« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月29日 (土)

競馬予想って

ブログには、見知らぬサイトへのリンクを貼られるトラックバックというものがあります。このブログにもいくつかつきました。
でも、有料の競馬予想サイトの宣伝だったりすると、うんざりです。
ま、問答無用で消しますけど(笑)

ふと思うのですが、
お金を払って予想を買う人って、どんな人なのでしょう?
逆に、自分の予想を売る人って、どんな人なのでしょう?

絶対儲かる必勝法!

なんじゃそりゃ?
勝負事に「絶対」なんてないっつーの。

もし仮に絶対儲かるんだったら、有料サイトなんて遠回しなことやらないで、

自分で馬券買って儲けてりゃいいじゃん!

なんて思うのは私だけ・・・?

映画・バックトゥザフューチャーばりに、もし今、明日の全レースの結果が書いてある未来の新聞が手に入ったら、あなた、その情報を人に売ろうと思います?

売らないですよね?
馬券買って儲けようとしますよね?

予想を売るのも買うのもその人の自由なので、これ以上ウダウダ言うのはやめときます。
このブログもビシビシ予想的中させて、会員制有料サイトにできるように頑張ります!(さっきと言ってることちゃうやん!)


馬券道場(4日目)
 現在[3段]
現在 2,750円 (昇段まであと 5,250円、残資金 5,000円)

今日は最悪でした。
3~5番人気あたりを狙っていったのですが、
5、5、6、2、14着。。。
的中は、マルカジークの複勝だけでした。
これで再び赤字生活

出走馬の顔ぶれから、明日は東京でいきます。
東京8R ペネトレーター ストロングパイソン
東京9R 
サクライナセ
東京10R 迷い中・・・
東京11R 迷い中・・・(難しい・・・)
東京12R 迷い中・・・

「迷い中」ばかりですみません。
明日は、最低でもノルマ1,000円は稼ぎたいところ。

馬券道場でいつも上位にランクインされている方からのトラックバックでしたら、大歓迎です。
あのルールで毎回2万円とか稼いじゃう人、尊敬しちゃいますよ、ホント。
名人街道一直線の方、是非!
(買い目公開していただけたら、そっくりマネして買いますんで(笑))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

馬券道場 (3日目)

馬券道場(3日目) 現在[3段]
現在 2,390円 (昇段まであと 5,610円、残資金 6,000円)

東京新潟は難解とみて、明日も迷わず京都で。
京都8R スリーハイシャトル エイシンイイデサン あたりで
京都9R プロンタテヤマ
京都10R マルブツリード
京都11R マルカジーク
京都12R バーズアイ

世間はゴールデンウィークだっつーのに明日も仕事。
全部スカッと当ててストレス発散したいです。
いつも人気馬ばかり買っているのに、5レース全的中というのが一度もないんです。

馬券道場は第4期まで終わり、3段/4段の方が 348名
なんとかこのまま先頭集団で踏ん張って、名人の座を目指したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

夏競馬? マジすか?!

リサイトアチャーム(牝2歳)
4月の産地馬体検査を受け、その後も順調。
15-15でしっかりと乗り込まれ、4月16日に山元TCへ移動後も問題なく、ゲート練習と平行して、入厩に向けピッチを上げて乗り込んでいきます。
高橋調教師「順調に来ているようだし、タキオン産駒で夏競馬から使っていきたいと考えています。このまま順調に乗り込んで行ければ、5月下旬頃の入厩を考えたいと思います」

5月下旬の入厩?!
ゲート練習?!
夏競馬?!

えー、この際ですので本音を言わせて頂きます。

「嬉しいです。」

関東馬なのでデビュー戦は絶対に現地まで応援に行こうと思っていましたが、夏競馬ですと、北海道か福島、新潟なので無理ですな。
まあ、順調に行けば、の話なので、今からあれこれ言うのもアレなんですけどね。

ただ、ハッキリ言っておきます。
私の一口馬主ライフは、お恥ずかしながら、

デビュー前がいちばん楽しいのです。

デビュー戦で「あちゃ~」って感じの惨敗を喫し、勝手に膨らませていた期待や妄想は、しぼんで行く。
それが私の一口馬主ライフ。。。
それが私の人生そのもの。。。(?!)

今回(リサイトアチャーム)はどうなるのか・・・乞うご期待です。
私としては、デビューは9月でも10月でも構いませんので、関係者の皆様、どうか優しく厳しく、彼女のペースに合わせて鍛えてやって下さいまし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

福島は難しいけど・・・

今日の馬券道場は、福島で挑戦し、810円でした。
12Rのトゥインクリングで命拾いしましたが、確実に複勝で取りにいったところでことごとく外れ、難しかったです。
特に9Rのタケデンノキボーは、某新聞では、3番人気の予想なのに午前中の単勝オッズが1.4倍だったのには驚きでした。おそらく私の記事を読んだ人が大口投資したのでしょう(※注:そんなわけない)
で、結果は8着。わけがわかりません。
10R、11Rは、複勝で確実に取りにいったつもりがハズレ。福島はほんと難しいです。

またもや赤字スタートで、東京、京都にしておけばよかった、なんて思ってレース結果を見てみると、そちらも予想はボロボロで、結果的には福島にしておいてよかった感じでした。

不調なときも、最低限の加算はしておく

馬券道場において、これは重要です。


馬券道場(2日目) 現在[3段]
現在 810円 (昇段まであと 7,190円、残資金 7,000円)

明日は出馬表を見て、一瞬、福島と迷いましたが京都で。

京都8R セトノゼディタブ
京都9R マヤノスターダム
京都10R ウインレジェンド
京都11R 迷い中(横典か武の単勝でいきたい)
京都12R ヒカリアイ

なんとか2,000円にはしておきたいなぁ~
場合によっては予定変更して、多少穴っぽいところを狙ってみたい気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

馬券道場(第5期 初日)

馬券道場(初日) 現在[3段]

なんだかんだで3段まで昇段してしまった馬券道場。
こうなったら、名人を目指します。
名人の座について、JRAのホームページにノーマネーの名を刻むのが目標です。

明日は第5期の初日。
挑戦している方は分かると思いますが、馬券道場は開幕週が非常に重要です。
開幕週が最悪だと、徐々に穴狙いに走り、赤字地獄 に陥ります。

今日は通勤帰りの電車の中で、ずっと新聞で検討。
メンバーを見た限りでは、いずれも近い難易度のような気がしました。
差し・追込み馬が目立ち、前残りの懸念がある府中、微妙なメンツ揃いの京都はパスし、福島 で勝負することにしました。

福島8R フジマサビューティ 複×2 <発馬がカギ>
福島9R タケデンノキボー  単×2 <前走は度外視。勝負!>
福島10R フレッシュバニラ  単+複 <荒れ馬場もいける>
福島11R コスモマーベラス 単+複 <このメンバーで53キロは有利>
福島12R トゥインクリング  単+複 <ここなら力が違う>
(注:オッズ、体重などにより、上記通り買わない可能性もあります)
目標2000円、加算0円だけは避けたいところ。

明日の狙い馬

京都3R グランオマージュ
POGで選んでいる馬ということもあり、デビュー戦からずっと見てます。
明らかに京都向きです。
京都1600m、これ以上ない条件だと思います。

福島9R タケデンノキボー
あまり新聞などには書かれていませんが、前走は明らかにジョッキーの判断ミス。
私のような素人がネット上でジョッキー批判をするのはどうかとも思いますが、石崎騎手のあの騎乗は、あまりにもお粗末。完全に脚を余した6着。
失敗は本人が一番分かっている筈。再度、石崎騎手で登場。
プロの仕事を見せてもらいます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

山元トレセン キター!

リサイトアチャーム(牝2歳)
4月に入り更にペースアップ。
4月16日(日)に山元TCへ移動。ここからは入厩に向けて乗り込んでいく。

牧場担当者「4月に入り、15-15の調整も順調にこなしてきましたので、日曜日に山元TCへ移動させました」

山元トレセン キター!!!

これは大いなる前進です!
っていうか、まだ4月ですよ。もう15-15やってるの?!
もうトレセン入りですか?!

それだけ順調ってことですね。嬉しいです。

私が今までに一口出資した馬たちは、たいがいはこの時期は牧場で軽い運動をする程度で、10月くらいからペースアップし、11月入厩、年明けデビューという流れでした。

マジで夏の北海道デビューしちゃうかもしれません。

美浦入厩となるのか、函館(札幌)競馬場入厩となるのか分かりませんが、順調にいけば早期デビューとなりそうです。
ディープインパクトも登った山元の坂路でみっちり鍛えられて、同期生たちの先陣きって欲しいです。

しかし、ペースアップするということは、同時に、故障する可能性も高くなってくるわけで、ここからが緊張です。
過度の期待はかけずに見守っていきたいです。
そもそも、早くデビューすりゃいいってものでもないですしね。

ちなみに、グリーンファームの現3歳馬たちは、在籍14頭のうち、今日現在でデビューできたのは9頭
つまり、3頭に1頭はこの時期になってもデビューできない。競走馬というのは、そういうものなんです。
無事に調教が進められるだけでもラッキーです。
勝敗は二の次です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

なにげに感動の皐月賞

皐月賞は、伏兵・メイショウサムソンが優勝しました。
波乱でしたが、実力接近の顔ぶれだったことを考えれば、納得の結果です。

石橋守騎手は、騎手生活22年目で初のGI制覇。
最近、超一流の外国人ジョッキーや公営競馬の騎手が移籍していて、生き残りが厳しいジョッキーの世界。
石橋騎手は、今年わずか3勝。また、今日は

皐月賞以外のレースは騎乗依頼無しでした

つまり、彼はメイショウサムソンのためだけに中山競馬場にやって来たのです。あとのレースは見学です。
開催最終日で、あちこち痛んできた中山の芝コース。馬場状態も「良」とはいえ、雨が降った後の微妙なコンディション。
レース当日、皐月賞まで1つも騎乗レースがないというのは、かなりの不利だったと思います。それで結果を出すのですから見事です。

ちなみに、今回の皐月賞の出走馬の中で、デビュー戦からずっと同じジョッキーが騎乗している馬は、ショウナンタキオンとメイショウサムソンの2頭だけでした。
ずっと石橋騎手に依頼し、本番の大舞台でも彼を信頼した関係者にも拍手です。

思えば、アドマイヤムーンの主戦騎手は、昨年までは本田騎手でした。
ラジオたんぱ杯でサクラメガワンダーに差されてしまって降ろされたのか真意は分かりませんが、私はずっと本田騎手に騎乗して欲しかった。

チャンスの少ない人間ほど、チャンスを与えられたときの、そこへ賭ける意気込みは高い

場合によっては、100%を越える力を発揮したりします。

大ベテラン・本田騎手の、騎手人生の集大成をぶつけたアドマイヤムーンの騎乗を見たかったです。(※注:「本田騎手なら皐月賞勝てた」と言ってるのではないので念のため)

しかし、馬主、調教師にしてみれば、1%でも勝算を高めるべく武豊騎手のような超一流騎手に騎乗依頼するのは当然のこと。(もし馬主だったら自分もそうします)
そうして、「超一流」と呼ばれる者とそうでない者の格差は、どんどん広がっていく気がします。
一流ではない者は、小さなところでコツコツと経験と結果を積み重ねながら、抜擢される日を待つ。
それがプロの厳しい世界。厳しいものです。

何はともあれ、数少ないチャンスで結果を出した石橋騎手と、2着の高田騎手に拍手を送りたい皐月賞でした。
馬券はかすりもしなかったですけど、こういったスポーツ的な側面もあるのが競馬の魅力だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

競馬は難しい(馬券道場結果)

馬券道場(最終日) 現在[2段]

先週の時点で6,950円だったので、今週は「土日で1,050円を加算すれば昇段」という楽な展開でした。
昨日、マイラーズCでダイワメジャーを選択したつもりが、レース後に照会してみたところ、アルビレオを購入したことになっていました。

「ふざけるなJRA! 俺はちゃんとダイワメジャーを買った筈だ!」

まったくJRAには困ったもんです。(※注:悪いのはJRAではなく、ちゃんと確認しなかった私に決まってます)
そんなアクシデントもあって昨日は740円止まりでした。

そうなると今日は、残りの310円だけ稼げばいいのですが、何しろ加算ゼロが3日もあった今開催。今日も自信のあるレースがなかったので、けっこう真剣に悩みました。
310円だと、160円×2でOKなのですが、160円以上の複勝を的確に当てるのは意外と難しいんです。
かといって安い配当だと、5レースのうち2レース的中させないといけません。
皐月賞のアドマイヤムーンは複勝なら大丈夫~なんて思いつつも多頭数レース。逆に8Rは少頭数だが、6頭立てなので複勝2着払い。9、10Rは信頼できる馬不在で、12Rは大混戦・・・・・はっきり言って、2レース当てる自信なんてありません。
やっぱり阪神にしようかなぁ~なんて思ったら、なんと阪神8Rは締め切られていました。
今日は中山でGIなので、阪神の方が先だったのです。。。

もう逃げられません。中山で勝負です。
まず8R。6頭立てで堅そうなので、ここは絶対に落とせません。
1番人気・パッシングマーク(武豊)は、単勝1.9倍、複勝1.2~1.5倍
複勝×2なら届きませんが、単勝×2なら一発でノルマクリア。しかし、外すのは絶対に許されないので、単勝×2は危険です。
「いや、待てよ。単+複でいけばいいんじゃないか!」
思わず、「俺って天才か?」なんて思ってしまいました。(※注:それくらい誰でも思いつきます)
単+複でいけば、うまく1着取れれば、190+120=310円でノルマクリア。もし2着でも、ここで120円加算しておけば、9~12Rで激安配当の複勝を1つ取ればでクリアできる!
そんなわけで、単+複で。

さすが武豊先生! 見事1着でゴール。私はテレビの前でガッツポーズ!
「これで昇段! 自信のない9~12Rに手を出さずに済んだぜ~」
と、ホッとしながら、画面に映し出された最終オッズに目をやると、
パッシングマーク 単勝1.9倍 複勝1.1~1.3倍

ん?・・・複勝オッズが下がってるじゃんか!(※注:よくあることです)

そりゃないぜセニョール!

まさか俺が買った100円でオッズが下がったのか?(※注:そんなわけはありません)
2着に2番人気馬が入っているので、複勝は一番安い110円となり、
単190+複110=300円の加算。これでなんと7,990円

10円足りない!

馬券道場は全国で1万人以上の参加者がいるそうですが、この時点で7,990円なんて人はおそらく私だけでは??

相手の打者を併殺に打ち取ったと思ったが一塁はセーフになってしまった。そんな感じです。
そんなわけで、10円のために、9R以降を真剣予想する羽目に・・・
こうなれば、オッズなんてどうでもいいです。なんでもいいから複勝を取ればいいのです。
いや、いっそのこと購入後に競走除外になって返還でもいいです。

9Rは迷わず芝成績3-2-2-1のファインセラ

この馬が馬群に沈んでしまうのですから競馬は難しい。
まさかの失速で9着。おいおい勘弁してくれよ。。。
大魔神・佐々木がまさかの被安打。そんな心境でした。
たった10円。たった1アウト。それが簡単に取れないのが勝負の厳しさ。

今になって、昨日のダイワメジャー購入ミスを後悔しました。うっかり与えてしまったフォアボールが、思わぬピンチを生んでしまった感じ。
「もしかして、7,990円のまま終わっちゃうのか?」なんて思っちゃいました。
いやいや、冗談じゃありません。7,990円では負け。そんなの0円と一緒です。
これで負けたら、1対7から終盤追い上げて7対8で巨人に負けた横浜ベイスターズと一緒。必死こいてやってきた意味がなくなるのです。
先週の複勝26倍ゲットの奇跡(例えるなら、万永の代打満塁ホームラン)を無にするわけにはいかないんです。私のために一生懸命走ってくれたヤマニンファビュルが悲しみます。(※注:そんなわけはない)

結局、10Rのムーンシャインに助けてもらい、なんとか昇段。
さすが、内田博幸先生。頼りになります。
大魔神・佐々木の後のクルーン登場といったところでしょうか。
人気の馬をしっかりもってくる。これこそ一流の証です。

終わってみれば、その後の11、12Rは私の予想も全く外れていたので、危ないところでした。10Rを外していたら、間違いなく私は10円不足のまま逆転負けを喫し、その影響で出社拒否病を発症し、平和島競艇場に入り浸っていたことでしょう。(※注:それはあり得る)

どうして1,000円で310円の払戻しを受けるために、こんなにヒヤヒヤしなけりゃならないんだろう。。。
っていうか、10円レベルで一喜一憂している競馬ファンなんて、世界中探しても私だけだろうな。

競馬は難しいです。
スイスイと3段まで来ちゃいましたが、もういっぱいいっぱいな気がします(弱気)

|

2006年4月14日 (金)

置き換え予想(皐月賞編)

皐月賞出走馬を、過去の馬に置き換えて予想してみました。

アドマイヤムーン  → ウイニングチケット
切れ味抜群で弥生賞も完勝。少頭数でのレースが続いていただけに、中山のフルゲートに一抹の不安

フサイチリシャール → ビワハヤヒデ
瞬発力では劣るものの、ある程度前で競馬が出来る堅実なレース巧者。道悪もOK

ドリームパスポート → ダイタクリーヴァ
頑張り屋の優等生タイプ。しかし、GⅠとなると決め手で劣る

メイショウサムソン → ビッグサンデー
中途半端な結果が続いていたものの、スプリングSで主役候補を破る金星。本番ではちょっと足りない印象。

フサイチジャンク  → モノポライザー
有力勢との戦いを避けてきた感があり半信半疑。無敗のまま本番で武豊から乗り替わる点も共通

サクラメガワンダー → ナリタタイシン
弥生賞で完敗し、人気の盲点。追い込み一手の脚質も、ハマればまとめて面倒見る破壊力あり

ショウナンタキオン → トウショウフェノマ
新潟2歳Sで見せた破壊力で田中勝春にクラシック制覇の期待がかかるも、その後の成長力が・・・

ナイアガラ     → サスガ
強烈なインパクトこそないが、レースを重ねる毎に力をつけ、すみれSでオープン勝ち。上位との力関係が鍵。

キャプテンベガ → エアダブリン
誰もが認める良血が徐々に開花。本格化は菊花賞から来年あたりのような気もする。

ダイアモンドヘッド → ノーリーズン
トライアルは案外も、昨年から実力の片鱗は見せていた馬。ギリギリで出走権をつかんだ。馬主もノーリーズンと同じ

ジャリスコライト  → 過去に例が見当たらないタイプ!!!
 
<結論>
◎アドマイヤムーン    馬群さえ捌ければ
○ジャリスコライト    アグネスデジタルの弟で、意外性要注意
▲フサイチリシャール   堅実さ魅力
△サクラメガワンダー   一発秘める
△ショウナンタキオン   3着のヒモなら


馬券道場(7日目) 現在[2段]
現在 6,950円 (昇段まであと 1,050円、残資金 2,000円)

先週、奇跡的な好配当Getにより昇段へリーチ!
ヤマニンファビュルの激走を台無しにしないためにも、今開催は落としたくないところです。
明日の中山は一発を狙えるレースが多いが、堅実に行くなら阪神がいいとみて、阪神でいきます。

阪神8R コスモアブソルート or  ビッグクラウンで手堅く
阪神9R プリムローズヒル 危険な匂いもするが・・・
阪神10R 迷い中 ここが一番難解
阪神11R ダイワメジャー  手堅く
阪神12R マルトク  堅い
以上、誰でもできる素人予想でしっかり加算し、最終日でバッチリ決めたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

サンデーサイレンスの死

実は、私が一口馬主復活の決意をした理由の一つに、
偉大なる種牡馬・サンデーサイレンスの死去
があります。

今や日本の競馬を語る上で、サンデーサイレンスは欠かせない存在。
サンデーサイレンスという名前は、今や中学生、いや小学生はもとより、近所のノラ猫でも知っています(ウソ)

いっそのことサンデーサイレンス産駒の一口馬主になればよかったのでしょうが、そんなお金はありません。
私のような貧乏人は、三流血統の安い馬に一口出資して、房総特別、埼玉テレビ杯あたりを目指すしか道がなかったのです。

サンデーサイレンスが死去しました。

POGでも、高額なサンデーサイレンス産駒は栄光への近道でした。
そのサンデーサイレンスが居なくなることにより、いったい何が走って何が走らないのか今以上に分からなくなります。
二流、三流血統馬にもチャンスが増えることは確かです。
これも、一口馬主復活の大きな理由です。

今年のアグネスタキオンの種付け価格は、昨年の500万円から、1,200万円に値上げしたそうです。
ダビスタなどの競馬ゲームをやったことのある人ならピンとくるかもしれませんが、
種付け価格  1,200万円
これは、なかなかの価格です。
参考までに他の種牡馬は、
フレンチデピュティ 600万円
キングカメハメハ  600万円
ダンスインザダーク 500万円
クロフネ      400万円
ネオユニヴァース   300万円

ちなみに・・・いや、何でもありません。

アグネスタキオン
は初年度産駒から重賞勝ち馬を出し、勝ち上がり率も良く、サンデーサイレンスの後継としての期待料も込みの1,200万円なのだろうと思います。

私が出資したリサイトアチャームアグネスタキオンの産駒なわけですが、この馬の募集価格は総額1,260万円。消費税抜きの価格だと、1,200万円

もし今年、アグネタスキオン産駒を生産しようとすると、種付け価格だけで1,200万円掛かるわけですから、募集価格1,260万円のアグネスタキオンの仔を所有できたのは、お買い得だったのかな、なんて思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

起死回生!

馬券道場は、昨日を終えた時点で 1,170円、回収率にして、23%という悲惨な数字。。。
どうにか負けを取り返そうとして高配当を狙う、という完全なダメパターンでした。

今開催はあきらめて、途中棄権することも考えたものの、習慣というのは怖いもので、8Rの時間が来ると、体が勝手に動いて新聞片手にパソコンの前に座ってました。

阪神9R ヤマニンファビュル
たいした成績でもないのに以前から陣営が「クラシックに出したい馬」と言っていたのが印象的で、変わった名前だったこともあって覚えていました。オッズを見ると16頭中16番人気。単勝150倍。
本来ならばこのレースは、プリティタヤスあたりを買いたいところですが、なにしろ今開催は赤字の額が半端ではないので、もっと高配当の馬でないと逆転は無理なんです。

そんなわけで、神頼み(というより投げやり)の心境でヤマニンファビュルを複×2で購入。
そしたらなんと、キター!
やってくれました。単騎逃げからの粘り込みで3着
4角で横に大きく広がって外の馬が追い込みにくい展開になったのが大きかったです。ラッキー☆
インチキ臭い内容でしたが、立派な3着

複勝26倍で5,220円の加算!
5日がかりで稼いだ1,170円と合わせて 6,000円突破!

8番・谷繁敬遠の後の、代打・万永の満塁ホームランみたいなもんです。
こうなれば、一転して勝ちパターン
盛田→佐々木の黄金リレー、勝利の方程式です。(懐かしい・・・)

10R以降は、手堅くラッキーブレイクアドマイヤキッスウォーターヘンリーという人気どころを複×2で購入。
ウォーターヘンリーは撃沈しましたが、それでもなんとか小銭を積み上げ、今日は5,780円加算で終了。
今開催トータル6,950円となりました。

ヤマニンファビュルの奇跡を無にしないためにも、来週は絶対に1,050円を積み上げて、3段を勝ち取ります!

ちなみに桜花賞はハズレでした。
父も母も死亡、馬主も亡くなっていたというキストゥヘヴン(天国へのキス)の勝利
おいおい、泣かせてくれるじゃんか、って感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

巡り合わせは時の運

「泡銭(あぶくぜに)」 という言葉があります。
働かずに儲けたお金は、なんとなく消えていくものです。
私は”もし競馬で儲けたら、そのお金は競馬に使う”ことにしています。
しかし、1年間コツコツと稼いできたものなので、それを元手に馬券で一発勝負するよりも、ジワジワと遊べる一口馬主の方が、私のねちっこい性格に合ってるようです。

昨年、馬券収支を黒字で終えることができました。そのお金で馬券を買ってしまえば一瞬でパーになるかもしれませんが、一口馬主をやるには、なんとかなる金額です。
先日も書きましたが、一口馬主は「お金をドブに捨てる感覚」でやらないとダメなんです。(特に私のように馬を見る目がない人間の場合は)

儲からないんだったら、やらなきゃいいじゃん!
なんて言ってくる人がいます。大きなお世話です。
人に一口馬主やめろと言う前に、アンタが大事にしてるアゴのチョピヒゲ、アンタこそそれをやめろっつーの。似合ってねぇんだよ!

あ、失礼。本題に戻ります。
私は、かつて出資していたローレルクラブに別れを告げ、新規にクラブ探ししました。
それはもう真剣でしたよ。タレ付き納豆のタレを指を汚さずに破るのと同じくらい真剣でした。

良いクラブ = 良い馬がいるクラブ であり、当然、募集されている馬を中心に、自分の好みと予算に合ったクラブを探すわけです。
そんな中、リサイトアチャーム(父:アグネスタキオン、母:チャッターボックス)はすぐ目に留まりました。(この時点では馬名は未定でした)
昔から、チャッターボックスという牝馬は地味ながらもいい馬を出すなぁ~なんて思っていたんです。
産駒のチャッターリップスヒルオブトスカーナの2頭は記憶に残っていました。
チャッターリップスリファーズウィッシュ産駒、ヒルオブトスカーナサクラローレル産駒ですから、どちらも父も地味です。
地味な種牡馬と配合して、地味ながらも走る馬を送り出すチャッターボックスという繁殖牝馬は、私の中では密かに注目していました。
グリーンファームから募集されているのを見たとき、一瞬でピンと来ました。
アグネスタキオン産駒で1,260万円募集なら、これは魅力的じゃないかな、と。
かなり高齢な繁殖牝馬であるにもかかわらず、アグネスタキオンを種付けしている、ということからも、社台でソコソコ期待されているんだなぁ~と思いました。

その翌日、たまたま私は友人と中山競馬場へ出かけたのですが、その日の新馬戦にプレミアムボックスという名前の馬が出走していました。
調教で抜群の動きを披露し時計も優秀、単勝1.3倍で競馬新聞は全員◎でした。

自分の馬がこういう形でデビュー戦を迎えたら気分いいだろうなぁ~なんて思いながら血統欄を見ると・・・

 父:アドマイヤベガ 母:チャッターボックス

って、リサイトアチャームの兄じゃんか!
これには驚きました。ホントに偶然でした。おそらくあの時パドックで私は、目を丸くして、さぞ面白い顔をしていたことでしょう。

出資候補に挙げた馬の一つ兄が、その翌日に私の目の前でデビュー。
この偶然はきっと
神からのお告げに違いない。(って単純すぎだけど・・・)

結局、プレミアムボックスは芝1200m戦のスタートで出遅れてしまい3着。
これは、
「出資はやめとけ」 という意味なのだろうか・・・

ひとりでいろいろ考えてしまいました。
しかし、負けたものの、短距離戦で致命的な出遅れだったことを考えれば決して悪い内容ではないし、勝ち上がるのも時間の問題でしょう。
もし人気に応えて圧勝でもしていたら、リサイトアチャームはすぐに売り切れたのかなぁ、なんて思ったりもします。

そうしていろいろ考えているうちに、出資の方向に傾いていきました。
どんなに理論を並べても、過去のデータを集めても、走るか走らないかはデビューするまで分からない世界。
どうせ分からないなら、こういった直感や巡り合わせは大切にしていきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

ブログを始めて1か月

4月2日(日)回顧
いや~、全く当たりませんでした。
ダービー卿CTは、東風Sからの斤量に着目してみれば、
インセンティブガイ 55→57キロ  (2キロ重くなる)
キングストレイル 56→56キロ  (東風Sと変わらず)
グレイトジャーニー 57→56キロ (1キロ軽くなる)
これを考えれば、東風Sの1~3着は逆転しても不思議ではないのですが、それ以前に私は、京都金杯組 > 東風ステークス組 と見てしまったので、この時点で終わってました。
考えてみれば、今回も東風Sもニシノシタンが軽快に飛ばして逃げたという点で、同じようなレース展開になったのも大きかったかもしれません。
私の知人で、キネティクスを狙っていた人がいるのですが、馬券取ったのか気になるところです。(複勝でも2,170円、3連単125万!)
この人に乗って、馬券道場はキネティクスにしていれば・・・な~んて、終わった後だと何とでも言えますよね
馬券道場は加算0でした。今開催の昇段はもう無理ですね。ここまでダメだとあきらめがつきます。
結果を追いすぎてボール球に手を出して空振り三振って感じです。

さて、ブログを始めて今日で1か月が経ちました。
私が買う馬券の話なんて誰も興味がなくて当然ですが、一口馬主関連の記事だと意外にアクセスがあるようで、「一口馬主」というものに興味のある方が意外と多いのかなぁ、なんて思います。
タイトルにも書きましたが、桜の花の如く散っていく様を見届けてやって下さいまし。
愛馬がデビューして、2桁着順を連発して笑われることになっても、それはそれでアリかなぁ~なんて思っています。
最近は馬券の話題ばかりなので、もう少し一口馬主ネタにウェイトを置いていこうと思います。

| | コメント (0)

2006年4月 1日 (土)

嗚呼、負けパターン

今日は、中途半端な一発狙いが、ことごとく不発。
全くいいところなく、480円に終わる。
こうなったら、2~4番人気の単×2か、人気薄の複×2で攻めるしかない。

馬券道場(4日目)
 現在[2段]
現在 1,170円 (昇段まであと 6,830円、残資金 5,000円)

明日も中山でいく予定ですが、まだ迷い中です。
8Rはニューエスサンデーあたりを狙おうか・・・
9Rはオッズ次第ですが、フレンチクルーラーかトウカイワイルド
10Rはナムラアトランテスあたりかなぁ・・・
11R、12Rは、迷い中・・・

全体的にオッズと相談です。
嗚呼、負けパターン・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »