽に考えていたら、カンパニーが力の違いを見せつけてくれて最終レースを待たずして昇段となりました。

ちなみに、最終Rのメイショウルイーズは馬群に沈んでました。(おいおい)

ヒヤヒヤものでした。
今期は台風で小倉開催がずれたことにより、チャンスが一日多かったのですが、その貴重なボーナスDAYを単勝狙いで加算ゼロとしてしまったのが反省点。
とはいえ、先月も先々月も悔しさが残る幕切れだったので、今回の昇段はよかった。
ちなみに今日、函館で勝負してたら撃沈でした、たぶん。

第8期でようやく3段。
昨年は第4期で3段到達だったので、遅いペースです。
でも目標の5段(いつの間にか目標が"名人"から下方修正されている)まで、あと2つ!

来週以降も戦いますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

目指すは回収率64%

シケたタイトルですみません。
回収率64%じゃ、まるっきり赤字じゃんね。
そんなもん目指してどうするねん、って感じですわな。普通に考えれば。

参加している方は分かるかもしれませんが、明日がJRA馬券道場の8期最終日。
私は先週までで6,560円積み上げていて余裕かと思っていたのですが、今日は800円止まりで7,360円。
昇段するには、明日は640円の加算が必要。

1,000円の資金で640円の払戻し。
これが何故かできないんです。
勝負弱いんです。
ヘタレなんです。
すぐにおなかがすいちゃうんです(それは関係ないか)

カウント1-3からボール球を空振りして2-3にしちゃうタイプなんです。
なんか明日もダメな気がします。

何しろ先月はたった360円でいいというのに、ダメでしたからね。
あの複勝4着3連発事件は、今でも夢に出てきます。(それはウソ)
7,840で終了だなんて、情けないったらありゃしない。

明日ももちろん複勝でいきます。
ここまで来たら、手堅く石橋を叩きまくります。
壊れるまで叩きます(ダメじゃん)

新潟、小倉、函館、どこで勝負するか悩むところ。
函館なら、メインのエイブルベガと11R・ジャングルテクノの複勝は問題なさそうだけど、これだけでは640円には届かないし、他のレース全滅の可能性アリ。先月の悪夢も函館でしたし、たとえ1番人気だろうが、単勝1倍台だろうが、私が買うと失速するに違いない。

小倉は人気馬がみんな怪しくて、信頼できそうなのは11Rのスーパーワシントンくらいなのでは?

そうなると、新潟かな。
10R・ホウショウルビーと12R・メイショウルイーズは大丈夫でしょうけど、8、9Rはわけわかんないなぁ・・・。関屋記念も難解だし・・・。

う~む、どうしたものか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

三度目の正直

プレサンティール(牝2歳)
入厩後も順調。本日、ゲート試験に合格しました。
矢作調教師「本日、無事にゲート試験に合格しました。うるさいところがあるので、入りが心配でしたが、今回は問題なくクリアできました。ゲートの練習と並行して調教の方も順調にきており、ここからはデビューに向けてどんどん進めていきます」

ようやくゲート試験に合格してくれました。
昨年のリサイトアチャームは"二度あることは三度ある"でしたが、こちらは"三度目の正直"で決めてくれました。
ゲート試験合格くらいでいちいち喜ぶなよ、と言われそうですけど、デビュー前の若駒にとっては欠かせないイベントなもんでね(^_^;)

このところ16~17秒ペースで連日坂路入りしていますが、どのくらいタイムが縮まるか楽しみです。
また、同時に無事にデビューできるよう祈る日々に突入です。

| | コメント (4)

2007年8月 1日 (水)

検索ワード (2007/7)

< 検索サイトからの訪問者の検索ワード(2007年7月)>

  1位(→1) "プレサンティール"、"ココパシオン2005"
  2位(↑外) "スーパー未勝利"、"救済未勝利"
  3位(↑外) "リサイトアチャーム"
  4位(↓2) "一口馬主"、"一口出資"
  5位(→5) "馬券道場"

                (カッコ内の数字は先月の順位)

毎月恒例の検索語ランキングです。
2ヶ月連続で"プレサンティール"のぶっちぎり1位でした。
「プレサンティールぶっちぎり!」 いい響きだ(笑)
こんな風に実況されたら幸せだろうな~
「プレサンティールがグングン凄い脚で差しきった!」(檜川アナ)
「馬場の四分処からプレサンティール!」(藤田アナ)
「プレサンティールが独走態勢で、あと100」(白川アナ)
「先頭は完全にプレサンティールであります」(馬場アナ)
「プレサン、プレサン、プレサ~~~ン!」(青嶋アナw)

すみません、独り悦に浸ってしまいました。。。

ちなみに平均すると毎日2名の方が"プレサンティール"のキーワードでこのブログを踏んでしまってますw

って、地雷かよ!ここは!

はい、ツッコミもイマイチ寒いですね。話を進めましょ。

2位には"スーパー未勝利"がランクイン。
3位"リサイトアチャーム"とともにランクインするあたりがイヤな感じ(泣)
ちなみにリサイトアチャームはスーパー未勝利戦には出走できません。
次の新潟であと1戦できればいいのですが。。。
4位、5位は毎度の常連です。馬券道場、今回こそ決めるぞ。

今月はいよいよ1歳馬募集馬&価格発表~受付開始というシーズンなので、"一口馬主"が急増するかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »