« 女の闘いと、ため息と。 | トップページ | プロとしての自覚 »

2006年11月13日 (月)

審議の闇

エリザベス女王杯・カワカミプリンセスの1着降着から一夜明けました。
このような形で無敗連勝が止まってしまったのは残念。
本田騎手は好きな騎手なので、なお残念。

不利を受けたヤマニンシュクルを本命にしていたからこんなことを言うわけではありませんが、パトロール映像を見ると、本田騎手は内に行こうとしている馬に外ムチを入れてるわけですから、あの降着処分は仕方ないと思います。

また、カワカミプリンセスの馬券を買っていた人も気の毒でした。
被害を受けたのはヤマニンシュクル(四位騎手)であるはずなのに、馬券を買っていた人にも被害(?)が出てしまうから競馬は難しい。

でも逆に、"タナボタ"で儲かっちゃった人もいるわけで、それがギャンブルというもの。
そう割り切れる範囲内で馬券は買いましょう、これ大事。

ところで最近、審議となるレースが目立ちますよね。
一つ前の10Rでもペリエ騎手が降着になってますし。
昔は、「このレースは審議」という放送だけで、ザワザワしたものです。

審議が増えている原因は、
ジョッキーの騎乗が雑になってきたのか、
パトロールビデオの精度が向上したのか、
それとも単にJRAが厳しくなってきただけなのか・・・


もし純粋に"ジョッキーが必死になって上位着順を目指す意識が強くなった"のであれば、審議になることが悪いことだとは思いません。
(降着覚悟で故意に進路妨害する騎手がいるとしたら問題ですが)

極論すれば、"審議"が全く発生しない競馬は魅力が低下するとさえ思います。

"審議"になると、レース後すぐに裁決室に騎手が呼ばれ、事情聴取の内容次第で処分が左右されたりするそうですが、ファンからすれば降着処分となる基準が不透明な感じは確かにあります。できれば裁決室の様子も中継して欲しいんだけど(笑)

で、ここからが私の得意の(?)深読み。

裁決室に呼ばれた当事者(被害を受けた側の騎手)はどこまで本音を主張するのでしょうか?
もっと言ってしまえば、騎手のキャリアや性格によって本音を主張できる人とできない人がいるのではないでしょうか?

たとえば、ベテラン騎手が新人騎手の前に斜行してしまったケースで、新人騎手は
「あの不利が致命的でした。あれはひどいと思います」
なんて発言できるのですかね?

パトロールビデオという公正な"証拠"があるとはいえ、大先輩の騎乗を非難できるのでしょうか?
ぶっちゃけ、そんなことをすると"後が怖い"のではないでしょうか?

騎手の間にも、体育会系特有の"縦の人間関係"が存在するでしょうし、降着処分された側には、騎手以外にも調教師や馬主や生産者など、背後に無数の関係者がいるわけです。今回のようにぬか喜びしてしまった後ともなると、なおさら後味が悪い。

若手騎手に限らず、本音を言わないケースもあるのではないでしょうか?
目の前を斜行された騎手が、進路妨害を訴えて順位が1つ繰り上がったところで、得るものよりも失うものの方が多いケースもあるのでは?

正論を押し通すことで、後で自分が損をすることがあります

これって、サラリーマン社会でもよくある話(私の会社だけかもw)

斜行してしまった瞬間、騎手は「しまった!」という意識が頭をよぎると聞きます。青ランプ点灯を見て「あ~やっぱり」みたいな。
もちろん、故意に妨害しているわけではないのは、やった側もやられた側も分かっており、真剣勝負しているアスリートだからこそ分かり合える"お互い様"的な部分はあるでしょうし、騎手同士で"貸し借り"みたいなものもあって不思議はないと思います。

審議の件数のわりに降着処分が少ないのは、そういった背景もあるような気がします。

それだけに、今回の降着は驚きました。
ゴール後、四位騎手は下馬していましたし、歩様が乱れたパートナーを見て悔しい気持ちが強かったのでは?と私は勝手に解釈しました。
馬に後遺症が残らなければいいのですが・・・。

生き物ですから、ヨレたりして思い通りに走ってくれないときもあります。
しかし、それを含めて馬を勝利に導くのがプロのジョッキーの仕事。

繰り返しになりますが、審議が発生すること自体は悪くないと思います。
でも、もっと細かく言えば、審議にならないスレスレのプレーでファンを魅了して欲しいですね。

(過激なことも書いてしまいましたが、素人の戯言ですので念のため)

|

« 女の闘いと、ため息と。 | トップページ | プロとしての自覚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537616/44899697

この記事へのトラックバック一覧です: 審議の闇:

« 女の闘いと、ため息と。 | トップページ | プロとしての自覚 »