« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月25日 (日)

バランスオブゲームでダビスタ

このところ、仕事が忙しくてイヤになっちゃう日々です。
馬券道場は、
土曜日 =  380円
日曜日 = 1,840円
と、まずまずの結果。
トータル3,860円で後半へ折り返しです。
もっとゆとりを持って折り返したかったのですが、仕方がないですね。

今日は、宝塚記念、京都12Rと連続で万馬券Getしたので、PSPを買うことにしました。
ダビスタがもうじき発売されるんです。
ゲームボーイ版、PS2版は、先行馬ばかり残ってしまうレースや、調教をつける度にロード時間が発生したりしてイマイチだったので、今作には期待したいところです。

そういえば、ダビスタの作者・薗部さんの馬・バランスオブゲームは今日の宝塚記念で3着に入り、4万馬券に貢献してくれました。

薗部さんの馬で儲けたお金でダビスタを買う

おかしなものです。

毎日通勤で片道40分電車に乗る(しかも乗り換えなし)ので、電車でダビスタというのは案外いいかも。(ガキっぽいけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

前期までの統計 (馬券道場)

馬券道場は、6期まで終了しました。
前期分までの私の馬券道場成績を整理してみました。

            開催(期間)   購入   払戻 回収率 勝敗
 中山 京都 ( 1月 5日 ~ 1月23日)     8,000    5,690     71%   -
 東京 京都 ( 1月28日 ~ 2月19日)     7,800   11,740    151%   ○
 中山 阪神 ( 2月25日 ~ 3月19日)     8,000    8,040    101%   ○
 中山 阪神 ( 3月25日 ~ 4月16日)     8,000    8,250    103%   ○
 東京 京都 ( 4月22日 ~ 5月14日)     8,000    6,710     84%   -
 東京 中京 ( 5月20日 ~ 6月11日)     8,000    7,390     92%   -
                 トータル   47,800   47,820    100%   3勝

3勝3敗というのは自分でも分かっていたのですが、こうして見るとなんか面白いです。

5レース × 8日 × 6開催 = 240レース
つまり、240レースもやってきて 収支が +20円、、、笑っちゃいますね。
ある意味、私らしいといえば私らしいですが。。。

回収率が150%くらいあれば、このブログもアクセス数が増えると思うのですが、そこは、「私は私らしく」ってことで(笑)

昨年もおととしも、スタートから3連敗くらいして「もうや~めた」という情けない成績だったことを考えれば善戦ですが、名人(10勝)への道は程遠いです。

13回のうちで10勝も必要となると、4敗目は許されないのです。
つまり私は、あと1回失敗したら名人への道はなくなるわけです。きびしー!

お尻に火がついてしまった私ですが、あきらめません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

ゲート試験、結果は・・・

リサイトアチャーム(牝2歳)
高橋調教師「先週ゲート試験を受けさせましたが、出が悪く不合格となってしまいました。今週末に再度ゲート試験を受けさせる予定です」

ゲート試験不合格というのは、別に珍しい話でもないので、慌てずいきましょ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

風説の流布

昨日、記事で取り上げた2歳新馬・コンゴウダイオー惨敗の話、あちこちで論争になってました。たとえば、ココとか。

どうやら、私が書いた内容以外にも、
「世界レベル」
「海外GI級」
「函館スプリントSで古馬とやっても勝てる」

とか、いろいろ吹いていたようです。

海外GI級が3着ってことは、あの新馬戦だけで海外GI級が3頭いたということかw
関係者は、実は誰かから金もらって発言していたんじゃないか?
・・・などなど、馬券を買った人からすれば、「騙された!」と怒り心頭になる気持ちもわからなくもないですが、そもそも、馬券を買う立場からすれば、
競馬 = 情報戦
なんですよね。

専門家の印、追い切り評価、関係者のコメント...etc
馬券を買う人によって、これらの判断基準やウェイトの置き方は十人十色ですが、結局、大量に飛び交う情報の中で、それらを取捨しているわけです。

今回の場合、情報のソース(源)が厩舎関係者だったことで、信憑性が高いと判断され、単勝1.1倍になったのも分かる気がします。
しかし、これによって、「競馬はやってみなけりゃ分からない」とか「山内厩舎のコメントはアテにならない」ということを再認識できたわけですから、これを今後に活かせばいいと思います。
経験から得た情報、ってことで。
今回、馬券でやられた人は、「金を払って勉強した」と思うしかないでしょう。

