« 三度目の・・・ | トップページ | POG & 馬券道場 (06/7/23) »

2006年7月20日 (木)

部屋とダビスタと私。

以前、このブログでも触れましたが先月、PSPを買ったんです。
買ったときは、一緒に買った"いただきストリート"をやったり、ネット閲覧してみたりしたものですが、最近は、ほとんどやってませんw

PSP購入の真の目的は、ダービースタリオン(7月27日発売)なのです。

ダービースタリオン・・・もはや説明不要ですよね。
私は初期のファミコン版からのダビスタファンですが、初めてプレイときは鳥肌ものでした。
・牡馬しか生まれない
・フルゲートがたったの8頭
・関西のレースは重賞しかない
など、今思えばいろいろと制約がありましたが、当時はそんなことは何ら問題にならず没頭したものです。

では、これまでに私がハマってきたダビスタをおさらいしてみましょう。

1991年12月 ベスト競馬・ダービースタリオン(FC)
 関東のレースと関西のGIのみ。スティールハートやノーアテンションが攻略の鍵に。

1992年 8月 ダービースタリオン 全国版(FC)
 関西のレースも登場。もちろん厩舎も美浦と栗東で選択可能。

1994年 2月 ダービースタリオンⅡ(SFC)
 ブリーダーズカップが可能に。「ニックス」の概念が出てきたのもここから。

1995年 1月 ダービースタリオンⅢ(SFC)
 厩舎に個性が盛り込まれ、おまかせも可能に。温泉なども登場

1996年 3月 ダービーズタリオン96(SFC)
 「面白配合」が話題に。ライバル馬、騎手、ファンファーレまでもが実際のものと同じに。

1999年 3月 ダービースタリオン(SS)
 レース画面がパワーアップ。「見事な配合」「考えた配合」登場。自家生産種牡馬が一部使用可能に。

1997年 7月 ダービースタリオン(PS)
 最大出走頭数が16頭に。出走表が縦に変更。

1999年 9月 ダービースタリオン99 (PS)
 最大出走頭数が18頭に。また、サイレンススズカの影響か、大逃げも可能になった。

2002年12月 ダービースタリオンアドバンス(GBA)
 携帯機初登場。基本的な部分はPS版を踏襲。これ目当てにゲームボーイアドバンスを買った人も・・・(←私)

2004年 4月 ダービースタリオン04 (PS2)
 レースでの脚質によるバランスが大きく変更(薗部氏談)。全てにおいてシリーズ最高スケールに。

上記以外にも、PC版や、NINTENDO64、FOMAなどでも出てます。
↑に書いたのは、私が今までに購入してきたダビスタのみです。
なんとダビスタだけで、今まで11作も買ってたんですね。ひょえ~

そして、その最新版の発売がいよいよ来週に迫りました。
当然のことながら新種牡馬・アグネスタキオンクロフネなどが増えているそうですが、私はなにげに外国の種牡馬を繋養するのが好きなので、こちらもどんな種牡馬が出てくるのか楽しみです。

PSPを持ってない方は是非、今週末、馬券で儲けてGetしましょう!

|

« 三度目の・・・ | トップページ | POG & 馬券道場 (06/7/23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537616/44899567

この記事へのトラックバック一覧です: 部屋とダビスタと私。:

« 三度目の・・・ | トップページ | POG & 馬券道場 (06/7/23) »