インターネットの普及により、ありとあらゆる情報が飛び交い、簡単に得られる時代になりました。
情報取捨能力って、ほんと大事ですよね。

情報に流されるようになったら、負け組です。

私のPOG馬・オースミダイドウも、「クラシック級」なんてコメントがありました。
そう書かれて嬉しくないはずはないですが、なにしろこの時期、「クラシック級」と言われる2歳馬は100頭くらいいますから(笑)
本当に"クラシック級"かどうかは、今後の走りを見て冷静に判断したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

笑っちゃうぜぃ

2歳新馬・コンゴウダイオー
関係者のコメントがあまりにも強気だったため昨日、記事にしましたが、結果 3着 でした。

ゲートはあまり速くなかったものの、2番手に取りついて、直線で楽に抜け出すのかと思ったら、逃げ馬を捕まえられず、そればかりか後方から来た馬に差される始末・・・

まったくビッグマウスとはこういうのを言うのですね。(単勝オッズは1.1倍でした。馬券買った人はお気の毒です)
笑っちゃいます。山内厩舎には今後気をつけましょう。
でも次走、巻き返す可能性も高いので、注目していきたいと思います。

私のPOG馬・オースミダイドウは京都新馬戦で見事勝利!
4角でコーナーを回るのが下手で、一瞬あせりました。
外にいた馬が外に大きく膨らんで、更に外にいた馬が落馬したりして、いかにも新馬戦といったレースでした。
着差は5馬身でしたが、真価を問われるのは次だと思います。
(いつまで武豊主戦でいけるかどうか・・・)

馬券道場は、今日は駄目でした。
加算はたったの 360円
1週目は赤字スタートとなりました。
3歳馬が古馬を蹴散らすシーンが多かったです。これはちょっと意外でした。

(おまけ)
横浜ベイスターズは、大事な場面で三振だのファールフライだので延長戦へ。
結局、12回裏にやられてサヨナラ負け。
三浦もクルーンも、みんなクタクタだろうけど、見ているこっちも疲れました。

5連勝の直後に5連敗。
笑っちゃうぜ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

陣営強気の新馬登場!

新馬戦は始まったばかりですが、明日、函館でデビューする
コンゴウダイオーは、関係者が超強気で、とても注目しています。

騎手  「手綱を放したらビューンと行っちゃう感じ」
調教師 「同じ斤量でレースするのは他の馬がかわいそう」
助手A 「これはちょっとモノが違うと思うよ」
助手B 「どんな勝ち方をしてくれるか楽しみ」
関係者 「何頭タイムオーバーが出るか分からないよ」


知ってる方も多いと思いますが、レースでは1着の馬がゴールしてから一定時間以内にゴールしないと"タイムオーバー"となり、出走停止になる規定があります。
つまり、このコメントは「ぶっちぎりで勝ちますよ」と言ってるわけですね。
これは楽しみ、要チェックです。

京都では、私の今年のPOG馬・オースミダイドウがデビューします。
こちらも要チェック!

さて、話がかわって馬券道場。今日は
8R ソウルサバイヴァー  1人気 → 1着
9R スズカフェニックス  1人気 → 1着
10R ヒーローアンセム   11人気 → 10着
11R ジョイフルハート   1人気 → 1着
12R コスモラヴアゲイン  3人気 → 2着
合計 1,280円でした。
まずは手堅く無難なスタート。

明日は、まだ考え中。(目標は 1,800円)
自宅でのんびり競馬観戦です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

夏競馬! (馬券道場)

いよいよ夏競馬ですね。
馬が暑さに弱い生き物であることもあり、どうも夏競馬は大きく勝負できないです。
その代わり、というわけではありませんが、次々に出てくる新馬をチェックしたりして楽しい季節です。
夏こそ、グリーンチャンネル様々です、ホント。

さて、最終レースハナ差負けのショックが癒えない馬券道場ですが、まだ名人への道は残っており、あきらめずにTRYしていきます。

京都
8R ソウルサバイヴァー
9R スズカフェニックス
10R ヒーローアンセム
11R ジョイフルハート
12R コスモラヴアゲイン

明日からまた一から積み重ねていこうと思います。
とりあえず初日は手堅く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

残り5mで消えた4段

7,090円(昇段まで残り 910円)という状況で迎えた馬券道場 第6期最終日。
全身全霊の戦闘モードで臨みました。

今日の東京競馬は信頼できる本命馬が多いとみて、複勝で手堅く稼ぐ作戦で。

まず、8R。ここはキタサンナポレオンと、ピサノヘネシーで迷いましたが、昨日、サイレントディールを1着に持ってきてくれた内田博騎手ということでキタサンナポレオン(複×2)に。
結果、ピサノヘネシーの方が1着になってしまいましたが、キタサンナポレオンも3着に入り問題ナシ。
これで 300円加算し、7,390円。
昇段まであと 610円!

正直、「これで4段はいただき!」と思いました。
あとは冒険しなくてもいいのです。

10Rは難解なので別としても、
9R=マチカネゲンジ
11R=マチカネキララ
12R=サクライナセ
この3頭の複勝に200円ずついけば、合計 610円は計算が立ちます。
単勝ではなく、"複勝"ですからね。伏兵にやられても3着でOK。
横浜ベイスターズで言えばこの3頭は、加藤木塚クルーンみたいなもんです。

よく、「オッズ1.1倍の複勝なんて、いったい誰が買うんだろう?」と言う方、いますよね。
いるんですよ、ここに約1名。1.1倍の複勝に小銭を賭けて騒いでいる奴が!

ところが、9R・マチカネゲンジが失速。
道悪は減点だし、人気になりすぎな感はありましたが、青葉賞5着馬が、こんなところで3着にも入れないなんて。。。

ちなみに勝馬は、芝で大敗続きのダート馬でした。
レースが終わってから言うのもアレですが、雨で馬場が荒れたら
「芝レースでは、ダート馬を狙え」
「ダートレースでは、芝もこなせる馬を狙え」

という私の持論があります。

グチャグチャになった芝コースは、パワーも要求されるし、泥をかぶって折り合いを欠く馬が多発します。なので、ダート経験がモノを言うことが多いんです。
逆にダートコースは水を含んで砂が堅くなって、スピード競馬に。芝でも競馬できる馬のキレがモノを言うときがあるのです。

話を戻しましょう。
9R不発で、昇段まで 610円、残り資金 600円。
10円ですが、マイナス突入です。

そんなわけで、気合いを入れ直して10R
ここは、イエスタマモアーチストで迷いました。
締切2分前まで悩み抜いた末、「内田先生、お願いします」ということでタマモアーチストに。
前日のサイレントディールの勝利もダート2100でしたし、「長距離は騎手で買え」という鉄則もありますので。

結果は、イエスが快勝。内田先生はいいところなし・・・

やってしまいました。。。
勝ったイエスは前2走で芝レースを使っていたのでした。
2走とも大敗でしたが、芝レースを2回も使う、ということは「芝適性も多少あるのでは?」と陣営がみている証拠で、芝適性があるとなると、上で書いた私の持論に該当するのですが、私はそれよりも騎手を重視してしまいました。。。

これで、昇段まで 610円のまま変わらず、資金だけが 400円まで減ってしまいました。
不覚にも、黄色信号点灯です。

さて、11R
マチカネキララで堅いと思いつつ、単勝1倍台では 610円は稼げません。
仮に複勝で 200円を確実に加算したとしても、最終レースで 410円稼ぐのは微妙。(12R サクライナセの複勝はこの時点で1.4~1.9倍)
つまり、11Rを当てても外しても、結局最終レースで多少の冒険をしなければならない。
なのでマチカネキララ以外の複勝で勝負することに。

私が幹事をやっているPOGで、巨人狂牧場さんという参加者がいるのですが、この方がPOGで所有していた馬は古馬になると活躍するというデータがありまして、しかも、どういうわけか馬券道場の最終日になるとよく穴をあけるんです。
そして、今日も1頭出ていました、巨人狂牧場OBのサイドワインダー!!!

かつてダイワメジャーも差した実力馬。
休み明けでも走るし、追い切り本数こそ少ないもののタイムは合格点。
ダート勝ち経験もあり、私が上で述べた持論もクリア。
複勝オッズは 3.4~5.8倍なので、複×2で 610円は超えます。

条件は揃いました。ここは神頼みです。
「3着でいいから、首を突っ込んでくれ~!!!」

でも、ダメでした(泣)
いいところありませんでしたね。

そして、残 610円のまま、最終日の最終レースを迎えてしまいました。
3.1倍以上のオッズを狙い撃ちすればいいのですが、これがまた難しい。

単勝だと、私が見た時点のオッズで
   ジュラナスリング    3.3倍
   サクライナセ       4.1倍

複勝だと、
   サララ             3.8倍~
   ケイアイボイジャー 4.8倍~


さあ、人気馬の単勝でいくか、伏兵馬の複勝でいくか。

少頭数なので複勝の方が当たるような気もするものの、ジュラナスリングサクライナセの一騎打ちムード。
一騎打ちとなった場合、複勝だと、残り1議席しかありません。これは厳しいです。

それらを踏まえ、最後に下した結論は、
「サクライナセの単×2」
この馬は昔からよく知ってます。いつまでも1000万クラスにいるような馬じゃないです。
特別戦の主役級が、こんな平場一般戦で負けるものか!と。

しかし、購入した後、レース前に事件が!
なんとサクライナセのオッズが急激に下がり始めたのです。
10分前で4.1倍だったオッズが、
  5分前で 3.8倍
  3分前で 3.5倍
  2分前で 3.3倍・・・
おいおい、ちょっと待ってくれ。
もし 3.0倍まで落ちてしまったら、「勝っても 610円には10円届かず」というマヌケな結末になってしまうじゃないか!
締切間際にオッズが大きく変動するのは珍しいことではないが、今日だけは、このレースだけは勘弁してくれ!

PCのF5キーを連打したまま締切を見届けた結果、最終的に 3.3倍で落ち着きました。
勝てば 660円加算で 8,050円となり、昇段です。

そんな感じで、落ち着いたような落ち着かないような心境のまま、発走。
レースを見ていた方は分かると思いますが、残り200mでサクライナセが一気に先頭に立つ展開。

「行けぇぇ~、俺の4段!!」


しかし、残り50mあたりで手応えが怪しくなり、藤田騎手が懸命に叩いてゴールを目指すものの、外から伏兵・エミナが強襲。2頭並んだところでゴール。
私の4段昇段は、写真判定に委ねられることに・・・・。

スローVTRで見たところ、
ダメじゃん、差されているYO!

結局、サクライナセは、ハナ差2着
今開催は、7,390円で終了。
昇段は失敗に終わりました。

あ~、残り5mまでは先頭だったのにぃ~~。。。

ハナ差での泣き笑いは、競馬では日常茶飯事ですが、ハナ差で1か月間積み重ねてきたものがパーになるってのは、なかなかないです。
馬券で損するよりも悔しいハナ差でした。(ブログのネタ的には"おいしい"かもしれませんが)

まったく惨めなものです。
笑いたければ笑って下さい。
叩きたければ叩いて下さい。
でも、顔はぶたないでね。

3着にケイアイボイジャーが入ったので、この馬の複勝にしていれば昇段だったのですが、最終日の最終レースの局面で大事な最後の200円を、9番人気馬には託せないです。
自分が強いと信じたサクライナセで勝負したことに悔いなしです。

勝った
エミナは、私はノーマークでしたが、単勝1,270円ついたので、この馬で逆転ホームランで昇段を決めた方もたくさんいらっしゃると思います。おめでとうございます。

長文となってしまいましたが、最後に一言だけ言わせて下さい。
「ギャフン」 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

さあ、最終日!(馬券道場)

今日も、東京競馬場へ行ってきました。
昔、共同で仕事させていただいた別会社の方たちと一緒に。

競馬やってていつも思うのですが、競馬場は久しく会っていない人と再会するにはいい場所だと思います。
長いこと会っていない人と「久々に競馬でも行きませんか?」 「いいですね~」ってな具合に。
子供の頃は友達と朝から晩まで一緒に遊んだりしたものですが、大人になるとそういう機会は減るので、(競馬に限らず)このような趣味は私にとって欠かせないです。

そんなわけで、また誘って下さい!  >奥×さん、増×さん

さて、先週は忙しくて馬券道場の結果を整理しなかったのですが、
土曜日  420円
日曜日  0円
と、最悪の結果に終わってしまい、残り 2,830円で今週(=最終週)を迎えたわけですが、今日は東京競馬で
8R サニーネイティブ(単+複)  5人気 → 14着
9R テレジェニック(単×2)   2人気 → 2着
10R ニホンピロキース(単+複)   7人気 → 2着   360
11R サイレントディール(単×2) 4人気 → 1着   780×2
12R カフェベネチアン(複×2)  1人気 → 9着
というわけで、1,920円の加算。
これで今開催トータル 7,090円まで挽回できました!

さあ、明日の最終日が勝負!

残り 910円。非常に微妙な金額です。
「資金1,000円で910円なんて楽勝じゃん」と言われそうですが、これが難しいんです・・・
(今日の12Rでカフェベネチアン(単勝 1.7倍)が、まともに走って3着に入ってくれたらだいぶ楽になったのですが。。。)

なんとしても4段を勝ち取りたいです。
馬はパドックの気配とオッズで直前に決めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

いよいよゲート試験!

リサイトアチャーム(牝2歳)
高橋調教師「現在はゲート練習を行っています、牝馬ですのでゲートを先に受からせてから強目の調整を開始します。練習は順調に行えています。早ければ来週、ゲート試験を受けさせるかもしれません」

<追い切り状況>
2006/6/2 美浦・坂路 73.7 53.0 35.3 17.2
2006/6/4 美浦・坂路 74.9 54.4 35.9 17.7
     美浦・坂路 72.4 51.9 34.0 16.7
2006/6/8 美浦・坂路 71.2 52.0 34.0 17.2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

馬券道場(06/6/3)

先週も、土曜が駄目で日曜に挽回という展開。
思い切って苦手の中京競馬でいったのが結果的に正解でした。

プラス 750円で3週目突入というのは、実は過去最高ペース。
今回は絶対に昇段したい。

明日は、横浜スタジアムへ野球観戦に出かけるため、馬券は決めちゃいました。

東京8R アンバージャック
東京9R グランプリオーロラ
東京10R ヒカルベガ
東京11R ユーワハリケーン
東京12R マイネシャーナ

明日は、目標1500円って感じでわりと手堅くいきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

競馬の楽しみ方

何事にもいろいろな楽しみ方というものがあると思いますが、
競馬の楽しみ方は、大きく分けて2つあると思っています。

「横に楽しむ」= レース単位で、出走馬を比較して勝ち馬を予想する
「縦に楽しむ」= 長いスパンで特定の馬に着目して、応援する

一般的に「競馬」という単語からまず連想されがちなのは「競馬=馬券」で、「儲けた」「損した」で一喜一憂するのをイメージしますが、競馬界という世界の中で特定の馬を中心に見る楽しみ方もあります。

先日、プレミアムボックスという馬が未勝利戦を勝ちました。
昨年の新馬戦では、キストゥヘヴン(桜花賞馬)を抑えて単勝1.3倍に支持されていたほどの期待馬なので、勝ち上がるのは時間の問題と思っていましたが、ようやく決めてくれました。

私がこの馬に注目しているのは、私が一口出資しているリサイトアチャームの一歳兄にあたる馬だからです。

一口馬主もPOGも、兄や姉の走りはとても気になります。
兄/姉が短距離馬だったら、弟/妹も短距離馬になりがちですし、兄/姉に故障が多ければ、とても心配になります。

そういう意味で、兄/姉が活躍すると愛馬への期待も高まります。
ブラッドスポーツの醍醐味だと思います。

日本ダービーが終わりました。
それは、来年のダービー馬を探す時期がきたことを意味します。

私が参加(幹事)しているPOGでは、今週、ドラフト会議が行われます。
毎年10~15人くらいの参加者が集まって、参加者間の腹の探り合いに始まり、抽選などでとても盛り上がり、私の中では毎年の重要イベントの一つとなっています。

このブログの読者の中には、POGのライバルもいらっしゃるので、指名予定馬を明かすわけにはいきませんが、思惑通りにいくことを願うのみです。
(思惑通りになっても、成績は思惑通りにいかないのが常ですが。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »